2015年10月14日

シミ島バカンス2015−そと

今夏のシミ島バカンス記事、最後は外で撮った写真編です。

IMGP7171

到着日の晩ごはんは、「ヨルゴスとマリアのタベルナ」で。
ここは厨房に入り料理を見せてもらって選ぶという昔ながらのシステムだったのだけど、それが禁止されたとかで、メニューブックから注文するようになってました。

料理はおなじみの庶民的な食堂メニュー。私がこの日頼んだのはイカのワイン煮でした。


IMGP7208

翌日はビーチ。
シミ島のバカンスでは、一日おきにビーチへ行って泳ぎます。ただ単に、毎日だと洗濯が大変という理由。
ビーチは、まれに他のところへも行くことがあるけど、水が綺麗でベッドは無料ということから主にマラスゥンダビーチです。


IMGP7220

港周辺にも一応泳げるところはいくつかあって(私たちは泳ぎませんが)、これはうちからほぼまっすぐ下りてきたところにある「ペタロ」。フィッシュタベルナの脇に小さなビーチができていました。


IMGP7222

波打ち際のテーブルでシーフードのメゼでも食べたいな〜と思ったのだけど、食べたかった生の貝類やウニの盛り合わせがあるか聞いてみたら、アルバニア人の従業員しかいなくてわからず。メゼは別のところで食べることにして、写真だけ撮ってきました。


IMGP7235

夕陽に染まる港の風景。
うちからもこの風景が見えるのに、なぜか家にいる時は夕陽に注目したことがありません。


IMGP7243

メニューチェックに、近所のレストランをもうひとつ冷やかしに。
かなり前に紹介した「ハリトメニ」は、料理も悪くなかった気がするけど、何といってもこの景色が素敵。


IMGP7245

ギリシャの野山では蜂の巣箱をよく見かけますが、シミ島でもこんな風に置かれています。カラフルなのがギリシャらしいですね^^
シミ島の蜂蜜はここ数年、お土産用に売られているのもよく見るようになりました。イァロス(港周辺)のお店よりも、ホリオ(村)のミニスーパーマーケットで買うほうが安くておすすめです。


IMGP7260

いつも撮ってしまう、海葱の球根。咲いているところが見たい……。


IMGP7262

夏は野の花もほぼ枯れてますが、ちらほら残っているタイムの花に蝶々がとまっていました。


IMGP7267

カフェで軽く晩ごはんの日。
滞在中一度は行く、「カフェ・マンディオ」は、軽食類も結構充実しています。とりあえずのシミ島チーズは、つけあわせのケイパーの葉っぱのピクルス多めで頼みました。かなり塩がきついけど、おいしくてパンやワインが進みます。


IMGP7268

今回、ホリオではあまり散歩しなかったのでこの扉くらいしか写真がないです。


IMGP7270

私的、バカンスのハイライト!
シーフードのメゼとウゾ……呪文のように唱えてたら叶いました。
いつでも食べられるようなものだけど、食事は家族の好みに合わせるので、生貝などを置いてる店に行かないのです。


IMGP7280

ちなみに、場所はいつも行くマラスゥンダビーチのタベルナでした。
子供たちが地元の子供と遊んでいる間に抜け出してのメゼタイム、たまりません……(もちろん、ちゃんと監視しながら)。
このタベルナ、がっちり柵でガードされているのは山羊よけです。マラスゥンダビーチはのんびりとしていいビーチなのだけど、山羊にだけは油断禁物!今回も、ビーチで果物を食べてたイタリア人ツーリストが山羊に囲まれていました^^;


IMGP7273

そして、敵は山羊だけではなかった……。
島ではスズメバチが結構いて、外で食事をするのも実は大変だったりするんですよ。生のシーフードなんて出てきたら速攻で蜂にたかられ食事どころではないけど、気の利いたお店では、こんな風にさっと「蜂よけ」を持ってきてくれるので助かります。蜂よけの正体はただのギリシャコーヒーなんですが、セージの葉っぱも混ぜてあって効果倍増!?これが燃えてる間は蜂がきません。


IMGP7283

滞在中、買出し兼朝の散歩も一、二回ほど。
朝でも石段をいっぱい登ってたらかなり暑いんですが、シミ島のメインストリート的な「カリ・ストラータ」を通って、港のベーカリーまで頑張って買い出しに行きます。


IMGP7285

途中、立ち止まって写真を撮ったりしつつ……。


IMGP7290

鮮やかなブーゲンビリアは島の風景にマッチしますね。


IMGP7296

朝、まだ閉まってるお店の多い港町を散策。ぶどう棚が涼しげです。


IMGP7297

クルーザーでいっぱいな港ですが、漁船のある風景が好き。


IMGP7300

小さな金工工房。ランプいいなぁ……。


IMGP7319

旅のしめくくりは、軽く山歩きのような感じで、村のはずれにある土地の様子を見に行くのが恒例となっています。かなり辺鄙なところで、普段は無人(?)の教会があるのですが、生神女就寝祭が近かったせいか旗が飾られていました。


IMGP7324

夕暮れ時にここを歩いていると、バカンスの終わりだな〜という気分になります。
また来年!


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ




sevam_a at 18:18コメント(4)トラックバック(0)シミ島 | 旅行・観光・お散歩  このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ELIM   2015年10月15日 06:30
いかが分厚くて美味しそうですね。はち除けは日本のにも効くでしょうか。
2. Posted by salahi   2015年10月16日 04:45
ELIMさん、こんにちは。

こういう煮込みには肉厚な甲イカをよく使います^^

蜂よけは日本のにも効きそうですね。煙なら何でもいいような気がしますが、何故かギリシャコーヒーを使います。気になって検索してみたら、トルコでもやるそうです(あちらではトルココーヒーですが)。
3. Posted by ELIM   2015年10月26日 18:57
蜂よけ、是非日本でも試してみたいです。というか、養蜂家は日本でも煙を使っていますね。呼吸困難で行動が鈍る模様です。アオリイカはそちらにもおりますか?
4. Posted by salahi   2015年10月27日 16:32
ELIMさん、こんにちは。

ギリシャでもいろんなイカがいますが、アオリイカは元々こちらにはいない種類ですね。海水の温暖化で、アオリイカも地中海で見られるようになったという記事がありました(ギリシャまで来ているかは知りませんが)。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE


****************



Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ