2007年10月12日

ぶどうのシロップ煮

ギリシャではさまざまな果物をはじめ、野菜やナッツ、花なんかをシロップで煮た保存食がよく作られます。

stafyli glyko
Σταφύλι γλυκό

「グリカ・クタリウ」(スプーン・スウィーツ)と呼ばれ、伝統的なおもてなしにも欠かせないお菓子ですが、こういうのが作られるようになったのは砂糖が比較的手に入りやすくなってからでしょうね。トロリと濃いシロップに漬かっているので当然甘いけれど、宝石のような美しさで目にも楽しいお菓子です。

grapes

使用する材料によって、砂糖の割合や作り方も少し変わってきたりするのですが、今回ご紹介するのは簡単に作れる葡萄のグリコです。気軽に試して頂けるように、レシピは小さ目の瓶ひとつ分にしてみました。

そのままお茶請けにする他、ギリシャヨーグルトやバニラアイスクリームにかけるのもおすすめです。

人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ



ぶどうのシロップ煮(スタフィリ・グリコ)

材料:(250ml瓶ひとつ分)
種無しぶどう...350g
グラニュー糖...200g
水...1/3カップ
ローズゼラニウムの葉(あれば)...1〜2枚
レモン汁...小さじ2〜大さじ1

ぶどうは房から実をはずし、綺麗に洗って水気を切っておく。

鍋にぶどう、砂糖、水を入れて弱火にかけ、ゆっくり温めて砂糖を溶かす。砂糖が完全に溶けたら、あまり煮立てないようにして3分煮る。混ぜすぎると皮が剥けるので注意。

火から下ろしてそのまま冷まし、布巾をかぶせて丸一日置く。

ローズゼラニウムの葉も加え、再び火にかけて煮、シロップが柔かい蜂蜜ぐらいの濃さになるまで煮る。煮詰め具合は冷やした皿にシロップを少し落として見るといい。火から下ろす少し前にレモン汁を加える。

煮沸殺菌した瓶に詰め、蓋をして逆さにして冷ます。

MEMO:お好みでバニラや剥きアーモンドを最後に加えてもいいです。
レシピの分量は少量にしてありますが、倍以上の量にした方が作りやすいです。沢山作る場合は煮る時間も少し長くなります。
少し手間はかかりますが、種有りの大粒ぶどうで作るのも美味しいです。種の取り方はこちらを参考にどうぞ。

ぶどうのシロップ煮とりんごのデザート:酸味が強めなりんごを一口大に切って、ぶどうのグリコをかけます。これだけですが、酸っぱくてシャキシャキしたりんごと、甘くてネッチリしたぶどうのコンビネーションが美味しいデザートです。

にほんブログ村 トラコミュ 保存食へ
保存食


sevam_a at 17:14コメント(16)トラックバック(0)レシピ   このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by margo   2007年10月13日 00:28
目に美しく、名前も可愛らしいお菓子ですね。
自分で作ると楽しいし♪

香りはゼラニウムでつけるのですね。葡萄だけより複雑な香りになるのでしょうね(^^)

りんごと合わせたデザート、おいしそう〜♪
2. Posted by salahi   2007年10月13日 06:12
margoさん、こんにちは。

この手のシロップ煮はいろんな材料で作るんですよ。面白いのは未熟イチジク、未熟ナス、未熟ナッツ(胡桃やピスタチオ)、花(レモンやバラ)などでしょうか?
香り付けはスタンダードにバニラもよく使われます♪
3. Posted by ポメマル   2007年10月13日 11:16
飴色でツヤツヤですね。
それとマスカットとも違う黄色がかった色
のぶどうがきれいです。

ニオイゼラニウムの香りは普通のゼラニウムよりもいい香りなのでしょうね。といってもよくわかりませんが。
果物にお花の香りを付けるというのもとっても珍しいですね。

花もシロップ煮にしてしまうんですか。
これは見てみたいです。今度紹介して下さい。
4. Posted by salahi   2007年10月13日 15:22
ポメマルさん、こんにちは。

これはギリシャで一番よく見かけるタイプの種無し葡萄で、皮も食べられるものです。

香り付けに使う葉はニオイゼラニウムと言うよりもセンテッドゼラニウムとして知られているでしょうか?花は香りが無いそうですが、葉をお菓子の香り付けなんかによく使います。

花のシロップ煮はバラのが市販されてるんですが、甘そうなので買ったことがありません^^;
前に一度、日本の金木犀で作ってもらったことがあります。
5. Posted by tongshin   2007年10月13日 16:37
salahiさん、こんにちは。
お皿の雰囲気のせいもあって一瞬「煮豆?」と思ってしまいました。おいしそう!

ニオイゼラニウムっていうのは葉がぎざぎざして花が地味なゼラニウムのことかな?そういうのだったらこちらでも花屋さんで時々見ます。私の好きな香りです。
6. Posted by 楽子   2007年10月15日 00:21
わぁ〜ホントに宝石みたいにピカピカでキレイ!
葡萄の丸さがとっても活きてるシロップ煮ですね。
こんなのがちょこんと小皿で出てきたら、それだけでうっとり見つめてしまいそうです。(*^_^*)
ギリシャといえばあの葡萄の葉っぱ包みもあるし、葡萄がとても身近なフルーツなのでしょうか。
お花のシロップ煮、私もとっても気になります♪
7. Posted by tuguki   2007年10月15日 13:51
今日、久々に、私御用達の“バッタ屋”へ行ったら、直径約40cm、深さ約20cmの、銅のお鍋がありました。
ジャムやコンポートを煮るものらしく、これで、Salahi さんの、ぶどうのシロップ煮をつくったらどんなに美味しいだろう...と思ったのですが、どう見ても、業務用サイズ。
泣く泣く、諦めました。

でも、夢に出てきそう。

あれ買って、葡萄のシロップ煮屋を開業しようかな...。
8. Posted by salahi   2007年10月15日 15:37
tongshinさん、こんにちは。

ニオイゼラニウムは、きっとそれです^^
いい香りですよね。うちにあるのはローズゼラニウムなんですが、ヒョロヒョロながらも何とか生き延びている数少ない植物のひとつです...。

9. Posted by salahi   2007年10月15日 15:50
楽子さん、こんにちは。

葡萄、綺麗に丸く煮えたのだけ集めてみました(笑)
かなり甘いんですが、お茶請けにちょこっと出すにはいいですよね。

ギリシャでは葡萄ってかなりいろいろ活用されてますよ。実は次回の記事も葡萄のお菓子です。
10. Posted by salahi   2007年10月15日 15:55
tugukiさん、こんにちは。

ジャム用の銅鍋、素敵ですよね。うちではほとんど出番がなさそうですが...。

tugukiさんに道具の話を聞くと、何だかすごく欲しくなるのが危険です^^;
11. Posted by daisuke   2007年10月15日 17:07
5 いつも本当に美味しそう!写真も綺麗だし関心しきりです。京都はやっと秋らしい気候になってきましたよ。今朝の大原の気温は12度と涼しいというよりは寒いくらいでした。
12. Posted by むうちえ   2007年10月16日 01:24
salahiさん、ご無沙汰しております。いつも読み逃げですみません。
実は先日からいただき物のぶどうが赤、白何キロもたまりどうしたものかと思案していたところでした。「この際、つぶしてワインにしてやろうか・・・」とも思ったのですが、もうすぐ今年のワインが出来上がる時期だし・・・
このキレイなシロップ煮、やってみたいなあ・・・でも、やっぱり種を抜くのがおっくうで・・・
あ、ところでギリシャでは自家製ワインOKですか?
13. Posted by salahi   2007年10月16日 04:56
daisukeさん、こんにちは。

誉めて下さって、ありがとうございます。
>写真
壊れかけのデジカメで、色も変だったりするんですが^^;

そちらはこれから紅葉の季節ですね。
アテネもここのところ結構寒くなってきました。
14. Posted by salahi   2007年10月16日 05:04
むうちえさん、こんにちは。

こちらこそ、いつも読み逃げです。この間の帽子カボチャにはかなり反応してしまったんですけど^^

葡萄の利用法、とりあえずメールしましたが記事もアップできました。参考になるといいですが...。
自家製ワインに挑戦するのも面白そうですね。こちらでも作ってる人が結構多いですよ。
15. Posted by ミナココット   2007年10月17日 20:53
salahiさん、こんにちは。

とてもきれいなお菓子、どういう風にいただくのでしょうか?
私なら何も考えずに大きなスプーンで頬張ってしまいそうですが、おもてなしに欠かせないお菓子となると、こんな食べ方では叱られてしまいそうですね!?
16. Posted by salahi   2007年10月18日 20:51
ミナココットさん、こんにちは。

このお菓子、基本的にはスプーンでそのまま食べるんですけど、いろいろ使えます♪
フランスのフルーツコンフィと系統的には同じですよね?

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

salahi


ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

・レシピのリンク一括表示はレシピ一覧カテゴリから。

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE

Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ