2015年11月10日

シミ島バカンスおまけ編1: チキンとプルーンのハーブ風味煮込み

シミ島バカンスの記事にも書きましたが、毎年、最終日は村はずれの土地の様子を見に行くことになっています。

2015.11.02 kotopoulo me votana ke damaskina
Κοτόπουλο με Δαμάσκηνα και Βότανα

実を言うと私も子供たちも飽きているのですが、散歩と運動も兼ねて。
途中の道で野草を観察したり、野生のセージを摘んでくるのはちょっと楽しみです。


2014.08.26 wild sage

セージに少し似た植物はいっぱい生えているのだけど、本物のセージは、いつもの通り道には一株しか生えてないんですよ。いつも、ちょっとだけ摘ませてもらいます。


2014.09.26 wild sage

夏の暑い時ですから、アテネに戻るまでにはカラカラの乾燥セージになっています。

ギリシャでは料理にもセージは使いますが、どちらかというとハーブティーとして飲むことが多いです。なんとなく「おばあちゃんのハーブティー」みたいなイメージがあるようで、夫も祖母がセージのハーブティーをよく飲んでいたのを思い出すそう。
セージのお茶は独特の癖があるので私はちょっと苦手なのですが、胃の調子が悪い時や、風邪をひいてる時に飲むと効くような気がします。

せっかくなのでセージを使った料理を……と考えてたら、シミ島の野生セージで作るのにもってこいな一品を思い出しました。
何年か前に、ホリオの広場前の「シロゴス」というタベルナで出会った「チキンとプルーンのハーブ風味煮込み」です。

料理名に惹かれ(※)頼んでみたものの、実を言うと、あまり感動しなかったその料理。失礼ながら、過去記事には「面白みがない」という感想を記しています。→関連記事

※ギリシャ料理にハーブ(ミロディカ)は多用されるので、ハーブを使った料理自体は珍しくともなんともないのですが、料理名にヴォタナ(これもハーブを意味する言葉ですが、薬草というニュアンス)という言葉が使われていると、ハーブ感が強調される気がして惹かれます。

かなりあっさり淡白だったその料理。もうちょっとこっくりと煮て、塩も効かせたらよくなるのではないかな?と(偉そうですみません……)作ってみた結果が一番上の写真です。

結果、また作ってみたいぐらいに私は気に入りました。独特な香りは好き嫌いが分かれるかもしれませんが。
レシピを載せておきますので、興味のある方はぜひお試しください。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ




鶏肉とプルーンのハーブ風味煮込み(コトプロ・メ・ダマスキナ・ケ・ヴォタナ)

材料:(2人分)
鶏骨付きもも肉...2本
塩、胡椒
オリーブオイル...大さじ1
玉ねぎ...小1個
白ワイン...1/3カップ
プルーン...8〜10個
セージ(乾燥でも生でも)...穂先2本ぐらい
ローズマリー(あれば好みで)...穂先1本
ベイリーフ...小1枚
シナモンスティック...割ったものひとかけら

鶏肉は塩、胡椒しておく。玉ねぎは薄切りにする。

フライパンを中火で熱し、オリーブオイルを加え鶏肉を焼く。なるべく全体に程よく焼き色がつくまで焼き、端に寄せて玉ねぎを加える。

火を弱め、玉ねぎがしんなりするまであまり色づかせないよう炒める。ワインを加え煮立て、残りの材料も加える。

フライパンのまま、もしくは鍋に移して煮込む。鶏肉が半分浸かるぐらいに水を足し、オーブンペーパーの落し蓋と蓋をして弱火で約1時間(肉質による)煮る。

鶏肉がほろっと柔らかくなり、ソースが少しとろりとなるまで煮詰まったらできあがり。塩、胡椒で味をととのえる。

MEMO:ハーブやスパイスは、どれも個性の強いものなので控えめに使うのがコツ。鶏肉は、肉質のしっかりした地鶏などがいいです。できたて熱々よりも、少し休ませてからのほうがおいしい。


sevam_a at 19:53コメント(8)トラックバック(0)レシピ | シミ島  このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ELIM   2015年11月11日 08:10
野生のセージがあるのですか、いいですね。牛のレバーをオリーブオイルとセージでソテーするのが我が家の定番です。今度鶏肉も試してみます。
2. Posted by ELIM   2015年11月11日 08:53
余談ですが、キトゥリーニ・マルガリーテスとフロマージュ・ブランで作ったフランが美味しいそうです。
3. Posted by salahi   2015年11月12日 01:12
ELIMさん、こんにちは。

夏はほとんど枯れてるんですが、オレガノやタイムなどもいっぱい生えてます。
あと、ケイパーなども。
植物観察、やはり食べられるものに目がいってしまいます。

>キトゥリーニ・マルガリーテスとフロマージュ・ブランで作ったフラン
この組み合わせは美味しいでしょうね^^
4. Posted by ELIM   2015年11月12日 18:14
夏に枯れるのですか、日本と逆ですね。ケイパーはどんな花が地元では咲いているのでしょう。つぼみと実しか見た事がありません。
5. Posted by salahi   2015年11月12日 18:39
ケイパーの花、私が撮ったのはちゃんと写ってませんがこんな感じです。
http://blog.livedoor.jp/sevam_a/archives/51284858.html
アテネでも道端に生えてたりするんですよ。

6. Posted by ELIM   2015年11月14日 16:31
なかなか清楚ですね。それならケイパーの塩漬け作り放題でしょう。それとも、そちらは野草を取ったら罰金、というどこぞの国と同じ法律なのですか?
7. Posted by salahi   2015年11月14日 16:54
ELIMさん、こんにちは。

法律について詳しくは知りませんが、場所によるかも?
ギリシャでは野草を摘むのは普通にみんな(特に田舎では)やってますし。
8. Posted by ELIM   2015年11月15日 01:06
それは宜しかったですね。楽しい採集生活で、美味しいものを作られてください。いかとケーパーのトマト風味ショートパスタもいいですよ。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE


****************



Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ