2010年11月18日

ざくろとマルメロの秋冬サラダ/塩鱈ときのこの葡萄の葉&紙包み焼き

ずっと前にスペインのmaerillaさんのところで見たマルメロジャムのせサラダがとっても美味しそうで、「次回マルメロペーストを作ったらやってみよう」と狙ってたのですが、材料が揃わなかったのでギリシャ風にしてみました。

2010.11.11 salad

サラダ用の葉っぱ類にミジスラ(リコッタのようなチーズ)などのフレッシュ系チーズをのせ、バルサミコの甘いドレッシングをかけたサラダはモダングリークレストランでよく見かけるもの。この基本形にトマトなど他の野菜、サンファイア(クリタモやアルミリスレス。海辺に生える植物)やケイパーなどピクルス類などトッピングしたバリエーションがあります。

こういうのは昔はあまりレストランで見かけなかったタイプのサラダなので最近の流行りなんでしょうけど、特に今回作ったのなんて古代ギリシャの時代から食べられていた食材ばかりのような?その頃の食は詳しく調べたことがないので本当にあったかは知りませんが、ドレッシングも古代の調味料“オクシメリ”を使っているので、密かに“古代ギリシャサラダ”と呼んでいます^^

特に秋から冬にかけて作るサラダは、ルビーのようなざくろの実を散りばめたのがお気に入り。見た目にも美しいし、ざくろのフルーティーな味がこのタイプのサラダにぴったりなんです。ざくろの実は単品で食べるより、こういう風に料理の一部として食べた方が種も気にならないんですよ。
ざくろ、マルメロペースト、オクシメリと少し甘めの組み合わせですが、ほろ苦いルッコラ、まろやかなフレッシュチーズ、香ばしいごまなどが複雑に絡み合った味がたまりません♪


サラダと組み合わせたもう一品は、こちらも伝統食材の干し塩鱈&葡萄の葉の料理。

2010.11.09 salt cod in vine leaves

干し塩鱈と葡萄の葉という組み合わせはペロポネソス半島辺りで作られる“干し塩鱈のドルマデス”があるのですが、こちらは以前作ったらあまり好みではなかったので別のアプローチにしてみました(ドルマデスも、美味しいのができたらいつか載せます)。

母がたまに作ってた鱈のホイル焼きと同じような材料に葡萄の葉をプラスしただけなんですが、ギリシャっぽく美味しい仕上がりになりました。ただ、完成品は見た目があまりフォトジェニックではなかったので焼く前の写真だけ……。

サラダと鱈の料理レシピは、簡単にですが追記に載せておきます。

ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ



ざくろとマルメロペーストトッピングのギリシャ風サラダ

材料:
ロメインレタス、ルッコラなどサラダ用葉野菜
フェタチーズ又はリコッタかカッテージチーズ
ざくろ
キドノパスト(マルメロペースト)
煎りごま
塩(チーズの塩気によっては無くてもOK)
オクシメリ又はバルサミコ
オリーブオイル

レタス類は洗ってサラダスピナーでしっかり水気を切っておく。フェタチーズを使う場合、塩気が強かったりパサパサのタイプなら牛乳に浸けて塩抜きしておく(このプロセスは好みでどうぞ)。

ざくろは皮に切り目を入れてそっと割り、実を取り出す。キドノパストは小さく切る。

塩、オクシメリ又はバルサミコ、オリーブオイルを混ぜ合わせドレッシングを作る。

食べやすい大きさにちぎるかざく切りにしたレタス類を器に盛り、チーズ、ざくろの実、キドノパストをトッピングして煎りごまをパラパラ散らす。ドレッシングを適量回しかけて出来上がり。

MEMO:ドレッシングに使ってるオクシメリは結構甘めで、クレマ・ディ・バルサミコ(バルサミコクリーム)が近いような気がしますが、普通のバルサミコに蜂蜜を少し加えてもいいです。

【関連商品】
オクシメリ(はちみつ酢):ギリシャこだわりの店・ノスティミアのネットショップより

【関連レシピ】
ザクロペティメジのドレッシング:ざくろの汁はそのままでドレッシングに使ってもいいですが、煮詰めるとさらに色鮮やかで濃厚な風味が楽しめます。ここではチキンと合わせたサラダをご紹介。
エビとザクロのサラダ:ザクロペティメジのドレッシングを使ったバリエーション。エビとの相性も抜群です。クリスマスの料理にもおすすめ。


塩鱈ときのこの葡萄の葉&紙包み焼き

材料:
干し塩鱈又は甘塩鱈
好みのきのこ(今回はヒラタケを使用)
レモンスライス
胡椒
オリーブオイル
葡萄の葉...1人分につき3枚ほど

干し塩鱈は1人分ずつの切り身にし、皮を剥いて(皮付きが好みならそのまま)丸1日〜それ以上水に浸けて塩抜きする。途中、数回水を換える。食べやすいよう、鱈の骨は取り除く。

オーブンは200度に予熱する。

オーブンシート(オーブン用ペーパー)を適当な大きさに切り、真ん中に葡萄の葉を敷く。鱈、きのこ、レモンスライスをのせ、胡椒を挽きかけオリーブオイルを垂らす。

葡萄の葉をかぶせるようにして包み、オーブンシートを寄せて包む。

オーブンに入れ、火が通るまで10〜15分焼く。


別バージョン:鱈はフライパンで軽く焼いておくと汁気が出すぎず焼き上がりの見た目が良くなる気がします(ただ、そのまま包み焼きにした方があっさり仕上がりますが)。また、切り身そのままでなく一口大に切ってもいいです。

【関連レシピ】
豚肉と葡萄の葉の紙包み焼き:クレフティコ(山賊風・肉の包み焼き)のバリエーション。豚肉を野菜やチーズと合わせ、葡萄の葉と紙に包んでじっくり焼き上げた一品です。

sevam_a at 18:06コメント(15)トラックバック(0)レシピ   このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by poronliha   2010年11月18日 21:00
甘みのあるサラダって秋や冬に合うと思うます。クリスマスとかでもこういうサラダがあると彩りもよくていいかも。
ざくろおいしいですよね。最近うちではザクロシロップにはまっていて、炭酸水で割って飲んでます。料理にも使いたいのですが、まだ一度もやってません。(笑)

干し塩鱈と葡萄の葉もおいしそうですね。タラにぶどうの葉の風味っていいアクセントかも。

下のプリンの話、おもしろかったです。食べ比べって物によっては大変ですよね。ギリシャのプリン、すごく甘そうなイメージです。でもプリンがあるのはちょっと意外だったかも。フィンにはカスタードクリームみたいなのはあっても、プリンみたいなプルプルしてるのはないんですよ。絶対みんな好きだと思うんだけどな・・・
2. Posted by cosdina   2010年11月18日 23:04
う〜ん、このサラダも
作ってみたい!!!
昨日のライキでマルメロを発見して、
今日マルメロと豚肉の煮込みを
作りました^^
文中リンクさせていただきたいのですが、
よろしいでしょうか?
3. Posted by melocoton   2010年11月19日 01:12
ああ、マルメロのシロップ煮、使い切っちゃった〜。

これ、とてつもなくおいしそうです!!!!

鱈とブドウの葉って初めて見た組み合わせかも。

やってみたいです!!!
4. Posted by タヌ子   2010年11月19日 02:26
あの固いマルメロをどうやってサラダに?と思ったら、ペースト使用なんですね。
納得。
ザクロって本当にキラキラしてて綺麗ですよね。
お肉と煮込んでも美味しいけど、サラダにするとフレッシュな味わいが保てて元気になる気がします。
持て余してる葡萄の葉、こういう使い方もあるんですね。
葡萄の葉の香りでお魚の匂いもカバーされそう。
5. Posted by salahi   2010年11月19日 14:08
poronlihaさん、こんにちは。

そういえば、サラダに限らず秋冬って甘味のある料理が合いますよね。
ザクロの粒を散らすと華やかになるので、うちでは特にクリスマスや新年のサラダはこれにすることが多いです。

ザクロシロップも美味しいですね♪
料理だと、melocotonさんが紹介されてた肉用のマリネをよく作ってますが、すごく簡単で美味しいのでおすすめです!

プリンはフランスから入ってきたんだと思います。
70年代ぐらいに(?)プリンとかスフレが流行ったんでしょうね。今ではクラシックなデザートとして定着してます。
6. Posted by salahi   2010年11月19日 14:21
cosdinaさん、こんにちは。

マルメロ売ってたんですね〜♪
文中リンクありがとうございます!

サラダ、美味しいですよ。
うちではみんなこの系統食べないから、私一人で楽しんでますが^^;
7. Posted by salahi   2010年11月19日 15:50
meloさん、こんにちは。

このサラダおすすめですよ〜。
ゴマがちょっと変わってるかな?って思うんですが、これがなかなかいいアクセントになります♪

葡萄の葉とシーフード、なかなか合います。
イワシやシコイワシの葡萄の葉包みもですが、鱈も美味しいですよ。
瓶詰めの葉っぱだと硬いので、柔らかく茹でてから使うといいです。
8. Posted by salahi   2010年11月19日 15:56
タヌ子さん、こんにちは。

タイトルが長くなるので、ちょっと省略してしまいました^^;
ザクロの煮込み系もいいですね。久々に作ってみようかな?

葡萄の葉、ちょっと余ったらこういう包み焼きにするといいですよ♪
9. Posted by tuguki   2010年11月20日 15:23
ざくろって、こういう使い方もあるんですね〜〜!
今 “冷凍ざくろ” が、ちょっとしたマイブームで、フリーザーには常にざくろが...。
今度、サラダに使ってみます。

葡萄の葉で包み焼きってのも...いいな〜〜!
10. Posted by salahi   2010年11月21日 02:18
tugukiさん、こんにちは。

冷凍ざくろ、tugukiさんがどうやって使ってるのか気になります。
まだブログには登場してませんでしたよね?毎日チェックしてるはずなんですが、もし見逃してたらすみません……

葡萄の葉の包み焼き、なかなかおすすめです^^

11. Posted by まりあ   2010年11月21日 02:22
宝石箱のようなサラダですね。ザクロ手に入り次第、真似させてもらおうっと。
12. Posted by tuguki   2010年11月21日 14:14
アテクシ流冷凍ざくろの使い方は...。
冷凍庫を開けるたびに、数粒ずつ口にほうり込んでガリガリ...です。  (これじゃ、いくらなんでも、ブログネタにはなりません...。)

あっ、でも。
この間、ちょっとした発見があったんで、そのうち、それがらみでざくろねたをご紹介できるかも...。
13. Posted by hands   2010年11月21日 17:04
Salahi さん、この古代と現代ともどちらともいえるようなサラダ(笑)、見た目もきれいでお味も珍しそうですね〜!オクシメリ、他にも色々と使えそうですね!

葡萄の葉もグリーク・タウン(彼はシカゴ在住です)に行かなくても、ヨーロッパ系のグロサリーストアにあるのでは、と思っているのですが、早く見つけておいてもらい、この組み合わせで作ってみたいです。フォトジェニックでなかったという仕上がりも気になるところ;-)

それにしても、Salahiさんのお料理の引き出しってすごいと毎回感心です。まだ引きずっていますが、プッチンプリンのお話、皆様のコメントも含めてとっても楽しませて頂きました。それにしても、プッチンしなくてもでてくるって、今でもクスッとわらっています。
14. Posted by salahi   2010年11月22日 16:42
tugukiさん、再びありがとうございます^^

そのままガリガリもいいですね〜。
冷凍グリーンピースとかも、そのまま食べるの好きです♪

「ちょっとした発見」、楽しみにしてます!
15. Posted by salahi   2010年11月22日 16:48
handsさん、こんにちは。

このサラダ、甘酸っぱい複雑な味が好きならおすすめです♪

葡萄の葉も早く入手できますように^^
瓶詰めやパックのって結構沢山入ってるので、いろいろ楽しめますね〜。

プリンの話、メヴガルに全て美味しいとこ持って行かれたという感じです^^;

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

salahi


ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

・レシピのリンク一括表示はレシピ一覧カテゴリから。

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE

Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ