2005年11月27日

シンプルなビーツのサラダ

beetroot salad最近ビーツの話題をあちこちで見かけたので、私のレシピも見直してみました。

ギリシャではとても一般的な、このサラダ。レストランでもスタンダードなメニューですが、茹で加減がイマイチだったり、当たりはずれがあるんですよね。


市場で売られているビーツは、立派な葉が付いていることがほとんどで(と言うか、ほとんど葉がメイン?)この葉も一緒にサラダにしてしまいます。葉はギリシャ流に、柔らかくなるまで茹でて。
ビーツ本体(?)は、私は茹でるよりもオーブンで焼いた方が好きです。甘味が引き出されて美味しいですよ。



シンプルなビーツのサラダ
ギリシャでビーツというと、こういうシンプルな食べ方をすることが多いです。日本ではビーツはまだあまり馴染みがないようなので、扱い方のコツをいくつか書いておきました。

材料:(2〜4人分)
ビーツ(出来れば葉付き)...小振りのもの6〜7個
ニンニク...1かけ

ワインビネガー...大さじ1〜2
オリーブオイル...大さじ2〜3

ビーツは根を切り落とさずに、茎も少し残して切ります。元々切って売られていた場合は、そのままで大丈夫。皮に傷を付けないように気を付けながらブラシなどでやさしく洗い、葉があればそれも別に洗っておきます。

【茹でる場合】
鍋にビーツ、塩少しと水を加え強火にかけます。煮立ったら火を弱め、蓋をして約30分ビーツが完全に柔らかくなるまで茹でます。茹で上がりの目安は、指で少し押さえただけで皮がツルッと剥けるかどうかです。

【オーブンで焼く場合】
ビーツをアルミホイルに包んで中温のオーブンで1時間くらい(大きさによる)焼きます。

粗熱を取ってから皮を剥き、食べやすい大きさに切ります。この時、手に色がつくのを避けるため、ゴム手袋をはめた方がいいです。

スライスしたニンニク、塩、ワインビネガー約大さじ1、オリーブオイル約大さじ1で和えます。ニンニクは食べる時よけるならスライス、一緒に食べるなら微塵切りにして下さい。

葉があれば、ビーツ本体とは別に柔らかくなるまで茹で、水気を切って塩、ワインビネガー(控え目)、オリーブオイルで和えます。

器にビーツと葉を盛り付けます。あれば青唐辛子のピクルスを添えるとおいしい。他にはフェタチーズを別皿に盛って、このサラダと一緒に食べたり、スコルダリアを添えてもいいです。

beetrootboiling beetrootseasoning beetroot

sevam_a at 23:17コメント(33)トラックバック(2)レシピ   このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. ボルシチ  [ 仕込発酵熟成発煙的動物園茶樓 ]   2005年11月30日 19:39
ロシアの伝統的シチュー。ビーツを見つけたら、つい煮込みたくなる、ほっこり あったか素朴な美味しさです。これからの寒い季節に 如何でしょう? ^_^ 材料( 2人分 ) 牛スネ肉塊 … 約200g ビーツ … 約100g 人参 … 中1/2本 水煮トマト(生可) … 中1個 ジャガイモ … 中2...
2. ビーツ♪  [ 仕込発酵熟成発煙的動物園茶樓 ]   2006年06月06日 12:13
初めて、生のビーツを入手しました♪

コメント一覧

1. Posted by えつぴん   2005年11月27日 23:27
salahiさんこんばんは^^
生のビーツってはじめてみました。(食べたこともありません^^;)
切ると手が赤く染まるなんて〜ちょっとびっくりな野菜ですね。
普通のカブで作っても美味しそうですね。私、カブ大好きなんです。日本のと比べるともっとコシがあるのかしら??
2. Posted by むうちえ   2005年11月28日 00:28
すみません。よく見るとこの前のサラダ、よく見ると白い蕪がいっぱい入っていましたね。ビーツを取り上げていただいてとてもうれしいです。ためしてみます。ブルガリアでは細く切ったビーツをマヨネーズと混ぜてパンにのせて食べるのがポピュラーです。そちらではそんな食べ方しますか?
3. Posted by ポプラ   2005年11月28日 05:31
ビーツって焼く事もあるんですね。茹でる事しか知りませんでした(汗)。今度焼いてみようかしら。
それにしても葉付とは新鮮そうです!茎も赤いんですねー。salahiさん、相変わらず写真が綺麗です。ビーツの鮮やかな色がちゃんと生きてる!うちのボルシチの写真、こちらに比べると色が悪いなぁ。
4. Posted by miso   2005年11月28日 09:29
こんにちは。
ビーツって聞いたことはあったけど、
初めて見ました^^♪
鮮やかでキレイな色、白いお皿に映えますね。
5. Posted by takoome   2005年11月28日 11:43
サッワディ〜 トンチャオ(おはよ〜) クンsalahi
新鮮なビーツってそんな感じなんですね、
ここにも売ってます。干からびたの・・・・勿論葉っぱ、付いてません。いつも見てましたが、買う気が起こりません。
缶詰よりは安いけど・・・・そんなんでビーツ料理は作ってません。
それでもここに来ると、作ってみたいと思うのはどうしてでしょう?
6. Posted by ゆかりん   2005年11月28日 11:56
おはようございます〜。
ビーツ、初めて食べた時は、本当に赤くってびっくりしました。
でも、この赤い色がおいしいサラダを余計引き立ててくれますよね。
それにしても、とっても鮮やかできれいなお写真!
毒素がぬけていきそうなんで♪しばらく眺めさせていただきますね〜!
7. Posted by sajy   2005年11月28日 23:54
日本には生のあまり売ってないから、今年は植えるぞ!っと思って種買ったのに蒔きそびれた...
卵とビーツのピクルス作りたのにな。
8. Posted by salahi   2005年11月29日 02:10
えつぴんさん、こんにちは。

ビーツって日本ではあまり見かけませんよね。味はとっても甘くてコーンのようです。これは普通の蕪とはかなり違うんですが、蕪でこういうサラダを作っても美味しそうですね。その場合は酢よりレモンの方が合うかも。

これ、手が染まってしまうだけでなく、食べると体内も染まってそうです...。
9. Posted by salahi   2005年11月29日 02:13
むうちえさん、こんにちは。

私は好きですけど、こちらではビーツとマヨネーズってそれほど見ない気がします。ロシアとか、スラブ系の国ではよくそういうサラダがありますよね?
10. Posted by salahi   2005年11月29日 02:23
ポプラさん、こんにちは。

ビーツもそうだけど、オーブンで焼くと旨味が凝縮して美味しい気がします。

ボルシチにも、焼いたのを拍子切りにして最後の方で入れたりするけど、煮るとどうしても色が抜けちゃいますね。
11. Posted by salahi   2005年11月29日 02:27
misoさん、こんにちは。

ビーツって少し土臭いけど、甘味が強くて美味しいですよ。
色がすごいので、扱いに少し注意が必要ですが...。ギリシャでは見かけないけど、黄色い品種もあります。
12. Posted by salahi   2005年11月29日 02:29
takoomeさん、こんにちは。

アジアではあまりビーツって食べないのかもしれませんね。
こんなに新鮮なのは、ギリシャに来るまで見たことありませんでした。
13. Posted by salahi   2005年11月29日 02:31
ゆかりん、こんにちは。

ビーツのサラダを食べた後の、お皿に残ったオイルとビネガーがサイケな感じで見入ってしまいます。

毒素が抜けると言えば、生ビーツのジュースってありますね。どんな味なんだろう...?
14. Posted by salahi   2005年11月29日 02:35
sajyっつぁん、ビーツっていつが蒔き頃なん?ギリシャでは結構一年中見かける気がするけど?今度は忘れずに...。

ピクルスやったら、缶詰めでいいんちゃう?
15. Posted by takako   2005年11月30日 11:01
 ビーツってロシアなどの北の国の越冬保存用野菜というイメージがあったので、はじめてギリシャの市場で見た時は驚きました。家では子供が食べやすいようにスライスして、酢+オリーブオイル+塩+オレガノで味付けしてます。
 ちなみにロシアではボルシチ用とサラダ用のビーツは種類が違うようです。サラダ用は茹でても赤い色が鮮やかに残るんだとか。茹でる前に皮を爪でこすってみるとわかるんだそうです。私はそんなの気にせずに使ってますが。
 来週ヨーロッパに向けて出発です。アテネにカナダの寒さを一緒に連れて行かないといいんですが。アテネ到着は12月の中旬です。ライキが待ちどうしい。
 アジア食料品店の情報をありがとうございました。
16. Posted by CROCCO   2005年11月30日 19:43
こんにちは。

ビーツはいつも缶詰ばかりで、生のを触ったことがなくて、もし、どこかで出会ったら絶対買うぞと決めている食材の一つであります。だけど、そんな手間のかかる下処理(笑)だったのですね。知りませんでした。しかも、色が鮮やかで、手袋なしでは触れませんね^_^;

この下処理方法、トラバで拙ボルシチへと頂いていきます^_^ もし不都合ございましたら御一報を^_^

ではまた♪
17. Posted by salahi   2005年12月01日 04:00
takakoさん、こんにちは。

サラダ用とボルシチ用のビーツがあるなんて、初めて知りました。見分け方も面白いですね。

いよいよギリシャにも来られるんですね。楽しい滞在となりますように^_^
18. Posted by salahi   2005年12月01日 04:06
CRO、こんにちは。

ビーツの下処理、それほど手間がかかるものではないんですが、切ってから茹でると色が全部抜けてしまうので、そこのところだけ注意すれば大丈夫ですよ。

トラバ、ありがとうございます^_^
私のレシピなどを誘拐したい場合は、記事中にリンクを貼って下さるとできますよ。
19. Posted by Miwa   2006年02月16日 11:37
最近ギリシャ出身の知人の家に何度か招待されてギリシャ料理に興味を持ち始めました。ハンバーグやジギー、ビーツやクリスマスに食べるクッキーなど美味しいものだらけのギリシャ料理。とっても刺激されてます。ビーツ、近いうちに自分でも挑戦してみます。
20. Posted by salahi   2006年02月17日 01:25
Miwaさん、はじめまして。

ギリシャ料理は作るのも結構簡単でいいですよ^^
ビーツのサラダ、上手くできますように♪
21. Posted by CROCCO   2006年06月06日 12:19
生のビーツ、やっと入手しました♪
このページのこと覚えていて良かったです。
悩まずに済みました(笑)
salahiさん、ありがとううう(_ _)
TB置いていきますね。
22. Posted by salahi   2006年06月06日 16:36
CRO、トラバどうもです^^

生ビーツ見つかってよかったですね〜。そちらを見て、私もボルシチ食べたくなりました!

そう言えば、この間、チェコスーパーで乾燥ビーツを買いました。美味しいのかどうかは謎ですが、楽子さんにでも実験してもらおうかしら?
23. Posted by CROCCO   2006年06月08日 21:56
乾燥ビーツですか。。

一瞬、赤い切干大根を想像してしまいました^_^;
楽子さんなら、美味しく変身させそうです。
24. Posted by salahi   2006年06月09日 03:02
赤い切干大根^^;

味見もせずに送ってしまっていいものか...と思いましたが、楽子さんなら何とかしてくれるでしょう(笑)今度また買って味見してみます。
25. Posted by AKIRA-CHIN   2007年01月07日 21:07
今日、たまたまスーパーでビーツを見つけたので、すぐに買いました。
調理の仕方を復習しておこうと、検索してみたところ、このページを知りました。
とても、参考になりました。ありがとうござます。
調理記録を、トラバしておきます。
26. Posted by AKIRA-CHIN   2007年01月07日 21:10
トラバがうまく送信できないので、アドレスを書いておきます。
http://akira-chin.com/search2.php?res_id=13498
今後とも、よろしくお願いします。
27. Posted by salahi   2007年01月09日 03:28
AKIRA-CHINさん、はじめまして。

コメントありがとうございます。
ビーツの調理法が参考になったようで、とても嬉しいです。
こちらこそ、どうぞよろしくお願いします^^
28. Posted by ゆんちゃん   2007年01月12日 16:57
初めまして。takoomeさん経由でやってきました。
写真が綺麗で美味しそうですね。
私はイスラエルに住んでいるんですが、ビーツはセレックといいます。
セレック・アドム(赤)がいわゆる根っこで、セレック・ヤロック(緑)が葉っぱです。
セレック・ヤロックがビーツの葉だというのは知っていましたが、セレック・アドムがビーツだとは今知りました。
目からウロコです。
スルメがイカからできているのを知らなかったというのに似ているでしょうか。。。
独りで顔を赤くしています。。。
29. Posted by salahi   2007年01月14日 00:59
ゆんちゃんさん、はじめまして。コメントありがとうございます^^

ギリシャではビーツって葉も付いた状態で売られてるのがほとんどなんですが、そちらではビーツの葉と根っこは別々になってるんでしょうか?赤いビーツの葉は葉脈も赤いので、そうでないものは違う種類なのかもしれないですね。
30. Posted by Miyako   2007年05月24日 21:52
去年の秋に種を播いたビーツが大豊作で、レシピを探していたので、大変参考になりました。
ありがとうございました。
葉はサラダが土臭くていまいちだったので、お浸しにしたところ、とても美味しく頂くことができました。

31. Posted by salahi   2007年05月25日 09:08
Miyakoさん、こんにちは。

レシピ参考にして下さって、ありがとうございます!
葉のお浸しも美味しそうですね^^
32. Posted by マミンカ   2012年01月17日 18:06
ビーツを始めてネットでゲットしてどのようにするか悩んでmした。
ボルシチはポーランドで食べたのを思い出しながらこちらのレシピを参考にさせていただきました。
サラダ、今からチャレンジしてみまーす
ビーツにはまってしまいそうです。
私も種、蒔こうかな
33. Posted by salahi   2012年01月23日 04:11
マミンカさん、こんにちは。

レシピを参考にして下さって、ありがとうございます^^
ギリシャでは専らサラダという感じですが(バリエーションはいくつかあるものの)ほんのり甘くて美味しいですよね。
育てるなら是非葉っぱも茹でて食べてみて下さい♪

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE


****************



Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ