2005年05月26日

イコンとクラフトのお店”THIAMIS”

thiamis2
「ティアミス」は前にも少し紹介した、うちの近所のお店です。
散歩中によく覗いているのですが、里帰りに向けてお土産を買いに行ってきました。

オーナーのアリスティディス・マコスさんは、もともとイコンを製作するのが本業ですが、木のオブジェやおもちゃ、トールペイント、古い家具の修理なども幅広く手がけています。彼はいつも何かしら作業をしながら店番をしていますが、昨日は家具の修理をしていました。

もともとあったプラカ地区の店は何年も前に閉め、今の店舗はリカビトスの丘を下がったアスクリピウー通りにあります。観光客がほとんど来ないエリアなので、果たして儲かっているのか勝手に心配してしまいますが、やはりオリンピック期間中も普段とほとんど変わらなかったそうです。ナクソス島にあった店舗も閉めてしまったと言うから残念です。でも他の店などにも商品を卸しているそうなので、ギリシャに観光に来られた方は、どこかでアリスティディスさんの作品に出会っているかもしれませんね。


“THIAMIS”
71 Asklipiou Street, Athens
thiamis1
続きを読む

sevam_a at 01:00コメント(5)トラックバック(0)レストラン・お店  このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年05月25日

アイスクリームの季節

ice cream signギリシャではアイスクリームというと夏に食べるものです。もちろんアイスクリームショップはたくさんあるし、キオスクやスーパーマーケットでも一年中売ってます。でも冬場は買ってる人が少ないようで、スーパーの売り場でも品数は少なく、キオスクのも夏から残ってるようなガチガチのが売ってたりします。

ザハロプラスティオン(お菓子・ケーキ屋)ではアイスクリームを季節限定で出してるところが多いです。近所のザハロプラスティオンに「自家製アイスクリーム」の看板が出ると、待ってましたとばかりに買いに行ってしまいます。日本の「冷やし中華始めました」というのに似てるかも。

アイスクリームを売ってる期間は毎年違うので、気分で決めてるようです。今年はかなり早くからアイスクリームが登場しました。近所の店でよく買うのはカイマキ、いちごのジェラート、チョコレートのパルフェなど。カイマキはトルコではクロッテッドクリームのようなものを指しますが、ギリシャでは普通マスティック風味のアイスクリームのことです。同じようなものを北ギリシャではドンドゥルマ(トルコ語でアイスクリーム)といいます。

kaimaki & sour cherryカイマキ又はドンドゥルマには好みでサワーチェリーのグリコ(シロップ漬け)をかけます。これはトルコとか北ギリシャの食べ方でしょうか?テッサロニキのレストランや、アテネではケバブレストランのデザートメニューでよく見かけます。

このシロップ漬けは我が家では毎年大量に作るのですが、一緒に食べるアイスクリーム自体が甘いので、市販のグリコよりもシロップをかなり軽目のものにしてます。もうすぐサワーチェリー(ヴィシノ)の季節なので、またその話題も書こうと思います。

sevam_a at 13:11コメント(10)トラックバック(0)料理・食べ物について  このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年05月24日

チチラヴラ

0d79b965.JPGテッサリア地方のペリオン山(ピリオ)でよく作られる、野生ピスタチオの芽のピクルスです。種をナッツとして食べるピスタチオとはまた違って、アジアにも自生するカイノキやランシンボクの仲間でもあるウルシ科の木です。去年この山の上にあるマクリニッツァという村を訪れた時も、道路脇の露店で売られているのを見かけました。そこではチチラヴラの他にもワラビなどのピクルス、チャイ・トゥ・ブヌー(山茶という意味のハーブティー)、その他ハーブ類が山積みになって売られていました。

続きを読む

sevam_a at 14:29コメント(2)トラックバック(0)おすすめ食品・食材料理・食べ物について  このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年05月22日

久々のショッピング

里帰りの時持って行く、お土産を買うために金曜日にアテネの中心でショッピングしてきました。私が住んでるのも一応センターなんですが、シンダグマとかに行ったのはかな〜り久し振りです。

数ヶ月、数年ぶりに行った店も多く、暑いながらも楽しいお出かけとなりました。写真も撮ったので近いうちに載せようと思ってます。

sevam_a at 15:45コメント(0)トラックバック(0)お知らせ・その他の話題  このエントリーをはてなブックマークに追加

お気に入りのチープなナイフ

fixwell knifeドイツのFIXWELというメーカーのナイフ。同じ形のナイフは他社からも出ているけど、昔から愛用していたこともあって、これが一番しっくり来ます。値段もすごく安く、ギリシャのスーパーで1ユーロしません。そんなチープなナイフですが我が家では大活躍しています。果物や野菜の下処理の他、パンを切ったり紙パックを開けたり、ちょっとした仕事はこれで事足りてしまうのです。

例えばピーマンのイェミスタを作る時。上の部分をまっすぐスパッと切り落としてしまうのではなく、私はこんな風にヘタのみをくり貫きます。その時も、このナイフを使えば簡単にできます。ちゃんとしたペティナイフもいいけど安物も馬鹿にはできません。


green peppers

sevam_a at 15:41コメント(2)トラックバック(0)道具・雑貨など  このエントリーをはてなブックマークに追加
Profile

ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE


****************



Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ