2013年04月12日

ムール貝の米詰め

随分経ってしまいましたが、この記事でちょっと触れてたムール貝の料理はこれでした。本当は聖灰月曜日に食べるつもりだったのだけど、前日に作ったら全部食べ切ってしまったという^^;

2013.03.17 mydia gemista1
Μύδια γεμιστά πολίτικα

このタイプのムール貝の米詰めは、ギリシャでも“コンスタンティノープル料理”として作られています。結構手間がかかるせいか、レストランではあまり見かけませんけど……。


2013.03.17 mydia gemista2

こちらで売ってるムール貝って身が小さめのことが多いんですよ。なので、普通にムール貝そのものをがっつり食べる調理法よりも、この米詰めのように他の素材で引き伸ばす感じの料理の方がいいような気がします。


2013.03.17 mydia gemista3

ムール貝の米詰めはかなり前に何度かアテネのレストランで食べたことがあるのだけど、今思えばちゃんとした作り方だったのか疑問……。生のムール貝を開いて詰め物をする方法じゃなく、軽く蒸して開いたのに詰めてあったかも?


2013.03.17 mydia gemista4

レシピを書くつもりはなかったので計量せずに作ったのですが、後で思い出しつつ書いてみたので、自分用の覚え書きとして記しておきます。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ





ムール貝の米詰め(ミディア・ゲミスタ・ポリティカ)

材料:(20個分)
ムール貝...20個
米...茶漉しに8分目くらい
玉ねぎ...小1個
にんにく...小1かけ
オリーブオイル...大さじ2
松の実...大さじ11/2
カランツ...大さじ11/2
シナモン、オールスパイス
トマトすりおろし(好みで)...小1/2個分
塩、胡椒
ディル、パセリみじん切り(あれば好みで)...各大さじ1
レモン...適量


米は洗って笊に揚げて水気を切る。


玉ねぎ、にんにくはみじん切りにし、オリーブオイルと共に小さめの鍋かフライパンに入れて弱火で炒める。玉ねぎが少し色づき柔らかくなったら、松の実とスパイスを加え軽く炒める。


トマトのすりおろしを加え少し炒めたら、カランツ、米、ディル、ひたひたの水を加え塩胡椒する。蓋をして弱〜中火で煮、水気がなくなり米が硬めに炊けたら火から下ろす。ムール貝自体に塩分があるので塩は少し控えめ。


2016.03.13 mydia 2
2016.03.13 mydia 1

ムール貝はよくこすって洗い、必要なら泥抜きしてから(MEMO参照)足糸を引き抜く。
殻の合わせ目(尖った方に近い部分)の凹んだ部分からナイフを刺し入れ、丸くなってる方に向けてスライドさせて開く。
※ギリシャで売ってるムール貝は泥が入ってたりするので、手早くすすぎます。

開いたムール貝に米のフィリングをふんわりと詰め、殻を閉じる。詰め物をしたムール貝を、鍋に並べる。何段にも重ねていいが、フィリングがこぼれないよう注意。殻がずれないよう、ある程度の重さの皿か落し蓋をかぶせ、水1カップほどを加え蓋をして強火にかける。
もしくは、水を適量入れた鍋にスチーマーバスケットを設置し、上の手順と同じように詰め物をしたムール貝を並べ皿か落し蓋をかぶせ蓋をする。

2016.03.13 mydia 3

煮立ってきたら弱〜中火にし、20分程度蒸し煮にする。途中、空焚きにならないよう注意。火から下ろし、そのまま冷ます。

完全に冷めてから、レモンを添えて食べる。

MEMO:ギリシャで売っているムール貝は泥が入ってたりするので、1リットル当たり35gの海塩を加えた水に浸けて泥抜きをします。2〜3時間浸けて塩水を交換するのを3度繰り返していますが、それでも泥が残っていたりするので、開いた時に泥が付いていたら手早く水洗いして下さい。


sevam_a at 15:37コメント(14)トラックバック(0)レシピ   このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by moritosh   2013年04月12日 22:55
ちょっと感動できる料理ですね。
考えたことがありませんでした。
米の上に貝はありますが、貝の中に米ですか。そのうち、貝のちまきみたいなものもあるかもしれません。
2. Posted by salahi   2013年04月13日 01:18
moritoshさん、こんにちは。

この辺りは詰め物をした料理のバリエーションがかなりいろいろあります。
ムール貝のは上の殻をスプーンみたいにして食べますが、これが楽しく美味しいんですよ^^
3. Posted by minnie   2013年04月13日 03:23
可愛いアペタイザーというかんじですね!松の実がとうもろこしに見えました!カランツは何ですか?
4. Posted by salahi   2013年04月13日 06:38
minnieさん、こんにちは。

ムール貝+米はミドピラフォが一般的ですが、ゲミスタは見た目もいいし、ぎゅっと詰まってる感じが好きです。
カランツはカランツレーズンですよ。小さくて黒っぽいスタフィデス、こういう料理によく使っています^^
5. Posted by maicina   2013年04月13日 20:13
これはイタリアでは見たこともない料理です。松の実やドライフルーツを使うところは南イタリアに近い気がします。見た目もかわいいし、生の貝に米を詰めるところがいい!だしを吸って美味しくなりそうですね。
6. Posted by ELIM   2013年04月13日 21:25
面白いお料理ですね。
今まで見たこともない発想です。
小型のムール貝を見かけたら、作ってみたいものです。
きっとパーティで出したらウケるでしょうね。
7. Posted by tongshin   2013年04月14日 08:02
松の実のせいで一見韓国のおこわみたいだと思ってしまいました。見た目もいいけれど貝のだしが出ておいしそうですね〜〜
8. Posted by salahi   2013年04月14日 16:13
maicinaさん、こんにちは。

ギリシャでもあまり見ない料理ですが、ちょっと手間はかかるけど作る価値ありです^^
松の実やレーズン、こちらではよくピラフなどに入れます。鶏の詰め物や、ドルマデス(葡萄の葉包み)、ゲミスタ(野菜の米詰め)など……。
9. Posted by salahi   2013年04月14日 16:18
ELIMさん、こんにちは。

これ、トルコのイスタンブル(ギリシャ人は今でもコンスタンティヌポリと呼びますが…)では屋台でもよく売られているそうです。ギリシャでは、あちらから引き揚げてきた人の料理ですね。

レシピによっては貝が開かないように縛ると書いてあったりしますが、上手く並べて上にお皿などかぶせれば大丈夫です。
見た目が楽しく、食べやすいのでパーティーにもいいですね^^
10. Posted by salahi   2013年04月14日 17:02
tongshinさん、こんにちは。

これ、おこわでも美味しそうですね♪
今度アジア風の味付けでも作ってみたくなりました^^
11. Posted by tuguki   2013年04月15日 13:51
ムール貝ってこういう使い方もあるんですね。
貝の味のしみたご飯大好きなんで、これはぜひともやってみたい。
でも...。
これって、餃子やシュウマイなんかの包みもの系と同じで、時間的(あっ、精神的にも...。)に余裕のあるときじゃないと難しいかも...。
12. Posted by salahi   2013年04月15日 17:39
tugukiさん、こんにちは。

そうそう、難しくはないんだけど、時間と精神に余裕のあるときじゃないとなかなか作れません……。
とっても美味しいので、休みの日にでも気が向いたらお試しください^^
13. Posted by ASUHA-明日葉-   2013年04月16日 20:32
ムール貝、コレも不思議となかなか日本では普及しない食材ですネ。
私、コレ食べ始めると、無口になりマス。

瀬戸内のフェリーや渡し船の桟橋に、いっぱいムール貝がくっついていたのを、子供ながらに
「どうしてアレは食べないんだろう?」
と思っていたのを憶えてます。
今や、大好物!。
14. Posted by salahi   2013年04月17日 01:34
明日葉さん、こんにちは。

無口になるの、わかります^^

日本人の口に合う貝だと思うんですが、何故かあまり売ってないようですね。
私が初めて食べたのは確かロンドンのベルギーレストランでした。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

salahi


ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

・レシピのリンク一括表示はレシピ一覧カテゴリから。

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE

Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ