2005年10月24日

缶詰めで手軽に・チキンとアーティチョークのソテー

chicken & artichoke沢山の手順を一度にこなすのが苦手です。

だから、下ごしらえとか、作業を分けて作れる料理が我が家ではよく登場します。これもそうで、アーティチョークをハーブと和えておいたり、鶏肉の下味付けまでやっておいて、食べる前にパパッとソテーするだけの簡単料理。

スピードクッキングでありながら、スローフード的な要素もあるこの料理。クックで載せて以来、ずっと作り続けて下さってる方もいて、とても思い入れがあります。

私はダラダラと手順を分けて準備して料理をする方なのでこのやり方なのですが、アーティチョークをマリネするプロセスは面倒なら省いて下さい。また、オイルに漬かってるものを使用する場合、余分な油をきってそのまま使います。

チキンとアーティチョークのソテー

材料(2人分)
アーティチョーク缶詰め(又は瓶詰め)...1缶
ニンニク...1片
エルブ・ド・プロヴァンス...小さじ1/2〜1
オリーブオイル...大さじ2〜3
鶏胸肉...1枚
塩・胡椒
小麦粉...適量
白ワイン...大さじ3
パセリ微塵切り...大さじ1

アーティチョークは汁気を切って、4〜6つに切る。にんにく微塵切り、ハーブ、オリーブオイル約大さじ1、胡椒少々を加え混ぜる。(この状態で数日冷蔵しておいても大丈夫です)

鶏肉は食べやすい大きさに切って、塩胡椒して薄く小麦粉をまぶす。

フライパンを熱し、オイルを大さじ1〜2加え、鶏肉を焼く。こんがり焼けたら一旦取り出して、アーティチョークを加え炒める。

にんにくに火が通って、アーティチョークが温まったら鶏肉を戻して炒め合わせ、ワインをジャッと加え炒める。

味を見て必要なら塩胡椒を加え、パセリを加えさっと炒めて火から下ろし、器に盛る。

MEMO:ハーブはあるものを適当に合わせてもいいです。写真ではパセリがなかったので、仕上げにタイムを散らしています。
アーティチョークはマリネされた瓶詰めのを使う場合、マリネする手順は必要ないです。

バリエーション:チキンと筍のソテー
アーティチョークの代わりに筍を使うだけ。市販の水煮でOKです。


sevam_a at 17:04コメント(18)トラックバック(3)レシピ | 料理・食べ物について  このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 簡単で栄養たっぷりのえびだんご  [ チョットdeモット! ]   2005年11月10日 13:29
チョットdeモット〜    今日はコレ「簡単で栄養たっぷりのえびだんご」      <材料>  むきえび  200g                   山芋    200g               長いも   200g           れんこ...
2. 楽ちんで行こう(料理編その8)  [ アメリカで自分ケア ]   2010年01月25日 11:00
いきなり「その8」で驚かれたかな。先月のこの記事の後、別ブログで、日本在住の方のレシピを中心に「その2」から「その7」をアップしたんです。
3. 花を食す贅沢??アーティチョーク??  [ 楽子の小さなことが楽しい毎日 ]   2010年07月10日 16:21
アーティチョーク。 和名では朝鮮アザミ。 初めてこの存在を知ったときには、そのあまりの芸術的ともいえるフォルムにイチコロだった私。 いつか生のものを自分で調理して食べてみたいなぁ??と思っていて、そんな願いがかなって初めて手にしたのがおととしのこと。 6月...

コメント一覧

1. Posted by さらさ   2005年10月24日 20:28
こんにちは!すっかりご無沙汰しています。
まずは、おかえりなさい!!
シミ島の素敵なバカンス、さかのぼって読んできました。
街も海もきれいで、お料理も美味しそうですね。
のんびりとしたギリシャの島の休日が懐かしいです。
こちらは最近、PCがこわれたりして大変でした。
ようやく調子が戻ったので、またちょくちょく遊びに来たいと思います。更新、楽しみにしていますね!

2. Posted by irini   2005年10月24日 21:04
salahiさん
アーティチョーク、おいしそうですね。
イギリスには、アーティチョーク、売ってることは売っているんですが、なにせ1つ1ポンド(200円ぐらい)もするので、ちょっと手が出ません。瓶詰め(トルコ産)というのを買ってみましたが、ちょっと酸っぱくて、新鮮なアーティチョークにはかないません。
イタリアでは、5個で100円とかそんな値段だったと思います。でも、今はユーロでもう少し高いかもしれません。ギリシャでは冷凍も一般的ですよね。いいなー。

「トレヴィザーノ」は、確かに「ラディッキオ」とも言っていたので、なぜかと思い、調べてみました。すると、本名は「ラディッキオ・トレヴィザーノ(トレヴィゾのラディッキオ)」といい、その他にも、ヴェローナのラディッキオとかキオッジャのラディッキオというものがあることが分かりました。ギリシャではあまり食べない野菜なのですね。
3. Posted by salahi   2005年10月25日 00:03
さらささん、お久し振りです。

そちらもよく覗いているんですが、さらささんの記事がなくてどうしたのかな〜?と思ってました。私も回線の調子が悪くてしばらく休んでたんですが、普段からネットを使うのに慣れてると、ちょっと辛いですよね。

ではでは、そちらの更新も楽しみにしています!

4. Posted by salahi   2005年10月25日 00:11
iriniさん、こんにちは。

こちらもアーティチョークは安いけど、やはりユーロになってからは値上がりしました。一番安い時期にまとめ買いして、ソットオーリオとか作ってます。

そうそう、缶詰めのはちょっと酸っぱいんですよね。生のにはかなわないけど、このソテーは結構いけますよ。

ラディッキオはギリシャで普通売ってるのは丸いので、苦味が強いです。もっとマイルドなのとかあるんですよね?イタリア料理の本で、いろんなラディッキオの写真を見ましたが、本当に種類が豊富ですね。
5. Posted by ポプラ   2005年10月25日 00:56
salahiさん、こんにちは。
このお料理良いですね。うちに丁度缶詰のアーティチョークが余っていたんです。アーティチョークはどの部分のものでもできますか?うちにあるのは Heartという底の部分のものなのですが。
それと、もうひとつ質問があります。
お友達のブログでTaramaの話題が出ていたのですが、フランスでも結構ポピュラーなんです。もとはギリシャのものだと思いますが、そちらではどのようにして食べるのですか?またそちらでもTaramaと言うのでしょうか?フランスで見かけるものは、ピンクっぽいペーストで魚の卵が入ってます。そしてなぜかロシアのパンケーキ、ブリニに塗って食べるんです(キャビアみたく?)。
勉強になるのでぜひ教えて下さい。
6. Posted by salahi   2005年10月25日 01:34
ポプラさん、こんにちは。

アーティチョークはどの部分でもいいですよ。適当料理なので、御自由にアレンジして下さい^^

タラマはこちらでも同じ呼び方です。男性名詞なので、正確にはタラマス(ο ταραμάς)となりますが。フランスではブリニに塗って食べるんですね。

タラマについては前にちょっと詳しく書いたのですが、時期を逃がしてしまったのでここには載せてないんです。ギリシャ料理で有名なのは何と言ってもタラモサラタ。これはタラマにパン・レモン汁・オリーブオイル、そして玉ねぎやニンニク(これは人によっていろいろ)を加えたディップです。あとは茹でたジャガイモなんかと混ぜて丸めたのを揚げたタラモケフテデスとか。また今度作ったらレシピも載せますね。
7. Posted by ざっぱ   2005年10月25日 06:10
こんにちは!

ソテー おいしそうです!
私は要領が悪いので、お鍋にドサッと食材を入れて煮込んだり、フライパンで炒めちゃえ〜っていうのが多いです。
なので、このソテーは下味さえつければ、フライパンでOKですもんね!今度作ってみたいな。

でも、アーティチョーク・・・どこで売ってんだろう??
花屋に勤めていたときは、よく見ていたんだけど・・・静岡で売っているところを探さなきゃ!
8. Posted by ポプラ   2005年10月25日 06:22
salahiさん、早速お返事ありがとうございました!タラマの話題楽しみに待ってま〜す。
9. Posted by エミリア@イタリア   2005年10月25日 14:20
アーティチョーク、大好きなんです。
生の調理は準備が大変なのですが(アーティチョークの灰汁で指や爪が真っ黒に)、イタリアには缶詰や瓶詰がたくさんあるので、お手軽に使えて嬉しい♪

ところでギリシャでは「鶏インフルエンザ」のニュースは?
イタリア、すごいですよ。お肉屋さんも鶏さんには「国産だよ!国産!!!!!!」って、そりゃスゴイです。
でも鶏さんの売れ行きはがた落ちです。
10. Posted by salahi   2005年10月25日 14:50
ざっぱさん、こんにちは。

私も簡単料理ばっかりですよ〜。しかも一品のみ!ってことが多いんです。日本の食卓って、いろんなおかずが並んでてすごいですよね!私も見習わなければ...。

アーティチョーク缶は、輸入食品とかを売ってる店や、ちょっと高級(?)なスーパーにあるようですね。私自身、日本に居た時は使ったことがない食材です。
11. Posted by salahi   2005年10月25日 15:02
エミリアさん、こんにちは。

そうそう、指が真っ黒になっちゃうんですよね!でも、安いから贅沢な使い方ができるのが嬉しいです。日本だと高いから、こちらのようにザクザク剥いちゃう使い方はなかなか出来ませんよね?

これは、私の手抜き料理であるのと同時に、日本でも気軽に作れるアーティチョーク料理を...と考えました。で、別の所にレシピを載せたのはかなり前なのですよ。ちょっと時期が悪いですが、こちらにも載せちゃいました。

鳥インフルエンザは、こっちでも連日ニュースで取り上げられてます。そしてやはり鶏の売れ行きも悪いです。これからどうなるんでしょうね?
12. Posted by 千春   2005年10月25日 16:30
salahi さん、はじめまして。
今月、アテネに旅行してきました。
旅行前に、こちらのブログを拝見させていただき
いろいろ参考になりました。ありがとうございます♪

9/12のブログで、キフィシアのスブラキ屋さんを
紹介されていましたが、その店に行ってきました^^
可愛いお店ですね〜
その時の旅行記を↓こちらにアップしてみました。
http://ethnicdaisuki.cool.ne.jp/greece2005-12.htm

アテネでラム肉のトマト煮込みを食べたのですが
その時に入っていた野菜が、何だかわからなかったんです。
で、今日こちらを見てみたら、もしかして
アーティーチョークだったかも?と思い当たりました。
今度手に入れて、作ってみたいと思います。

では、これからも楽しみにしていまーす!!
13. Posted by さらさ   2005年10月25日 19:33
こんにちは!
地球散歩にも遊びに来てくださっていたんですね。ありがとうございます!私の担当はギリシャ語以外にポルトガル語、イタリア語、時々、英語、スペイン語など他のところも書いているんですよ。ここのところはギリシャ語以外を書いていましたね。
それでも「書くぞー」って気合いが入るのはギリシャ語。この間、イタリア語の「水」を書いていたら話が結局ギリシャ神話になってしまいました(笑)
文の最後に(さ)とあるのが私の書いたものです。今日は久々にギリシャ語をUPしたので遊びに来てくださいね!
14. Posted by salahi   2005年10月25日 23:18
千春さん、はじめまして!

私のブログがお役に立てて嬉しいです^^
早速そちらのサイトを見てきました。結構いろいろ回られたんですね〜。これからの更新も楽しみにしています!

ラムとアーティチョークの組み合わせはよくあるので、多分そうだと思います。美味しく出来るといいですね。
15. Posted by salahi   2005年10月25日 23:22
さらささん、ギリシャ語とイタリア語だけかと思ってたら、かなりいろいろ書かれているんですね!

でも、他の方の写真や記事も素敵ですね〜。どれを誰が書かれているんだろう?と、考えつつ読んでいました。またそちらにもお邪魔しますね!
16. Posted by り¥   2005年10月30日 13:10
こんにちわ
はじめましyw
17. Posted by れもんばーむ   2006年06月24日 08:44
はじめまして!

アーティーチョークのお料理レシピを調べていたらこちらに辿り着きまして私のブログで紹介してしまいました。

ご迷惑でしたら削除しますのでおっしゃってください。

よろしくお願いします。
18. Posted by salahi   2006年06月24日 18:30
れもんばーむさん、はじめまして。

ブログで紹介して下さって、ありがとうございます♪
宜しければ、またいらして下さいね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

salahi


ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

・レシピのリンク一括表示はレシピ一覧カテゴリから。

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE

Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ