2009年02月

2009年02月27日

妹、来たる/フィレマ

一昨日から妹が遊びに来ています。

妹がこちらに来る時はいつも「どこ(観光地)へ連れて行こう」よりも「何を食べさせよう」というのが最優先になってしまう、食いしん坊の私達^^;
もちろん、おうちごはんも堪能してもらうつもりだけど、着いたその日はとりあえず街へ繰り出すことにしました。

今回行ってみようと思ってたレストランが、入ってみれば印象悪すぎで早々に退散することにしたので、それじゃあどこへ行こうかとシンダグマ周辺をさまよい...次女の洗礼式の小物を買った店の近くに美味しいメゼドポリオンがあったのを思い出して、そこに決定!

2009.02.25 filema1

食べたのは、キャベツサラダ、ビーツのサラダ、アルメニア風ケバブ(主に夫用)、フライドポテト2つ、アセリナ(小魚)のフリット、ムール貝のサガナキ。結構控え目に注文したつもりだったのだけど、ここのは量が多めなのです。出てくる料理の盛りの豪快さに負けじと挑むも、敢無く敗退。無理に食べるよりはと、半分以上残った小魚はお持ち帰りしました。

残った...と書くとイマイチだったように誤解されるかもしれませんが、小魚は私達(夫と長女は除く)が一番気に入ったもので、とっても新鮮なのを軽〜く揚げてあるのです。これだけならいくらでも食べられそうなんですが、他の料理をやっつけないといけなかったので^^;
ムール貝のサガナキもボリューム満点!たっぷり入ったフェタチーズがとろけてクリーミーになったトマトソースはクミンの風味。そこにムール貝の身がゴロゴロ入ってます。

アルメニア風ケバブも程よいスパイシーさで美味しかったです。これは普通ヨーグルトが添えられてるそうですが、あまりヨーグルトを食べない夫の好みでピリ辛のトマト系ソースだけにしてもらってます。

2009.02.25 filema2娘用にと、野菜で作った女の子もサービスして下さいました


"Filema"(フィレマ)
16 Romvis Street

人気blogランキングへ
レシピブログにほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

sevam_a at 08:13コメント(12)トラックバック(0)レストラン・お店  このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年02月24日

マスティハのチョコレートと、ホットチョコレート

少し前から気になっていた、マスティハ味のチョコレート。

2009.02.24 mastiha chocolate

ここ数年、昔ながらのお菓子・ガム・リキュール・アイスクリーム以外にもマスティハを使った製品をスーパーでよく見かけるようになったんですが、正直言って微妙なものもあるので即買いするには躊躇することも。チョコレートならまあ失敗は無いだろうと買ってみました。
ギリシャの大手チョコレートメーカー“ION”(イオン)から出ているもので、ダークチョコレートにヒオス島のマスティハが配合されています。

早速味見した感想は...


「甘っ!」


ギリシャのダークチョコレートには結構ありがちなことなのだけど、“ダーク”ではあっても必ずしも“ビター”とは限らないんですよ。ちなみにこちらではダークチョコレートのことは“ショコラータ・イギアス”と呼ぶのですが、健康チョコレート(?)というような意味。前に気になって夫に聞いてみたら「カカオの含有率が高い為じゃない?」って言ってたけど、これだけ甘くて何が健康じゃ!とツッコミたくなるようなシロモノもあるわけです。

ダークチョコが甘いと“砂糖っぽさ”がさらに強調されて苦手なので、このまま食べるには好みでないのが残念。ネタとしては結構面白いので、もうすぐこちらへ遊びに来る妹に食べさせてやろうと戸棚に放り込んであったんですが、ふと思いついてホットチョコレートを作ってみました。

2009.02.24 mastiha hot chocolate

...これ、なかなかいけます!
そのまま食べると気になる甘さもミルクと合わさると美味しい〜
マスティハの風味も程よく感じられて、結構気に入ってしまいました。

と言っても、ホットチョコってあまり沢山飲みたくはないものなんですけどね。娘と半分こして、ギリシャコーヒー用の小さなカップに入れたのが丁度いい量でした。


多分ギリシャでしかこのチョコレートは売ってませんが、参考までに作り方を(分量は覚えてないので曖昧ですが、ちゃんと量ったら後で編集するかもしれません)。

‐鍋に牛乳とチョコレートを入れて弱火にかけます。割合はマグカップ1杯の牛乳に対し、チョコレート1列分ぐらい(お好みで調節)。

∨⇔て器でかき混ぜながらゆっくり温め、チョコレートが少し溶けて上に浮かんできたら、好みで小麦粉を小さじ1/2ぐらい加えます。小麦粉を入れると少し濃度が出るのですが、ドロッとするほどの量ではありません。小麦粉をさっと振り入れて、すぐに泡立て器でよく混ぜると、チョコレートの脂分と馴染むのでダマになりません。

E魑い立つぐらい温まり、チョコレートがしっかり溶けたら出来上がり。カップに注いで、熱いうちにどうぞ♪

※試したことはないので保障は出来ませんが、日本でも手に入るマスティハのサプリメントでも作れるかもしれません。カプセルのマスティハなら、中身の粉適量を小麦粉と混ぜて加えるといいです。


ギリシャ食品普及活動に、応援クリックよろしくお願いします
人気blogランキングへ
レシピブログにほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ


sevam_a at 20:10コメント(12)トラックバック(0)おすすめ食品・食材レシピ  このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年02月23日

ムスカリピクルス

この時期、気になるムスカリ。

2009.02.23 volvoi toursi1

毎年、1月頃から市場に出回るムスカリの球根(ヴォルヴゥス、ヴォルヴィ)。これを酢漬けにしたものは、ギリシャでは特に復活祭前の断食期間によく食べられ、今の時期はスーパーでも市販のムスカリピクルスが山積みになって売られてます。

この小さな球根をチマチマと剥き、苦味を抜く為に何度も茹でるのは結構面倒...。そんなわけで去年は作らなかったんですが、青空市場へ行く度に誘惑されてる気がして^^;

2009.02.23 volvoi toursi2

こういうのって、「もっと沢山作ればよかった〜」って思うぐらいが丁度いい気がします。
あまり沢山作っても消費しきれないので、500gだけ買ってみました。
使い物にならないほど傷がついてるのやヒョロヒョロしすぎてるのを除いたら、丁度500mlの瓶に入る量。
あと1週間ほど置いたら、ぼちぼち食卓に上る予定です。

【関連記事】
ムスカリの球根のピクルス
ピクルスのレシピ、市場で売られてる球根&野生ムスカリの花画像など載せています。


人気blogランキングへ
レシピブログにほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

sevam_a at 15:59コメント(6)トラックバック(0)料理・食べ物について  このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年02月21日

肉の日(ちょっとお子様メニュー)

ギリシャはカーニバルシーズン真っ只中。
3週間続くうちの2週目が終わろうとしているのですが、この週はクレアティニと言って、特にチクノペンプティ(肉を焼く煙の匂いの木曜)には肉料理を沢山食べます。チクノペンプティに食べる肉料理は、その名の通り焼いたものが定番。この日は肉料理専門のレストランなどが大賑わい...なはずですが、我が家はいつも結構普通な“おうちごはん”です。

過去記事を見てみたら、おうちスブラキやってたりもするんですけどね。今回も当日まですっかり忘れてたものの、鶏手羽などを買ってあったので、なんとなく意識したメニューにしてみました(と言っても、肉を食べたってだけですが)。

私と子供達の超早い夕食。
2009.02.19 lunch

鶏手羽とポテトのレモン・ガーリック&ローズマリー風味焼き
・ベイクド・スパゲッティ
・ロメインレタスのサラダ
・オレンジとニンジンのサラダ(楽子さんのを参考に


メインの料理はイザ!ブログに載せたレシピですが、オレガノの代わりにローズマリーを使い、下茹でしたジャガイモも一緒に焼いてあります。
ローストポテトをあまり食べない子供達の為にトマトソースとチーズたっぷりのベイクド・スパゲッティも作ったのだけど、食べたのは長女と私だけで、やっぱり次女は「おにくとごはん!」でした^^;

夫用のメニューは...
・ケフテダキァ(ギリシャ風ミートボール)
・ローストポテト(チキンと一緒に焼いたのは内緒)
・サラダ(ロメインレタス、ニンジン、トマト、葱、ディル、ケイパー)


2009.02.19 keftedakia

ケフテダキァは一部に青唐辛子ロースト&チーズの仕込みあり。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

カーニバルの話に戻ります。
ギリシャにおけるカーニバル(アポクリエス)というのは復活祭前の断食期間に向けて徐々に食事を制限していく準備期間でもあるのですが、最初は思いっきり肉などを食べ、肉が禁止されてからは卵や乳製品を、本格的に断食(食事制限)に入ってからも血の通ってないシーフードなどは食べれるという感じ。断食期間は日によってはオリーブオイルも駄目だったり、料理を一切しなかったり(前の日に用意した質素な豆料理などを食べる)もするのだけど、きちんと守ってる人は少ないようです。

肉を食べていいのは今週までで、来週はチーズ、その他の乳製品、卵などを使った料理をするのが伝統。ティリニの日曜日(チーズフェア・サンデー)を過ぎ、カサリ・デフテラ(クリーン・マンデー)からは本格的に断食期間に入ります。

注:復活祭の日は毎年変わるので、それに合わせてカーニバルの時期も変わります。宗教に関する行事や決まりごとに関しては、聞きかじりなので怪しい部分もあるかもしれないことをご了承下さい。

宗教や行事にこだわらない我が家の場合、いつも通りの食生活になりますが、断食期間の特別メニューを試したりするのは結構楽しみ。気分的に、野菜や豆料理の割合も高くなるような...?
この時期独特な料理なども、機会かあれば紹介したいと思います^^

人気blogランキングへ
レシピブログにほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

sevam_a at 20:57コメント(10)トラックバック(1)献立料理・食べ物について  このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年02月20日

ポロ葱のミートボール風

野菜を使った“偽ミートボール”(プセフトケフテデス)シリーズ。

2009.02.10 prasokeftedes
Πρασοκεφτέδες

今回のはポロネギ(ポワロー、リーク)を使ったプラソケフテデス。ギリシャ語でポロ葱を指すプラソ(複数形はプラサ)のミートボールという意味。柔らかく蒸したポロ葱にチーズや繋ぎを混ぜてミートボール状に成形し、小麦粉をまぶして揚げ焼きにしてあります。

私が作っていると、お手伝い魔の娘が「作らせて!」と乱入。成形して粉をまぶすのをやってもらいましたが、(周辺が粉だらけになったのはともかく)撮影用にも使えるぐらい綺麗に作ってくれました

こういうミートボール系は本物でも“偽物”でも我が家では大人気で、比較的野菜嫌いな次女も肉だと思って安心して食べてくれるんですよ。
...というのは前のメリジャノケフテデスの時にも書いたけど、別に肉の味がするわけでもないのに、この見た目だとミートボールだと信じて疑わないようです。
次女が「おにく!」と言って食べてるのを見て、私が「○○ちゃん、これ本当に肉だと思ってるよ(笑)」と小声で長女に言ったら、

「え〜、だってお肉やん!外側はお肉やろ!」

という返事。え〜、外側は小麦粉なんですけど(爆)
作る手伝いをしてたのに、何故...?

肉の味はしないけど、美味しいプラソケフテデスのレシピは続きへどうぞ。
ついでに応援クリックもして下さると励みになります♪
人気blogランキングへ
レシピブログにほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

続きを読む

sevam_a at 15:27コメント(8)トラックバック(0)レシピ  このエントリーをはてなブックマークに追加
Profile

salahi

アテネ在住。ギリシャ料理を研究しています。家庭料理からレストランの再現料理、オリジナルのモダンギリシャ料理、珍しい郷土料理まで幅広く紹介。
著書:「ギリシャごはんに誘われてアテネへ」(イカロス出版)
Instagram(ID:girisyagohan):記事にしてない日々のごはんや風景写真なども載せたりしています。


ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

・レシピのリンク一括表示はレシピ一覧カテゴリから。

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR

クレタ ラチマス エクストラ バージン オリーブ オイル ギリシャ産 1000ml (1本セット)
普段使いにぴったりのギリシャ クレタ島産オリーブオイル


U'Bay イタリアン シェフ チーズ おろし器 グレーター 四面 24 卸器
ギリシャのキッチンの必需品!



キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶
ギリシャのお母さんのハーブ使いにヒントを得たドリンク


****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE

Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ