2012年10月15日

葡萄シロップとスパイス風味のソフトクッキー(ムストクルラ)

秋の訪れを感じるサインのひとつが、市場で見かけるムストス(葡萄の絞り汁を発酵しないよう安定させたもの)や、スーパーで山積みにされているムスタレヴリァとムストクルラ。

2012.10.07 moustokouloura1

葡萄の旬は8月頃からなのだけど、ムストスが並び出すのは大体9月に入ってからのようです。例によって、載せるのが大幅に遅れてしまいましたが……。

2012.09.29 moustos petimezi

私がよく行く青空市場でも、こんな風に売られています。

ムストスについては以前にも紹介しましたが、葡萄の絞り汁に木灰を加えて加熱し、濾したものです。加工してあるとは言えこれはそれほど日持ちは良くないようで、保存するにはシロップ状になるまで煮詰めペティメジにしたり、ムスタレヴリァを作って乾燥させたりします(※)。

そのムストスやペティメジを使ったお菓子として最も一般的なのが、上で挙げたムスタレヴリァやムストクルラ。ムスタレヴリァは過去記事を参照して頂くとして、今回はムストクルラについてご紹介します。

ムストクルラはギリシャの家庭でよく作られるクルラキャ(ビスケット、クッキー)のひとつで、ペティメジや冷凍保存したムストスを使えば一年中作れますが、特にムストスのシーズンである秋のお菓子です。
基本的な材料をムストスまたはペティメジ、植物油、小麦粉、スパイス、膨張剤とし、この手のお菓子としてはヘルシーなので子供のおやつとしても最適。捏ねて丸めるプロセスが簡単かつ楽しいので、うちではよく子供と一緒に作っています^^

今回書いてみたレシピはペティメジヴァージョンのソフトタイプムストクルラです。日本ではなかなか作りにくいかと思いますが、機会があれば是非お試し下さい。

※ムスタレヴリァを長期保存するには、出来上がったものを一口大に気って日干しにしたり、また、スジュキというお菓子にします。スジュキは紐に胡桃を数珠繋ぎにし、ムスタレヴリァの液体に何度もくぐらせてサラミのような形にして乾燥させたもの。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ




葡萄シロップとスパイス風味のソフトクッキー(ムストクルラ)

材料:(13〜15個分)
ペティメジ...1/2カップ
オレンジの絞り汁...1/2カップ
オリーブオイル又はサラダ油...1/2カップ
塩...ひとつまみ
薄力粉〜中力粉...2 ½カップ
ベーキングパウダー...小さじ1
重曹...小さじ1/2弱
シナモンパウダー...小さじ1/2
クローブパウダー...小さじ1/4(約5粒分)
白ごま(飾り用に好みで)...適量

ペティメジ〜塩までの材料を大きなボウルに入れて、スプーンかヘラで混ぜ合わせる。

小麦粉〜クローブまでの材料をふるい入れ、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。生地は柔らかめで、ふわっとした感じになるが、もし柔らかすぎるようなら粉を少し足す。

オーブンは170度に予熱する。

ゴルフボール大の生地を手に取り、12cm〜15cmぐらいの紐状にのばして好みの形に成形し、クッキングシートを敷いた天板にのせる。成形の仕方はカタツムリ(渦巻き)型または以前載せたクルラキァのレシピを参照。

2012.10.07 moustokouloura2残りの生地も同様に成形し、間隔を少し開けて並べる。好みでごまを適量ふりかける。

オーブンに入れ、約15分焼いて出来上がり。※オーブンの癖によって、必要なら焼き時間や温度は調整して下さい。

MEMO:ペティメジはガムシロップぐらいの濃度のサラッとしたタイプを使いました。ご使用のペティメジが濃いタイプなら、少し水で薄めて調整して下さい。
使用するペティメジやムストスによって仕上がりが違ってくるのですが、このレシピだと(薄いペティメジを使った場合)あまり甘くないムストクルラになります。もっと甘いのがお好みなら砂糖を適量足して下さい。




sevam_a at 14:18コメント(25)トラックバック(0)レシピ   このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by hands   2012年10月15日 23:59
なんか。。。嬉しいです!本当に丁度9月の終盤に親戚のおばさま方のお茶会に顔を出した時、どなたかが教会で貰って来た(?)というとても美味しいクッキーを食べたんです。そして、それが「ムストクルラ」だと言われて。それで、Salahiさんにお問い合わせしかけたんです、なぜなら、私が食べたその「ムストクルラ」は結構黒い色で、pumpernickelのベーグルみたいな感じだったんです。そして、英語のレシピを調べたら、ココアが入っているものがあったので、この色はココアから?と聞くと、みなさん、一斉に違う違う、と。。。確かに味は全くココアじゃないんですが。。クッキーで色が濃いのってありますか?お皿の上に幾つかクッキーが乗っていたので、私が食べた物とみんながムストクルラって言っていた物が別だったのかなあ、、とも思い始めています。
2. Posted by salahi   2012年10月16日 04:29
handsさん、こんにちは。

これは使用するムストスやペティメジによって仕上がりが変わってしまうので、載せるべきかずーっと迷ってたんですよ。でもやっぱり載せてよかったです^^

こちらに滞在されてたの、丁度ムストクルラの時期でしたね。
ココアじゃなくて色の濃いクルラキャはやはりムストクルラぐらいしか思い浮かばないのですが、上の写真のようなムストスを使うと薄くなり、ペティメジを使うと(特によく煮詰めたものだと)色が濃くなります。
ムストクルラは大抵シナモンやクローブのスパイスが入ってますが、そういう味がしたなら多分ムストクルラです。ココア入りのレシピは色付けの為でしょうね。試したことがないので味に影響があるのかは知りませんが……。
スーパーにはよくサクサクのムストクルラが売っていて、あれも美味しいのですが食感が普通のクッキーぽいです。
3. Posted by ELIM   2013年01月19日 15:22
ムストスが手に入らなかったので、
代わりにデーツの濃縮果汁を使ってクルラを作ってみましたが、かなり美味しく出来上がりました。
少々生地が扱いにくく、不格好に仕上がりましたが。デーツはギリシャ語で何と言うのでしょうか?
4. Posted by salahi   2013年01月19日 17:43
ELIMさん、こんにちは。

作って下さってありがとうございます^^
デーツのシロップで作るのは美味しそうですね〜!
こちらでも北アフリカ&中東系のお店で売ってるので今度試してみたいです。

デーツはギリシャ語ではフルマス(χουρμάς 複数形はフルマデス χουρμάδες)って言います。
5. Posted by ELIM   2013年01月19日 18:12
こちらこそ簡単で美味しいクルラのレシピを有難う御座います。そうなると、フルマスクルラになるのでしょうか?
ついでの質問ですが、前に見た本にて、クミンが入った
オリーブオイルとバターで作るビスケットみたいなお菓子がギリシャの物として紹介されておりましたが、これは何という名前のお菓子ですか?
因みに私の夢は、80歳になった時にすっかり復元された極彩色のパルテノン神殿に行って、アテナ・パルテノスを見る事だったり致します。
6. Posted by ELIM   2013年01月19日 19:58
デーツのシロップと言っても、私が使ったのは濃縮タイプだったので、濃縮タイプを買うか、デーツペーストを緩めて使うと宜しいかもしれません。黒砂糖を大匙1くらい入れるとちょうどいいかな、と思います。
7. Posted by Seo   2013年01月20日 00:05
これらのクッキーが好きが、黒こまの種子を好むでしょう。
8. Posted by salahi   2013年01月20日 04:04
ELIMさん、追加コメントもありがとうございました。

こういうものの名前ってはっきり決まっているものもあれば呼び方がいろいろだったりするのですが……
そのクミン入りのは塩味ですよね?一般的にアルミラ・クルラキャと呼ばれると思います。なので、アルミラ・クルラキャ・メ・○○(○○に入るのは、クミンの場合はキミノ、グラヴィエラチーズだったらグラヴィエラ……という風に、副材料によって言い換えることができます。
また、クルラキャ・ティリウー(チーズクルラキャ)というような呼び方もものによってはアリです。

デーツのは、フルマドクルラって呼んだらデーツの果肉が入ってるようなイメージかもしれないので、クルラキャ・メ・ペティメジ・アポ・フルマデス(デーツペティメジのクルラキャ)が一番いいような気がします。

古代のままに復元されたパルテノン、見てみたいですね^^
9. Posted by ELIM   2013年01月20日 05:17
古代のままに復元すると色つきで超ハデハデなのですが、
それを見てみたいものです。昔の人のセンスそのままを拝見してみたいものですね。観光客の方がどう思うか処すよう心配ですが。
10. Posted by salahi   2013年01月20日 07:36
ELIMさん、

>古代のままに復元すると色つきで超ハデハデ
そうですね……それほど知られてないでしょうし、イメージしてたのと違う!ってびっくりする人も多いでしょうけど、見てみたいですよね。配色センスも手伝って、かなり圧倒されそう^^
11. Posted by ELIM   2013年01月20日 14:41
ピカピカに彩色されたアテナ・パルテノスがどんなものかみたいですね。話は変わりますが、ギリシャの料理とブルガリアの料理は似ている部分が御座いますね。昔トラキアだったころの名残なのでしょうか?
12. Posted by salahi   2013年01月20日 17:29
ELIMさん、ギリシャ料理とブルガリア料理は確かに似てるものがいろいろあります。
地理的・歴史的な理由から、ブルガリアに限らず、この辺の近隣諸国は似た料理がありますね。
ギリシャ国内でも、どの国に近いかによって郷土料理に特徴が現れますし、北の方はよりブルガリアなどと近いですよ。
13. Posted by ELIM   2013年01月20日 18:12
そうでした、ギリシャと言っても地方色が御座いますよね。グリークヨーグルトのケーキ等も御座いますか?ブルガリア人が亡命してフランスに持ち込んで以来、フランスでもかなり人気のお菓子ですよ。
14. Posted by salahi   2013年01月20日 18:22
ELIMさん、ヨーグルトケーキ(ヤウルトピタ)ありますよ。
伝統的かつスタンダードなタイプはシロップを滲み込ませてあってかなり甘いです。
15. Posted by ELIM   2013年01月20日 19:11
もしかして、セモリナ粉と混ぜて焼いてシロップをかけるタイプですか?それならレシピを持っています。美味しいかどうか、作ってみるべきか逡巡していたところでした。
16. Posted by salahi   2013年01月20日 20:15
ELIMさん、

>セモリナ粉と混ぜて焼いてシロップをかけるタイプ
セモリナ粉のと普通の小麦粉の両方ありますが、シロップをかけるのはセモリナのが多いみたいです。
甘いけど美味しいですよ。
17. Posted by ELIM   2013年01月20日 21:31
このレシピはどうも中東由来のように見えますね。
今度作ってみます。美味しかったらご報告致しますね。
18. Posted by salahi   2013年01月21日 02:42
ELIMさん、お待ちしております♪
19. Posted by piko   2013年02月28日 16:44
salahiさま

初めまして。
来月末にギリシャを訪問する予定の者で、こちらに辿り着きました。

月曜日の午前中に青空市場に足を運びたいのですが、どちらで開催されているかご存知でしょうか?
ホテルはプラカ地区なので、できればその周辺がイイのですが。。
センターの市場は生肉などが置いてあるようなので、怖くて行きたくありません。。(笑)

もし、情報をお持ちでしたら宜しくお願いいたしますっ。
(・・・ギリシャの野菜、美味しそうですね☆)
20. Posted by salahi   2013年02月28日 18:44
pikoさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

月曜の青空市場を調べてみましたが、一番近いところでも慣れてない観光客には少し行きづらいかもしれません。
http://www.laikesagores.gr/laikh/agora/region/road/work/42/info

中央市場は青空市場と比べたら野菜の鮮度はいまいちに見えますが、肉市場と一緒ではないので怖くないと思いますよ^^
アスィナス通りの東側に肉・魚市場、西側に野菜市場がありますので、モナスティラキの駅からアスィナス通りの西側をずっと歩いて行くと多分肉は見なくて済むかと……。

また何かご質問などあれば、いつでもメールして下さい。
楽しい旅になりますように。
21. Posted by piko   2013年02月28日 19:39
salahiさま

早速のお返事ありがとうございます。
・・・そうですかぁ。

青空市場の写真を見ると、やっぱり行ってみたくなります☆
ちなみに、月曜or木曜ですと、場所的にどちらの方が行き易いでしょうか?
途中までメトロ、市場まではタクシーというルートを考えております。

よろしくお願いいたします。
22. Posted by salahi   2013年03月01日 01:15
pikoさん、

木曜でしたらキプセリが行きやすいですかね?メトロ駅からも遠くないですし。
http://www.laikesagores.gr/laikh/agora/region/road/work/72/info
近年少し治安が悪化しているらしいエリアなので、市場の時間帯なら問題ないとは思いますが、あまり目立つ(観光客っぽい)格好では行かないことをおすすめします。
23. Posted by piko   2013年03月01日 13:08
salahiさま

貴重なアドバイスありがとうございます!
Negri Fokionosという辺りでよろしいでしょうか?
http://athens.angloinfo.com/whatson/event/135/kypseli-laiki

・・なかなか英語表記の地図が見当たらず、苦戦しております。。(笑)
24. Posted by salahi   2013年03月01日 14:37
pikoさん、こんにちは。

サイトによって書いてあることが違ったりで間違ってたらすみませんが、木曜にその辺りで市場はあるようです。
キプセリのは期間によって場所が移動するらしく、pikoさんが来られる頃はイドラス通りで開かれるみたいです。ペディオン・トゥ・アレオス(地図上では大きな緑のとこです)のすぐ北なのでわかりやすいと思いますよ。ライキの日は野菜や果物の袋を持った人が歩いてるので、その人達が来る方向へ向かえば辿りつけます^^
キプセリの市場、一度行ってみようと思ってたので気が向いたら偵察してきますね。
25. Posted by piko   2013年03月01日 21:11
salahiさま

何度もご親切にありがとうございます!
ほんと、様々な情報が出ていますよね。。
やっぱり、現地にお住いの方からのアドバイスが一番だと実感しております☆

キプセリのライキ、もし行かれましたらぜひfeed backお聞かせください(*^。^*)

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

salahi


ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

・レシピのリンク一括表示はレシピ一覧カテゴリから。

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE

Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ