2016年07月25日

自家製マスティハリキュール

前回の続き。
もうおわかりかと思いますが、マスティハリキュールを作っているところでした。

2016.07.18 mastiha
Λίκερ Μαστίχα

日本にいる妹が、「マスティハと青紫蘇のカクテル」を見て、飲んでみたい!と言ってたんですよ。リキュールを送るのは規制もありちょっと難しそうだけど、マスティハそのものなら封筒でも送れますし、こんなもんかな……と書いてみたレシピを添えてプレゼントしました。

レシピを書くからにはもちろん自分でも仕込んだのですが、その完成品が上の写真です。
ただの液体って、写真難しいですね〜。撮影用の小物など持ってないなりに、一応ギリシャなイメージでスタイリングしてみました(笑)

マスティハについては以前に何度か書いているので、この辺を参照してもらうとして。その風味をつけたリキュールは、ギリシャでポピュラーな食後酒のひとつです。マスティハには消化を助けたり胃腸の働きをととのえる効果があるとされているので、心なしかおなかがすっきりするような気がします。

市販のマスティハリキュールは醸造アルコールとマスティハを原料に、マスティハを蒸留することにより風味をつけ、砂糖のシロップで甘みとアルコール度数を調整して作られます。
家庭バージョンだと蒸留の手間は省き、醸造アルコールもしくはラキやチプロ(ぶどう滓の蒸留酒)でマスティハを漬けて、シロップとブレンドするのが一般的なよう。少し入手が難しい醸造アルコールをわざわざ使うならこの方法でやる価値はあるのですが、アルコール度数の低い(と言っても40度はありますが)ラキやチプロで作るなら、普通の果実酒の作り方でいいのでは……と思ってやってみたのが後述のレシピです。

妹には氷砂糖とホワイトリカーで実験してもらうとして、私が使ったのは知人にもらったクレタ島の自家製ラキとグラニュー糖。ギリシャでは普通のお店に氷砂糖は売ってないので、一般的なグラニュー糖をあえて使いました。


2016.06.30 mastiha

仕込んですぐは、こんな感じ。
日が経つにつれ小さな粒状に溶けていくのは見られましたが、うちのは沈んだまま。砂糖を溶かすためにかき混ぜたら、全部くっついてひとつになりました。1ヶ月弱経った今でも全て溶けず、瓶の底にナメクジみたいになってへばりついてますが、風味は十分に出たのでこれで完成とします。

早速試飲し、アイスクリームにかけたりカクテルにも使ってみました。ラキを使っているので市販のマスティハリキュールのようなクリアな味わいではないものの、低コストで作れる家庭版としては悪くない出来です。

マスティハの風味は日本人にはかなり好き嫌いが分かれるところですが、マスティハは日本でも入手できるようですし、興味のある方はぜひ作ってみてください!
レシピの分量では普通のマスティハリキュールぐらいかややあっさり目の甘さになりますが、砂糖控えめで作れば料理にもいろいろ使えますよ〜。

簡単な使い方としては、アイスコーヒーに入れるのもおすすめなんですが、もちろんギリシャの国民的飲料「フラッペ」でお試しください♪
ちなみに、かなり前に書いたフラッペの記事をSUKIMANOさんで紹介して頂いてます。

ちょっとしたひと手間でいつもと違うコーヒーブレイク☆アレンジコーヒーまとめ

インスタントコーヒーを泡立てるだけでおいしさアップ、しかもギリシャ風!なフラッペは、暑い時期にぴったりです。
マスティハリキュールの他の使い方も、また機会があれば載せていきます。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ



マスティハリキュール(リケル・マスティハ)

材料:(約560ml分)
甲類焼酎またはウォッカかラキ...500ml
氷砂糖またはグラニュー糖...100g
マスティハ...1.5〜2g

清潔な広口瓶に材料全てを入れ、できれば1〜2か月ほど置く(マスティハは完全には溶けない)。

程よく香りが出たところで瓶に漉し入れ保存する。冷凍庫でよく冷やして飲むのがおすすめ。


MEMO:漬けるお酒は風味の主張しないものがいいです。砂糖が溶けて、マスティハもある程度溶けて風味が出たら飲めますが、少し寝かせた方が味が落ち着くと思います(マスティハをあまり長く漬けたまま置くと苦味が出るかもしれません)。マスティハの溶け方はアルコール度数によるようです。この分量だとあっさりした甘みで程よいマスティハ風味になるはずですが、割合はお好みで。器具に付いてしまったマスティハは、ある程度キッチンペーパーなどで取ってからアルコールか油で拭くと取れますが、瓶にはかなりべったりと付いてしまいますので、捨てても惜しくない瓶を使って下さい。


sevam_a at 18:57コメント(3)トラックバック(0)レシピ | ギリシャワイン・酒・飲み物  このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ELIM   2016年08月02日 08:07
ラキは確かウィスキーの半分くらいのアルコール度数でしたね。飲みやすそうです。眼の飾りの意味は何でしょうか?
2. Posted by salahi   2016年08月03日 02:43
ELIMさん、こんにちは。

作り手にもよるようですが、ラキはアルコール度数40%ぐらいです。飲み方はよく冷やしたのをストレートで…ですが、私は家では邪道にロックや水割り・お湯割りでよく飲みます。
リキュールは甘いのでラキそのままより飲みやすいですが、やはりよく冷やすのがおすすめです。

目の形の飾り、青い目のが一般的ですが、これも同じで魔よけです。
3. Posted by ELIM   2016年08月06日 18:13
古代エジプトのウジャトの流れでしょうか。エーゲ海・クレタ文明等はアフリカに起源があるとかいう本が出て、一時大騒ぎになったようです。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE


****************



Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ