料理・食べ物について

2019年11月07日

ほんのりバナナ風味のチュレキ

熟れすぎたバナナを使ってしまいたかったので、チュレキに入れてみました。

2019.11.05 tsourekakia
Τσουρεκάκια με μαρμελάδα μπανάνα

チュレキはギリシャの菓子パン。ギリシャ人的には、「ケーキ」という認識のようですが。これは小さく成形したチュレキなのでチュレカキ(複数形チュレカキァ)です。
基本的にはマフレピ(野生チェリーの仁)やマスティハ、カルダモンで香りをつけたほの甘くリッチなイースト生地で作られるチュレキは特にイースターには欠かせないものですが、いつ食べてもおいしい。子供に食べさせる朝食やお弁当にも重宝します。


2019.11.05 tsourekakia1

私は「変わりチュレキ」としてフィリングを入れたりチョコがけしたものをよく作っていて、このブログでもいろいろ紹介していますが、今回のはあまりバナナが主張せずほんのり……といった感じで作ってみました。お好みでナッツを入れたりしても、もちろんおいしいです。

【作り方】
フィリング(というほどの量でもないですが)のバナナは、前もって硬めのしっかりしたジャムにしておきます。完熟バナナ大1本をフォークで潰して、ブラウンシュガーを少し加え煮詰めます。煮詰め方が足りないと水っぽくなるので注意。この量にバナナ1本分のジャムだとかなり控えめな味なので、バナナがもっと主張した仕上がりにしたいなら2本使って下さい。

生地の作り方と分量はこちらのレシピを参考に。


オレンジとマスティハ香る、アーモンドフィリング入りチュレキ

マフレピかマスティハが入るとチュレキらしい味になるんですが、日本だと入手が難しいのでカルダモンとバニラを入れるといいです。また、オレンジの皮のすりおろし(+水分を一部オレンジの絞り汁に置き換える)もチュレキにはよく使う風味付けでおすすめです。

今回は簡単なノット型にしてみました。

2019.11.05 tsourekakia2

1次発行を終えた生地を8等分し、それぞれ楕円形にのばします。

端を少し残して薄くジャムを塗り、生地を巻いてしっかり閉じます。

ジャムを巻いた生地を23〜25cmぐらいの長さになるよう転がしてのばし、くるっと結んだ形に成形して天板に並べます。

覆いをして、倍くらいにふんわり膨らむまで発酵させます。生地が膨らんできた時点でオーブンの予熱もお忘れなく。


2019.11.05 tsourekakia3

こんな感じで膨らんだらOK。取り分けておいた卵を塗り、予熱しておいたオーブンで焼いて出来上がり。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ


sevam_a at 19:48コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年10月13日

新漬けオリーブ入りのギリシャ風チキンライス

オリーブの新漬け、そこそこな量あったはずなんですがすでに残りわずかになっています。

2019.10.03 kotopoulo me rizi
Κοτόπουλο με ρύζι και ελιές

永遠に食べ続けたいおいしさ……って思いながらワインのお供に食べてるんですが、やはりこれを使った料理もブログに載せておかないと!という謎の使命感に駆られ、丁度食べたい気分だったチキンライスに入れてみました。

ギリシャ風のチキンライスと言ってもものすごくシンプルで、我が家でよく作るタイプはオーブンで焼いたチキンに米を加えるだけ。私的にちょっとしたポイントなのがチキンにニンニクのスライスを埋め込むことなんですが、食べてるとニンニクの効いた部分に時々当たるのがお楽しみです。


2019.10.03 kotopoulo me rizi2

簡単な作り方の説明だけ以前にも載せていましたが、一応ちゃんとレシピも書いてみたので載せておきます。ちょっとワインを入れたりしてもいいけど、敢えて超シンプルな味付けにしてみました。今回オリーブ入りですが、なしでも美味しいですよ。


こちらは以前の記事。
今回書いたレシピは続きへどうぞ。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

続きを読む

sevam_a at 19:27コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年09月30日

オリーブ新漬けとローストパプリカ&フェタチーズディップ

まだ昼間の気温はそこそこ高かったりもするのですが、すっかり秋らしくなりました。
アテネで一番季節を感じさせるのは市場ですね。トラキアメロン、ザクロやマルメロ、とれたてのクルミなど秋の味覚で彩られています。

2019.09.29 meze

9月半ばからつやつやのグリーンオリーブも出回りだしたので、とりあえず2.5kg買って漬けました。去年は漬けなかったんですけど、やっぱり自家製オリーブのある生活はいい!特に塩分控えめでフレッシュな味わいの新漬けはギリシャで(私の行動範囲内では)見かけないものなので、手作りする甲斐があります。




買ってきて洗った状態のオリーブ。画像クリックで仕込み後のも見れます。




これは苛性ソーダの液に浸した後、数日かけて灰汁と苛性ソーダを抜いているところです。

灰汁抜き後、塩を少し加えた瞬間から味見が止まらないです。オリーブ好きな長女もすごい勢いで食べてるし。冷蔵庫にスペースないけどあと一回ぐらいは仕込んでおきたい。

つまみ食いばかりじゃアレなので、昨日は簡単なディップと一緒にシンプルなメゼプレートを作りました。

ディップは以前ご紹介したこちら。

当然ながら、パンとワインが進みます


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ



sevam_a at 14:35コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年08月30日

チーズたっぷり、ナス&トマトパイ

レシピというほどではないんですが、最近何回か作って好評だったお惣菜パイをご紹介します。

2019.08.04 melitzanopita1
Μελιτζανόπιτα με ντομάτα και τυριά

ギリシャ人はパイが大好きで、超定番のチーズパイやほうれん草パイをはじめ、その他さまざまなフィリングや生地を組み合わせたバリエーションが無限にあります。

我が家でもよくパイは食べるのですが、季節の素材やありあわせのもので作っておくと軽食に重宝します。
今月のヒットは、ナスとフレッシュトマトソース、そしてフェタチーズと溶けるタイプのチーズをたっぷり入れた夏らしい味のパイ
チーズをこんがりさせたかったので、上に生地はかぶせずに作ってみました。

フィリングは以前にレシピを載せた
ナスのサガナキと同じような感じです。

トマトソースは生のトマトで作るのが断然おすすめ!
パイ皿にオリーブオイルを多めに塗って、生地を敷きます。うちは毎週日曜日にピザを焼くので同じ生地(小麦粉に塩、イースト、水だけを加え捏ねた基本のピザ生地)を使っていますが、市販のパイ生地やタルト生地でもいいです。
ナスのフィリングを入れ、フェタチーズ、溶けるタイプのチーズ(ゴーダ、モッツァレラなどお好みで)、そしてあればパルミジャーノかペコリーノチーズもふりかけて200℃ぐらいに予熱したオーブンでこんがりするまで焼きます。

※上記レシピの分量だと直径18cmぐらいのパイ皿ひとつ分になります。チーズは好きなだけ入れて下さいね


2019.08.18 melitzanopita

こちらは大きなローストパンで焼いたもの。平たいので見た目がピザっぽいです。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ


sevam_a at 18:04コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年08月17日

チキンとあんずのクリームソース煮

昔はあんずの時期ってもっと短かったと思うんですが、気のせいでしょうか?

2019.08.11 chicken with apricot
Κοτόπουλο με βερίκοκα

シミ島のヨルゴスのタベルナで昔食べたターキーとドライフルーツのクリームソース煮をふと思い出し、チキンとフレッシュなあんずで似たものを作ってみました。

料理の画像を探して、あれはいつだったかな……と過去記事を辿ってみたら、思ってたよりかなり前のことでした。



2006年の記事です。

シミ島にこういう料理があるというわけではなく、シェフが思いつきで作ってみた日替わり料理だそう。家庭料理でもありそうな感じですね。クリーム系のソースは、ギリシャのお母さんやおばあちゃんの料理っぽくエバミルクを使ってみました。

ギリシャではなぜかエバミルクがポピュラーなんですが、コーヒーに入れたりするほか、料理やお菓子にもよく使います(生クリーム感覚?)。何にでもエバミルクってほどでもないけど、安くてお手軽なので使い方によってはなかなかいいですよ。




あんずはフレッシュなものを使うと酸味がアクセントになり、ドライだと甘く仕上がります。どちらでもお好みでどうぞ。いずれもピラフを添えて食べるのがおすすめです


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

続きを読む

sevam_a at 19:55コメント(2)  このエントリーをはてなブックマークに追加
Profile

salahi

アテネ在住。ギリシャ料理を研究しています。家庭料理からレストランの再現料理、オリジナルのモダンギリシャ料理、珍しい郷土料理まで幅広く紹介。
著書:「ギリシャごはんに誘われてアテネへ」(イカロス出版)
Instagram(ID:girisyagohan):記事にしてない日々のごはんや風景写真なども載せたりしています。


ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

・レシピのリンク一括表示はレシピ一覧カテゴリから。

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR

クレタ ラチマス エクストラ バージン オリーブ オイル ギリシャ産 1000ml (1本セット)
普段使いにぴったりのギリシャ クレタ島産オリーブオイル


U'Bay イタリアン シェフ チーズ おろし器 グレーター 四面 24 卸器
ギリシャのキッチンの必需品!



キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶
ギリシャのお母さんのハーブ使いにヒントを得たドリンク


****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE

Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ