2007年01月24日

イラクサの渦巻きパイ

nettle「プロフィール写真の、あれは何ですか?」という質問をたまに頂くんですが、私のお気に入りのパイの一つ、イラクサをフィリングにしたホルトピタ(野草パイ)です。

イラクサと言えば、アンデルセンの童話を思い出す方も多いでしょう。こちらで普通に見られるのは西洋イラクサ(Urtica dioica、ギリシャ語ではツクニダ、τσουκνίδα)。全草に見られる刺毛にはヒスタミンやアセチルコリンが含まれていて、ちょっと触れただけでもチクチク・ズキズキ嫌な痛みに襲われるので注意が必要です。繁殖力もかなりのものなので、庭に沢山生えて困るという話もよく聞きますが、食用・薬用(※)などに古くから利用されている便利な草でもあるのです。ビタミンやミネラルがたっぷり、特に鉄分が豊富なので、貧血気味の私はシーズン中よく食べるようにしています。

tsoukounidopita 1その辺に生えてるものですが、勿論こんな街中のは食べれないので、冬から春頃に朝市に出回るのを買ってきます。一束50セントぐらい。でも下の硬い部分は食べられないので、それほどの量はありません。軽く4人分のピタを作るのに、イラクサ2〜3束または他の野草やほうれん草とブレンドしたりします。味的にも、何種類かの葉っぱを混ぜた方が奥行きが出て美味しいです。こちらではパイ用の野草ミックスなんていう便利なものも売ってますが、日本でも適当な青菜を何種類か混ぜたら美味しいパイが出来そうです。

tsoukounidopita 2野草フィリングのパイは、手作りフィロで渦巻きの形にするのが一番のお気に入りです。以前はギリシャのおばあちゃん愛用の細長い麺棒でせっせとフィロを延ばしていたものですが、最近では専らパスタマシンのお世話になっています。かなり手抜き...という気もするけど、その分気軽に作れるようになったので良しとしましょう。


※強壮、浄血、養毛、ふけ防止、血糖値を下げる効果、母乳の分泌を促す効果などがあるそうです。また、喘息、花粉症などのアレルギー、湿疹などの皮膚疾患、リウマチ、関節炎、痛風、泌尿器疾患などに効くとされています。

人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ




イラクサの渦巻きパイ(ツクニドピタ・ストリフティ)

材料:(4人分)
生地:
小麦粉(中〜強力粉)...11/2カップ
水...約80ml
塩...小さじ1/4
酢...小さじ1/2
フィリング:
イラクサ(又はイラクサ&ほうれん草)...正味200g
玉ねぎ...小1/2個
ねぎ...2本
オリーブオイル...大さじ1 1/2
フェタチーズ...130g
胡椒、塩

オリーブオイル(又はオリーブオイル&溶かしバター)...約1/3カップ


生地を作る。ボウルに小麦粉を入れ、水、塩、酢を合わせたものを少しずつ加え混ぜ合わせる。あまり硬すぎない生地を作り、なめらかになるまで捏ねる。ラップに包んで1時間ほど休ませる。

フィリングを作る。イラクサは刺があるのでゴム手袋などをはめて扱う。硬い茎を除き、柔らかくて若い穂先のみを計量する(手で折って簡単にちぎれるぐらいが目安)。よく洗って、塩を少し加えた湯で2分ほど下茹でして水気を絞り、粗く刻む。ほうれん草を使う場合も軽く下茹でして水気を絞り、粗く刻む。

玉ねぎは横半分に切ってから薄切りにし、オイルと共に鍋に入れて蓋をし、弱火にかける。時々かき混ぜながら柔らかくなるまで炒める。ねぎを小口切りにして加え、しんなりするまで蓋をせずに炒めて火から下ろす。

イラクサ(又はイラクサとほうれん草)、フォークで砕いたフェタチーズを加え混ぜ、胡椒少々と必要なら塩も加えて味を調える。
オーブンは200度に予熱する。直径25cmぐらいの丸型に刷毛でオイルを塗っておく。

tsoukounidopita process 1生地をのばす。パスタマシンを使用する場合、生地を4つぐらいに分けてのばすと扱いやすい。一度に全部のばすとくっついたりするので注意。一つの生地をのばしてフィリングを詰め、また次の生地をのばす...という風に作業する。
生地は透けるぐらい薄く、幅8〜10cmにのばす(長さは適当でいいが、30cmぐらいまでが扱いやすい)。刷毛でオイルを薄く塗り、両端を少し残しフィリングを細長くのせて端から巻く。両端は特に折り返したりする必要はない。


tsoukounidopita process 2巻き終りを下にして、丸型の中心から渦巻状に並ベていく。


tsoukounidopita process 3残りの生地とフィリングも同様に巻いて並ベ、表面にオイルを少し多目に塗る。

手作業で生地をのばす場合、できれば細くて長い麺棒を使って、透けるぐらい薄くのばす。丸くのばした生地を8〜10cm幅に切って、パスタマシン使用のと同様の手順で成形する。


オーブンに入れ、きつね色になるまで約30分焼く。色づくのが早すぎるようなら温度を180度ぐらいに下げる。焼き上がったらオーブンから出し、粗熱が取れるまで少し休ませてから切り分ける。

MEMO:今回、手作業でフィロ生地を延ばすプロセスはかなり省略してあります。

にほんブログ村 トラコミュ ギリシャ料理へ
ギリシャ料理


sevam_a at 20:07コメント(42)トラックバック(3)レシピ   このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. “あいっこ”の渦巻きパイ  [ 藍blog ]   2007年05月27日 17:09
あいっこの渦巻きパイをとうとう作ってみた!
2. ホウレン草の渦巻きパイ  [ Alingsåsってどこ?なスウェーデンほやほや日記 ]   2008年07月30日 22:31
salahiさんの渦巻きパイをどうしても作ってみたくて&食べてみたくて・・・と一年以上前から思いつつも、大きなベンチはないし、パスタマシーヮ..
3. イラクサぐるぐるパイ  [ Mitt liv som invandrare ]   2009年05月01日 04:36
イナカ日記の続き。 グースベリーの花芽も! [画像] 芽が出たばかりだと思ったルバーブがこんなに。 [画像] ますます元気なイラクサは… [画像] salahiさんの「イラクサの渦巻きパイ」のレシピを見ながら、ねぎとフェタチーズと共に渦巻きパイのフィリングに! これはゆ...

コメント一覧

1. Posted by カイエ   2007年01月24日 20:55
イラクサって初めて見ました!
一瞬大葉かと思いましたよ〜。
この写真のパイはこうやって作られてたんですね。
なにかやってみたい気分がむくむく・・・

アンデルセン童話って、
白鳥になったお兄さん王子達を助けるために
イラクサの帷子を編む王女の話でしたっけ?
2. Posted by ポプラ   2007年01月24日 23:28
プロフィールの写真、私も気になっていました!
そうか〜こういうパイだったんですねー。
きれいに巻くのがちょっと大変そうですが、これはぜひ作ってみたい!と思いました。
イラクサって、たぶんこっちにもよく森に生えているやつだと思います。絶対に触っては駄目よと来たばかりの頃に義母にいわれたんです。それから触りもしませんが、興味を持って見ることもなかったです。それがこんな美味しそうな料理になるなんて、びっくりです・o・。
3. Posted by zaza   2007年01月24日 23:56
味とか香りは独特のものなんですか?
食べてみたいなあ。
花粉症に効くなーんて聞くと、何でも試してみたい今日この頃。
4. Posted by takoome   2007年01月25日 00:44
なるほど中身がイラクサ、素敵です。
トルコのギョズレメ屋さんが、裏の草を入れてるよ!って言った時の爽やかなショックを思い出しました。
チャンスがあれば作ってみたい。

・・・絶対に草がいい!

5. Posted by あっこ   2007年01月25日 00:59
お久しぶりです〜。
イラクサ・・・またまた初めて聞きました(^^
見た目はシソのようですね。こんなに綺麗な色の瑞々しいシソは手に入らないので、思わず「美味しそうな葉っぱ・・・」とつぶやいてしまいました(シソじゃないって)。
プロフィール写真の中身はこのようになっていたのですか〜。
固めのパンのようなものかな??と勝手に想像していたので、スッキリしました。
想像していたものより、ずーーっと美味しそうです!!
6. Posted by salahi   2007年01月25日 01:56
カイエさん、こんにちは。

こちらへ来てすぐの頃、近所でイラクサを見て「大葉?!」って思いました。触らなくてよかった^^;
種類はちょっと違うのかもしれませんが、日本にもイラクサは結構生えてるそうです。

そう、イラクサが出て来る童話は白鳥の王子です^^
7. Posted by salahi   2007年01月25日 02:01
ポプラさん、こんにちは。

あまり上手く作れない私が言うのも何ですが、このパイの成形は簡単ですよ。ポプラさんならすごく綺麗に出来そうです♪

イラクサは癖が無くて美味しいですよ。森で摘んで来るのもいいかと思います(手袋は忘れずに!)。収穫出来るのは春頃までで、柔らかい部分のみです。ちなみに加熱したりすると棘の毒は中和されます。オムレツとかスープにするのもおすすめです^^
8. Posted by salahi   2007年01月25日 02:10
zazaさん、こんにちは。

イラクサは癖が無くて美味しいですよ。日本だとミヤマイラクサ(アイコ?)が山菜として売られてたりするようですが、花粉症改善とかならサプリメントで採った方が良さそうですね。
9. Posted by salahi   2007年01月25日 02:13
takoomeさん、こんにちは。

裏の草で作ったギョズレメ、私も食べてみたいです^^
タイには使えそうな草はありますか?イラクサはそちらにもありそうですね。
10. Posted by salahi   2007年01月25日 02:17
あっこさん、こんにちは。

紫蘇風の見かけに騙されて触ると痛い目に遭います^^;

イラクサと言うよりネトルの方が馴染みがあるかもしれませんね。これのハーブティーも昔飲んだことがあるんですが、どんな味だったか忘れてしまいました。
11. Posted by vino   2007年01月25日 02:32
はじめまして。vinoと申します。前から楽しく読ませていただいていたのですが、今回始めてコメントさせていただきます。これ、おいしそうですね。最近フィロを使ってみようと思っていたのでこんなこともできるのかあと関心!フィロ、自分で作れたりもするんですねえ。。
12. Posted by tongshin   2007年01月25日 03:03
うわ〜出た。イラクサは私の天敵なんです!
ものすごい繁殖力とチクチク攻撃に毎年うんざり...春になったらぐるぐる巻きにして食べてやる〜(どなたかスウェーデンまでイラクサ摘みに来て下さい。手袋お貸しします。)
13. Posted by たえ   2007年01月25日 12:08
イラクサって食べた事が無いです。
でもこのパイは一度作ってみたくて、本当に1度だけ作ったことがありますよ。
しかもsalahiさんのトップのお写真を拝見して影響されたんです。(笑)
ふふふ。いつものようにsalahiさんには影響ウケまくりですよ〜。
以前はスイスチャードという野菜で作りましたが美味しかったです。
それにしてもsalahiさんって、フィロまでお手製なんですね!フィロは紙のように薄くて自分ではとてもじゃないけど無理やわ〜。(汗)
私は勿論市販よ、市販!(笑)
14. Posted by りろ   2007年01月25日 15:51
こんにちは。イラクサは、ハーブティでは、よくありますよね。花粉症や血液浄化に効く、ってことで、日本でも、ハーブ製品専門店では、よく売られています。私も、よく飲むハーブティの一つです。自分で、他のハーブとブレンドしてお茶にしたりもします。

でも、生のものを野菜として食べるというのは、知りませんでした。それも、パイに入れてしまうんですか〜。
おもしろいですね〜。

15. Posted by りろ   2007年01月25日 15:51
そういえば、ヒスタミンというので思い出したのですが、韓国には、薬膳の一つとして、うるしのスープ、というのがあるそうです。へたなところで作ったのを食べると、かゆくなってそれは大変だそうですが、ちゃんとした作り方をしたものは、かゆくならないし、効き目抜群だそうです。
作り方は、10センチくらいにカットした枝を煮出すのです。そうすると、真っ黒なスープになるので、この枝を取り去って、そこに丸鶏やナツメなど栄養のあるものを加えて、さらに煮るのだそうです。
すごく苦いのだけど、飲むとからだがカーッと熱くなって、あと、ものすごくスッキリとするのだそうです。これが、独特のおいしさで、一度味わうと忘れられないのだそうです。
16. Posted by fleur de sel   2007年01月25日 17:32
イラクサはただ湯がいてお浸し風サラダやスープにします。とても健康に良いですね。川のほとりや捨てられた荒地に沢山。我が家の庭は荒れ放題なのになぜか生えていず一時根ごと採って植えようかと思ったことも。でもも繁殖してしまうとでやめました。笑
一寸触れたくらいで本当にかぶれますものね。
でもsalahiさんは本当にまめですね。フィロの手作りなんて。パスタマシンがあってもやりません。たえさんと同様私も市販組。
17. Posted by melocoton   2007年01月25日 22:05
イラクサってnettle teaとして、ハーブティーとしてしか口にしたことないです。お茶だと結構癖があるので苦手ですがこうやって野菜として食べるとおいしそう!

しかし、パイ、おいしそうです。 フェタとの組み合わせも魅力的だし、何しろ手作りのフィロだなんて(ワクワク)。 ああ、もうちょっと器用だったら、やってみようという気にもなりますが、私には絶対無理だっ^^。
18. Posted by okimuff   2007年01月26日 00:17
レシピありがとうございました。
日本ではイラクサは手に入らないでしょうから、ほうれん草とか、小松菜とか、でやってみます。癖のある葉物のほうがいいのでしょうか。春菊とか・・・。ニラはやめたほうがいいでしょうね。
フィロという生地、難しそうですがやってみます。
生地にお酢が入るというところ、不思議な感じですね。
餃子の皮のような感じで作ればいいのかな、と思ってます。
または、横着して春巻きの皮でやってしまってもいいのかな?と思ったり。
フィリングをカスタードクリームとかジャム類を入れればお菓子になるかなとも考えてます。
ミートソース入れたり・・・。ともかくあの形が面白いので、応用できそうですね。
是非作ってみて、友達を驚かせたいです。
ありがとうございました。
19. Posted by salahi   2007年01月26日 05:54
vinoさん、はじめまして。コメントありがとうございます^^

手作りのフィロは市販のとはかなり違った食感です。パリパリ感を楽しみたいなら、やっぱり市販のものですね。成形の仕方でいろいろ変化が出せるのも面白いですよね。
フィロ使用のって多分これ↓しか載せてないんですが、結構おすすめのレシピです。

http://blog.livedoor.jp/sevam_a/archives/28550987.html
20. Posted by salahi   2007年01月26日 05:59
tongshinさん、こんにちは。

イラクサってかなり手強いですよね。前に、服を着た上からも刺さったことがあります。
でもあれって液肥にしたりコンポストに入れるとかなりいいらしいけど、種入りコンポストだと余計に生えてきたりするかもしれませんね。
21. Posted by salahi   2007年01月26日 06:03
たえさん、こんにちは。

何と、すでに挑戦済みでしたか!手作りフィロの延ばし方や成形の仕方はいろいろあるけど、シュトゥルーデルと同じ要領でできますよ。...と言いつつ、私もパスタマシンでかなり手抜きしてますけど^^;
22. Posted by salahi   2007年01月26日 06:09
りろさん、こんにちは。

イラクサってなかなか美味しいですよ^^
これってクロロフィルもかなり豊富に含まれてるようです。茹でたのを置いておくと、絵の具のような緑色の汁が出てきます。

うるしのスープって面白いですね。苦いけど癖になるような味なんでしょうか?すごく気になります!
23. Posted by salahi   2007年01月26日 06:14
恵美さん、こんにちは。

イラクサのお浸しやスープ、美味しいですよね。北ギリシャの方ではよくスープを作るようですが、フランスのとはちょっと違った感じかもしれません。
24. Posted by salahi   2007年01月26日 06:18
melocotonさん、こんにちは。

イラクサってそちらにはないですか?癖が無くて、なかなか美味しいです。

手作りのフィロは市販のとはかなり違った感じですが、これはこれで美味しいです。パスタマシン使用だと、すごく簡単に出来ますよ。延ばし方が汚くても巻いたら誤魔化せるし。
25. Posted by salahi   2007年01月26日 06:32
okimuffさん、こんにちは。

ほうれん草だけでも美味しいし、他の青菜とブレンドしてもいいです。春菊とか、香りの強いものは控え目に使った方が無難かもしれません。

渦巻きの形にするのは難しいかもしれないけど、ギリシャパイのフィリングを春巻きの皮で包んだのも美味しいです。
手作りフィロを手作業で延ばす場合、ある程度薄くなったら破らないよう気をつけてひっぱるといいです。
26. Posted by 裕美   2007年01月26日 12:15
おはようございます!

すごい、これって食用にもなるんですね!私の知り合いが、小さい頃に木登りをしていて滑ったんです。落下地点が、この草の密集地帯!うわぁーー!痒いーー!!となったと言っていました。それ以来、それらしい草を見ては異常なほどに距離を置いている私です。地元で「かいかい草」と呼ばれる雑草がありましたが、似たような物でしょうか。ここら辺にも生えているのかも?

ふけ防止と聞いて「老け防止」かと!それなら、多少痒くなっても食べてみたいと思ってしまいました…頭皮のフケの方ですよね?
27. Posted by yokocan21   2007年01月26日 15:01
このパイ、よく似てるなぁと気になっていました。トルコのエーゲ海地方(ダンナの出身地)にあるものとそっくりです!伯母さんがよく作ってらっしゃいます。形もグルグル巻きで一緒。エーゲ海地方はギリシャの影響を受けているものがいっぱいです。
そうそう、イラクサのハーブティーがあるんですけど、子供が生まれた時、母乳がよく出るのでと飲むように言われていました。何だか半信半疑でしたが、こちらを拝見して今ごろ納得です。母乳の分泌を促す効果があるんですね。それ以外にも色んな効能があって優れものですね。
28. Posted by kiyomulan   2007年01月27日 03:51
お久しぶりです。
いやー、今までずっとスパナコピタだと思ってました!
salahiさん、奥が深すぎますよー!

公園に行ったとき、いつも触らないように恐れていましたが、それが食べられて、しかも体に良いなんて、不思議ですね。
29. Posted by salahi   2007年01月27日 21:05
裕美さん、こんにちは。

「老け」ではなく「フケ」でした^^;
でもビタミンやミネラルたっぷりなので「老け」にも良さそうです♪そちらにも多分生えてるし、春先には市場で見かけるかもしれませんね。

イラクサの密集地帯に落下って、すごく痛そう!イラクサに刺された時は、近くによく生えてるウスベニアオイ(ゼニアオイ?)の葉っぱでこすると治るそうですよ。
30. Posted by salahi   2007年01月27日 21:13
yokocanさん、こんにちは。

トルコのおばさんがこんなパイを作ってるのをテレビで見たことがあるんですが、エーゲ海地方だったのかもしれませんね。それはテーブルクロスの上に大きくのばした生地にチーズを散らし、クロスの端を持ち上げて、転がすように巻いていくという方法でした。ギリシャでも同じ作り方をしたりするので、面白いな〜と思いました^^

イラクサのハーブティー、そちらでも母乳にいいと言われてるんですね。効果はありましたか?
31. Posted by salahi   2007年01月27日 21:15
kiyomulanさん、こんにちは。

イラクサって、食べてみるとなかなか美味しいですよ^^
スパナコピタも美味しいけど、いろんな野草(ケシの葉っぱとか)のピタもおすすめです。
32. Posted by ポメマル   2007年01月27日 23:44
イラクサって名前から想像するととげがいっぱいありそうです。
アンデルセンの童話に出てくるのは覚えてます。イラクサの蔓(でななかったかな)で服を編むというのでどんなものかなと印象深く頭に残ってます。

日本の野菜だと何に似ているものなのかしら?

フィロはあまりみかけません。シュツルーデルを今度挑戦しようかなと思ってます。
33. Posted by salahi   2007年01月29日 09:00
ポメマルさん、こんにちは。

イラクサって実際織物などにも使われるようですが、どんな肌触りなんでしょうね?

癖が無くて柔らかいという点ではほうれん草が近いかもしれません。もうちょっと、粒子が粗い(?)感じなんですけど。ミヤマイラクサ(アイコ)がどこかに売ってるかもしれませんね。

34. Posted by 楽子   2007年01月29日 17:19
ずっとsalahiさんのアイコンの写真、渦巻きパンなのかと思ってました…。^_^;
何とパイだったんですね。
しかもイラクサって、見る限りはとても柔らかそうに見えますが、結構デンジャラスな草なんでしょうか。
それにしてもパイのグルグル渦巻きがステキ〜♪
かなり薄いパイ生地ですよね。
パスタマシーン使用とは言え、なんだかあらゆるところにくっつきそうで、形作るのが難しそう!
さすがだわ〜。
そのままの形もとてもステキですが、切り分けた断面が見えるのもとてもおいしそうで見入ってしまいます!
ギリシャのお料理って凝ったものが多いですね〜。(#^.^#)
35. Posted by salahi   2007年01月30日 02:25
楽子さん、こんにちは。

イラクサは柔らかいんですけど、この細かい毛が刺さるとすごく痛痒いんですよ。日本の野山にも生えてそうなので、気をつけて下さいね。

このパイ、やってみるとそれほど難しくもないですよ。ただ、まとめて生地をのばすとくっつきやすいので、少しずつやってます。

36. Posted by ai   2007年05月27日 17:19
イラクサの渦巻きパイ作ってみました!
ギリシャ料理恐るべし!フェタチーズの風味に驚きです。
またギリシャ料理の紹介よろしくお願いしたします。
TBさせて頂きました。
37. Posted by salahi   2007年05月27日 17:59
aiさん、こんにちは。

渦巻きパイ試して下さったんですね。TBもありがとうございました!
後でそちらにもお邪魔しますね。これからもよろしくお願いします。
38. Posted by salahi   2007年05月27日 18:23
aiさんへ、
Forbiddenになってしまってコメント出来なかったので、こちらで書かせて頂きます。

イラクサのパイがご家族にも好評だったとのことで、とても嬉しいです。そちらではかなり旬が短いんですね。ギリシャでは冬〜春に売ってます。冷凍保存もしてますけど、やっぱり春に食べるのが美味しいですね。
青菜のミックス(芥子の若葉、不断草、スイバ、野生リーク、フェンネル、ディルなど)で作るのも美味しいです。日本でもイラクサ以外に使える野草があるかもしれませんね。
39. Posted by ホシ子   2008年06月12日 03:58
先日は、わざわざメールの返信ありがとうございました!

レシピを読んだら食べたくなってしまいました!
そして、その野草効能が素晴らしいですね。
こっちでも見つけられるかな?
一度、ほうれん草やハープなどでチャレンジしてみたいです。
40. Posted by salahi   2008年06月12日 15:40
ホシ子さん、こんにちは。こちらにもコメントありがとうございます^^

地域にもよると思いますが、スウェーデンの市場でも春にイラクサが売られてるそうです。田舎の方なら、その辺に生えてるのを摘んでも(食用にするのは柔らかい部分だけ)大丈夫かと思います。
41. Posted by macah   2009年03月03日 20:59
salahi さま
ごぶさたしています。

プロフィール写真、とっても気になっていました。
先日トルコ料理教室で作ったボレキ( Börek )
これは同じようなものではないのでしょうか…、
今回はじゃがいもやひき肉を入れましたが、ほうれん草をいれたりもするそうです。
とってもおいしくてワサワサ食べちゃいました。

トルコとギリシャってお料理が似た感じなのでしょうか。
どちらもお野菜がたっぷりで大好きなお料理です。
42. Posted by salahi   2009年03月04日 15:51
machaさん、こんにちは。

ギリシャとトルコで同じような料理がいろいろありますが、こういうパイもそうですね。
ギリシャではパイがよく食べられ、生地・形・フィリングのバリエーションもすごく豊富(数え切れないほど!)なんですよ。
ちなみに昨日も作ったんですが、イラクサの渦巻きパイとタコの三角パイでした^^

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

salahi


ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

・レシピのリンク一括表示はレシピ一覧カテゴリから。

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE

Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ