2005年05月24日

チチラヴラ

0d79b965.JPGテッサリア地方のペリオン山(ピリオ)でよく作られる、野生ピスタチオの芽のピクルスです。種をナッツとして食べるピスタチオとはまた違って、アジアにも自生するカイノキやランシンボクの仲間でもあるウルシ科の木です。去年この山の上にあるマクリニッツァという村を訪れた時も、道路脇の露店で売られているのを見かけました。そこではチチラヴラの他にもワラビなどのピクルス、チャイ・トゥ・ブヌー(山茶という意味のハーブティー)、その他ハーブ類が山積みになって売られていました。



地方へ行くと特産品チェックは欠かせません。フルーツをシロップ漬けにしたものはギリシャ全土で作られますが、この辺りで有名なのはフィリキという楕円形の小さなりんごを使ったものです。あとは未熟なクルミやサワーチェリーで作ったリキュール、いろんな野菜のピクルス、手作りのトラハナ(細かいパスタの一種)やパスタ類などが売られています。ギリシャでも伝統的な食品が見直されていて、上に書いたようなものは村の女性達が集まって製作・販売をしているところが多いです。ペリオン山の村にも、こういうお店がある所が多かったです。

さて、チチラヴラに話は戻って、これはウゾやチプロといったギリシャの火酒のおつまみに食べるのが一般的です。ピクルスと言ってもこれは酢ではなく塩水に漬けてあるタイプで、味の方はちょっと好き嫌いがある感じです。何とも形容し難い独特な風味があるのですが、実は白いご飯に結構合うのです。

売ってるものはどれも同じではなく、当たりはずれがあります。マクリニッツァの露店で買ったのはイマイチでした。あれこれ食べ比べをしたわけではないのですが、アニリオ村の女性達が作ったものはおいしかったです。この村に行って買ったのではなく、アテネで買いました。次回ペリオンに行ったら、この村を訪ねて他の特産品も試してみたいと思います。


sevam_a at 14:29コメント(2)トラックバック(0)おすすめ食品・食材 | 料理・食べ物について  このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by Omikan-ch   2005年05月30日 21:05
野生のピスタチオ・・・。びっくりです。白いご飯に合うなんて、醤油漬けやキムチにしたりしてもおいしそうですね。
2. Posted by salahi   2005年05月31日 00:13
木の説明をもうちょっとわかりやすく編集しておきました。
寒い所には自生しないようなので、スイスにはないのかな?醤油漬けやキムチ、良さそうですね。芽を集める機会があったら作ってみます。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

salahi


ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

・レシピのリンク一括表示はレシピ一覧カテゴリから。

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE

Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ