2014年07月07日

ミートボールとバナナピーマンの煮込み

同じ食材の消費に追われることがよくあるのですが、ここのところはバナナピーマンがどんどこやってきます^^;

2014.06.27 keftedakia me piperies
Κεφτεδάκια με πιπεριές

その時によって、緑のだったり赤だったり。緑のものは素揚げかグリルしたのを塩、ワインビネガー、オリーブオイル、ニンニクで食べるのがギリシャ風の定番のひとつで家族のお気に入りでもあるのですが、熟して甘味の出たものはちょっと工夫しないと我が家では受けが悪いです。


2014.06.27 piperies

先月某日は、半分熟してオレンジっぽくなったバナナピーマンがいっぱいありました。とりあえずローストして皮を剥いてあったのだけど、そのままビネガーなどでは食べたくないというので冷凍ストックの牛挽き肉で作ったミートボールと煮ることに……。

肉系のものと一緒に煮込むのは、ギリシャ人が普通によく作るおそうざい。
ソーセージと煮たらスペチョファイ(スペジョファイ)というよく知られた料理になりますが、食べやすい大きさに切った塊肉やミートボールと合わせるのもありで、家族も私もスペチョファイよりこちらの方が好きです。

バナナピーマンについて。ギリシャではよく食べられるピーマンのひとつで、緑色のものはピペリエス・ケラト(ツノピーマン)、赤いのはピペリエス・フロリニス(フロリナピーマン。ケラトとは少し種類が違うようですが)と呼ばれます。最近は日本でもバナナピーマン(バナナ唐辛子)が徐々に知名度を上げつつあるようですが、まだ入手できるところが限られるようなので、パプリカで作っても大丈夫です。

レシピはローストしたバナナピーマン(またはパプリカ)を使う場合と生のまま使う場合の両方で書いていますので、ぜひお試しください♪

2014.03.16 keftedakia me piperies

ローストしてないバナナピーマンで作る場合、ちょっと皮が気になるかもしれませんが、こちらも美味しいです。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ




ミートボールとバナナピーマンの煮込み(ケフテダキァ・メ・ピペリェス)

材料:(2人分)
バナナピーマン...8〜10個
合い挽き肉...200g
玉ねぎ...小1個
パン粉...1/3カップ
卵...1個
チーズすりおろし...20g
塩...小さじ1/4
胡椒...適宜
オレガノ...小さじ1/2
オリーブオイル...大さじ2
ニンニクみじん切り...1かけ分
トマトペースト...大さじ1弱
白ワイン(あれば好みで)...大さじ2
ホットパプリカまたは唐辛子(好みで)...少々
ワインビネガー(好みで)...小さじ1

バナナピーマンは皮が焦げるまで丸ごとグリルで焼き、しばらく蒸らしてから皮や種を除いてざく切りにする。もしくは、生のままヘタと種を除き食べやすい大きさに切る。

ミートボールを作る。玉ねぎはチーズおろしで粗くすりおろすか包丁で微塵切りにする。パン粉、卵、チーズを加えよく混ぜ、挽き肉、塩、胡椒、オレガノを加え手で混ぜる。くるみ大ぐらいの大きさに丸める。

フライパンを熱してオリーブオイルを加え、ミートボールを焼く。全体が色づくまで転がしながら焼き、ニンニクを加え香りが立つまで焦がさないように炒める。

トマトペーストを加え、オイルとなじませるように炒め、ワイン(使う場合。なければ水)を加える。アルコールが飛ぶまで煮立てたら、バナナピーマンと水適量(1/2カップ程度)を加える。

生のバナナピーマンで作る場合:ミートボールを焼く前のフライパンでオリーブオイル適量で炒めておいて一旦取り出すか、もしくは別鍋で炒め、そこに焼いたミートボールを調味料ごと加える。

塩ひとつまみと好みでホットパプリカも加え、蓋をして20〜30分程度煮込む。最後、汁気が多いようなら蓋を取って余分な水分を飛ばし、適度にとろみのあるソースが絡むようにする。好みでワインビネガーを加え、塩、胡椒で味を調える。

MEMO:バナナピーマンの代わりにパプリカを使ってもいいです。パプリカの方が肉厚なので数は半分でいいかと思います。チーズはケファロティリを使いましたが、パルメザンチーズなどでもいいですし、チーズ抜きで塩の分量を倍に増やして作っても美味しいです。


sevam_a at 20:07コメント(6)トラックバック(0)レシピ | 料理・食べ物について  このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ELIM   2014年07月09日 07:23
農業を行っておられるか、お庭の広いお知り合いが大勢いらっしゃるのですね。羨ましいお話です。しかし、同じお品の大量消費は大変ですよね。
2. Posted by salahi   2014年07月09日 17:35
ELIMさん、こんにちは。

近所に住む叔母なのですが、市場で野菜や果物をいっぱい買っておすそ分けしてくれるのです^^
なかなか消費が追いつかないとは言え、ありがたいことです。
3. Posted by tuguki   2014年07月11日 11:54
アメリカのパプリカは肉厚で巨大。
なので、1個でも二人で食べきるのは結構大変なのに、色合いにつられ、つい、赤、黄、オレンジと、複数買いしてしまうんですよ。
夫がミートボール大好きなんで、今度買ってきたら、これを作ってみますね。
4. Posted by ASUHA-明日葉-   2014年07月12日 22:33
ギリシャ料理、ピーマンやパプリカをよく使いますね。
苦手な人には辛いかもですが、むしろそんな方にこそおススメしたいほど、食べやすい料理が多いと感じます。
5. Posted by salahi   2014年07月13日 05:51
tugukiさん、こんにちは。

肉厚なパプリカ、食べごたえありますよね。
この料理と味的には通じるものがありますが、皮を剥いてミートソースに入れるのも好きです(挽き肉とパプリカ半々な感じでたっぷりと)。
6. Posted by salahi   2014年07月13日 08:58
明日葉さん、言われてみればピーマンをよく使っているかもしれませんね^^

ピーマンに限らずですが、ギリシャの野菜料理って食べやすいと思います。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE


****************



Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ