2010年12月01日

焼きマルメロ / 豚肉とザワークラウトの煮込み

焼きりんごならぬ、焼きマルメロ。
マルメロの旬である秋から冬にかけてはタベルナでもよく見られる定番デザートです。

2010.11.13 kythoni psito

生のままでも美味しく食べられるりんごとは違い、マルメロは硬く酸味も強いので砂糖多めでじっくりと焼き上げます。

この砂糖の量はお好みで加減できるのですが、たっぷり目に加えても全部焼きマルメロと一緒に食べなければいけないわけではないのでご心配なく。トロトロのシロップ又はジェリー状(溶け出すペクチンの量によって)になった焼き汁は、余ったらヨーグルトにかけたり紅茶やハーブティーに入れたりして使うことができます。

まったりとした食感に焼き上がったマルメロはシンプルながら美味しいもの。このデザートが大好きな娘のお気に入りの食べ方は、さらにシナモンパウダーをたっぷりふりかけて。
ギリシャではホイップクリームを添えて出されることも多いですが、私はそのまま食べる他、ギリシャヨーグルトと一緒に食べたりプレーンなケーキとアイスクリームを添えたりするのが好きです。


2010.11.13 hirino me lahano toursi

そして、ついでに載せてしまうもう一品は豚肉とザワークラウトの煮込み。
ギリシャでも北の方では主に丸ごとキャベツでザワークラウトのような漬物がよく作られるのですが、今回のこれはお手軽に瓶詰めザワークラウトで作りました。

以前載せたレシピからトマトペーストを抜いたもので、白っぽい仕上がりです。夫は「ドイツ料理?」とか言ってましたが、まあこの手の煮込みはザワークラウトを食べる国・地域では普通にありますよね^^;


焼きマルメロのレシピは続きへどうぞ。

ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ




焼きマルメロ(キドニ・プシト)

材料:(4人分)
マルメロ...大1個又は小2個
グラニュー糖...大さじ3~4
水...約3/4カップ
クローブ...2~4個
シナモンスティック...1/3本

オーブンは200度に予熱する。
マルメロはよく洗い、縦4つに切って芯を切り落とす(小さいマルメロなら半分に切って芯をくり抜いてもいい)。

芯は花の付いてた跡など汚い部分を除き、分量の水で数分煮てペクチンを抽出する。これは電子レンジでやってもいいし、面倒ならただの水を使ってもOK。

大体丁度収まるぐらいの大きさの耐熱容器にマルメロの切り口を下にして並べ、砂糖をふりかける。芯を煮た水を漉して回しかけ、クローブとシナモンも入れてアルミホイルなどで蓋をしてオーブンに入れる。

5~10分ぐらいして煮えてきたら温度を160度ぐらいに下げ、45分~1時間焼く。マルメロをひっくり返して煮汁を回しかけ、蓋をせずに190度でさらに20~30分ぐらい焼く。この時、煮汁がなくなりそうなら熱湯を適量足す。出来上がりは少しトロリとしたシロップが残る状態。

まだ温かいうちでも、冷やして食べてもいい。好みでギリシャヨーグルト、アイスクリーム、ホイップクリームなどを添えてどうぞ。


MEMO:マルメロ1切れにつきクローブ1個を刺して焼くのがスタンダードですが、スパイスの量は好みで加減して下さい。別に焼いておいたタルト生地やパイ生地にのせて、手抜きバージョンのタルトタタン風にしても美味しいです。


【関連レシピ】
マルメロペースト(キドノパスト)
マルメロのシロップ煮(キドニ・グリコ)
マルメロと豚肉の煮込み(ヒリノ・メ・キドニァ)
マルメロポークロール・オクシメリグレーズ(分量なし)


sevam_a at 18:52コメント(32)トラックバック(1)レシピ | おすすめ食品・食材  このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 駆け込みマルメロづくし  [ フランス暮らしとおいしいものたち ]   2011年01月25日 23:51
秋の終わりごろから出ていたマルメロ。 もうほとんど終わってしまったので、季節はずれなのは百も承知で^^; 出初めから、好い香りにつられてつい買ってしまう・・・というの ...

コメント一覧

1. Posted by ぴかまま   2010年12月01日 19:06
うわぁ、これ在独当時にやればよかった・・・超うまそうです。
2. Posted by ポプラ   2010年12月01日 20:11
うひょ〜超美味しそう!
マルメロ、デザートにするつもりで買ってあるんだけど、こっちを先にやっちゃおうかな
3. Posted by hands   2010年12月01日 21:57
両方とも超おいしそうで食べたい〜。最初の写真、添えたのはヨーグルト?ホイップ?ですか?この調理の方法で食感はどんな感じですか〜?焼きりんご?または梨みたいなんでしょうか。。Salahiさんのご家族は幸せですねぇ。
4. Posted by 越後屋   2010年12月02日 00:25
ああ、やっぱり美味しそうです。
こういうシンプルなもの良いですね。クローブってクリスマスの香の一つだから12月に入って食べるの良いかも。

漬け物キャベツと豚肉の煮込み、こちらでも作ります。美味しいですね。
5. Posted by タヌ子   2010年12月02日 02:04
焼きマルメロ、美味しそうですね。
マルメロまだあるかしら?
明日雪が降らなかったら市場に探しに行ってきます。
酢キャベツ、よく鶏の腿肉と一緒に煮込んでますが、豚肉の方が合いそうですね。
次回は豚肉と煮てみよう。
6. Posted by ポメマル   2010年12月02日 10:13
久しぶりにお邪魔しました。
焼きマルメロが美味しそう。
日本ではマルメロはまだ出回ってないのでまた取り寄せたくなってしまいました。

でもまだあるのかしら??
7. Posted by サスピ   2010年12月02日 17:40
焼きマルメロって、なぜかスペインでは食されてません〜
だからちょっと迷いがあったんですが、きっと出来るだろうなぁって前から思ってたんです。
ああ、やっぱり出来るんだ!
そして美味しそう♪
あらかじめ二つ割りにしてからオーブンに入れたほうがいいのかしら?

8. Posted by サスピ   2010年12月02日 17:43
失礼!レシピ出てましたね。
いつもおっちょこちょいでスミマセン
9. Posted by yokocan21   2010年12月02日 18:54
トルコでは、砂糖たっぷりシロップで煮るんですけど、オーブンで焼いても美味しそうです。そうそう、クローブやシナモンは欠かせませんよね。
マルメロって、生では食べられたもんじゃないけれど、熱を加えると、何であんなに美味しくなるんでしょうね〜。
10. Posted by salahi   2010年12月02日 19:11
ぴかままさん、こんにちは。

日本でも機会があればお試し下さい♪
11. Posted by salahi   2010年12月02日 19:18
ポプラさん、こんにちは。

そちらのお菓子記事、堪能しました^^
丁度ロールケーキ食べたい気分なのでまず反応、側面生地無しのバナナタルトも美しいですね~!
マルメロのデザートもポプラさんならどんなのを作るのか気になりまくりです……(私はこういう簡単なのばかりだけど
12. Posted by salahi   2010年12月02日 19:21
handsさん、こんにちは。

マルメロに添えてあるのはTotalのギリシャヨーグルトですよ♪
マルメロは梨よりもりんごに近い味ですが、独特の香りがあり、こんな風に焼いたり煮たりするとまったりとした食感に仕上がります。
13. Posted by salahi   2010年12月02日 19:29
越後屋さん、こんにちは。

確かにこの時期にクローブってクリスマス気分ですね♪

漬物キャベツと豚肉、やはりそちらにもありますか~。
ギリシャでは全国的に見ると普通のキャベツで作ることが多いですが、夫は漬物のに限り食べられるようです。
14. Posted by salahi   2010年12月02日 19:32
タヌ子さん、こんにちは。

ギリシャだとマルメロって春先ぐらいまで売ってたりしますが、そちらはシーズン短めでしょうか。

キャベツの漬物と鶏肉もスタンダードな組み合わせだけど、煮込みだと豚が一番好きなので、結局いつも豚にしちゃいます^^;
15. Posted by salahi   2010年12月02日 19:44
ポメマルさん、お久し振りです♪

今年はペーストも作ったし結構よくマルメロを食べてます。
焼いたのも美味しいですよ^^
16. Posted by salahi   2010年12月02日 19:49
サスピさん、こんにちは。

焼きマルメロ、美味しいですよ。バリエーションとして、詰め物をしてもいいです。
写真のは小さいので二つ割りにしましたが、四つ割りの方が芯を取るのが包丁で出来るので楽ですよ♪

ちなみに丸ごとのマルメロをくりぬいて米や挽肉などを詰めた料理もあるんですが、それにはまだ挑戦する気になれません^^;
17. Posted by salahi   2010年12月02日 19:54
yokocanさん、こんにちは。

ギリシャでもシロップ煮はよく作りますが(レシピの下のリンク)そちらは小さく切って煮る分ちょっと手間ですね。
焼きマルメロはシロップ煮と比べて甘さ控えめだし、子供のおやつにもよく作ってます♪
18. Posted by tuguki   2010年12月03日 15:06
マルメロって “焼く” って言う選択肢もありなんですね...。
これ、ちょっと興味あり。

そうだ!
豚肉と煮ようと思って栗を買ってあるのを思い出しました。
これは、今週末のお楽しみ〜〜!
19. Posted by melocoton   2010年12月03日 19:25
おほほ、焼きマルメロ、ウゼリのデザートで出てきましたよー!!! おいしかった^^。

ザワークラウトも市場で売られているの見かけました! 豚肉との煮込み、ソーセージもあわせたり、おいしいですよねー!!!
20. Posted by salahi   2010年12月04日 04:53
tugukiさん、こんにちは。

焼きマルメロ、なかなか美味しいですよ。
甘さはお好みで調節できますが、マルメロは酸味が結構あるので砂糖は控えすぎない方がいいです。
21. Posted by salahi   2010年12月04日 06:19
meloさん、お帰りなさいませ♪

をを、ギリシャで焼きマルメロ食べられましたか!
こういうフルーツのデザートは軽くていいですよね♪

豚や豚加工品とザワークラウトはすごく美味しい組み合わせですよね^^
22. Posted by 「ブルガリア研究室」室長   2010年12月04日 10:58
初めてコメント投稿させていただきます。
まず、ギリシャの新酒飲んでみたいです。

豚肉とザウアークラウト、ブルで食べたことがあります。ブルガリアでは、11月になると、各家庭で、大きなポリタンク(ビドン)に丸ごとのキャベツを10個ほども入れ、塩漬けにします。これが発酵すると、キーセロ・ゼーレとなります。キーセロ・ゼーレは、発酵したら逐次取り出して、包丁で切って、適当な大きさにして食べるのですが、塩分が強すぎる場合は、洗面器に水を入れて、そこに入れ、塩抜きをします。この塩抜きしたキーセロ・ゼーレは、鰹節をかけ、少し醤油を垂らして食べると、和風味でおいしい。

 この料理のように、豚肉の脂と暖められて酸味が更に増加したキーセロ・ゼーレも、相性が良くて、酸っぱい豚肉が楽しめるし、ゼーレも益々おいしい!

 カリンは、日本でも、長野産などが出ることもあり、小生はカリン酒を何時も作ってきたけど、こういう風に焼いて食べられるんだーと、びっくりです。ブルガリア・ヨーグルトとも合いそうですね。バルカンでは、確かに、砂糖を使うことを恐れてはならないですね!おいしいものは皆、脳天を突くほど甘ーいものが多いから!
23. Posted by salahi   2010年12月04日 20:00
「ブルガリア研究室」室長さん、はじめまして。コメントありがとうございました。

北ギリシャではキャベツの漬け物をよく作りますが、ブルガリアのと同じような感じです。バルカンの文化で、結構いろいろ繋がってますよね。
和風味では試したことがありませんが、美味しそう。

日本ではマルメロもカリンと呼ばれることがあるようですが、カリン酒に使われたのは本当のカリンでしょうか?こちらで見るのはマルメロばかりなのですが、料理やお菓子に使うにはマルメロの方が酸味が少なく適しているみたいです。
24. Posted by 「ブルガリア研究室」室長   2010年12月06日 10:21
salahiさん、
 マルメロは、ブルではデューリャ=dyulya(複数形でdyuli)と呼ばれます。日本では、長野県で、(西洋)カリンとして生産されていて、デューリと同じことを確認しています。生では、硬くて食べてもおいしくないから、日本では専らカリン酒を作る。なお、中国でもあるから、日本には中国から入った可能性もある。
 小生、ブルでもカリン酒を作ったことがあります。丸ごとではなく、幾つかに細かく切って、ブルでなら、ラキーヤとかウォトカで漬けておくと、半年以上経過すれば、おいしい果実酒になります。もっとも、ワインのおいしい国で、果実酒などは、余り必要性がないけど。
25. Posted by 「ブルガリア研究室」室長   2010年12月06日 11:01
salahiさん、また少し追加をさせてください。
 キーセロ・ゼーレ(訳:酸っぱいキャベツ)は、ザウアー・クラウトとやはり少し味が違い、より日本人好みの漬け物の味に近いです。

 豚肉よりも、スラニーナというブルの冬の味=豚の脂肪を塩漬け保存した食品(ロシアでは、サーラと呼ばれる)とキーセロ・ゼーレをフライパンで炒めたものの方が、冬期によく食べられます。酸っぱさと、塩味が適度に混ざり、慣れるとおいしいです!
26. Posted by salahi   2010年12月06日 18:37
「ブルガリア研究室」室長さん、詳しい説明ありがとうございました。

長野の“カリン”はマルメロなんですね。
私もこちらでウォッカを使ってマルメロ酒を作ったことがありますが、ブログ仲間のところで見て作ってみたマルメロブランデーが特に気に入りました。作り方は、大きく切ったマルメロ、シナモンスティック、スターアニスをブランデーに漬けておくだけです。

キャベツの漬物、国によって微妙に違うのでしょうね。
ブルガリアのも食べてみたいです。
27. Posted by 「ブルガリア研究室」室長   2010年12月08日 11:42
偶々一昨日、同じ団地の人から、親の家で、最近の低気圧強風(冬の台風みたいなもの)で大量にカリンが落果したとして、2個頂いたので、salahiさんの以前のレシピでシロップ煮を妻が昨晩作りました。どうも最近は、長野だけでなく、山梨、秋田など、各地でもカリンを作っているらしいです。

 いちおう、香りは良かったけど、大きい方の1個は中身が虫に食われ、少しかびていました。それでも、もったいないから、捨てずに使えるところは使うという感じで、細切れにし、800gのカリンを確保し、結局1時間以上も煮て、何とかそれらしいものが出来た。もっとも、カリンは、かなり濃い赤色にはなったけど、遂に透明にはならずじまいでした。

 3個のジャム瓶に詰めるほどの量のマーマレード的なものが出来た。味見してみると、少し渋みが残って、バルカン的な甘さではなく、かなりさっぱりした味で、ヨーグルトにかけて食べたら、いけました。シナモン、レモンも買ってきて、きちんとレシピ通り作ったけど、渋みが少し残ったのは、やはり日本のカリンは、また落ちた果実は、十分熟れていなかったからかも。砂糖はもう少し増やした方が、バルカン風味を好む小生には良かったかも。
 ご近所に聞くと、やはりカリン酒を作る家庭が多いらしい。念のため、昨年、果実酒用のブランデーで漬けたカリン酒も飲んでみたら、こっちは氷砂糖たっぷりの甘さが残っていて、甘ーいリキュールとなっていた。やはり、カリンには多目の砂糖が合うような気がする!
28. Posted by salahi   2010年12月09日 19:19
「ブルガリア研究室」室長さん、レシピを参考にして下さってありがとうございました。

マルメロは熟れすぎてもモサモサしてしまうようですが、ちゃんと熟れてないのはいくら加熱してもねっとりとした食感にはなりませんね。
一度、一部がまだ緑がかっているのを使ったら、黄色く熟した部分だけ柔らかくなり、緑の部分は一時間以上加熱してもガリガリのままでした。
29. Posted by nikoniko   2010年12月10日 00:45
 初めまして!
とは言っても、随分前から素敵なブログでお邪魔していました。来年の7月にギリシャに行く予定です。Salahiさんの
お料理教室あると良いな〜と思い書き込みしました。ギリシャって、素敵な所ですね!私は、アメリカのLA在住です。今後もよろしくお願いします。
30. Posted by salahi   2010年12月11日 00:26
nikonikoさん、コメントありがとうございました♪

料理教室は特にやってないんですが(今の家のキッチンもボロいことだし^^;)何かリクエストがあればお応えできるかも?

7月のギリシャ、暑いけど島へ行くにはいい時期ですね^^
31. Posted by nikoniko   2010年12月12日 12:39
salahiさん、嬉しいお返事有難う御座います。
初めてのギリシャなので、何処に行ったら良いのか???
さっぱりですが、Salahiさんの、特別教室に行くとしたら
何処に宿泊するのがお勧めですか?キチン付きの安くて安全な宿泊場所ありますか?娘と2人(21歳)で行きます。
32. Posted by salahi   2010年12月13日 14:37
nikonikoさん、こんにちは。

まだ随分先のことなのでどうなるかわかりませんが(いよいよ家がヤバくなって、リフォームの為に引っ越してる可能性もありますし^^;)、都合が合えばということでよろしくお願いします。

キッチン付きのアパートタイプのホテル、こちらには結構あると思うんですが、私はよく知らないんです……。ネットで見つかると思いますよ。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

salahi


ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

・レシピのリンク一括表示はレシピ一覧カテゴリから。

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE

Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ