レシピ

2018年06月24日

夏らしいフレッシュトマト&オリーブソースの干し鱈ソテー

3月の特売の時に買って、いつか使おう……と寝かせてあった干し鱈の存在をふと思い出しました。

2018.06.22 salt cod
Μπακαλιάρος με φρέσκια ντομάτα και ελιές

夏にぴったりな、手早くできて軽い1品を作りたいな〜と思ってできあがったのがこちら。ギリシャ料理の定番干し鱈料理でトマト系はオーブンで焼くのが一番よく知られてますが、暑い時にオーブン料理はなるべくしたくないですよね。こっちのオーブンって大きいから、使うと部屋が暑くなるし。

というわけで、フレッシュなトマトの風味を生かしてさっと火を通す作り方のを考えてみました。鱈の塩抜きに時間はかかりますが、あとは本当に簡単。フライパンひとつでできるので、後片付けも比較的楽です。

添えてあるのはズッキーニのソテーにフェタチーズをトッピングしたもの。細長く切ったズッキーニを少しこんがりするまでオリーブオイルでソテーして、軽く塩胡椒。器に盛って、砕いたフェタチーズを散らします(もうちょっと凝りたいなら、レモンの皮すりおろしをかけても)。

写真にはありませんが、シンプルなピラフと一緒に食べたらとてもおいしかったです。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ
続きを読む

sevam_a at 19:09コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年06月12日

ぶどうの葉っぱ巻きチキンのスブラキ&ハルミチーズのスブラキ

先週土曜は、変わりスブラキを2種類作りました。

2018.06.09 chicken souvlaki
Σουβλάκι κοτόπουλο σε αμπελόφυλλα

ギリシャ料理のスブラキと言えばシンプルな串焼き肉のことで、基本は豚肉、次に鶏肉で作られるのが一般的。ほとんどの店ではこの2つは必ずと言っていいほどあり、他の肉(もしくはそれ以外のもの)を使ったバリエーションもいろいろあるのですが、モダングリークな変わりスブラキを考えてみるのも楽しいです。


2018.06.08 marinated chicken

今回のこれは、チキンのスブラキとドルマデスをあわせたような料理。肉なしドルマデスに使うハーブやレモンで鶏肉をマリネし、ぶどうの葉っぱで巻いてみました。ただ単にぶどうの葉で巻いてドルマデス風という遊びだけでなく、ハーブのマリネを焦がさず風味を閉じ込める、ぶどうの葉自体の味もプラスされるという狙いが一応あります。

このスブラキは、間にアーティチョークかアスパラを挟みたかったのだけど、もたもたしてたら時期が終わってしまいました。残念……

もうひとつのスブラキは、長女が大好きなハルミチーズです。ハルミはギリシャじゃなくキプロスのチーズですが、ギリシャ料理店ではよく見かけますね。近年はギリシャでも焼きハルミはかなりポピュラーになりました。
ハルミチーズはメーカーによってかなり塩気が強かったりもするのですが、今回のは丁度よくおいしかったです。塩辛い場合は塩抜きしてから使うといいですよ。


分量出してませんが、レシピは続きに記しておきます。
他の変わりスブラキもおすすめなので、ぜひお試し下さい♪

【関連記事】
ウゾオレンジ風味のポークスブラキ
マスティハ風味のチキンスブラキ
アンコウのスブラキ
ソーセージのスブラキ
エビスブラキのギリシャ風ピタサンド
ギリシャなお弁当(チキンのベーコン巻きスブラキ入り)


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ
続きを読む

sevam_a at 18:13コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年06月05日

花ズッキーニの定番2品とドルマデス

普段の晩ごはんは居酒屋メニューっぽいものが多い私ですが、たまにギリシャ料理も無性に食べたくなります。

2018.06.02a

ギリシャ料理では、「マギレフタ」と呼ばれるカテゴリの煮込みやオーブン料理が大好き。ちょっと久しぶりに、こんなのを作ってみました。


2018.06.02b

先週土曜の青空市場で衝動買いした花ズッキーニ。ズッキーニの雄花です。ちなみに花つきのズッキーニもよく売っているのですが、まさに採れたてといった感じの見事な花のついたのが綺麗にディスプレイされている光景は、市場でもひときわ目を引きます。


2018.06.02c

花ズッキーニと言えば、やっぱりこれを作らずにはいられないチーズ詰めのフリット。私も長女も、蜂蜜をかけて食べるのが好きです。


2018.06.02d

サクッと揚がった花ズッキーニの中からトロッと出てくるチーズ……最高の組み合わせですよね。


2018.06.02e

もちろん米詰めも。
花ズッキーニのハーブライス詰め
基本のシンプルなハーブライスフィリングのを一番よく作りますが、バリエーションも捨てがたいのですよね。またそのうち作ろう。今回はちょっと少なめだったので、余ったフィリングはぶどうの葉っぱで包んでドルマデスにしました。


2018.06.02f

花ズッキーニの米詰めやドルマデスはそのままでも十分おいしいし、ギリシャヨーグルトを添えてもさっぱりとしてまたいいのですが、スプレッドタイプのフレッシュチーズとの組み合わせが好きです。
この手のギリシャチーズは日本では多分手に入らないのが残念ですが、フェタチーズとギリシャヨーグルトを混ぜるとなんとなく近いかな〜というものができますよ(今回、料理に添えたのとフリットのフィリングにしたのもそれです)。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ


sevam_a at 18:56コメント(6)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年06月01日

クレタ島のミニチーズラスク

冷たいカクテルを飲みたくなる季節。
うちで作るカクテルは、シンプルな材料を混ぜるだけの低アルコールなロングカクテルが基本。軽いスナックをつまみながら、夏の午後をゆるゆる過ごすのって最高ですよね〜……って、すでに夏休みモードですが、ギリシャの学校はあと10日ほどで休みなんですよ。早すぎ!

19 kavroumadakia
Καβρουμαδάκια με Γραβιέρα Κρήτης

今年、気に入ってよく食べているおつまみはこのチーズラスクです。クレタ島の「カヴルマダキァ」というラスクというかビスケットのようなものなんですが、グラヴィエラチーズ入りのがスーパーやデリで売ってるのを見かけて気になっていたのです。
しかし、カヴルマダキァについて調べてみても作り方などの情報はほとんどなく、市販されてる製品の情報ばかり。これは家庭で作られるものではなく、どこかのパン屋さんが作り始めたものなのかも?ちなみにギリシャでは塩味のビスケット類はチーズ入りや野菜入りなどいろんなのがベーカリーで売っていますが、家庭で作られる伝統的なものは甘いタイプがほとんどです。


2018.05.10 kavroumadakia1
1次発酵済みの生地。

2018.05.10 kavroumadakia2
成形したところ。雑でOK。

そんなわけで、原材料から推測して作ってみたのがこちら。カリッとするまで焼かず柔らかいものが子供たちに人気で、焼いた途端に半分以上が消えてしまうほど。ただのひとくちチーズパンの状態ではカヴルマダキァと言っていいものかは怪しいですが、止まらないおいしさです。


05 kavroumadakia2

つまみ食いはほどほどに……しっかり乾燥するまで焼いたものは結構保存もきくので、作っておくと便利ですよ。


ちなみにカクテルですが、最近よく作ってるのはラキに自家製ベルガモットシロップと炭酸水を加えたもの。画像のはそれをちょっとアレンジしてコールドブリューコーヒーを足し、ガーニッシュに生姜のスライスをのせてみました。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ続きを読む

sevam_a at 19:33コメント(4)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年05月21日

発酵唐辛子ペーストが便利すぎる

去年の秋に作った赤唐辛子ペースト。写真を撮ったつもりがなかったので、すでにかなり減ってますが……。

2018.05.21 fermented chili paste

これを作った一番の目的は、ルイジアナ風のホットソースを作ることでした。タバスコ的なホットソースって買うと高いので、自作したいなとずっと思ってたのです。秋のはじめ頃に出回る生の赤唐辛子を待ち、去年ようやく仕込んでみました。

洗ってヘタを取った赤唐辛子をフードプロセッサーでガーッと潰して、2%の塩を加えます。水も入れたかな?覚えてないのですが、水分がある程度含まれる唐辛子なら必要ないかと思います。この保存瓶にひとつ分できたのですが、発酵して膨らむので溢れて大変なことになりましたブクブクしてるうちは、大きな容器に入れておきましょう。

発酵が落ち着いてきてからは冷蔵庫に入れてさらに熟成させます(よく考えたら、常温でもいいはず)。タバスコは確か2年ぐらい熟成させるようですが、発酵唐辛子ペーストが便利すぎて、すでに半分以下に減ってしまいました。

ちょっと唐辛子を入れたいな〜って時に、これがあると本当に便利なんですよ。使い方の幅を狭めるほどの塩気や副材料が入ってないのがいいです。お手軽な使い方としては、パスタや炒め物などに。私の中では「にんにく&しょうがみじん切りの冷凍」と並ぶ便利食材かも。


2018.05.21 fermented chili paste with koji & lemon

この発酵唐辛子ペーストに麹とレモンをあわせて作った、簡易版かんずりのような調味料もヒットです。これは薬味として大活躍!


2018.05.16

かんずり風ので一品。先日、お友達から春菊を頂いたので、こんなおつまみを作ってみました。作ってあった砂肝のコンフィに、かんずり風唐辛子ペーストを加えよく混ぜあわせ、生の春菊を加えざっと和えるだけ。コンフィじゃなくて、炒めるか茹でるかした砂肝でも作れます。


2017.11.25 chili paste

もうひとつの目的は、自家製豆板醤でした。生唐辛子が出回っているタイミングですぐに仕込みたかったのですが、ちょっとやる気が出なかったりいろいろで。そら豆麹を用意できるまでの間、とりあえず唐辛子を保存するためにも発酵唐辛子ペーストを作っていたのです。結局冬になってから仕込んだ豆板醤、小さい瓶の方は解禁して少しずつ使っていますが、やはり自家製はおいしいです。


2018.05.18 hot sauce

本来の目的だったホットソースも。まだ早いですが、ペーストを使い切ってしまわないうちに一度ぐらいは……と簡単に作ってみました。ペーストにビネガーと塩を足してミキサーにかけ、漉して完成。本当はビネガーを加えてからもちょっと熟成させるのでしょうけど、まあいいかと(笑)漉して残った固形分も、もちろん使えるので捨ててはいけません。

こんな感じで、2年の熟成どころか1年も持たないこと確実な発酵唐辛子ペースト。今度の唐辛子シーズンにはもっとたっぷり仕込もうと思います。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

sevam_a at 18:29コメント(4)  このエントリーをはてなブックマークに追加
Profile

salahi


ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

・レシピのリンク一括表示はレシピ一覧カテゴリから。

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE

Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ