2007年11月14日

ギリシャ風、魚の干物☆オレガノ&ペッパー風味

今月のシンクロナイズドクッキングのお題は「」と「きのこ」。
最近魚好きになった家族の為に、魚料理のレパートリーを増やそうと思っていたところなので丁度いいタイミングです。

魚の扱いは初心者マーク付きで恥ずかしいですが、これ↓でエントリしてみます。

psaria liokafta
Ψάρια λιόκαφτα

ギリシャ風...と言うか、シミ島風?の魚の干物です。
干物というと、何となく和食をイメージさせる響きですが、魚介類を干したものは日本以外でもいろんな国で見られますよね。ギリシャでも、保存性を高めたり味を良くしたりする為に干物を作ります。有名なのは、やはりタコでしょうか?海辺のレストランの店先などで、タコが物干しにひっかけられているのはなかなか絵になる光景です。

今回ご紹介する干物は、家庭でも気軽に試せる一夜干しに近いタイプです。魚を開き、塩などの調味料をすり込んで干すだけ。同じ味付けで、すぐに焼いた魚も美味しいのですが、干すとやっぱり旨味が増すような気がします。

...と、馴れたようなことを言いますが、私は魚を捌いたりするのが大の苦手。今回もやらかしてしまったので、最初に告白しておきます^^;
上の写真では頭無しの干物になってますが、こちらでは頭を落としてから干すというわけではないんです。当初の予定では、付けたままのつもりだったんですけど、頭ごと半分に開いた時点で「ところで、目は取り除くんだっけ?」という疑問が(滝汗)試しに一つ除いた時点でゾゾーーーーッとして頭を切り落としてしまったというわけです。後で検索してみたら、目はそのままでよかったんですね。落とした頭は近所の猫にあげたので、彼らにとってはラッキーでしたが(笑)

2007.11.10 fish1干物にする魚の種類は、シミ島ではコリオス(ゴマサバ?写真下)やゴパ(上の二匹)と呼ばれるものをよく使うそうですけど、この他にはアジなどでも美味しくできそうです。
ゴパの日本名がわからなかったので、知ってる方がいらしたら教えて頂けると嬉しいです。


干す期間は1〜2日、触ってみて表面が乾いてる状態だったら完成です。炭火で焼いてみましたが、ここでも初心者な私。手間取ってたら、すっかり日が暮れてしまいました。

2007.11.11 dinner

慌ただしく、テーブルに並ベられた料理。せっかく炭火を起こしたのだから...と、パンやチーズも焼いてみました。パンは以前紹介したギリシャ風ブルスケッタです。チーズはMelocotonさんのブログで見てすごく食べたくなったスモークチーズのグリル(こちらで簡単に手に入るメツォヴォーネを使いました)なんですが、いい感じに網で焼いたのを耐熱容器で保温のつもりが溶かしてしまいました^^;

__________________________________________

さて、こうやって書いていると何だか手間がかかっているようですが、もっと簡単に作る方法もあります。干す場所が無い!という方には、ピチットシートに包んで冷蔵庫で仕込む方法がおすすめ。今回、ゴパ一匹とコリオスは外で干したんですが、試しにもう一匹のゴパをピチットシートでやってみました。

土曜の午後に仕込んで、外干しのは日曜の夕方に、ピチットのは月曜の夜に食べました。焼き方も簡単に、フライパンにクッキングシートを敷いた上で焼くという方法にしたんですが、どちらも同じように美味しかったです。いえ、実を言うとお手軽バージョンの方が美味しかったかも...私の味覚なので判断が怪しいものですが。

兎にも角にも、超おすすめなギリシャ風干物です。ワインで干物ディナーというのも、なかなかいいんじゃないでしょうか?簡単に作れるので、是非お試し下さい。

人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ



オレガノ風味の魚の干物(プサリァ・リオカフタ)

材料:
好みの魚(小さ目の鯖など)

胡椒
オレガノ
オリーブオイル

2007.11.10 fish2魚はエラ、内蔵を取り除き、開きにする。背開き・腹開きのどちらでも。頭は好みで付けたままでも落としても可。綺麗に洗って水気を拭き取る。


普通に焼く時よりも多目に塩を振る。胡椒、オレガノも好みの量振り掛け、オリーブオイルを少し付けた手ですり込む。

1〜2日、表面が乾くまで外で干す。頭を付けたままの場合、目に紐を通して吊るすこが、洗濯バサミで固定しても。頭を落とした場合、尾を洗濯バサミで固定するか紐で縛って干す。ハエなどが付かないよう、ネットで覆いをするとよい。

食べる時に焼き、好みでレモンを絞りかける。

ピチットシート使用の場合:
塩、胡椒、オレガノ、オイルをすり込んだ後、ピチットシートに包んで冷蔵庫に入れる。一晩寝かせた時点でも食べられるが、1〜2日置いた方が美味。

MEMO:魚の種類については上で説明しています。ピチットシート使用の場合、私個人が試した限りでは2日ぐらいそのままでも大丈夫でしたが、必要に応じてシートを新しい物に交換して下さい。3日ぐらいは冷蔵でも美味しく食べられそうです。それ以上の保存には冷凍をおすすめします。

【関連サイト】
干物作りの参考になるサイトです。
http://www.himono.info/index.php?FrontPage
http://www.246.ne.jp/~yuichi-i/himono1.htm

干物の保存法、焼き方はこちらを参考にしました。
http://e-himonoya.net/?m=wp&WID=3044

ピチットシートのサイトです。
http://www.pichit.info/index.html

にほんブログ村 トラコミュ お魚料理へ
お魚料理


sevam_a at 18:49コメント(25)トラックバック(2)レシピ   このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 料理レシピ紹介サイト: サバ(鯖)さば ブログでCookin  [ 料理レシピ集(投稿募集中)byブログでCookin! ]   2007年11月16日 14:26
「サバ(鯖)さば」料理レシピで、献立の参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルなレシピのブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
2. dried horse mackerel  [ 緑の亀と緑の竜 FOOD Everyday ]   2007年11月18日 19:24
[RATED]*****  amazing taste (fantastic

コメント一覧

1. Posted by ポプラ   2007年11月14日 20:19
私も魚をひらくの苦手です。手やそこらじゅうが魚臭くなるし、包丁ではなく中型ナイフでやるから切り口もきれいじゃないし^^;
でも、家で作る魚の干物って美味しいですよね!だから、ヘタでもいいの、食べられればと(自分を励まし、なぐさめ…笑)、作ってしまいます。ギリシャ風の干し物も美味しそうです。新鮮そうな魚が手に入ったら、やってみたいです^^
2. Posted by fleur de sel   2007年11月14日 22:04
オリーブオイルでこすってオレガノでの干物はとても地中海的モダンですね。何だか乾燥トマトの微塵切りのオリーブに漬けた物ほんの少し載せて焼いても美味しそう。鯖にはとても合いそうそのうち試してみます。
ゴバではなくゴビーと言う魚は知っています、似ています。でも4−6cmほどの物しか知らないけれど(スープ用)魚の辞典を見たら30cmほどにもなる事も.仏和を見たらはぜと書いてあったのできっとsalahiさんのゴバではないかも知れません。
3. Posted by salahi   2007年11月15日 00:38
ポプラさん、こんにちは。

この間はアジを買ったんだけど、おろそうとしたら大変なことに...もうちょっと練習しなければいけないな〜と反省しました^^;

臭いが手や道具に付くのも苦手です。内臓は魚屋さんで抜いてもらったりもするけど、家でやるなら夫が寝てる間にやるように配慮してます。でも、そんな時に限って早く起きてきたりするんですよね(笑)
4. Posted by salahi   2007年11月15日 00:46
恵美さん、こんにちは。

恵美さんのように魚料理が上手になりたいのですけど、練習が足りませんね。冬の間に魚料理をいっぱいしようと思います。

ドライトマトをのせるアイディア、とっても美味しそうです!是非私もやってみます^^

この魚、ハゼとはちょっと違うようですね。WEB魚辞典で調べてみたけど、よくわかりませんでした。
5. Posted by salahi   2007年11月15日 00:56
付け足しです。

もうちょっと調べてみたら、ゴパ=Bogue(boops boops)だそうです。種類は違うようですが、タカベに似ていると書かれてるサイトがありました。
6. Posted by ゆるり   2007年11月15日 11:51
魚の干物なんてずっと食べてません。自分で作るということを考えていませんでした。しかもオリーブオイルとオレガノ! これなら、もしかして夫も食べれるかもしれません。今度コリアンストアー(こっちだとアジアの食材が安く新鮮に手に入るのが日本でも中国でもなく韓国のスーパーなのです)へ行ったら新鮮な魚を買いたいと思います。魚をおろしたことはないけど、下手でもがんばってみたいと思います。
7. Posted by ポメマル   2007年11月15日 11:56
頭がないと違うもののように見えますね。
でも頭はほとんど食べないからなくてもいいのですよね。
干物は背開きがが多いですね。私も背開きはうまくいきませんので干物はあまり作ったことないです。
一度作ったのはクックにいたえつぴんさんの秋刀魚の丸干しです。これは文字通りそのまま干すので簡単でした。

売られてるものは工場で風干しにしたものがほとんどですが海の近くで天日で干したものはおいしいですね。

ギリシャのはハーブとオリーブオイルの味付けでレモンを搾っては普通の干物とは違うのでまた美味しそうです。
8. Posted by snorita   2007年11月15日 16:47
5 海外で干物・・・作れるなんて。是非やってみます。すごい〜。炭火というのがまたまたポイントですね。お魚おろすのは、私も日本では全然やっていなくて、海外にでてから始めました。ぜひトライします。
9. Posted by melocoton   2007年11月15日 19:22
干し物が出来る気候がうらやましい、とコメントしようと思ったら、ナンだ、ピチットでできちゃうんですね(嬉)。 ピチットをたくさん買い込んできた割には使ってなかったので、サバでも買ってきてやってみようかな? 
干し魚にもオレガノってやっぱりギリシャですね。

スモークチーズ>グリルするとおいしいですよね〜。
10. Posted by moritosh   2007年11月15日 21:40
干物、とても面白そうですね。男の料理に分類される様な気もしますが、思いつきませんでした。
関連サイトは参考になりました。
これから冬場にかけて虫もでませんから、試してみたいと思います。
11. Posted by ぴかまま   2007年11月16日 04:19
昔、ベランダで鰺の干物を作ったことがあるんですが、その時は蜂がたかって大変でした。
今の家はベランダがないのですが、そういえばピチットでできるんですもんね。
うちにもまだあるから、今度salahiさん真似して鯖でもピチット干しにしちゃおうかな。
12. Posted by tuguki   2007年11月16日 11:52
さすがギリシャ、お魚の干物にもオレガノなんですね。
今、冷蔵庫にある、秋刀魚のひらきを食べ終わったら、何か似た感じのお魚を買ってきて、作ってみます。

ちなみに、わたしは、ピッチとシーと頼んであるのにまだ送ってもらってなく、キッチンペーパーと新聞でしっかりくるんで冷蔵庫に入れてます。
名付けて、“秋刀魚の冷蔵庫新聞干。”
13. Posted by salahi   2007年11月16日 15:53
ゆるりさん、こんにちは。

いかにも干物って感じではないので、干物好きではない方でもいけそうです。
特にピチットシートを使う方法は楽だし、魚の保存法としてもおすすめです(このままで、それほど持つわけではないけど、普通に冷蔵や冷凍するよりも美味しいので)。
14. Posted by salahi   2007年11月16日 16:14
ポメマルさん、こんにちは。

背開き、難しそうですね。今回ちょっと挑戦してみようかと思ったんですが、魚屋のおじさんが内臓を抜いてくれていたのでそのまま腹開きになりました。
これはとっても気軽に作れる干物なので、気が向いたらお試し下さい♪

えつぴんさんのレシピ、保存してあるんですけどね...なかなか秋刀魚の季節に帰国出来ないのが残念です。

15. Posted by salahi   2007年11月16日 16:21
snoritaさん、こんにちは。

炭火焼きは確かに美味しいけど、クッキングシート敷いてフライパン焼きでもかなり満足な仕上がりでしたよ♪是非お試し下さい。

私も日本では魚を自分で料理することってなかったです。そもそも、骨が面倒で魚自体あまり食べなかったんですが。ギリシャの魚料理も美味しいので、もっといろいろ紹介したいと思います。
16. Posted by salahi   2007年11月16日 16:29
melocotonさん、こんにちは。

ピチットシートで干物、かなりおすすめです!私も業務用買った割には活用してなかったんですが、もっといろいろ使ってみようと思います。

スモークチーズはあの記事を見て即買ってきたんですよ。こちらのは、プロヴォローネをスモークしたようなタイプです。サガナキにするのもおすすめ♪
17. Posted by salahi   2007年11月16日 16:33
moritoshさん、こんにちは。

そうですね、干物って男の料理というイメージがあります。自分で釣った魚で作ったら、更に美味しいでしょうね。

干物も極めようと思えばきりがないのでしょうけど、簡単に作ったのも美味しいですよ^^
18. Posted by salahi   2007年11月16日 16:39
ぴかままさん、こんにちは。

島へ行った時に作りたいな〜って思ってるんだけど、やっぱり蜂が心配です。外で何か食べてるとすぐにスズメバチが飛んで来るんですよ。
干す時はチュールのようなもので覆いをしてるのでいいんですけど、外で焼いて食べれないのは困りますよね。
19. Posted by salahi   2007年11月16日 16:50
tugukiさん、こんにちは。

おお、キッチンペーパーと新聞でもいけますか。”冷蔵庫新聞干”やら”牛乳漬け”やら、名前だけ聞くとちょっとアヤシイものみたいですよね^^;
20. Posted by カロリーナ   2007年11月16日 18:34
いつのひかにサルマーレ関連でコメントしたものです。m(__)m
お魚の干物、ギリシャでもあるんですね。
私はイカ飯スペイン版を作ろうと挑戦したら、見事に不味くなってしまいました。

イカをおろすときの気持ち悪さといったら。。。あのイカの目がこちらをにらみつけてるんですよ。
イカの生首を3つビニールへ入れて改めて気持ち悪くなりました。
イカ飯、米が硬い、味が定まらない、
グダグダでした(笑)
オリーブ添えて、にんにくで香り付けしたトマトソースで煮込んだんです。(笑)


にんにくでいためるのはスペインかな、と思って(笑)

ああ、ギリシャに行きたい。・。。。。
(スペインも行きたい)

21. Posted by pesce   2007年11月17日 02:11
干物のオレガノ風味は食べた事がないです。
天日に干す方がいいんでしょうが。
そんな暇はないので、ピッチとシートで
挑戦したいと思います!
22. Posted by salahi   2007年11月18日 18:07
カロリーナさん、こんにちは。

魚の干物、ギリシャでもいろいろあるんですよ。もっとカチカチに干したのとかもありますが、これは普通に焼いて美味しいので気に入ってます^^

地中海風のイカ飯も美味しいですよね。久しく作ってないけど、上手く分量が定まったらギリシャ風のもレシピアップしますね。
イカやタコの目、私も怖いです...。冷凍ものなら、取ってあったりするんですけど、生のを扱う時はかなり勇気が要ります^^;
23. Posted by salahi   2007年11月18日 18:20
pesceさん、こんにちは。

ピチットシートで十分美味しいですよ。天日干しは天候なども関係してきますが、ピチットなら簡単なのでおすすめです!
24. Posted by moritosh   2007年11月18日 19:25
こんばんは、
鯵の干物、作ってみました。
結構簡単に美味しく出来て驚いてます。

事後となりますが、記事中参照、トラックバックしました。
25. Posted by salahi   2007年11月19日 05:22
moritoshさん、こんにちは。

鯵で試して下さったんですね。TBありがとうございました!後でそちらにもお邪魔します。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

salahi


ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

・レシピのリンク一括表示はレシピ一覧カテゴリから。

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE

Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ