料理・食べ物について

2019年01月23日

古代ギリシャ人も食べていた!?イチジクの樹液で作るチーズ

まだ夏のバカンス記事が少し残っていまして、今回はちょっと番外編。シミ島に滞在中は、こんなものも作っていました。

2018.08.28 cheese1
Συκομυζήθρα ξερή

イチジクの樹液を使って凝固させるチーズです。
一般的にチーズは哺乳中の牛や羊、山羊の胃から抽出される酵素であるレンネットを使いますが、植物性のレンネットもいろいろあり、メジャーではないもののイチジクの樹液もそのひとつです。イチジクで作るチーズは古代ギリシャでも食べられていたようで、ホメロスの「イリアス」にもイチジクのミルク(白い樹液)が乳を凝固させる様子が記述されています。

現代のギリシャの家庭でレンネットを使わず作るチーズはレモンやワインビネガーを使うのが主ですが、エヴィ・ヴチナさんの著書にキティラ島のシコミジスラについて書かれていました。ギリシャ語でイチジクはシコ、ミジスラとはリコッタに似たチーズのことです。


2005.09.19 cheese

実は、私がこのチーズを作ったのは今回が二度目。初めて作ったのもシミ島バカンス中で、写真を探してみたら2005年でした。


2018.08.25 cheese1

ずいぶん昔のことなので、もう味も覚えてなかったから新たな気持ちで再チャレンジ(笑)いろいろ調べてみると、熱した乳をイチジクの枝でかき混ぜるだけで固まるという情報もあったのですが、枝を折って樹液を集め、水で少し薄めたものを使いました。今回気付いたのは、イチジクの樹液には苦味があるので、様子を見てなるべく少なく使った方がよさそうです。味は若干の苦味が感じられるものの、レモンやビネガーで作ったフレッシュチーズよりはミルキーかつクリーミーさが際立っているように思いました。


2018.08.25 cheese2

作ったのは少量でしたが、前回とは違う食べ方をしてみたく、乾燥させてアテネに持ち帰ることに。水気を切ったフレッシュチーズに塩を加え風通しのいい日陰で乾かします。


2018.08.25 cheese3

小さかったので、数日で結構乾きました。


2018.08.28 cheese2b

とりあえず完成。
アテネに帰ってから断面写真も撮ったのだけど、PCを買い換えた時に間違って消してしまったのかも?乾燥させたのは少し黄色っぽくみっちりとした仕上がりになりました。


※イチジクの樹液は触るとかぶれることがあるので、もし試される場合、肌が弱い方はご注意下さい。また、ラテックスアレルギーの方は避けた方がいいようです。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ


sevam_a at 18:29コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年01月10日

ジャンボレモンで、レモンチーズケーキアイスクリームとシトロネット

昨日から子供たちの学校が始まり、ぼちぼち日常に戻りつつあります。ほんとは8日からだったんですが、雪で一日休校に……今回、ちょっと長い冬休みでした。ちなみに私が住んでるアテネ中心エリアもうっすら雪化粧でしたよ

2019.01.01 lemon cheesecake ice cream2

さて、前回ちょっと触れたアイスクリームのことなんですが……。
冬休み前に義母がうちに来たとき、庭でとれたレモンを少し持ってきてくれました。


2018.12.14 lemon

記事のタイトルをジャンボレモンとしてみましたが、検索してみると、一般的にそう呼ばれるのはポンデローザという品種だそうですね。義父母宅にあるのは、元々普通サイズの実がなってたのが、ある時からいきなり巨大化したのでまた違うかも?今までこのブログでは巨大化レモンと呼んでましたが、ちょっと変えてみました(笑)周りの話を聞いてると、レモンが巨大化するのは結構よくあるみたいです。

2018.12.15 lemon

大きなレモンって大体皮が厚いので、ピールでも作るのがいい使い道だろうなと思い、中の状態を見るため切ってみました。皮はそこそこの厚さで、果肉もしっかり。


2018.12.15 lemon2

種がなく扱いやすそうです。


2018.12.15 lemon3

とりあえず皮は加工開始し、実はジャムにしてみました。


2018.12.17 lemon peel

ピールを作ってる途中で、酸味をつけるのに中身も要ったのを思い出してジャムにシロップを足して煮ているところ。ジャムの甘さも足りてなかったので、これで丁度いい具合に調整できました。


2019.01.10 lemon

できあがったレモンピールは、一部をお菓子用に取っておいた以外はシトロネットに。これおいしいですよね〜。大好き

レモンのジャムはパンにつけたりするのはそれほど好きではないので、何かいい使い道はないものかと考えてたら、年内に使ってしまわなければならない生クリームの存在を思い出し、アイスクリームに決定。パッと浮かんだのがレモンチーズケーキアイスクリームでした。


2018.12.31 lemon ice cream1

結局それも事情によりすぐには作れず、なぜか大晦日の忙しい時にアイスクリームメーカー稼動……。私がアイスクリームを作る時は、レシピを書こう!と決めてる時以外は完全目分量です(レシピを書く時も、大体こんなもんかな〜と作ってるのを分量メモしてるだけですが)。なのでうろ覚えですが、卵1個とおまじないにコーンスターチちょっとでカスタードを作って、クリームチーズ1パック弱と生クリーム1パックって感じだったかと思います。


2018.12.31 lemon ice cream2

あとで入れるレモンジャムの甘さもあるので、クリームチーズアイスはあっさりとした甘さ。アイスクリームメーカーで混ぜてソフトクリームぐらいの硬さになったら砕いたクッキー(シンプルな配合で作ったもの)投入。容器に移す時に、レモンジャムと段にして入れ、しっかり凍らせる途中でマーブル状になるよう混ぜてできあがりです。

普段、果物&クリーム系のアイスクリームってそれほど食べないのですが、これは作って大正解なおいしさでした。ギリシャらしくするならクリームチーズの代わりにギリシャヨーグルトを使うところですが、今回はあえてクリームチーズで。家族にも、とっても好評でした


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ


sevam_a at 20:10コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年01月02日

バターナッツかぼちゃのお雑煮

今回は白味噌を作ってないのでお雑煮もできないな〜と残念に思ってたのですが、大晦日の夜にこれをふと思いつきました。

2019.01.01 pumpkin zoni

黄色い(笑)
タイトルでバレてますが、故郷京都のお雑煮に思いを馳せ……とろみと甘味はバターナッツかぼちゃに担当してもらったお雑煮です。

昆布だしでかぼちゃをやわらかくなるまで煮、味噌と一緒にバーミックスでガーッと混ぜただけ。甘味と風味のため、自家製みりんも少々。味噌は去年作ったものですが、麹の割合が多めで熟成期間があまり長くない甘めのものがいいです。

おもちは年末に少量だけキッチンエイドで作ってあったもの。私の実家のお雑煮は基本的におもち以外何も入れず、とってもシンプル。仕上げにのせるかつおぶしは必須です。

さて、お味ですが。これが思いのほか満足度が高く、これからは白味噌のない年はこれでいこうと思います(めっちゃ黄色いけど)。

_________________________________

ちなみに、あまりお正月らしい料理はしない我が家の晩ごはんはラザーニャでした。

2019.01.01b

私が参考にしてるレシピでは、手打ちパスタをさっと茹でて水にとり、すすいで水分を拭いて……というのが面倒で、めったに作らないメニュー。でも作る時はいつもこれ。

The Essentials of Classic Italian Cooking


2019.01.01a

あとはオレンジ&アボカド入りのサラダ。ドレッシングはオレンジの実を外した時に出る汁を煮詰め、ワインビネガーとバルサミコでのばして塩、胡椒、ディジョンマスタード、オリーブオイル。

デザートは昨日作ったアイスクリームでしたが、これはまた別の機会に載せることにします。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ



sevam_a at 08:08コメント(4)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年12月27日

風邪っぴきクリスマス

タイトルの通り……

2018.12.26

今年のクリスマスは何もしないでいいやと思ってたんですが、風邪をひいて本当にその通りになってしまいました。とは言え、子供たちと一緒にクリスマスクッキーを作ったり、食事もそれなりに(?)ミートローフやらチキンを用意したんですけど。

画像はアヴゴレモノソースのギリシャ風ロールキャベツと、ザクロをちりばめたサラダです。
おくるみに包まれたキリストを連想させる形のせいか、ギリシャではクリスマス料理のひとつなのですが、今回は丸く成型してみたのでおくるみっぽくはないですね

鼻がきかないので食事が楽しめず、ちょっと残念なホリデーシーズン。新年はすっきりと迎えたいものです。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ


sevam_a at 05:00コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年12月22日

モツ三昧♪

この冬は、ずーっと食べたかったものをようやく作ることができました。タイトルにある通りモツなんですが、家族に嫌がられること間違いなしの食材って、気を使ってしまってなかなか調理できないんですよね。ハードル低めのレバーや鶏の砂肝なんかはたまに買ってくるんですけど。

2018.12.16 pizza

ワンクッションとして、トップ画像は何の変哲もない(と思われる)ピッツァをとりあえず置いておきます。



2018.12.12 offal1

肉市場へ行くたびにチラチラ見てた豚モツ……小腸を買うつもりだったのが、これはひとかたまり全部(一頭分?)じゃないと売ってもらえないらしい。ソーセージも作れていいけど、いきなりこの量はいらないかな〜と、大腸を買ってきました。結局、これもそこそこの量だった(笑)

小麦粉でモミモミしたり洗ってみたわけですが、脂肪についてる細かい汚れが落ちきる気がしなくて、途中ちょっと心が折れそうに焼いて食べる分はせっかくなので生のままにしようと思ってたのはあっさりやめて、その日は時間がなかったのもあり、とりあえず全部下茹ですることにしました。


2018.12.13 offal2

茹でこぼして切ったのをさらに茹でる……。家にモツ臭が充満するのは避けたかったので、下ごしらえは慎重に進めます。そこまで臭くはなかったと思うけど、やっぱり外で煮炊きできるよう一口の電気コンロが欲しいなぁ。


2018.12.14 offal3

で、まずはすごく食べたかったこちら。甲子園の味!こてっちゃん風にみそだれに漬けて焼いたものです。あれは牛モツ使用のようですが、牛モツは見かけなかったので豚で。おいしくて満足


そしてそして、ここへきてトップ画像の説明なのですが、「こてっちゃんピザ」です。某チェーン店の真似(笑)うまーい。これは絶対に作らねばな〜と思ったのですが、正解でした!ちなみにニラはなかったのでねぎたっぷり目で。


2018.12.17

あとは、冬に食べたくなるモツ煮込み。作ったのも食べたのも初めてですが。


2018.12.17b

適当に作ったのだけどおいしくできました。モツ煮込みうどんにしてもよさそうだなと思ったけど、今回は普通に食べてしまいました。
モツといえば、ギリシャの料理でも10年以上(いや、20年…?)作りそびれているのがあるんですよ。この冬、やる気が持続したらようやく作れるかも?


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ


sevam_a at 20:39コメント(4)  このエントリーをはてなブックマークに追加
Profile

salahi


ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

・レシピのリンク一括表示はレシピ一覧カテゴリから。

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE

Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ