2005年10月19日

アギア・マリナとアギオス・ニコラスのビーチ

シミ島で、私達が毎回行くのはアギア・マリナというビーチです。
そこへ行くには普通、ペディという小さな港からタクシーボートに乗るんですが、家からペディまで30分ぐらいテクテクと歩いていきます。

ホリオ(村)の脇を通って、なだらかな道をひたすら歩き、ゴウゴウと唸りを上げる発電所の横を過ぎたらあと少し。でもだんだん空が暗くなってきました。

心配していた通り、ペディに着く頃にはポツポツと雨が降り始め、そしてすぐにどしゃ降りになってしまいました。あ〜あ、これじゃ泳ぐのは無理だね。でもまた来ればいいし...とか思ってた私ですが、SPYは諦める気配無し。今日はもうビーチへ行く船はないよと言われても、せっかくだからとペディを散歩することになりました。

そして、集落の端っこまでたどり着いた時に、悪い予感が的中!


「せっかく来たんだから、アギオス・ニコラスまで歩こうか」


road to ag.nicholas

はっきり言って、この道を子連れで行くのは少々キツかったです。写真ではまだちゃんとした道がありますが、この先はゴツゴツした岩山の山羊道を行くことになります。

ag.nicholas beach

やっと見えてきました。アギオス・ニコラスはオリーブの小さな林のあるビーチです。ここはいつもボートから見るだけで、実際に来たのは初めて。

また雨が降ってきたので、カフェでレモネードを飲みながら休憩。豚やニワトリも居て、何だか和みました。寒くて泳ぐのは無理だったけど、ここまで来ることが出来てSPYの気も済んだようです。


ag.marina1

アギア・マリナへは、後日また行きました。今度は快晴!

写真の右端に写っている小島にある教会がアギア・マリナです。ここはサンベッドも有料だし、昔は結構広い砂浜だったビーチも変に整備されて狭くなっちゃったので何だかな〜って感じなんですが、SPYが子供の頃から来ている思い出の場所です。

ag.marina2

海はこの通り、まさにギリシャの海!って感じでしょ?ちなみに向うに見えてる山はトルコです。ちょっと水は冷たかったんですが、泳ぐのってやっぱり気持ちいい〜。こんな素敵な風景に囲まれてたら尚更です。

夕方になって、最終のタクシーボートでペディに戻ったら、そこからバスに乗って戻ります。晩ご飯は大好きなタベルナ・ヨルゴスで。

注文を取りに来たヨルゴスは、娘に向って「今日は海に連れていってもらってよかったね。ちゃんと泳げるようになった?」と話しかけます。

「私達が海へ行ったこと、何でこの人が知ってるの?」と娘が思ったかどうかはわかりませんが、実はこのヨルゴスはタクシーボートを操縦してるヨルゴスと同一人物なのです^_^
こういう風に仕事をかけもちして、朝から夜遅くまで働いている人は多いんですよ。オフシーズンは、きっとのんびり過すんだと思いますが。

私がこの時食べたのはプサロスーパ(魚スープ)。ブイヤベースの遠い祖先のような素朴なスープです。


sevam_a at 16:13コメント(14)トラックバック(0)シミ島 | 旅行・観光・お散歩  このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by athinasmylove   2005年10月19日 16:45
こんにちわ。海のきれいな写真で心和みます。
ギリシャは、岩、岩の下にきれいなビーチがあるところが多いですね。岩、岩を降りるのが私は、ちょっと苦手ですが。
それとプサロスーパは、大好きです。
以前に食べたときは、先にスープで煮た魚だけが先に出てきてレモンとオリーブオイルをかけていただき、その後そのスープにジャガイモやその他の野菜が入っていただきました。
最初魚しか出てこなかったのでスープが欲しいって言ったら後でといわれたのを覚えています。
おいしさが2倍味わえました。
2. Posted by irini   2005年10月19日 23:37
salahiさん
こんにちわ。ぜんぜん関係ない話題で恐縮なのですが、この間、うちでラハノドルマデスをつくってみました。実は私、食べたことないのですが、salahiさんが載せていらっしゃる写真を参考に、いい加減に作ってみました。
最初の日は、どうも水が少なかったらしくていまいちだったのですが、残り物に、次の日、トマトの缶詰とチーズをかけてオーブンで焼いてから食べたら、とても美味しかったです。
今回は、普通のキャベツが見つからずサヴォイ(葉がちりめん状になったキャベツ)を使ってしまったのですが、次回は普通のキャベツで試してみたいと思います。
3. Posted by salahi   2005年10月20日 00:28
athinasさん、こんにちは。

そうそう、こういうビーチが多いですよね。シミ島にあるビーチの多くも、歩いていくのはかなり難しいとか不可能だったりします。ここも、普通はボートで行くんですが、歩いてる人もたまに居ます。

プサロスーパやカカヴィアは美味しいですよね。ヨルゴスのは全部一緒に盛られてるけど、別々に出て来るところも結構ありますね。
4. Posted by salahi   2005年10月20日 00:34
iriniさん、こんにちは。

ラハノドルマデスって、それほど作らないんですが、いろんな作り方があります。多分、一番良く見かけるのが生の挽き肉に米などを混ぜたフィリングで作ってあるもの。ヨルゴスのは炒めた挽き肉で、イェミスタのフィリングのようでした。

サヴォイキャベツってギリシャではあまり一般的ではないんですが、イタリアンの焼きロールキャベツ(チーズなども入ってる)をこれで作ったら美味しかったです。

あと、私のお気に入りはキャベツの漬け物を使ったラハノドルマデスです。これはキャベツを漬けるのでちょっと手間なんですが、美味しいですよ。そろそろキャベツを漬ける予定なので、また載せようと思ってます。
5. Posted by クレラン   2005年10月20日 05:26
わー素敵!心が澄み切っていくような海の風景ですね。
海の底や遠くの山までくっきり写ってる。
岩山を娘さんと一緒に歩くのは、さぞ大変だったと想像できます。この夏ブルターニュの岩山を歩いた時に、子供たちがいたらとても歩けなかった・・・と思ったもの。

ギリシャの人は働き者なのね。イメージとは
ちょっと違って意外な発見でした(ゴメンナサイ)!
6. Posted by salahi   2005年10月21日 02:04
クレランさん、こんにちは。

広い砂浜とかはあまりないんですが、海はなかなか綺麗ですよ。ちょっと深いところで足をついたら、何かにちょっと噛まれたので慌てて逃げました...。何だったんだろ?今度は水中メガネ持参で行きたいです。

クレランさんはかなり険しい岩山を登られたんですね。ここは私達だけだったら、それほどではなかったんですが、子供連れだとね...肩車とかしてる場合じゃないよ〜!と、ハラハラしました。

ギリシャ人って結構働き者なのかな?こちらでは主婦が一番働き者に見えます。観光地の人は、夏だけいっぱい働くんでしょうね。
7. Posted by irini   2005年10月22日 01:49
salahiさん

こんにちは。写真では米が入っているように見えたので、私は米とひき肉ミックスでつくってみました。あと、ディルも入れました。ディルは私にとってギリシャの味です。
キャベツのオーブン焼きですか・・・私はイタリアに五年住んでいたのですが、見たことがありません。でも、おいしそうです。イタリア人がよく焼いていて、私が変だなーと思っていたのは、トレヴィザーノという赤いキャベツとレタスのあいの子のような野菜です。苦い独特の風味があり、通の野菜です。これのリゾットというのを食べさせてもらったことがありますが、それは傑作でした。
8. Posted by salahi   2005年10月22日 15:39
iriniさん、ヨルゴスのは米に対する挽き肉の割合が多すぎず、なかなかいい感じでした。あれにはディルは入ってなかったけど、ディル入りのも美味しそうですね!そうそう、ギリシャ料理ってディルを結構沢山使うんですよね。うちの夫も大好きなんです。
イタリア料理も地方色が強いから、焼きロールキャベツもどこかの地方の料理かもしれません。トレヴィザーノは一般的にradicchioって呼ばれるものですね。あれ好きなんだけど、こちらではなかなか新鮮なのが売ってなくて残念です。イタリアのは種類もいろいろあるんですよね?
9. Posted by とろそれ   2005年10月24日 06:43
お久しぶりです!
シミ島、ステキですね。トルコに近いとはかなり遠そう!
だけど海はきれいだしオクラと鶏肉の煮込みは美味しそうだし
またギリシャに行きたくなってしまいました。
ギリシャに一緒に行った私の彼、実は今日日本に完全
帰国したのですが、最後まで「ギリシャのバカンスが
今までで一番よかった〜」と言い続けていました。
いつかこんな島でゆっくりできたら最高ですね・・
10. Posted by salahi   2005年10月24日 23:54
とろそれさん、お久し振りです!

ロードス島までは飛行機で行けるんですけど(そちらからも直行便が出てるかも)そこから船に乗り換えるのがちょっと手間ですね。

とろそれさんも、もうすぐ日本へ帰ってしまわれるんでしたっけ?そしたら遠くなってしまって、なかなか機会もないでしょうが、次回は是非、島へ行ってみて下さい。

そうそう、バカンスやPCの不調でそちらも長い間覗けなかったのでコメントしそびれたんですが、ギリシャのスーパーの写真も楽しかったです。普段あまり気に留めなかったものが紹介されてて、何だかとても新鮮でした。

11. Posted by ポメマル   2005年10月25日 23:50
salahiさん こんにちは。

またギリシャの青い海がみたくておじゃましました。

実は12月10日にある所からの依頼で小編成のマンドリンの演奏をすることになりました。
今日、試奏して曲目を決めました。
”ラ・メール”をやることになりました。
以前、弾いたことはあるのですが、地中海の青い海に白い船がうかんでいるようなイメージで弾けるといいねということになりました。
「そうだ salahiさんのシミ島の海の写真をみんなに渡してあげればイメージが湧きやすい。」と思い、海の写真を3枚いただきますね。

地中海の海、何度みてもきれいですね。(うっとり)

お料理のところも拝見しましたが、知らないお料理がたくさんあり、好奇心の強い私にはワクワクしてきます。


12. Posted by salahi   2005年10月26日 04:23
ポメマルさん、こんにちは。

ポメマルさんはマンドリンの演奏もされるんですね!“ラ・メール”って知らないんですが、青い海に白い船のイメージ...素敵な曲なんでしょうね。私の写真がお役に立てるなんて嬉しいです。

そうそう、今思い出しましたが、シミ島出身の夫の祖母もマンドリンを弾いていたそうです。祖母はかなり前に亡くなっているので、残念ながら私は会ったことがないんですが、そのマンドリンは今でもうちにあります。

島の話題はあと数回続きますので、お付き合い頂ければ幸いです。
13. Posted by ポメマル   2005年10月26日 18:50
salahiさん こんにちは。

”ラ・メール”は多分シャンソンではないかと思います。
みなさんきっと喜ぶと思います。(今回は7人の編成です)

お祖母さまがマンドリンを弾かれていたなんて嬉しいです。

マンドリンはイタリアの楽器ですが、ギリシャにもあるのですね。
いつかお祖母さまのマンドリンの写真を拝見したいものです。

ご主人様はマンドリンを弾かれないのですか?
14. Posted by salahi   2005年10月27日 00:48
ポメマルさん、うちの夫は元々ギターを弾いてたんですが、何か一つ楽器をやってると、結構いろいろ弾けたりするものですね。マンドリンも、それなりに弾けるかもしれません。

夫は楽器が好きで、ドラムセットやシタールなんかも持ってるんですよ。置き場所がないので困るんですが^_^;

うちにあるマンドリンも多分イタリアのものだったと思います。機会があれば、また写真を載せますね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE


****************



Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ