2015年07月20日

どれがお好み?ドルマダキァ3種

今シーズンの「巻き巻き」、とりあえず一段落……あまり代わり映えしない絵面ですが、自分用メモとして載せておきます。

2015.07.10 dolmadakia me pligouri

これは先日作った挽き割り小麦のドルマダキァですが、シーズン最初から、作った順に説明を。


2015.05.05 vine leaves

ドルマデス(ドルマダキァは、小さいドルマデスという意味)に必要な、ぶどうの若葉。瓶詰め(※)のが売っているので一年中いつでも作ることができますが、柔らかくて風味のいい生の若葉は格別なので、基本的に私は生葉がある時期にしか作りません。

葉の品質の重要さはどのドルマデス/ドルマダキァにもあてはまることですが、一般的な瓶詰めの葉だと生葉のように柔らかく煮えないのでおいしさが半減してしまいます。葉とフィリングの一体感が重要。

※ぶどうの葉の瓶詰めは、グルメショップなどで売っている黄緑っぽいのが高品質なので、少し高くてもそちらの方がおすすめです。


2015.05.05 dolmadakia yalantzi1

シーズン最初のドルマダキァは、ハーブたっぷりの「ヤランジ」と決めています。
玉ねぎ、ねぎ、ハーブ(パセリ、ディル、スペアミント)をざくざく刻んで調味料を加えて混ぜたら、この時点ですでにおいしそう♪何度も書いてますが、オリーブオイルをたっぷり加え、塩辛く(煮ると薄まるので)味付けするのがポイントです。
ここに米と好みで松の実やカランツを加えてフィリングのできあがり。


2015.05.05 dolmadakia yalantzi2

写真の日付けを見ると5月5日になってますが、子供の日の定番だった祖母のちまきを思い出しながらドルマダキァを包んでいました^^

鍋にきっちり並べ、葉っぱと米が柔らかくなるまでじっくり煮込みます。この煮込んでる時の香りがまたいいんですよね〜。


2015.05.05 dolmadakia yalantzi3

肉なしのドルマダキァは室温もしくは冷蔵庫から出したそのまま食べます。そこそこ日持ちするので、毎晩のメゼタイムのお楽しみに。


2015.07.09 dolmadakia me kima1

2番目は、やはりお決まりの肉入りドルマダキァ
家族はこれが大好きなので、頑張っていくら作っても足りません……。

我が家の肉入りドルマダキァは普通のよりかなり小さく包むので、手間も倍かかります。市場で葉を買ってきたら、洗って下茹でし、さらに小さく切る(一枚の葉で4〜8個ぐらい作ります)ところまでがその日の作業。
翌日に残りの作業をするのですが、これもまた手間がかかります。普段はフラッペでも飲みながら何時間もかけて包みますが、今回いきなり出かける用事ができてしまったので1時間ぐらいのハイスピードで包みました^^;


2015.07.09 dolmadakia me kima2

ベジヴァージョンのドルマダキァは数日楽しめるけど、肉入りのは売れ行きがよすぎて私の分を確保するのも大変なほど。なんとか小皿に1杯分は死守したので、ロゼワインのお供に。
後ろに並んでる他のメゼは、ししとうっぽい唐辛子の素揚げ、メロン、ミニトマト、グラヴィエラチーズです。


2015.07.10 dolmadakia me pligouri2

定番2種を作ったら、それほど一般的ではないフィリングのを作りたくなります。シミ島のレンズ豆入りドルマダキァも食べたい気分だったのだけど、手持ち材料の都合で挽き割り小麦(プリグリ、ブルグル)と野菜のフィリングにしてみました。

挽き割り小麦を使ったドルマデスは、以前挽き肉入りのを載せましたが、野菜のも当然おいしいです。今回は使ってしまいたいズッキーニがあったのでそれと、あとはにんじん、玉ねぎ、にんにく少々。味付けは塩、胡椒、乾燥ミント、オリーブオイル、トマトペースト、レモンです。


2015.07.10 dolmadakia me pligouri3

同じ作り方で米を使ってももちろんOK。似たレシピを以前載せてますので、こちらを参考にどうぞ。挽き割り小麦の方が、比較的軽い食感に仕上がります。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ




sevam_a at 19:09コメント(14)トラックバック(0)料理・食べ物について | レシピ  このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by kana   2015年07月21日 00:53
うわー!おいしそうです〜!!
前に一度、salahiさんのレシピをみてレンズ豆とハーブをたくさんいれて作ってみました。すごくおいしかったです。今回のも野菜たっぷりでほんとにおいしそうです!買い置きのぶどうの葉の瓶詰めがあるのでまたチャレンジしてみます!
ほんといっつもお世話になりまして、ありがとうございます
2. Posted by タヌ子   2015年07月21日 07:06
ドルマダキアを作りたくて、葡萄を植えたのだけど、まだ小さくて葉を20枚取ったら裸になってしまうので、実現できるのは数年後かな。
トルコ屋さんでも瓶詰の葡萄の葉は買えるけれど、硬くて今一つ。
以前salahiさんの真似をして一枚で3つ巻いてみようと思ったけれど、私の太い指では無理でした(汗)
一枚で8つ作るって想像できません。
ブルグル入りも美味しそう。

3. Posted by salahi   2015年07月21日 08:05
kanaさん、こんにちは。

レンズ豆入りの、気に入って頂けて嬉しいです^^
野菜入りのもぜひお試し下さい♪
4. Posted by salahi   2015年07月21日 08:12
タヌ子さん、こんにちは。

瓶詰めの葉っぱは硬いのが多いですね。
早く葡萄の葉が収穫できますように^^
肉入りドルマダキァを小さく作るのは叔母さんの真似なんですが、葉っぱの切り方は元の大きさによって気分で……サイズまちまちなのがギリシャらしい気がして好きなんです。一番小さいのは豆粒大ですが、さすがに疲れます(笑)
5. Posted by ELIM   2015年07月21日 18:13
美味しそうですね。作りたいのですが、桑の葉も葡萄の葉も手に入らなくてなかなか創作意欲を満たせません。
6. Posted by salahi   2015年07月22日 17:49
ELIMさん、こんにちは。

日本だと葉の入手がまず難しいんですよね。
いろんな葉で作れるけど、やっぱりぶどうの葉が一番美味しいと思います。
7. Posted by tuguki   2015年07月24日 12:02
今年も、とうとう、生のブドウの葉との出会いと私の気力が一致せず、ドルマダキアも日本風のブドウの葉寿司も作れませんでした。
でも、今日は...。
とっても久しぶりに美味しそうなズッキーニの花が手に入ったんでフェタ入りフリッターを作りましたよ。
当然、美味しいギリシャの蜂蜜タラ〜りです。
8. Posted by ELIM   2015年07月25日 08:31
葛の葉で作れるといいのですがね。何処でも手に入りますし。
無理でしょうか。
9. Posted by salahi   2015年07月25日 16:09
tugukiさん、こんにちは。

私も今年はブドウの葉寿司を作りそびれました。
まだ葉っぱは売ってますが。

ズッキーニの花のフェタ入りフリットは蜂蜜かけると絶妙ですよね^^
10. Posted by salahi   2015年07月25日 16:11
ELIMさん、こんにちは。

くずの葉、一応は食用となるのですね。
食べたことがないので何とも言えませんが……煮込んで柔らかくなるようなら使えそうですね。
11. Posted by maerilla   2015年07月27日 01:11
こんにちは。 大変ご無沙汰しております。
今でも時々、ズッキーニの詰め物をした卵とレモンソースの煮物などをブログを参考に思い出させていただいて作らせていただいています。 美味しいですよね、大好きです。

今回初めて、このブドウの葉のお料理を作ってみようと思い立ち、先ほど、若いブドウの葉を実家から摘んできました。
どれも美味しそうなので、何から作ったらいいか迷ってしまいますが、まずはお肉入りと、今年はとても暑いので、室温または冷やしたまま食べられるハーブたっぷりの肉無しのと両方少しづつ挑戦してみます。
とても楽しみです♪ 
12. Posted by salahi   2015年07月27日 08:16
maerillaさん、お久しぶりです!

レシピ活用して下さって、ありがとうございます。
私もmaerillaさんのレシピには今でもお世話になっています^^

ブドウの葉の料理、そちらではあまり馴染みがないと思いますが、お口に合うと嬉しいです。
13. Posted by maerilla   2015年08月01日 22:33
早速、作ってみました!
結局ブドウの葉が足りなくて肉入りのだけを作り、包む中のお肉の材料も半分くらい残ってしまったので、冷凍してあります。また明日ブドウの葉を摘んできて残りを作ろうと思います。

とても美味しくて、夫も旅行した東ヨーロッパの国で食べたブドウの葉包みの料理よりもずっと美味しいと凄く気に入りました。来年はもっと早い時期に、ブドウの若い葉っぱが沢山ある時期に作り始めようと思います。
いつもながら素敵な美味しいレシピをありがとうございました。
14. Posted by salahi   2015年08月02日 07:00
maerillaさん、早速作ってくださって、ありがとうございます!

旦那さまにも気に入って頂けてよかったです。
手間のかかる料理ですが、ぜひ定番にしてやってください^^

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE


****************



Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ