2006年04月16日

ネランジの花が散らないうちに...

「祖母ログ」チチさんからリクエストを頂いていたネランジの花の写真、何とか間に合いました。

neranji blossoms1

こちらではよく街路樹として植えられているネランジ(注1)は、丁度今の時期に花を咲かせています。その木によって花の時期が少し違うらしく、ひとつ向うの通りでは咲き始めたばかりですが、うちの前のは盛りを過ぎて散り始めたところ。それでも香りはまだ衰えておらず、4階のベランダまで甘い香りが漂ってきます。

neranji blossoms2

もう一枚、クローズアップで。位置が高くてあまりいい写真が撮れませんでした。

ネランジについては何度か記事にしましたが、果実が食用(注2)にされる他、花から抽出される精油(注3)や花水、果皮から抽出される精油(注4)もさまざまな用途に使われます。

薬効としては果皮が消化器系の疾患に効く他、花や葉(注5)にも薬効があるとされ、頭痛、不眠症、吐き気止め、食欲増進などの民間薬として、古代ギリシャ・ローマ時代から使われていたそうです。また、ホメオパシーでは果皮と花が痛み止めに使われます。

上で挙げたのは穏やかそうな薬効ですが、果皮に含まれるシネフリンという成分は交感神経・副交感神経混合型興奮作用があり、脂肪分解を促すダイエットサプリメントに使われたりしています。しかし、このサプリメントは数々の副作用が報告され、死亡例もあるとか。何事もほどほどが良さそうです。

orange blossom water

ちょっと怖い話はさて置いて、オレンジの花水を使って何か作ってみることにしました。これはギリシャで普通に売られてるオレンジフラワー(オレンジブロッサム)ウォーター。食用としても化粧品としても使えるので、同じのが薬局にもスーパーの製菓材料売り場にも売られています。

どうせなら、古代から作られているお菓子にしよう...と、作ったのがこちら。メリティーニャと呼ばれる、サントリーニ島のチーズタルトレットです。

melitinia

ギリシャでは古代からフレッシュチーズのお菓子が作られていて、チーズケーキの先祖のようなものが現代ギリシャでも各地で見られます。この間、harulaさんの所でチーズケーキの話題を見て、私も作ってみたくなったので丁度よかったです。オレンジの花についても詳しく書かれているので、こちらからどうぞ

リコッタに似たミジスラチーズに蜂蜜で甘味をつけ、オレンジの花水を少々...これは入れすぎると大変なことになるので注意が必要です。生地は小麦粉、水、オリーブオイルのシンプルなものですが、もうちょっとオイルを入れた方がよかったかも。いつか写真で見た、生地が薄くて素朴な星型を目指して作ったんですが、ちょっと素朴過ぎ...。ビスケットのようで、子供には好評でした。

このチーズタルトもそうですが、復活祭にはよくチーズのお菓子が作られます。ギリシャ正教の復活祭は今度の日曜日。今回はこのチーズタルトをリベンジするか、はたまた別の地域のチーズタルトを作るか迷うところです。

古代のチーズケーキが気になる〜!という方は、こちらをクリックお願いします。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログへ

注1:別名ビターオレンジ、サワーオレンジ、ビガラードなど。和名はダイダイ。学名Citrus bigaradia, Citrus aurantium var. bigaradia, Citrus vulgaris, Citrus aurantium var. amara,

注2:若い果実...丸ごとシロップ煮にされます。
熟した果実...皮をシロップ煮、製菓用のピールにされる他、マーマレードにも。果汁は料理に酸味を加える為レモンのように使われ、日本ではポン酢などに利用されます。

注3:アロマセラピーで使われるネロリオイルはビターオレンジの花弁を蒸留して抽出されます。甘く優雅な花の香り。

注4:こちらもアロマセラピーで使われますが、果皮から抽出されるオレンジオイル。スイートオレンジとビターオレンジがあり、どちらも爽やかな柑橘系の香りがします。

注5:メキシコや南米では葉を強壮剤、下剤に使う他、神経を落ち着ける働きがあるとされ、不眠症の民間薬としても使われるそうです。果皮は腹痛や高血圧に効くとされます。
ヨーロッパではバスク地方で、葉が腹痛や不眠症の民間薬として用いられます。また、果皮は痙攣を押さえる作用があるとされます。
漢方では未熟果(場合によっては熟した果実)の皮を消化促進、腹痛、便秘解消などに用いられるそうです。


sevam_a at 19:44コメント(33)トラックバック(1)おすすめ食品・食材 | 季節もの  このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 花の香りでいっぱい  [ 『ギリシャへの小窓』 ]   2009年04月04日 17:03
最近、街路を歩いていると、いい匂いがします。 ジャスミン? くちなし? と思って、見回したところ、正体はこれでした。 ネラ...

コメント一覧

1. Posted by harula   2006年04月16日 20:54
salahiさん。TBとリンクをありがとうございました。
古代のチーズケーキをsalahiさんが再現してくれるとしたらきっと何かオリジナリティーのあるチーズケーキになるんでは?って思っていたんです。。。。。うーーん、オレンジの花水をちょっと入れるとは、もう本当に最高の料理センスです。それにできばえもシンプルなお菓子なのにおいしそーーー。
私も引越しが今週中にすめば古代チーズケーキに挑戦です。うまくいくかなー??
2. Posted by あっこ   2006年04月17日 03:48
こんな感じの白くて小さな花、大好きです。可愛いですね〜。
チーズケーキ風のミニタルト?にオレンジの香りが??・・・なんて美味しそうなお菓子!!ハァ〜、一度でいいから頂いてみたいです・・・
3. Posted by レアールシェフ   2006年04月17日 07:54
ボンジュール マダム

オレンジの花の水 使った事ありました

カスタードクリームに混ぜて香りをつけて

ミルフイユ仕立てにしたり

スポンジに塗るシロップに混ぜて香りを付けたりしていました

フランスでは薬局で買えます

星型のお菓子美味しそう!

こういうの好み

ホロホロくずれるタイプの生地もいいですが

私はどちらかというと固い歯ざわりのものが好きなので

やっぱり江戸育ちだからでしょうか
4. Posted by ミナココット   2006年04月17日 14:31
salahiさん、こんにちは!

万能の植物ですね!
不健康体な私の救世主となってくれそうです。

和名がダイダイということは、あのダイダイですよね??
花や葉がこんなに可愛らしいとは知りませんでした。
いい香りが今にもしてきそうです。
柑橘系の植物って心も体も清潔にしてくれそうな香りをしていますよね。

チーズタルト、20個は食べられそうです・・・
美味しそう・・・
5. Posted by 271828   2006年04月17日 15:07
salahiさん、こんにちは。

私のわがままを聞いていただきほんとうにありがとうございます。画面から香りが伝わって来るようです。街路樹が白い花で埋め尽くされて見事でしょうね!
今年は開発の仕事が立込んでいて、秋にはシアトル出張が控えていますのでアテネには行けそうにありませんが、来年こそはと思っています。

我が家のブログも今日で一周年になりました。私は難しい質問があった時だけコメントを付け、普段は娘と家内に任せています。

古代料理の研究書で邦訳されている書籍を見つけました。
http://pub.maruzen.co.jp/book_magazine/book_data/search/4621070681.html
立ち読みも出来ます。購入しようと思っています。
6. Posted by chottocafe   2006年04月17日 16:47
Salahiさん、勉強になりました。アンソネロっていうものの存在を知りませんでした。薬局にも置いてあるということは、今も民間薬として使っている人がいるんでしょうか?うちでみた民間薬といえば、オリーブオイルを使った手作りのやけどの塗り薬くらいで・・・先日ミジスラチーズを買おうか悩んでいたんですけれど、いまみな断食しているので作っても食べてもらえないなあと思って、パスハが来るのをまってるんです!
7. Posted by salahi   2006年04月17日 19:10
harulaさん、こんにちは。

そちらにご挨拶に行けなくてすいませんでした。最近すぐにブラウザの調子が悪くなるんですよ。うちもそろそろヤバイかも...。

引っ越し、スムーズにいくといいですね。harulaさんの古代チーズケーキも楽しみです。
8. Posted by salahi   2006年04月17日 19:15
あっこさん、こんにちは。

柑橘系の花は私も好きです。オレンジの花は綺麗なだけでなく、香りもすごくいいんですよ。

花の香りのお菓子って好きなんですけど、入れすぎると香水食べてるみたいなんですよ。私はローズウォーターを使うことの方が多いです。
9. Posted by sachi   2006年04月17日 23:26
salahiさん、こんにちは。日本も桜が終わると青空に鯉のぼりが泳ぎ、急に日差しも強くなりました。このオレンジの木のさわやかな写真に、40度を越す暑さの中、プラカでショッピング中、木陰を求め、その下で一休みした事を思い出しました。古代から、この木はギリシャの人々の生活の中でとっても役立っているんですね。日本でも神代の時代からダイダイは、お正月に家の代々(ダイダイ)繁栄を願い、裏白の葉とお供え餅の上に飾りますね。韓国のシトロン シロップの様にお湯で割って風邪薬にしたり・・木も花も実も、ズーッと私達の生活を豊かにしてくれてますね。それにしても古代にチーズケーキを食べていたギリシャ人はやっぱりスゴイ!それを復活させるsalahiさんもエライ!
10. Posted by tongshin   2006年04月18日 02:59
salahiさん、こんばんは。
今が花の季節なんですねー。こちらは柑橘類はほぼ100%輸入なので、私にとってはダイダイというのは暮れから2ヶ月ぐらい店頭に並んでさっと消えてしまうマボロシのような果物です。ママレードを作って、それからsalahiさんのレシピを見てポン酢も作ってみました。こういう皮がいい香りの柚子、だいだい、こぶみかん系の柑橘類が大好きです。

オレンジの花の水がまだしっかり余っています(バニラエッセンス並みの減り方…)ので、その古代チーズケーキオレンジ花の水入りも今度焼いてみます。
11. Posted by まこ   2006年04月18日 03:49
salahiさん、こんばんは(^▽^)/
古代チーズタルト、とっても惹かれます〜♪オレンジの香りもチーズのコクも大好物です^^。それに“古代”という響きが素敵です!あ〜〜食べてみたいです〜〜♪
昔イスラエル人の友人が作ってくれたタルトケーキのタルトがお写真のタルトにビジュアル的に似ていたなぁと思い出しました。友人のはパリパリサクサクしていて「これぞ私たちのトラディッショナルなタルトって感じ!」と言っていました。中はココナッツの入ったチーズケーキでした。
オレンジフラワーウォーター、クロアチアでも売っているのかな?あったら嬉しいです^^。
12. Posted by salahi   2006年04月18日 04:26
レアールシェフさん、こんにちは。

この生地は最初にオリーブオイルを粉にすり込んで作ったらビスケットのようになりました。

オレンジの花の香りのミルフィーユやスポンジケーキも美味しそうですね。私も今度カスタードに入れるの試してみたいです。
13. Posted by lemonodasos   2006年04月18日 04:28
↓のアンティチョークのカップいいですね。初めて知りました。私はギリシャでお料理を習いに行きました。全部忘れました。そしてどうしてよその人が作るとこんなにおいしく出来るのだろうと思ってしまいます。
ネランジかぁ、そういうものがあったことを知って、幸せです。
毎日「今日は何をオヤジに作ってあげようか?」と悩んでいます。体重が120キロ以上で、これからも育ちそうです。とほほほほ、、、。
14. Posted by salahi   2006年04月18日 04:30
ミナココットさん、こんにちは。

そうです、あのダイダイです。同じビターオレンジでも何種類かあって、日本でよく植えられてるのはどの品種かわからないんですが。こちらでも大きめな実が生るものから、鏡餅に乗ってるダイダイと同じような小さいサイズまで見かけますよ。

花の香りは実とは全く違うんですが、控え目に使うとすごくいい香りです。

タルト、20個出来たんですが、一人で10個ぐらい食べてしまいました^^;
15. Posted by salahi   2006年04月18日 04:51
271828さん、こんにちは。

うちの前のはもう半分くらい散ってしまいましたが、木によって花の時期が微妙に違うようで、まだしばらくは楽しめそうです。

古代料理の本、こちらでも原著を見かけた気がします。確かアテネには古代料理のレストランがありますので、また来られる機会があれば是非お立ち寄り下さい。

ブログ一周年おめでとうございます!そう言えば私のブログも来週で一周年です。忘れるところでした^^;
16. Posted by salahi   2006年04月18日 04:59
chottocafeさん、こんにちは。

ローズウォーターはよく化粧水として使われたりしますが、オレンジの方も同じような使い方をするのかもしれません。食用ではなかなか減らないので、他の使い方を考えないと...。

民間薬って面白いですよね。最近はあまりやってないんですが、またいろいろ調べてみたいです。オリーブオイルで火傷の薬っていうの、良さそうですね。

chottocafeさんの所は伝統重視で、パスハのご馳走もすごそうですね。私は羊の丸焼きはすごく好きと言うわけではないけど、マギリッツァが大好きなんです。
17. Posted by salahi   2006年04月18日 05:24
sachiさん、こんにちは。

こちらに住んでるとつい忘れますが、日本はもうすぐゴールデンウィークですね。青空に泳ぐ鯉のぼり、清々しくていいものです。私は連休には出かけない方ですが、地元でお祭りがあったりしたのを懐かしく思い出します。

オリーブもそうですが、オレンジの木ってとても地中海らしくて印象に残りますよね。sachiさんのおっしゃる通り、古代から役立てられてるダイダイが日本でも古くから使われていると言うのが面白いです。

古代の食生活も興味深いですね。ちょっと見た限りでは蜂蜜や胡麻が料理にもよく使われるようで、甘味や酸味も上手く使った複雑な味だったのかなと思います(庶民の食事はもっと味気ないものだったのかもしれませんが)。

18. Posted by ポプラ   2006年04月18日 05:38
タルトレット、可愛いですよ〜。
春の太陽みたいだなーと思いました。
ビターオレンジ、色々な効用があるんですねぇ。
お花は可憐な感じなんですね。
オレンジフラワーウォーター、いつも食品店の製菓材料のコーナーで買っていましたが、お話を聞いていると、こちらの薬局にもありそうです。
ギリシャの復活祭は次の日曜日なんですね。こちらはもう終わってしまいましたが、復活祭っていつもお天気がイマイチ。うちの方は雨ではありませんでしたが、曇よりしてました。一週間遅ければ良い天気だったかもしれないなぁ〜なんて、都合の良いことを考えてしまいました(罰当たり?)。
19. Posted by たえ   2006年04月18日 09:38
このタルトレットかわいいですね〜。
古代のお菓子だなんて、古代にこんな可愛いお菓子があるなんて。(笑)
ミジスラチーズって初めてきく名前です。
リコッタのようなチーズらしいですが・・・。
試してみたいわ〜♪
アメリカのスーパーにも売ってるかな?

オレンジブロッサムウォーターは薬局にも売ってるのですね。私も一度見に行ってみます。
スーパーの製菓コーナーには売ってますが、薬局にもあるならお求め安いし。(笑)

私はこの素朴さ、大好きですよv(笑)
20. Posted by salahi   2006年04月18日 16:44
tongshinさん、こんにちは。

以前住んでたイギリスでも、ダイダイってそれぐらいの時期にちょっと出回るくらいでした。こちらではず〜っと木にぶら下がってます。

そう言えば、前にクラビエデスをオレンジの花の風味で作って下さったんですよね。あれって少量で香りがつくので、うちも全然減りません...。昨日は化粧水として使ってみましたが、なかなかいい感じでしたよ。
21. Posted by salahi   2006年04月18日 16:48
まこさん、こんにちは。

イスラエルのチーズタルトに似てるんですね。これもクラストがパリパリ・サクサクした感じに仕上がりました。ココナッツ入りっていうの、美味しそうですね♪

そちらは結構トルコっぽいものが多いので、オレンジの花水もあるかもしれませんね。
22. Posted by salahi   2006年04月18日 17:25
lemonodasosさん、こんにちは。

アーティチョークのムサカはこんな風に作る人が他に居るか知りませんが、こちらではよく米を詰めたりしますよね。あれも美味しいので好きです。

お料理、こちらの料理上手な主婦が作ったのは本当に美味しいですね。同じ料理でも、どうしてこんなに違うの?って思います。

毎日のメニューを考えるの、大変ですよね。うちの夫もまだ育ちそうですが、揚げ物だとか濃いものが大好きなので困ります。可哀相なので、たまに食べさせてますけど...。日曜にシュニッツェルとフライドポテト作ったら大喜びでした。
23. Posted by salahi   2006年04月18日 17:33
ポプラさん、こんにちは。

復活祭は楽しく過せましたか?でもお天気がイマイチなんですね。こちらはどうでしょう...いつも結構晴れてる気がします。

ポプラさんはオレンジの花水でバクラバを作られたんでしたっけ?私もまた何かお菓子を作ってみたいです。
24. Posted by salahi   2006年04月18日 17:41
たえさん、こんにちは。

古代に作られてたのはこれと同じかわかりませんが、ギリシャでは古くからチーズケーキのようなものが食べられていたそうです。現代ギリシャにも素朴なチーズのお菓子が沢山あるんですよ。

オレンジブロッサムウォーター、薬局で売られているものは食用に適するか表示を見て下さいね。化粧水入りのお菓子はちょっと頂けません^^;
25. Posted by fleur de sel   2006年04月18日 22:45
Salahi さんこんにちは。いつも素敵なお料理と色々なレシピにお話有難うございます。ところでネランジュですがこの言葉はボタニックの言葉でしょうか?
何年か前我が家の庭にメキシコのオレンジと言うとても香しい同じような木がありました。本当に花を楽しむだけ。よく似ています。Fleur d'orange は良くブリオッシュに使いますね。でも便の色はブルーでです。
26. Posted by fleur de sel   2006年04月18日 22:48
Salahi さんこんにちは。いつも素敵なお料理と色々なレシピにお話有難うございます。ところでネランジュですがこの言葉はボタニックの言葉でしょうか?
何年か前我が家の庭にメキシコのオレンジと言うとても香しい同じような木がありました。本当に花を楽しむだけ。よく似ています。Fleur d'orange は良くブリオッシュに使いますね。でも瓶の色はブルーです。L'eau d'orange は義母愛用の化粧水でした。
27. Posted by salahi   2006年04月19日 18:36
fleur de selさん、こんにちは。

ネランジはギリシャでの呼び名です。英語ではbitter orangeとかSeville orangeとか呼ばれるようです。
花を楽しむだけのオレンジもあるんですね。とっても香りが良さそう。

ブリオッシュによく使うんですか。美味しそうなので試してみたいです。

28. Posted by 271828   2006年04月20日 17:41
salahiさん、こんにちは。

アテネで書店といえば投宿した古いホテルの近くのエレフテロダキスしか知りませんが、ちょっとしたトラブルがありました。
買い物を済ませて外に出ようとしたら警報ブザーが鳴りました。赤いナイロンのザックにデジカメやらなにやらを入れていたのですが、警備員の前で中身を検査されました。結局無罪放免でしたが。

他に思いであるお店ではオモニア広場の「PMW」というCD屋さんです。そこで何枚かCDを買い込んでホテルで聞きました。以来Αννα Βισσηのファンです。
29. Posted by salahi   2006年04月21日 07:02
271828さん、こんにちは。

そう言えば、アテネって日本ほど書店がありませんね。あの警報ブザー、結構すぐ何かに反応するのか、検査されてる人をよく見かけます。

アナ・ヴィシはこちらで一、二を争う人気歌手(?)ですが、今年はユーロヴィジョンコンテストなどでさらに大活躍してますね。
30. Posted by 271828   2006年04月23日 06:15
salahiさん、おはようございます。

ネランジの画像からイメージするのは、童謡「みかんの花咲く丘」です。団塊世代ですからね。
以前から、童謡「里の秋」とこの歌が関連があるらしいと何となく感じていました。共通項は戦前の日本の南洋統治です。
昨年の暮れに調べて分かりました。
http://www.aa.cyberhome.ne.jp/~museum/3000Lied-Foto/010030Lied.htm
「里の秋」と「みかんの花咲く丘」を歌った川田正子さんが亡くなったのは2006年の1月でした。

昨年はユーロヴィジョンコンテストで Helena Paparizou がグランプリを受賞しましたが、今年は会場がアテネですね。
31. Posted by salahi   2006年04月23日 19:42
271828さん、こんにちは。

「みかんの花咲く丘」はいい歌ですね。情景が浮かびます。興味深い記事をありがとうございました。

ユーロヴィジョン、2年連続で受賞はないと思いますが、会場がアテネなので結構盛り上がりそうですね。エレナ・パパリズーの前はサキス・ルヴァスでしたが、あの時は国旗Tシャツがすごく流行りました。
32. Posted by よう子(ダイエットに挑戦しています)   2009年04月19日 13:44
こんにちわ。ようこです。

ネランジのはなってはじめてみました
こんな花あるんですね。
オレンジフラワーウォーターとか
よさそうなもの作れるのがうらやましいです
お菓子もおいしそうですね
またきます
33. Posted by salahi   2009年04月19日 17:01
よう子さん、こんにちは。

ダイダイなので日本にもあるかと思いますが、その辺では見ないかもしれませんね。こちらでは街路樹として一般的な木なので、今の時期は花が咲いてとてもいい香りが辺りに漂っています^^

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

salahi

アテネ在住。ギリシャ料理を研究しています。家庭料理からレストランの再現料理、オリジナルのモダンギリシャ料理、珍しい郷土料理まで幅広く紹介。
著書:「ギリシャごはんに誘われてアテネへ」(イカロス出版)
Instagram(ID:girisyagohan):記事にしてない日々のごはんや風景写真なども載せたりしています。


ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

・レシピのリンク一括表示はレシピ一覧カテゴリから。

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR

クレタ ラチマス エクストラ バージン オリーブ オイル ギリシャ産 1000ml (1本セット)
普段使いにぴったりのギリシャ クレタ島産オリーブオイル


U'Bay イタリアン シェフ チーズ おろし器 グレーター 四面 24 卸器
ギリシャのキッチンの必需品!



キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶
ギリシャのお母さんのハーブ使いにヒントを得たドリンク


****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE

Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ