2006年05月30日

トマトとピーマンのハーブライス詰め

gemista野菜に米などのフィリングを詰めたイェミスタの中でも、トマトやピーマンは作り方が簡単だということもあって、最もポピュラーです。これに使う野菜は普通大きいものですが、私は小さいトマトやピーマンで作るのが好き。これだと見た目も可愛いし、フィリングと野菜との割合もいいんですが、もちろんお好みで大きいものを使っても結構です。

米とハーブのシンプルなフィリングですが、野菜の甘味にオリーブオイルのコクが加わって、満足感たっぷり。じっくり焼いて野菜の旨味を凝縮させます。

一緒に焼いたポテトがまた美味しいので、野菜の周りにスペースがあれば沢山焼くのがおすすめです。

人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログへ



トマトとピーマンのイェミスタ・ハーブたっぷり肉無しバージョン

材料:(各6個分)
トマト...小振りのもの6個
ピーマン...6個
塩・砂糖・胡椒...各適量
米...2/3カップ
玉ねぎ微塵切り...小1個分
オリーブオイル...約大さじ6
パセリ・ディル微塵切り...各1/3カップ
ミント微塵切り...大さじ2(ドライなら小さじ1/2)
トマトピュレ(好みで・必要なら)...大さじ1〜2
じゃがいも...中2個〜
にんにく...1かけ

gemista 1トマトはヘタの付いてる方を切り、中身をスプーンでくり抜く。この時種を分ける壁の部分もしっかり目に削ると水っぽくならない。中に塩、砂糖各少々をすり込んで伏せておく。くり抜いた中身は細かく刻むかFPでピュレにしておく。


gemista 2ピーマンはヘタの周りにナイフを入れ、取り除く。中に指を入れてワタや種を除く。

米はさっと洗ってザルに上げておく。オーブンは220度に予熱する。焦げ付きやすいオーブンなら、もう少し温度を低めに設定して下さい。


gemista 3玉ねぎはオイル大さじ1で柔らかくなるまで炒め、トマトの中身を刻んだものを2/3量加え軽く煮詰めて火から下ろす。


gemista 4炒めた玉ねぎとトマトに、米、ハーブ、伏せておいたトマトから出た汁、オイル大さじ2を加え塩胡椒で少ししょっぱ過ぎるくらいに味付けする。トマトの味が薄い場合はトマトピュレも少し加える。


gemista 5トマトとピーマンにフィリングをふんわりと詰め、トマトにはヘタの部分で蓋をする。手にオイル適量を付け、野菜に塗って耐熱容器に並ベる。

じゃがいもは一口大より少し大きいぐらいに切り、にんにくは粗く刻む。オイル大さじ1と塩胡椒をからめて野菜の周りに並ベる。

トマトの中身を刻んだものの残りにトマトピュレ大さじ1〜2と水を加え3/4カップにし、全体に回しかける。アルミホイルをかぶせ30分焼く。


gemista 6アルミホイルを取って、オーブンの温度を200度に下げて30分、150度に下げてさらに30分ほど焼く。途中何度か汁を回しかけ、ピーマンは向きを変える。焦げ付きそうなら水を少し足す。


gemista 7再びアルミホイルをかぶせて休ませ、室温か少し温かいくらいに冷まして食べる。時間があれば、食べる時までスイッチを切ったオーブンに入れておいても。お好みで、ヨーグルトを添えて。すぐに食べると味が馴染んでなくて美味しくありません。


MEMO:ハーブの分量は多目ですが、特に癖はなくて食べやすいと思います。もちろん量を減らしてもOK。フェンネル(ういきょう)の葉を入れるのもおすすめです。

にほんブログ村 トラックバックテーマ ハーブで料理!へ
ハーブで料理!


sevam_a at 15:10コメント(36)トラックバック(2)レシピ   このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 日曜日の夜ごはん  [ HECHO a MANO ]   2006年06月05日 19:18
salahiさんの「ギリシャのごはん」を参考にイェミスタを作った。 イェミスタ
2. トマトの米詰め  [ 二丁目日記 ]   2006年06月21日 21:03
ギリシアごはんというとっても本格的でおいしそうなギリシア料理を紹介されているSalahiさんのブログを発見。私の好きそうなものばっかりでおいしそう??、しかも最近作っていたドルマ(ギリシアではイェミスタって呼ぶようですが)みたいなものも発見。お肉を入れずにお米だ...

コメント一覧

1. Posted by レアールシェフ   2006年05月30日 19:57
ボンジュール マダム

イヤ〜〜〜

最高











いや

絶対おいしい!

ワインが進みますねー

それに健康的

話も弾みます
2. Posted by moritosh   2006年05月30日 21:19
こんばんは
いやいや凄いですね。
写真から”美味いぞ”というオーラが出ています。
作り方まで良く分かって、なんだか妙に感動してます。
3. Posted by たえ   2006年05月30日 22:51
私もファルシ、いえ、イェミスタ大好きなお料理です。
味も良く、見栄えしますし、お野菜から出るジュースが詰め物の具材に馴染んで最高ですよね!

お肉を詰めるのも美味いけど、お米やお野菜とあわせた方が私好みです♪

ポテトを一緒に焼くのは良いアイデアですね!
ポテトが旨みを一緒に吸い込んでくれそう!
次回作る時は、ポテトも焼いてみま〜す☆
4. Posted by sachi   2006年05月30日 23:38
salahiさん、こんにちは。今、日本は梅雨のはしりで雨の日が多く、久々に家でゆっくりでき、気になっていたsalahiさんの過去のレシピを拝見することができました。美味しいレシピに限らずギリシャの島や暮らしぶりなどもとっても興味深く、美しい雑誌を読んでいるようでした。最近ようやく、レシピのギリシャ語名が何点か覚えられ、レシピ読んで結びつく様になりましたが(でも難しい・・)今日のレシピも先日、娘と行ったギリシャ料理のお店で、注文する折「トマトに詰めたもの・・」でした。お店のトマトにはバルガー小麦のみでチーズが掛かっていました。一個そんなに大きくなく500円位だったと思います(土地柄やsalahiさんの作り方読んで、お値段も妥当かな・・)小ぶりのトマトも店頭に出てきたので、お家で作ったらお安く、たくさん出来るのでガンバッテ作りたいと思います!
5. Posted by Sophie   2006年05月31日 00:30
コンニチハ! ソフィです。
noeさんからのおススメで、初めてお邪魔します。
美味しそうなものが一杯で感動しました!

ピーマンがくちゃっとなってて(表現があんまりきれいじゃないですね…)、本当にとろけそうに美味しそう!! フランスのファルシーだと、必ずと言っていいほどお肉を使うので、こういうヘルシーなファルシーなら、いくつでも食べられそう。

ギリシャに行ったら、ぜひぜひ味わってみたいと思います^^
6. Posted by kiyomulan   2006年05月31日 05:48
出たーーーー!私の一番好きなギリシャ料理です。実はきのう食べました。本当においしいですよね、これ。タベルナのメニューにあれば必ず頼みますが、あんまり満足のいくものに出会えません。やっぱり義母のが一番!
ポテトも大好物!でも、子供達はなぜかあまり食べません・・・なぜ??
7. Posted by chottocafe   2006年05月31日 06:49
私の大好きな料理です、って前も言いましたよね。それも熱いのではなく、冷めてから、が大好きなんです。
うちのお義母さんは、野菜の周りにもポテトと一緒にお米を散らします。なので、出来上がりは、野菜とポテトとお米で型が埋まっている感じです。熱いうちに食べるときは、フェタも絶対一緒に食べます。おいしいですよね!
8. Posted by matahari   2006年05月31日 10:15
ああー、もう最高においしそうです!
ウチの小さいオーブンでもできるかな・・・・今度チャレンジしてみます。
トマトに砂糖と塩をすりこんでおくんですか!?これまたワザですね。
9. Posted by salahi   2006年05月31日 17:19
レアールシェフさん、こんにちは。

ワインがすすむと言えば、シェフのオードヴルですね。
この間紹介されてたゼリー寄せにもすごく惹かれてしまいました!
10. Posted by salahi   2006年05月31日 17:22
moritoshさん、こんにちは。

この料理、ちょっと手間はかかるんですが作業自体は簡単です。私が一番好きなギリシャ料理の一つなんですよ。
11. Posted by salahi   2006年05月31日 17:24
たえさん、こんにちは。

詰め物をした料理は美味しいですね。肉入りのも美味しいですが、私もこちらのベジタリアンバージョンばかり作ってます。
ここではポテトだけ周りに並ベて焼いてますが、叔母の真似をしてニンジンも入れたりしてます。
12. Posted by salahi   2006年05月31日 17:31
sachiさん、こんにちは。

ギリシャ語は活用がややこしいですから、レシピ名の表記もどうするかいつも迷います。イェミスタも、使う材料が男性名詞・女性名詞・中性名詞のどれかによっては変わってくるのですが、わかりやすくイェミスタで統一してます(きちんと正しく書いた方がいいのかもしれませんけど...)。

バルガー麦を使ったのも、地方によってはよく見られますね。ドルマデス(葡萄などの葉で包んだの)もバルガーで作ったりします。レシピはないですが、以前ズッキーニにバルガーを詰めたのを載せました。これも美味しかったです。
13. Posted by salahi   2006年05月31日 17:34
ソフィさん、はじめまして。noeさんから聞いて、私もそちらのブログを見に行きましたよ^^

ギリシャにも肉入りのはあるけど、それでもフランスのよりは肉の割合がかなり少な目です。美味しいので、是非お試し下さい。
14. Posted by salahi   2006年05月31日 17:37
kiyomulanさん、こんにちは。

これ美味しいですよね!私も一番好きなギリシャ料理の一つです。料理上手な義母さんのは本当に美味しいんでしょうね^^
15. Posted by salahi   2006年05月31日 17:41
chottocafeさん、こんにちは。

私も冷めたの好きです。ギリシャ料理って、熱々のより冷めてから食べるのが多いですね。
うちもこれの時はいつもフェタを食べますが、カラブリタの樽熟成フェタがお気に入りです(でも最近あまりいいのが売ってない...)。

chottocafeさんのお義母さんも料理上手で羨ましいです!
16. Posted by salahi   2006年05月31日 17:44
matahariさん、こんにちは。

日本では電子レンジと兼用のオーブンで作ってましたが、ちゃんとできましたよ。じっくり焼くと美味しいです。
是非お試し下さい。
17. Posted by rainy   2006年05月31日 23:42
こんにちは!おいしそうな匂いにふらふら〜と引き寄せられてきました♪
これ、私もよく作ります♪とってもおいしいですよね〜
野菜のおいしさが十分に引き出てフォークが止まらなくなっちゃいますよね!
私はお肉詰めよりハーブライスの方が好みです♪
18. Posted by salahi   2006年06月01日 03:32
rainyさん、こんにちは。

rainyさんもよく作られるんですね。しかもハーブライス!ギリシャ風ですか?

野菜に詰め物をしたのは何でも美味しいですね。肉無しのは軽いのでいっぱい食べてしまいます。


19. Posted by arolu   2006年06月20日 15:37
はじめまして。素敵なサイトですね。すでにいくつかレシピトライさせていただきました。ちなみに明日はオレガノとレモンのチキンを作るつもりです。ところで、このレシピ挑戦したのですが、お米が半生というか、ちょっと硬かったのですが、私の作り方が悪かったのでしょうか?コス島で買った料理の本のレシピもチェックしたんですけど、Cooked Riceと書いてなかったので生のお米を使って作りました。アドバイスお願いいたします。ご飯は少し硬かったのですが、味付けがすごくおいしかったのでたくさん食べてしまいました。
20. Posted by salahi   2006年06月21日 17:54
aroluさん、こんにちは。

レシピを試して下さって、ありがとうございます!
お米が硬かったの、何故でしょうね?かなり長時間焼いてあるので、柔らかくなるはずなんですが...。オーブン料理は、使うオーブンの癖で少し調理時間・温度が変わってくるのもありますし、もしかしたらフィリングの水分が足りなかったのかもしれませんね。トマトはまず大丈夫だと思うんですが、ピーマンは少し水分多目にしないと、お米が硬くなる可能性もあります(多すぎても、ベチャベチャになってしまうのですが...)。

様子を見て、お米が充分膨らんでるようなら出来上がりです。もし水分が足りてないようなら、途中で少し足して下さい。また、フィリングを作った時点で少し置いておくと、お米が水分を吸って柔らかくなりやすくなります(普通にお米を炊く時に、吸水させる要領です)。
21. Posted by RICA   2007年02月10日 21:10
明日お友達がランチに来ます!
今、試作を作っているのですが。。。
トマトが爆発してしまいました。。。
(アルミホイルを外したら、爆発してました(泣))
温度が高いのかな?
22. Posted by salahi   2007年02月12日 09:59
RICAさん、お返事が遅れてしまって申し訳ありませんでした。

トマトが爆発してしまったのは、フィリングを詰め過ぎたとか皮が破れていたとかの理由が考えられます。
最初にホイルをかぶせて焼く方法だと蒸されるので、全体に上手く火が通って失敗が少ない気がするんですが、トマトのように柔らかいものは少し形が崩れやすくなります(型崩れを防ぐ為に、野菜同士がくっつくようにして焼いています)。
23. Posted by mari   2008年09月23日 09:02
初めまして! 素敵なブログですね♪いつも楽しく拝見しています。先日こちらのレシピに挑戦しました!ハーブが香ってとても美味でした♪TBさせて頂こうと思いましたが、うまくできなかったようなのでコメントのみで失礼します。これからもおいしいレシピをたくさん載せて下さいね☆楽しみにしてます!
24. Posted by salahi   2008年09月24日 02:20
mariさん、はじめまして。

レシピを試して下さって、ありがとうございます!お口に合ってよかったです^^
TBは、きちんと届かないことが結構あるみたいで...すみません

これからも、どうぞよろしくお願いします♪

※mariさんのブログにコメント書いたのですが、認証コード入力に失敗して投稿できませんでした。とっても美味しそうに作って下さって感激です!
25. Posted by まいこ   2009年09月27日 16:18
このあいだ初めて挑戦しました!わたしはギリシャのお母さんに教わった挽肉入りバージョンです。習ったときはすべて目分量だったので、分量はこちらのブログを参考にしながら・・・。

ハーブをかなりたっぷりめにいれたので、けっこう現地の味に近かったのではないかと思います(主人もそう言っていました)。

ギリシャ料理の中でも一番のお気に入りなので、ぜひまた作りたいです。
26. Posted by salahi   2009年09月28日 17:32
まいこさん、作って下さってありがとうございます!

うちも叔母さんが作るのは挽肉入りのが多かったんですが、最近は肉なしばかりです。
ちなみに挽肉入りのはミントとパセリを入れています。ハーブの種類や量など、作る人によっていろいろですね。ご家庭の味で作って下さい^^
27. Posted by hands   2011年03月11日 13:06
salahiさん、今晩、このお野菜のみのイェミスタ、作りました!お肉バージョンのほうにチーズがはいっていたので、冷蔵庫にあったパルミジャーノレッジャーノをフィリングに少し足しましたが、後はレシピに忠実に・・!とーってもおいしかったです。フィリングを作り始めたころから、「嗅ぎ慣れたにおいが・・」といってご満悦で寄ってきた人がいました。(笑)

ディルが冷凍してあったのと、ドライミントも、料理をしないのに、お母さんがもたせたとみられるギリシャからのものを登場させました。

課題は、トマトの蓋がずれて開いてしまった部分、ご飯が干からびて(笑)その部分だけ硬くなってしまいました。寝かせる時間がなくて、熱々を食べてしまったので、明日の残り物に更なる期待をかけています!

にんにくはポテトと混ぜてよかったんですよね?!

工程の写真入りレシピ、とてもわかりやすくて本当に助かりました。おいしくできました。ありがとうございました。
28. Posted by salahi   2011年03月13日 18:51
handsさん。レシピを試して下さってありがとうございました。

美味しくできてよかったです。
ズッキーニやナスも使われる場合、くりぬいた中身を刻んで入れてしまってもいいです(少し塩を振って置き、汁気をしっかり絞ってフィリングに加えます)。

ご飯は、空気に触れてる部分は堅焼きになっちゃいますね^^;
他の人が作ったのもよくそうなってるので私は気にならないんですが、フィリングを控えめに詰めたり余分に用意した直径大きめのスライストマトなどでしっかり覆うなどで解決しそうです。
ニンニクはポテトと混ぜます。

メールもありがとうございました。
お返事が遅れてしまいます。申し訳ありません。
29. Posted by hands   2011年03月31日 06:49
Salahiさん、これ、今オーブンの中です!今回はスムーズに進みました!今は夕方の4時半すぎ、冷ます時間の余裕を持って作っています。

ところで、「熱々」の話ですが、お昼はてんぷらうどんを作り、彼が、「熱々だから少し冷めてから食べようか?」というので、日本では熱々をフーフー冷ましながら食べるのだ、といいました。ギリシャ料理って冷めてから、室温でおいしい、とか、メゼでもつくりおきができる便利ものも沢山Salahiさんのブログでお見かけするような気がします。日本の料理って、どちらかというと、出来立て、熱々、が多くありませんか?そこで、彼曰く、ギリシャでは主婦は一日1食だけ台所に立つらしいけど(そうなんですか?)、日本の主婦はだいたい2、3食作りますよね。その辺が関係しているのかしら・・と素朴に考えたりしています。ギリシャ料理でこれは熱々で!!というものってなんですか?

そこそこ「くりぬいてください」メッセージを発している(笑)ズッキーニも買っていて、Salahiさんの「くりぬき」についての記事を熟読したのですが(笑)やっぱり、せめて”Apple Corer"を買ってからにしよう・・とあきらめました。イタリア製のくりぬき器、刃先?は何センチくらいありますか?ズッキーニは、肉詰め・アウゴレモノソースのレシピでためさせて頂くことにしまーす!
30. Posted by salahi   2011年03月31日 11:52
handsさん、いつもありがとうございます^^

基本的に日本人は生食やシャッキリ仕上げたものが好きだし、スピード重視ですよね。「熱いものは熱く、冷たいものは冷たく」で、ぬるくならないうちに食べるのを良しとするので。
こちらで室温に近い料理が多いのは気候のせいもあるのかな〜?と思いますが、ギリシャ人って猫舌が多いですよね。

ギリシャでは確かにしっかりと食べるのは日に一度という家庭が多そうです。でも、一日一食だけ台所に立つと言っても、伝統的な料理は調理時間が長かったりで台所に居る時間自体は長いですけど。

熱々で!っていうもので、まず思い浮かんだのはチーズのサガナキです。
他にも揚げ物系とか、あと一人用で出てくる壷焼きみたいなのや肉などの焼き物系は出来立て熱々が出てくるけど、揚げ物ですら冷めてても気にせず食べるのが結構あるかも?(肉や野菜のケフテデスとか)

ズッキーニのくり抜きは、やっぱり専用の道具が無いと厳しいですね^^;
刃先は15cmぐらいあります。アメリカにはズッキーニ用のって売ってませんか?
31. Posted by hands   2011年03月31日 13:17
Sa,Salahiさん!ズッキーニ用ありました〜。検索語を「Zucchini Corer」でかけたら、アマゾンで出てくる(18ドルちょっと)ではないですか!(全くこの検索用語を思いつきませんでした〜。)即、買います!

なるほど、気候、ってわかる気がします。湿度も日本より低いでしょうか・・。日本では野菜をゆでて氷水につけて、色を保ったりしますもんね。その路線でオクラをきりっとゆでてサラダにいれたら、彼はいつも煮たものしか食べたことなかった!と珍しがっていました。猫舌、考えもしませんでした。(笑)同じカフェオレでも私はあっという間に飲み終わってしまうわけです。

サガナキ!確かに!ズッキーニのケフテデス、Salahiさんレシピで私が次に作ろうと思っているもののひとつです♪

室温で食べました〜。下に敷いたポテトからにんにく風味、本体はハーブでさっぱり、でもほんのりトマトの味がして最高でした。今回は、「食べるまでオーブンの中に放置」しました。ご飯は全く硬い部分がありませんでした。彼はフェタとパンも食べていました。おいしいレシピをありがとうございました!アルミをとったあと、焼けている途中を覗くのも楽しかったです。





32. Posted by salahi   2011年04月01日 15:23
handsさん、ズッキーニ用の見つかったんですね^^
いっぱい活用できますように♪

イェミスタ美味しくできてよかったです。
オイルでコクが出るせいか、ギリシャのベジタリアン料理ってかなり満足感がありますよね。
ズッキーニのケフテデスで思い出しましたが、別バージョンも載せようと考えてたので、また作ったらレシピを書いてみます。

33. Posted by hands   2011年09月16日 11:38
Salahiさん、何度も色々なところに登場してすみません!今回、イェミスタをすっかり忘れていました。明日大量生産して冷凍することにしました。(大丈夫かなぁ。)ベルペッパーはげんこつ1個半くらい、トマトも直径6センチくらい?です。丸ごとのまま冷凍して大丈夫ですかね?(解凍は自然解凍させてレンジ?でしょうか。。)あと、クッキーの件、ありがとうございます。Yも1ヶ月は余裕だと言っていたので(ここでもフレッシュさに関する認識の違いが!)大丈夫でしょう!安心して大量生産します。
34. Posted by salahi   2011年09月20日 16:22
handsさん、またまたお返事が遅れてすみません!

イェミスタ、もう冷凍されましたでしょうか?
私はやったことがないけど、多分大丈夫かと思います。
35. Posted by そにあ   2013年11月15日 17:34
こんにちわ!
イギリスからです。
初めてコメントさせていただきますが、4年前にこのサイトを見つけてから、たーくさんこちらのレシピを利用させていただいています!
今月末、日本に短期で一時帰国するのですが、その際に家族にイエミスタを作ろうと思っています。でも実家にはオーブンがありません。深鍋で作るためのアドバイス、ご存知だったら教えていただけると嬉しいです。ウェブで探してみたものの、ちょっとコレじゃないんだよな〜〜っという感じのものばかりでした。
そういえば、レシピ本出版されるとのこと!おめでとうございます。
なんてタイミング!絶対に買ってきまーす★
36. Posted by salahi   2013年11月15日 18:15
そにあさん、はじめまして。いつもレシピを参考にして下さっているとのこと、ありがとうございます!

イェミスタの作り方、私は鍋で作ったことはあまりないので(確か、トルコ風のビベルドルマを一度作ったような?)的確なアドバイスはできませんが……やっぱりトルコ料理のレシピを参考にされるのがいいかもしれません。あちらでは、鍋で煮る方法が一般的なようですので。
ただ、煮る方法だと野菜が水分たっぷりになってしまうのですよね。無水鍋のような厚手の鍋を使い、水分少なめで調理するのはどうでしょう?フィリングは生米ではなく、ある程度火を通しておくと安心かと思います(玉ねぎを炒め、その他フィリングに入れる野菜とともに米を半炊きにし、ハーブを加える)。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE


****************



Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ