2016年01月18日

チーズたっぷりポロ葱パイ

我が家では毎週日曜はピザ曜日なのですが、昨日は家族が観劇やパーティーで留守にしていたので予定変更。でも軽く食べられるものを一応用意しておこうと、ポロ葱のパイを焼いておきました。

2016.01.17 prasopita
Πρασόπιτα

久しぶりに、フィロ生地を一枚一枚のばす方法で^^
油脂を塗って重ねてのばす方法が作りやすく(下記レシピのMEMO参照)、皆さんに試してもらいたいレシピとしてもおすすめなのですが、時間と気分に余裕のある時は、少し手間のかかる方法で作るのも楽しいのです。

生地の枚数は単純に上下それぞれ4枚にしました。生地は好みで何枚でもアリなんですが、真ん中にもうちょっとボリュームが欲しいな〜と思いつつも、あまり枚数が多いと端が生地多すぎになるのですよね。もちろん、合間の生地を型の直径ギリギリにして、縁が厚くなりすぎないようにしてもいいです。

ポロ葱(リーク)のパイは度々作っているもので、その時の気分で生地もフィリングも成形や切り方もいろいろ。レシピとしては2つのタイプを過去にご紹介しています。

今回の作り方も記録として書いておきますので参考までに。分量などアバウトで適当に作ってもきっとおいしいはずなので、気軽にお試しください。

【関連レシピ】
リークのパイ
ポロ葱とチーズの揚げパイ


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ




ポロ葱のパイ(プラソピタ)

材料:(直径18cmのパイ皿一台分)
フィロ生地:
中力粉...180g
塩...小さじ1/4
水...約80ml
ワインビネガー...小さじ1/2
オリーブオイル...大さじ1
コーンスターチ(打ち粉用)...適量
オリーブオイル(塗る用)...適量
フィリング:
ポロ葱...正味350g
オリーブオイル...大さじ2
塩、胡椒
フェタチーズ...120g(味が物足りない場合は他のチーズも足すといい)
小麦粉...小さじ2
ディルみじん切り...大さじ2

生地を作る。ボウルに小麦粉と塩を入れて混ぜる。水、ワインビネガー、オリーブオイルをあわせて加え混ぜ、必要なら水または小麦粉を足して硬さを調節し、べたつかない程度に柔らかめの生地になるようにする。なめらかになるまで手で捏ね、覆いをして1時間くらい休ませる。

フィリングを作る。ポロ葱は緑の部分も硬くなければ使う。上の方は中に土が入っていたりするので特に注意して洗い、縦半分に切ってからざく切りにする。

鍋にポロ葱と塩適量、オリーブオイルを加え混ぜ、蓋をして中火にかける。焦がさないよう火加減し、ポロ葱の水分で蒸すようにして炒める(焦げ付きそうなら水少量を加える)。最後、蓋を取って余分な水分を飛ばし、柔らかくなったら火から下ろし粗熱がとれるまで置く。

2016.01.17 prasopita1

砕いたフェタチーズ、小麦粉、ディルを加え、胡椒と必要なら塩も加え味をととのえる。

生地を8つに分けて丸め、まずは下の生地4つをのばす。コーンスターチで打ち粉をし、それぞれある程度の大きさになるまで麺棒でのばす。先にのばした生地からまた順番に、型に入れて端が少し垂れるぐらいの大きさにのばしていく。
のばし方:生地を手前少し残して麺棒に巻きつけ・巻き戻す動きと、麺棒に巻いた生地の中心から外側に向かって両手をスライドさせる動きを組み合わせて手早くのばす。生地の向きを変えながら同じ動作を繰り返し、薄くのばす。これが難しい場合は生地をなるべく破らないよう、手でひっぱってのばしてもよい。この時、中心よりできるだけ端が薄くなるよう注意すると仕上がりがよくなる。

オーブンを190℃に予熱する。

2016.01.17 prasopita2

オリーブオイルを塗った型に、のばした生地を敷く。それぞれの生地にオイルを薄く塗りながら、4枚重ねる。

2016.01.17 prasopita3

フィリングを入れ、生地の端を(多すぎれば余分は切り落として)フィリングの上にかぶせる。

2016.01.17 prasopita4

残りの生地も同様にのばしてオイルを塗りながら重ね、フィリングの上にゆるくかぶせる。端は底に折り込む。上にオイルを少し多めに塗り、よく切れる包丁で上の生地に切り目(あとで切り分けたい大きさに)を入れる。

オーブンに入れ、きつね色になるまで約40分焼く。フィリングが落ち着くまで少し休ませてから切り分ける。

MEMO:フェタチーズでなく、溶けるタイプのチーズを使ってもおいしいです。あまり癖のない牛乳や羊乳のチーズを使ったり、一部リコッタチーズを混ぜても。
もっと手軽に作るには、生地をマケドニア風スフォリアータで。こちらのレシピの生地を使ってください。


sevam_a at 23:36コメント(9)トラックバック(0)レシピ | 料理・食べ物について  このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by tuguki   2016年01月19日 13:26
いつ見てもおいしそうなsalahiさんのパイ。
わたしも、そんな風に気軽にパイを生地から作って焼けるようになりたいものです。
とりあえずは...。
近くのトルコ系スーパーに行って冷凍フィロを買ってきちゃおうかな...。
2. Posted by salahi   2016年01月19日 17:44
tugukiさん、こんにちは。

お仕事してるとパイ生地などなかなか作ってられないと思いますが、レシピの最後にリンクしてあるマケドニア風のお手軽生地は本当に簡単で、市販フィロより扱いが楽なぐらいです。
この生地は前もって作っておけるので、ちょっと時間のある時にでもぜひお試しください♪
3. Posted by タヌ子   2016年01月19日 21:21
salahiさんのポロ葱パイ、いつ見ても美味しそう。
フィロ作りはまだまだ私にはハードルが高すぎるので、市販の生地に頼ってしまうことになると思うけれど、大好きなポロ葱パイ、近いうちに作ってみよう。
4. Posted by ELIM   2016年01月19日 23:47
相変わらず素敵に焼けていますね。ポロ葱とチーズのパイ、美味しそうです。しかしこちらはポロ葱が高いのですね。
何かいい代用の野菜は無いでしょうか。
5. Posted by salahi   2016年01月20日 00:12
タヌ子さん、こんにちは。

ポロ葱が美味しい季節ですね^^
他の調理法だと食べない次女もパイだと食べてくれるので、困った時のパイ頼みです。
油脂塗りして重ねてのばすフィロは簡単なので、気が向いたらお試し下さい。
6. Posted by salahi   2016年01月20日 00:17
ELIMさん、こんにちは。

確かに日本だとポロ葱は高いので気軽に作れませんね。
普通の葱でもできますよ。ポロ葱のパイ(プラソピタ)とはまた別のものになりますが、普通の葱や玉ねぎで作るパイ(クレミドピタ)もあります。
7. Posted by ELIM   2016年01月20日 13:27
葱と玉ねぎ半々でも宜しいかもしれません。
8. Posted by salahi   2016年01月21日 01:17
ポロ葱で作る場合でも、玉ねぎを入れる場合がよくあります。割合はお好みで。

9. Posted by ELIM   2016年01月21日 18:57
いいですね、是非やってみたいものです。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

salahi


ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

・レシピのリンク一括表示はレシピ一覧カテゴリから。

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE

Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ