2008年12月03日

白花豆と青菜のオーブン焼き

青菜を食べようキャンペーン、実施中?!

家族に葉物を沢山食べてもらおうと、週に一度はどどーん!と青菜を使った料理を作っています。普通に茹でただけの青菜(ホルタ)は我が家では不人気なので、大抵は、みんな大好きなスパナコリゾ(ほうれん草ごはん)スパナコピタ(ほうれん草パイ)。あとは青菜と豆のサラダだったり青菜入りのレンズ豆スープなど、豆との組み合わせも結構多いです。

そんな、豆+青菜のレシピでまだ紹介してなかったこちら。

2008.12.02 gigantes me horta
Γίγαντες με χόρτα

イピロス地方の料理「ギガンデス(※)と青菜のオーブン焼き」を久々に作ったので、レシピを書いてみました。

この料理については以前ブログでも何度か触れたのですが...もう10年ほども前にヨアニナのガストラというレストランで食べて、メインの肉料理よりも気に入った料理です。あの店で出されていたものは、もしかしたらトマトは入っていなかったのかも?自分で何度か作ってみた結果、控え目にトマトペーストを加えた方が美味しく出来たので、レシピはトマト入りで書いておきます。
とっても美味しい組み合わせなので、是非お試し下さい

※日本語ではギガンテス、イーガンテスとも表記される。大きな白いんげんのような豆で、ギリシャではトマトソースでオーブン焼きにしたり煮たりするのが最もポピュラー。日本では白花豆で代用するのがいいかと思います(その為、レシピ名および記事タイトルには「白花豆」としました)。

2008.12.02 horta今回使ったホルタはゾホス(ζωχός)と呼ばれるものを主に、ほうれん草を少な目の割合でブレンドしてみました。
このゾホスというホルタ。地方によって呼び名はいろいろですが、ギリシャではよく食べられるもので、青空市場で山積みになって売られているのを見かけます。学名はSonchus oleraceus。調べてみると日本ではノゲシと呼ばれる草(又はその一種)で、その辺に生えてそうです。ちなみに似たようなものにアグリオゾホス(αγριοζοχός)という野草もあるのですが、こちらはUropermum picroidesという種類で、ちょっと調べた限りではギリシャ語以外の情報が無いことから、この国にしか生えていないのかもしれません。

見た目はゴワゴワと硬そうな感じがし、ちょっと刺があるような葉っぱなのですが(手で触れないほどではありません)、茹でると結構柔らかくなり、適度なほろ苦さがさっぱりと美味しいホルタです。
食用とするのは、トウが立ってない若いもの。地面にくっつくようにして平たく葉を広げるゾホスは、根を5mm〜1cmぐらい付けた状態で収穫されます。この根っこの部分も美味しいので、ちょっと面倒ですが綺麗に処理して全部食べてしまいましょう。ホルタの下処理の仕方はこちらの記事にも詳しく書いたのですが、まずは傷んだ葉やゴミを取り除き、こびりついた泥を浮かせる為に水に浸け置いてからよく洗います。根っこは土が付いてる部分をナイフで削り、太い場合は縦半分に切って下さい。

2008.12.02 moshari lemonato豆も青菜も大好きな私の昨日の夕食は、上の料理がメインでしたが、夫用には「仔牛肉のレモンソース(モスハリ・レモナート)」も作りました。ちなみに牛肉があまり好きではない子供には、サーモンをシンプルに焼いたもの。

あ、そう言えばこの料理のレシピもまだ載せてませんね〜。今度作った時にでも、計量してレシピを書いてみようかと思います。


豆と青菜のレシピは続きへどうぞ。
↓こちらもクリックして下さると、励みになります!
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ



白花豆と青菜のオーブン焼き(ギガンデス・メ・ホルタ)

材料:(2〜4人分)
ギガンデス又は白花豆...150g(乾燥)
青菜(ほうれん草、フダンソウなど)...正味300g
玉ねぎ...中1個
ポロ葱...小1本(又は葱2本)
ディル微塵切り...大さじ2
トマトペースト...大さじ1
オリーブオイル...大さじ3〜4
塩、胡椒
赤唐辛子フレーク(好みで)...少々

豆は一晩水に浸けて戻す。一度茹でこぼし、柔らかくなるまで茹でる(茹で汁は捨てずに取っておく)。青菜は下茹でし、ざく切りにする。玉ねぎは薄切り、葱は小口切りにする。

オーブンは180度に予熱する。

鍋にオリーブオイル大さじ1〜2と玉ねぎ、ポロ葱(普通の葱の場合は後で加える)を入れて火にかける。蓋をして蒸すような感じにし、途中何度かかき混ぜながら弱火で炒める。普通の葱を使う場合は玉ねぎがしんなりしたら加え、少し色づきかけるまで炒める。

トマトペーストを加えてオイルに馴染むまで炒め、豆の茹で汁を1/2カップ強加えてのばす。塩、胡椒、赤唐辛子フレークを加え味を濃い目に調え、火から下ろす。

豆、青菜、ディルをソースに加え混ぜ、耐熱容器(大きなキャセロールなど)にあける。

オリーブオイル大さじ2を回しかけ、オーブンに入れて50分〜1時間ほど焼く。途中、30分ぐらい焼いたところで上下を返すように混ぜる。焼き上がるまでに汁気が無くなってしまうようなら、豆の茹で汁か水を少し足す。

余分な汁気が無くなり、豆と青菜が柔らかくなったら出来上がり。

MEMO:お好みで、セモリナ粉か細かいパン粉をふりかけて焼いてもいいです。分量は、主菜としてなら2人分、野菜料理のひとつとして出すなら4人分です。レシピ分量にある豆は乾燥した状態で量った重さですが、茹でたものなら380g程度です。


にほんブログ村 トラコミュ 豆ラーさんたち、この指止まれ〜!へ
豆ラーさんたち、この指止まれ〜!



sevam_a at 18:06コメント(14)トラックバック(0)レシピ   このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by melocoton   2008年12月03日 18:41
また、限りなく私好みな^^。

キプロスでツアーに参加したときに例のフダンソウと黒目豆の煮物が出てきたんですけど、イギリス人の若者たちは、

こんなものたべられなーい

とか抜かしてました(爆)。

私一人でワッシワッシといただきました^^;。
2. Posted by salahi   2008年12月03日 19:41
meloさん、あちこちコメント放置ですみませんでした

>フダンソウと黒目豆
美味しいのにね...。うちも、次女はこういうのあまり食べてくれません。

この料理も美味しいですよ^^
本当は野草(苦くないもの)で作るのが一番ですが、ほうれん草やフダンソウでも作れます。
3. Posted by tongshin   2008年12月04日 05:23
あ〜これなら材料が全部簡単にそろいます♪
週末が楽しみです!
4. Posted by まりあ   2008年12月04日 05:24
豆は好きだ、でも近頃作ってない。
青菜とあわせるのはなかなかいけそうです。
是非作ります。
お父さんだけ、別ごはん。
うちではしょっちゅうですが・・・・・・・・
はっきり言ってめんどくさい。
salahiさん、しっかり作ってて、
偉いドス。

先日、ナスのミートボール風作って失敗してしまいましたわ。油の中でばらばらになってしまいました。
温度が低すぎたのか、水気がありすぎたのか・・・。
リベンジ企んでます。

5. Posted by salahi   2008年12月04日 13:01
tongshinさん、こんにちは。

これ、なかなかおすすめの料理です♪

八角風味の豆も、この時に作ってみたんですよ(あの本、うちにもありました^^)。
豆ばっかり食べ過ぎちゃいました...
6. Posted by salahi   2008年12月04日 13:08
まりあさん、こんにちは。

ナスのミートボール風、失敗しちゃいましたか
私が作った時にバラバラになったことはないんですが、ナスの水切りをしっかりするのがポイントかも?あと、タネが緩すぎたらパン粉を少し増やすといいです(小麦粉も、少し入れるといいかもしれません)。

別飯作るの面倒ですよね。私が合わせればいいようなものだけど、好きなものを食べたいので...。
夫の分が手抜きになってしまうことが多いので反省しています^^;
7. Posted by yokocan21   2008年12月04日 17:11
お豆さん料理が続きますね〜。嬉しい♪
この大きな豆、こちらでも時々見かけます。でも、何故に「ボンベイ・インゲン」なんて名前が付いているのか。
シンプルにトマトで煮ても美味しいんですけど、このように青菜と一緒に煮ても美味しそう!今度は、これチャレンジしてみまーす。
salahiさん家の食事は、家族それぞれに用意してるんですね。凄いなぁ。うちなんて、「文句言わせない」ですから(爆!)
8. Posted by poronliha   2008年12月04日 21:43
大好きな豆料理、しかもこの豆ちょうどうちにあるから絶対やってみます!この豆、アジアショップで購入したのですが、何て名前だろう?疑問にも思わず「あー白花豆だ!」と買ったので。他に種類があることをしらなかったです。
それにしても日本って青菜をいっぱい食べますよね。フィンにいてもなるべく食べる努力をしようと思いました。(ほうれん草くらいしかないけど・・・)
9. Posted by バンブー   2008年12月05日 10:35
はじめまして
わたし香川県小豆島に住んでいます。
最近、ギリシャ産のオリーブにハマっています。
ただ日本では。取扱している業者が少なく
選ぶことができません。
私が食べたことがあるギリシャ産のオリーブは、コルセルボーリャ種とハルキディキ種だけですが、私の好みはハルキディキ種でした。でも実際はもっと種類があってメーカーによっても味が違うと聞きます。グリーンオリーブのお勧めのメーカーや品種がありましたら教えていただけませんか?
10. Posted by salahi   2008年12月06日 18:00
yokocanさん、こんにちは。

この豆、トルコではボンベイ・インゲンって呼ばれてるんですね〜。そちらではトマト煮にするのはウズラ豆や普通の白インゲンの方が多いんでしょうか?
青菜と一緒に煮るのも美味しいですよ^^

うちもなるべく家族全員一緒にしようと思ってるんですが...どうしても私が食べたいものは譲れないので(笑)家族が好まないものだったりすると別に用意することになります。
11. Posted by salahi   2008年12月06日 18:07
poronlihaさん、こんにちは。

豆と青菜の組み合わせ、おすすめです^^

日本とギリシャの共通点のひとつに青菜類を沢山たべるということもあるんですが、これって長寿の秘訣かも?と思います。現代のギリシャではかなり不健康な食生活になってる人が多いので、こういう伝統を見直したいものです。
12. Posted by salahi   2008年12月06日 18:27
バンブーさん、はじめまして。

小豆島にお住まいなんですね。子供の頃に一度行ったことがありますが、機会があればまた訪れてみたいです^^

日本ではオリーブ自体まだマイナーですよね。ギリシャのものは特に少ないかと思いますが...やっぱりグリーンではハルキディキが一番日本人受けしそうな気がします。メーカーではXeniaのが入手しやすく、品質もいいですよ。
ギリシャオリーブの品種はかなり多いようですが、有名なもの以外は品種名が明記されていることは少なく、あまり知らないんです^^; 多分日本には入ってないけど、小さくてカリッとした食感のグリーンオリーブ(味は、少々苦味が残った感じ)も美味しいです。
ブラックオリーブでしたらスルゥンベス(タソスオリーブ)というのが気に入っています。
13. Posted by バンブー   2008年12月06日 23:51
salahi様
現地情報ありがとうございます。
Xenia調べてみました。ネットでっ調べてみただけですが、オリーブオイルは日本に入ってきているみたいですがグリーンオリーブはまだのようです。
大使館にでも聞いてみます。
ところで、ネットで調べていて出ていたギリシャのメーカらしいいのですが、
ELEONAというオリーブの会社は実際にありますか?
ご存知でしたら教えてください。
話は変わりますが、私も子供のころに一度小豆島に来たんです。
私の場合、大人になって小豆島の住むことになりましたが
ギリシャ良いですね〜。
いつか住んでみたいです。
14. Posted by salahi   2008年12月07日 15:04
バンブーさん、こんにちは。

グリーンじゃないんですが、Xeniaならカラマタオリーブの方がおすすめです。日本に入って来てるかわかりませんが、他のメーカーから出てるグリーンオリーブ(ハルキディキ種)の漬け汁にレモンやハーブの入ってるものが好きです。GREEK ARTISANSというメーカーの製品が結構気に入ってたのですが(オリーブやオリーブオイルに限らず)ここ数年は見かけなくなりました。

ELEONAは知らないブランドだったのでサイトを見てみました。こちらのスーパーでは見かけない気がしますが、主に北米やヨーロッパで販売されてるようですね。

ギリシャは住むには結構大変だったりしますが、長期滞在おすすめです!いつか機会があれば、是非いらして下さい^^

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

salahi


ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

・レシピのリンク一括表示はレシピ一覧カテゴリから。

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE

Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ