2010年07月16日

冷たいボルシチ、もうひとつ

茹でビーツが1個だけ余ってたので、冷たいボルシチをもうひとつ。

2010.07.16 cold borscht

ロシアやその周辺国の定番スープであるボルシチにはいろいろなバリエーションがあるらしく、夏ヴァージョンの冷たいボルシチも地域や料理人によってさまざまな作り方があるようです。
前回の記事のコメント欄で“ビーツを皮ごと茹で、その茹で汁に細長くすりおろしたビーツを戻して作る方法”のに触れていたら、こちらも久々に作ってみたくなったのでした。

茎の付け根など、ちゃんと綺麗に洗えないビーツの茹で汁を使うのに抵抗のある私は以下のような作り方。


1)ビーツはよく洗って、ヘタや根を落とさず皮付きのまま茹でるかホイルに包んでオーブン焼きにする。

2)皮を剥いて、西洋おろし金(チーズおろし)の粗い目ですりおろす。これに水を適量加え、レモン汁、塩、砂糖で酸っぱめに味付けする。よく冷えて味が馴染むまで数時間冷蔵庫に入れる。

3)好みの具(茹でたじゃがいも、茹で卵、きゅうり、ラディッシュ、葱など)を器に入れ、2を注ぐ。ディルを散らし、サワークリームか軽く水切りしたヨーグルトをトッピングする。

※私は冷たいスープに温かいじゃがいもの組み合わせが好きなので、完成品写真では茹でじゃがを別皿で待機させてあります。


生のビーツをすりおろして煮る方法もあるのですが、これはビーツの色や味が抜けきってしまうので私的にはNG。上の方法ならビーツもスープも美味しく食べられます。

ただ水を加えるだけのスープって抵抗があるかもしれませんが、これだけでもさっぱり美味しいので是非お試しを♪
暑い日にぴったりです



ギリシャ料理じゃない時も…
ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

sevam_a at 18:10コメント(24)トラックバック(0)料理・食べ物について   このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 楽子   2010年07月16日 19:20
わぁ〜こちらも↓のスープもどちらも美味しそう♪♪
私も暑くて暑くてやる気も体力も減退気味なので、こんな冷たいスープ食べたい!!
どちらも具にバリエーションをもたせることが出来て、具沢山にすれば食べるスープになりそうだし、ホントいいですね。
缶詰のビーツでも何とかできないものかしら。

2. Posted by 越後屋   2010年07月16日 19:25
実は冷たいボルシチまだ見たこと無いです本物(笑)
村では冷たいスープというと基本的にオクローシュカなのと、わが家の場合連れ合いが摘めたいスープが得意では無いというのもあってなかなか作る機会が無い感じ。
これボルシチとしてはかなりあっさりしていてかつ綺麗ですね。salahiさんはお砂糖を使うレシピで作られるのですねー。

ビーツ女性に良い成分が多いとかで妊婦さんは毎日食べるように言われることもあるみたいだからいろいろなバージョンで楽しむのって良いですよね。
3. Posted by salahi   2010年07月16日 20:53
楽子さん、こんにちは。

じゃがいもや茹で卵も入るので、これだけで軽い食事になるスープです^^

冷たいボルシチのレシピを調べてみたら、ビーツジュースで手軽に作るのもあったので缶詰でもいけそうな気がします。
4. Posted by salahi   2010年07月16日 21:00
越後屋さん、こんにちは。

ビーツって鉄分も豊富なんですよね。
貧血体質なので、意識して摂るようにしてます^^
ちなみにこちらはビーツと言うと葉付きのばかりで調理が面倒だったんですが(本体よりも葉の方がすごく量が多いし)、最近は根の部分だけのもよく売ってるので買いやすくなりました。

冷たいボルシチ、そちらではあまり無いんですね。
アメリカでは結構甘い味付けのも多いみたいなんですが、私は酸味の角を取る程度(レモンを多目に入れてるので)に砂糖を加えています。
5. Posted by タヌ子   2010年07月16日 23:04
ビーツを使ったスープは良く作るけれど、こんなにピュアなスープは試したことありませんでした。
綺麗な色ですね!
ちょっと酸っぱめのスープ、暑い日に食べてみたいけれど、既に夏は終わってしまったようなノルマンディです…
太陽の復活を待つのみ。
6. Posted by tuguki   2010年07月17日 13:32
こちらのバージョンも美味しそう〜〜!
透明感が、いっそう涼やかですね。

昨日から急に暑くなったんで、ビーツとグリークヨーグルト買ってきます。
7. Posted by salahi   2010年07月17日 14:29
タヌ子さん、こんにちは。

ストックも何も入ってないスープですが、さっぱりして夏にぴったりの味ですよ^^
しばらくは猛暑が続きそうなギリシャなので、この暑さを少しそちらに分けたいです……ノルマンディにも夏が戻ってきますように!
8. Posted by salahi   2010年07月17日 15:22
tugukiさん、こんにちは。

これ、さっぱりしてていいですよ♪

ただ、男性受けは悪そうですが……。
うちでは専ら私の一人ご飯用です。
9. Posted by まりあ   2010年07月18日 01:30
わたしの中の、「ボルシチ」のイメージ(ただ、ひたすら煮込む)が思いっきりひっくり返りました。
こちらも、例年になく猛暑が続いております。
これは週明け、マーケットで、ビーツが手に入り次第、絶対試します1
10. Posted by poronliha   2010年07月18日 03:27
冷たいボルシチなんてあるんですね。フィンってロシアの影響受けてるものが多いのですが、料理はむしろスウェーデンの方が似てると思います。なので、ボルシチを家庭で作るってのはあんまりないと思います。でもビーツはオーブンで焼いたものとか、やっぱりよく使う野菜です。

せっかくビーツが安い国にいるのだから、ビーツを使って・・・っていつも思うのですが、なかなか手が出ません。でも下のスープがすごくおいしそうなので、暑さが終わらないうちに作ってみたいと思います。
11. Posted by salahi   2010年07月18日 17:45
まりあさん、こんにちは。

ボルシチというと、やはりクラシックなウクライナ風(肉入りで、じっくり煮込んだもの)が有名ですが、いろんな種類があるみたいです。ポーランド(?)かどこかのは、赤い汁だけみたいなサラッとしたタイプだったり。

この冷たいボルシチはさっぱりしてて夏にぴったりですよ♪
12. Posted by salahi   2010年07月18日 17:50
poronlihaさん、こんにちは。

ボルシチはギリシャでも外国の料理なので、あまり家庭では作らないです。黒海付近から引き揚げてきたポンティアックの人たちは作るのかな〜?とも思いますが。

冷たいスープ、さっぱりしてなかなかいいです。
夏のうちに是非♪
13. Posted by GG FARM   2010年07月18日 20:54
見つめるだけでトキメクボルシチですね!
ビーツ嫌いのちびっ子達もきっと
革命が起こるでしょうね!
いつも素敵なセンスにうっとりです。

葉っぱなどのおいしい食べ方もあったら
教えて欲しいです。
うちの夏ビーツは根より葉が元気でして・・・
14. Posted by tuguki   2010年07月19日 14:26
作りましたよ〜〜、冷たいボルシチ。
きゅうりと蒸し焼き卵をトッピングしたんですが、思った以上に爽やかで、ビーツのうまみの際立つ味でした。
(思ったとおり、夫のウケはイマイチでしたが、まぁ、その辺は...無視、無視。)

でも、ズッキーニのパイは...小麦粉が足りなくって作れなかった...。
15. Posted by ポプラ   2010年07月19日 15:10
冷たいスープ2種、美味しそうです!
かなり前のことなんですが、雑誌にある料理研究家の冷たいボルシチというのが載っていたんですが、ずっとその方の創作だと思っていました。
でも、ロシアにこういう料理がちゃんとあるんですね〜。

ズッキーニのパイ、作ってみました。
ミントがさわやかで美味しかったです^^
どうもごちそうさまでした!
16. Posted by salahi   2010年07月19日 16:10
GG FARMさん、こんにちは。

ビーツってギリシャでは葉ごと束ねられて売ってることがほとんどで、やはり根より葉の方が多いです。
こちらでは、葉っぱは茹でて根の部分に添えられるのですが、味付けは塩、ワインビネガー、ニンニク、オリーブオイルとシンプル。また、スコルダリァというニンニク風味のディップを添えるのも定番です。
フダンソウ(スイスチャード)と同じように癖の無い青菜として使えるけど、ビーツは葉も赤い色が出るので見た目的に使用法が限られてしまいますね。大きめの葉は挽き肉や米のフィリングを包んで煮て、ヨーグルトソースを添える料理などに使うのもおすすめです。
17. Posted by salahi   2010年07月19日 16:19
tugukiさん、試して下さってありがとうございます♪

ビーツ自体好き嫌いが分かれるし、どちらかと言うと女性向きですよね^^

ズッキーニのパイ、重ねてのばす方法だと片栗粉又はコーンスターチも結構使います。
18. Posted by salahi   2010年07月19日 16:22
ポプラさん、こんにちは。

伝統的なウクライナ料理なのかは知りませんが、冷たいボルシチってあるみたいです。
ロシア辺りはあまり暑くならないイメージがあるのだけど、結構冷たいスープがいろいろあるんですよね(クワスを使ったのとか)。

ズッキーニのパイ、試して下さってありがとうございます!
19. Posted by 越後屋   2010年07月20日 17:50
ロシアでは村では砂糖派とレモン(酸味)派に分かれるのでついつい確認してしまいました(笑)どちらかを入れるまたは両方居れるのがビーツの色が退色するのは防ぐ(私的には遅らせるだけだと思うけど)という意味で使われているんです。

ビーツの葉付きなのが私は羨ましいですよ〜。ロシアの伝統的なスープのなかにビーツの葉を使うものが有るのに作れないんですもの(笑)冷たい夏向きの魚スープに入っていて試したいと思っているのですが。

ロシア、意外に夏にかなり暑くなる地域があるのと村のように5、6月煖房で夏より暑いという地域があるので冷たいスープは種類多いですよねー。こちらに来てへ〜って思いました。
20. Posted by セシリア   2010年07月21日 13:15
このボルシチも、前回の記事の冷たいポタージュも、とても美味しそうだし、食べてみたい!ただ、ただなんですよ、日本だと、なかなかビーツが売ってないんですよねぇ。これから、外出するので、いつもと違うお店で、ビーツ缶探してみようっと。「こぐれひでこのごはん日記」だったか「おいしい画帳」で、ビーツのソースが紹介されてました。それも試して見たかったので、ナイスタイミングでした!
21. Posted by salahi   2010年07月21日 15:39
越後屋さん、こんにちは。

>砂糖派とレモン(酸味)派
レモンを入れない場合もあるんですね(?)
私は砂糖は入れても入れなくても…って思うんですが、酸味はあった方が好きです。

ギリシャではビーツって大きな束で売られてることがほとんどで、根の部分は小さくて葉っぱばかりがワサワサと茂ってるので持て余してしまうんです。葉っぱが欲しい人からすると贅沢な悩みですね^^;
ビーツの葉を使った冷たい魚スープ、気になります!
22. Posted by salahi   2010年07月21日 15:56
セシリアさん、こんにちは。

ビーツって、確かに日本ではなかなか売ってないですね。どぎつい色と少し泥臭い味で好き嫌いが分かれる野菜なので、一般的になるのは難しそうだし…。
高級系のスーパーなんかでは結構置いてあるように思いますが。
ソースも美味しそうですね♪
23. Posted by 越後屋   2010年07月21日 17:02
わたしもビーツの間引き菜があるうちに作りたいのですが、今日肌寒いぐらいの気温のうえ冷たい雨で冷たいスープの気分では無くなってしまいました。
でも近々作りたいと思います。
24. Posted by salahi   2010年07月22日 08:19
越後屋さん、スープ楽しみにしてます!
そちらもまた暖かくなりますように♪

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

salahi


ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

・レシピのリンク一括表示はレシピ一覧カテゴリから。

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE

Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ