2006年01月19日

オレンジ&チョコチップのチュレキ

orange & choc chip tsourekiセミドライサワーチェリー&チョコチップに続き、またまた配合を変えてオレンジ風味のチュレキ(甘いパン)を作ってみました。

オレンジ風味のパンで思い出すのが、アメリカにホームステイした時のこと。一度だけ、朝食にオレンジ風味のパンが出たことがあります。普段はシリアルやベーグルなどの簡単な朝食だったんだけど、その日は朝起きたらパンが焼けてました。オレンジ風味のふわふわな渦巻きパンにアイシングがかかってて...10数年経った今でも思い出して溜め息ついてます。

数年後の新年に、今度はギリシャでオレンジ風味のパンに出会いました。今住んでるところの近所にあるベーカリーで買ったバシロピタ(新年のパン)です。こちらはアメリカのパンよりもパサパサで重いんですが、何となく食べ進んでしまう感じ。

そして、今回の私のパン。チョコレートに頼ってるのは反則(?)という気がしないでもないのですが、すごく美味しい組み合わせですよね。
家族にも好評で、1個、また1個...と、すごい勢いでなくなってしまいました^_^

人気blogランキングへ



オレンジとチョコチップのチュレキ
これも卵の無駄がないシリーズ。1個の卵で生地用と艶出し用にしてあります。

材料:(6個分)
中〜強力粉...300g
塩...小さじ2/3
砂糖...大さじ11/2
インスタントドライイースト...小さじ2/3
卵...1個
オレンジの皮すりおろし...1個分
オレンジの絞り汁...50ml(約1/2個分)
牛乳...約75ml
無塩バター...80g
チョコチップ...大さじ3

小麦粉〜イーストはボウルに入れ、混ぜ合わせておく。バターは室温に置き、少し柔らかくする。バターは柔らかくし過ぎても駄目です。

卵を計量カップに割り入れる。卵黄を小さじ1取って別容器に入れ、水小さじ1で溶いて(仕上げの艶出し用)冷蔵庫に入れておく。

計量カップに残った卵を溶き、オレンジの汁を加え、牛乳を足して175mlにする。これを粉類の入ったボウルに加え混ぜ合わせ、20分休ませる。

生地を捏ね始める。10分ぐらい捏ね、生地がなめらかになってきたらバターを加えさらによく捏ねる。

注意:バターたっぷりなので、捏ねにくい生地です。スタンドミキサーかフードプロセッサーがあると楽に捏ねられます。フードプロセッサーの場合、捏ね過ぎに注意して下さい。最初に20秒回し、バターを加えてからさらに30秒(捏ね上げの生地温度は約25度)ぐらいでいいかと思います。

生地のべとつきが少なくなってまとまり、指でつまんで薄く伸びるぐらいになったら捏ね上がり。

orange & choc chip tsoureki 1粉をふった台に生地をのばし、チョコチップを散らして巻き、全体に行き渡るまで少し捏ねる。生地を再び丸めボウルに入れて、覆いをして約2倍になるまで発酵させる。





ガスを抜きながら生地を台に取り出し、6等分に切り分ける。それぞれの生地をさらに3等分して丸め、細長くのばす。扱いにくい場合は生地を少し休ませます。室温が高いと生地がオイリーになって成形しにくいので、冷蔵庫で少し冷やすといいです。

orange & choc chip tsoureki 2細長くのばした生地の一方をまとめ、三つ編みにする。編み終りもまとめて、両端を下に折り込んでしっかり留める。

残りの生地も同様に成形し、薄くオイルを塗るかオーブンシートを敷いた天板に並ベて発酵させる。

オーブンは180度に予熱する。

生地が少し膨らんで、指で押してもほとんど戻らなくなったら発酵完了。冷蔵庫に入れておいた水溶き卵黄を刷毛で塗って、オーブンに入れる。

きつね色になるまで約15分焼き、ラックにのせて冷ます。

MEMO:ミニサイズにしてみましたが、成形が難しければ大きいのを1〜2個にしてもいいです。


sevam_a at 02:59コメント(29)トラックバック(1)レシピ   このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. その4 18人いた聖バレンタイン   [ 日刊ギリシャ 檸檬の森 ☆アテネに眠る聖バレンタイン ☆  ]   2006年01月19日 03:03
18人の聖バレンタイン ヨーロッパには18人の聖バレンタインと呼ばれた人たちがいました。 その人たちは皆ほんものであり、別人であります。 彼らは全てキリスト教の初期に現れた人たちで、ヨーロッパ人でした。 ローマ人とは限らないのです。 さて調べたところによ...

コメント一覧

1. Posted by あっこ   2006年01月19日 06:09
やっぱり菓子パンには反応してしまいます(笑)
こちらも美味しそうです!!いまお友達の家でおやつを頂いてきたところなのに〜チビが昼寝してる隙にまたコーヒー淹れちゃおうかな。
アメリカでホームステイされていたのですね。オレンジ風味のパンですか〜。マーケットではハワイアンブレッドというオレンジ風味の柔らかいパンをよく見かけますが、アイシングはないので、その家のオリジナルだったのでしょうか??それともメジャーなそういうパンが売られているのかな??もし簡単に手に入るものならぜひ食べてみたいです。
2. Posted by みかっち   2006年01月19日 09:47
salahiさん、はじめまして。
私は、先週アテネに旅行にしてきたみかっちと申します。

旅行で、アテネの食事がおいしくってびっくりしました。
チョコやマロングラッセ、そのほかのお菓子やパンもおいしくて、
すっかりギリシャ料理のファンになってしまいました。
なかでもクラビエデスが気に入ってしまって、
日本に帰ってきてからレシピを探していたら、
こちらのブログにたどり着きました。

本屋さんでは、見つからなかったギリシャ料理のレシピが満載で丁寧に書かれているのに感激です!
フェタチーズを使った料理も挑戦したいと思ってます。
うれしくて、なんだかお礼が言いたくて、書き込みさせてもらいました。
旅行に行く前に、こちらのブログを発見したかったです。

今後も拝見させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
3. Posted by はな   2006年01月19日 10:23
salahiさん、みかっちさん、あっこさん こんにちは^^

salahiさんアメリカにホームスティされてたんですね。
なんとなくアメリカに詳しい感じがしてたので。

おいしそうなパンですね。ホームスティ先でのオレンジ風味のパンはシナモンロールみたいな形のじゃなかったですか?

おいしいですよね(ジュル〜笑)

ホームベーカリー持ってないし、捏ねる大変そうだし〜とパンは敬遠してたけど、挑戦してみようかな?
オレンジとチョコなんて。あ〜想像しただけでヨダレ。
4. Posted by lalestreet   2006年01月19日 16:43
うわぁー、おいしそうですね、こりゃまた。ひゃー、salahiさんもアメリカにいたことがあるのですね!私もアメリカの大学に行きました!すごーく田舎ですが(泣)。
パンってイーストからこねるなんて時間がかかって大変そうだな・・・。でも食べたくなってきました。週末あたり作ってみようかなって思っています。ギリシャ料理、どれもこれもおいしそうですね。豚肉が食べれていいなぁ。
5. Posted by ミナココット   2006年01月19日 23:48
salahiさん、みなさん、こんにちは。

いつものことですが、本当に丁寧な手作業ですね。
このパンを見て、ため息が出てしまいました♪
本当に美味しそう。

実は以前からホームベーカリーが欲しかったのを、クリスマスにプレゼントしてもらったんですね。(置き場所がないというのに!)
まだ箱から出してもいないのですが、この写真を見て、私もパンが作りたいなぁ(HBですが・・)と思いました♪
6. Posted by salahi   2006年01月20日 01:39
あっこさん、こんにちは。

昨夜そちらを覗いていた時にコメントがあったのでちょっとビックリしました^_^; 丁度夫が帰ってきたのでコメントできませんでしたが。

アメリカにはフワフワで柔らかいパンがよくありますよね。わたしが滞在してたのは短期間で、しかもかなり昔のことなので、「あれをやっておけば...」と悔やむことが沢山あります。
今はマーケットも充実してるんでしょうね。また行ってたいです!
7. Posted by salahi   2006年01月20日 01:57
みかっちさん、はじめまして。

アテネに来られてたんですね。食事が美味しかったとのことで、よかったです。こちらのレストランは、あまり評判が良くないので...。

旅行前でなかったのが残念ですけど(いろいろお勧めしたかったです!)こちらに辿り着いて頂いて嬉しいです。検索でも結構トップに出てくるようになったので、続けていた甲斐があったな〜と思います。

レシピに関しては、日本でも作れる本場の味を目指しています。ギリシャの食が身近になり、日本で販売されているギリシャ食材の値段も下がることを願っています。フェタチーズも、もっと安くなるといいんですけどね。

これからも頑張りますので、よろしくお願いします。ギリシャにも、是非またいらして下さい^_^
8. Posted by salahi   2006年01月20日 02:05
はなさん、こんにちは。

ホームステイと言っても、遥か昔に1ヶ月弱居ただけですから。
全く詳しくも何ともないんですけど、アメリカの食べ物は好きなんです。食関係の本や雑誌も、そちらのをよく買ってますよ。

はなさんはオレンジ風味のパンを御存知なんですね!ミニシナモンロールみたいなのがベーキングディッシュに沢山くっついて並んでた記憶があります。

ホストマザーが他に作ってくれた粉モノはピッツァとメキシコのイーストドーナツ(名前を忘れました)だったんですが、どちらも美味しかったです。他の料理もすごく美味しかったので、丸々太って帰国しました^_^;
9. Posted by salahi   2006年01月20日 02:15
lalestreetさん、こんにちは。

アメリカの大学を出られたんですね。私は夏休みにホームステイしただけなので、旅行みたいなものです。

パンはやってみるとそれほど手間でもないですよ。これはバターを練り込んだりするので、ちょっと大変ですが。日本で作ってたパンの方が、小麦粉のグルテンが強いせいか美味しかった気がします。

豚肉...うちは夫が鶏を食べないし、ラムもほとんど食べません。そして私は牛肉がそれほど好きではないので、ここに登場する肉料理も豚が多くなってしまうんですよ。でも豚肉禁止の文化って結構ありますね。
10. Posted by salahi   2006年01月20日 02:24
ミナココットさん、こんにちは。

豪華なクリスマスプレゼント、いいですね〜。私なんか健康サンダルでしたよ!
私はHBを使ったことないんですが、いろいろな使い方ができて楽しそうです。パン以外のものも作れるんですよね?きっと、CROが詳しい筈なので、いろいろ聞いてみてはどうでしょう?

甘いパンは多少失敗しても食べられるのでお勧めです^_^
この成形は、小さいと結構難しいですね。手順写真2の左の列はよく膨らんでますが、焼くと少し型崩れしてしまいました。
11. Posted by irini   2006年01月20日 03:49
Salahiさん
おいしそーですねー!
今日、Delia Smithの本をちらちら読んでたら、イギリスで育つ麦のflourはsoftで、カナダやロシアのように厳しい気候の国の小麦の粉の方がstrongだと書いてあったので、なら、イタリアやギリシャの小麦粉はどうなんだろう、と思いました。
12. Posted by salahi   2006年01月20日 04:33
iriniさん、こんばんは。

何かの本で読んだんですが、ヨーロッパは小麦栽培の歴史が長く、土壌が疲れてしまってる為に、北米で栽培されてるようなグルテンの強い小麦が育たないそうです。
グルテンの強度ですが、同じグルテン%の小麦粉でも質が同じというわけではなく、コシの強さなどが違ってきます。

私が普段使ってる小麦粉はオールパーパス(グルテン11〜12%の中力粉)です。こちらの強力粉やスーパーストロング粉も試してみたんですが、何故かかえって美味しくない・食感の悪いパンが出来てしまうんですよ。
13. Posted by ポプラ   2006年01月20日 06:37
今日、パン作りをしていたら、話題に出遅れちゃいました(笑)。salahiさんのチュレキととても良く似たスイス風のみつあみパンを作ったんです。うちのは甘くなくて大型だけれどsalahiさんのチュレキはミ二で可愛い!今日の巨大パン?アップしたら、ぜひTBさせてくださいね。
salahiさん、アメリカにホームステイなさっていたんですね〜。私もほんの短い間でしたけど、やはりアメリカでホームステイしていました。でも、オレンジ味のパンは出ませんでした(ざんね〜ん)。生ズッキーニの丸かじりは初体験させてもらったんですけどねー(爆)。
14. Posted by あっこ   2006年01月20日 06:49
度々おじゃまします!
オレンジ風味の渦巻きパン、見つけましたよ!
はなさんのコメントを読んで「もしかしたら・・・」と思って今日マーケットで探してみたらありました!多分そうだと思うのですが・・・今夜アップできたらブログに載せます(TBもさせていただこうと思います)さっそくおやつに焼いてみたら、とっても美味しかったです!!
Pillsbury の Orange Sweet Roll というパンです。焼くだけになっているパン生地が紙筒にパックされているものです。パンそのものはシナモンロールで、アイシングがオレンジ風味でした。salahi さんのホストマザーさんは生地から手作りされていたかもしれませんね。
15. Posted by salahi   2006年01月20日 19:06
ポプラさん、こんにちは。

TBいつでも歓迎ですよ〜^_^
スイス風の三つ編みパン、私もネットでレシピを見て気になってます。甘くないのも美味しそうですね。

ポプラさんもホームステイされてたんですね。私は英語も全然話せない状態だったので、わけがわからず...でした。生ズッキーニはサラダにしたりもするけど、丸かじりはちょっと...^_^;
16. Posted by salahi   2006年01月20日 19:10
あっこさん、こんにちは。

やはり生地が市販されてるんですね。Pillsburyのはギリシャにも売ってるんですが、スタンダードなものしかないんですよ。
オレンジ風味の、美味しそうですね^_^
TBはいつでも歓迎ですよ。ありがとうございます。
17. Posted by corriedale   2006年01月29日 23:43
salahiさん、こんにちわ♪

昨日焼いたチュレキは、今日実家に帰ったときにおみやげに持って行きました。
ウチの父は甘党なので、こういったパンは大喜びです。
焼いているときから甘い香りが漂って、幸せの予感がしていましたが、やっぱり美味しい幸せなパンでした。
ウチにいわゆる日本のごく一般的なみかんしかなかったので、みかんの絞り汁のみ入れて、皮のすりおろしは割愛してしまったのですが、そのせいか、オレンジ風味は薄かったかな〜。
オレンジピールでも入れればよかったとちょっと後悔です。
今度はちゃんとオレンジで作ってみようと思います。
三つ編みの成形、とても楽しかったです♪
18. Posted by salahi   2006年01月30日 07:10
コリーさん、こんにちは。

気に入って頂けて嬉しいです♪みかんで作って下さったんですね。確かに、皮がないと風味は少し薄くなってしまいますね。
オレンジピール入りも美味しそうです^^
19. Posted by Xiromaki   2006年02月01日 17:12
チュレキがぱさぱさしているのは、小麦粉のせいなんでしょうか?アメリカのパンも日本のに比べると、パサパサしてたように感じます。ホームステイはアメリカのどこでしたか?私も学生時代カリフォルニアのサンディエゴにホームステイしました。^^
20. Posted by salahi   2006年02月02日 05:22
Xiromakiさん、

日本のパンって、すごくしっとりしてますよね。ギリシャのはやっぱり小麦粉の質かな〜?こちらで作ると仕上がりが少し重いです。こちらで市販されてるパンもどっしりしてますよね。逆にすごく軽いタイプはグルテンをいっぱい添加してあるのかもしれません...と、この間、麩を手作りした時に思いました。

私がステイしてたのはデンバー郊外ですよ^^
いくつか選択肢があって、サンディエゴの可能性もあったんですけど。
21. Posted by イリニ   2006年04月22日 01:40
今日、パスカ用に焼いてみました〜!
オレンジとチョコの香り、甘みが絶妙ですね。
分量、材料、手順も分かりやすく、大変助かりました。

以前にトライしたタヒニのパンも美味しくて感激しましたが、こちらも素晴らしい〜!!!
22. Posted by salahi   2006年04月22日 06:04
イリニさん、こんにちは。

何と、パスカ用に作って下さったんですか!ありがとうございます^^
伝統的なものとはかけ離れてるのですが、気に入って頂けて嬉しいです。

私は今回作らなかったんですが、基本に戻って、マスティハなど入れたのもまた作ってみたいです。復活祭用には巨大ツレキをもらったので、余らせてブレッドプディングを作るのが楽しみです♪
23. Posted by min   2008年01月05日 12:23
こういうパンだったのですね。
”ピタ”という名前なので、ピタパンに近いものかと思っていました。
なるほど。ありがとうございます。
24. Posted by salahi   2008年01月05日 19:13
minさん、こんにちは。

これは伝統的なものとはちょっと違うんですけどね。「ピタ」はパイやケーキのようなものも指します。
25. Posted by hands   2011年04月19日 00:30
Salahiさん、こちらのパン、復活祭用に今週末焼こうと思います!(チョコチップは太り防止に今回は除いて。。)オレンジの皮を一つ分入れるところがいいですね!オレンジ風味のチュレキ、Yも大賛成です。グリークタウンに行けていなくて、マスティハやマヒレピ??なども手に入らず。こちら、良くこねた生地に、バターを練り込んで行く?ような感じですか?手の温度で溶けないように素早く?やらないといけないですよね?どのくらいの時間で馴染むものでしょう。また、大きく一つで焼く方がそれっぽい(笑)ですか?!ところで、画像でみる赤い卵が埋め込まれているのは、焼いた後、差し込む?のでしょうか。。
26. Posted by hands   2011年04月19日 09:13
Salahiさん、度々すみません。このレシピを見ていたら、後ろを通った姉が、「今からつくろう!」と。ノーワックスのオレンジがあったので早速作りました!先ほどの質問の件、まずは自分でやってみなさい、って感じですね(反省)。実際に試してみると、確かにツルツルして最初はなじみにくく、どうなることかとおもいましたが、3分からくらいしたらまとまって、柔らかい一つの生地になりました!チョコレート、チップがなかったので塊のものを刻んで投入しました。

成形は大きく一つの三つ編みでやってみました。なんか幸せ気分になります。今週末、Yのところでは、レシピを倍にして三つ編みのあと、円形にしてみようかしら、と思っています。

お味はほんのり上品なオレンジ風味にチョコレートが美味しいです〜。ブリオッシュのような出来映えで大成功でした。いつも美味しいレシピありがとうございます。
27. Posted by salahi   2011年04月20日 00:17
handsさん、お返事が遅くなってすみません。

チュレキ作って下さってありがとうございます。
私のレシピだとアレンジ版という感じで伝統的なのとは結構違うんですが(と言っても、ここギリシャでもチョココーティングされたのとかよく見かけるようになりましたが)お口に合ってよかったです。
やはりスパイス類を入れた本格的なのも味わって頂きたいので、いつか機会があればお試し下さいね。ギリシャではいつでも売ってるパンなので^^

卵に関しては、焼く前に埋め込みます。
赤い色が周りの生地に少し付きますが、食べる時にその部分だけ除けば問題無いです。
あと、このパンは焼く前の発酵が足りてないと釜伸びし過ぎてしまうので注意して下さい。それでも大丈夫ですが、見た目は艶出ししてない部分がいっぱい伸びてしまってイマイチになります(私もよくこの失敗するんですけど^^;)。
28. Posted by hands   2011年04月25日 08:29
Salahiさん、こちら、また作りました。パーティー持参用に2倍にしたものと自分たち用にレシピどおりのもの、二つの生地を同時進行しました。3つ分は捏ねるときにかさがありすぎるかな、と思って。結果的には大丈夫そうでしたが・・。

さてさて、釜伸びの件、大きいほうが見事に伸びましたー!以前Challaブレッドを作ったとき、「みつあみを少しゆるめに編んでおくといい」、と書いてあったのですが、今回はそれも忘れ、その上発酵もたりてなかったんですね。均等に釜伸びするならまだしも、下半分だけ・・。最後の綴じ目をしっかりしていなかったのか、そこが飛び上がったりもしています。美人コンテストには出せないパンです(笑)。

残念だったのは、このオーブンの癖ということがようやくわかりましたが、焼き色がつくまでに時間がかかるということです。結局40分近くオーブンに入れてしまいました。すると、周りの生地が硬くなって・・それはそれでおいしんですが、しっとりしたパンでなくなってしまいました。姉のところで作ったときは全体的にしっとりめのブリオッシュみたいだったのです。(なにせ、YのところのOven,360度に余熱するのに、20分くらいかかるんです)クルラキャにしても、焼くのに30分かかるのは長いですよね・・。

このオーブンの癖、次回への課題となりました。
29. Posted by salahi   2011年04月26日 05:13
handsさん、ご報告ありがとうございます。

パン生地は発酵の見極めが難しいですよね。

オーブンの癖で苦労するのもわかります……うちのは古いながら結構使いやすいオーブンですが、下火が強めなので底が焦げやすいです。
焼き色をつける為には予熱温度を高くするといいかもしれませんね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE


****************



Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ