ギリシャ

2019年09月20日

今年のバカンス

またまたお久しぶりです。
長かった夏休みも終わり、先週から子供たちの学校も新年度が始まりました。ちょっと時間に余裕ができたはずなんだけど、早起きがつらくて疲れてたり、あれこれやることがあってブログの方は放置気味になっております

IMGP0510

夏休みといえば恒例のバカンスですが、今年はスケジュールの調整が難しく(行ける時期にフェリーのキャビンが取れるとも限らないので)シミ島には行かないかな〜と思いきや、9月に入ってから1週間弱行ってきました。


IMGP0514

シミ島にはいつも1週間半〜2週間ほど滞在するので食材や愛用の鍋なども持参するんですが、今回はコーヒーなど飲み物やおやつ程度のものだけ持って行って、料理はしない!を貫きました。夜は毎日外食、それ以外は適当なものをつまんで耐えるというスタイル(笑)


IMGP0509

フェリーは夜にピレウスを出てお昼頃シミ島に着きました。今回はフェリーに乗った瞬間に夫のビーチサンダルが崩壊するというトラブルがあったので、まずは新しいビーチサンダル探しから。


IMGP0515

せっかくなので港周辺もちょっと見たいのだけど、まずはサマーハウスの状態も確認しないといけないので(去年はポンプが壊れて大変だった)、必要なものだけ買って家へ向かいます。


IMGP0526

夫が買い物してる間、ちょっとだけお店チェック。


IMGP0518

島のおうちでよく見るドアノッカーや取っ手など。


IMGP0516

ニコレットスのベーカリーは昔と比べかなりクオリティが下がってますが、ここのシミ島風クルラキァは好みの味なんですよ(今回すごい焦げがついてたけど)。そして昔ながらの看板が可愛い。
ベーカリー総合点としてはイァロスにも支店ができたパノルミティスベーカリーがトップだと思いますが、これはまた今度に。

いつもバカンス記事は載せきれないので、ブログの方では2回ぐらいでサラッとまとめる予定です。
たびこふれインスタの方にも記事や写真など載せていきますので、興味のある方はご覧ください


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ


sevam_a at 17:58コメント(1)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年12月04日

シミ島バカンス2018【3】

あっという間に12月。
日々のあれこれで精いっぱいなのと、寒くて半冬眠状態ということもあり……またまたお久しぶりです。ブログネタになるような料理もここ最近は作ってないので、とりあえずのバカンス写真でお茶を濁しておきます。今回はお散歩編。寒いのがほんと駄目なので、(暑いのも嫌だけど)夏が恋しいです。

1
写真はいまいちですが、白いブーゲンビリアと夾竹桃の向こうに集落を望むこの風景が絵のようで気に入っています。


2
ブーゲンビリアでお洒落したドアノッカー。


3
同じおうちの反対側。


4
サボテンの花が蛇のようでいいな〜と思って撮った一枚。


5
花と石壁。


6
買い物帰り。


7
港からの上り道。家までもうひと頑張りのところ。


8
ホリオ(村)の路地。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ




sevam_a at 16:45コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年09月09日

シミ島バカンス2018【1】

今年は8月の最後に1週間ちょっと行ってきた恒例のシミ島バカンス。料理記事の合間に載せていく予定です。

1

この風景は、いつ見ても綺麗だな〜と思います。


2

空港のないシミ島へは、近くの島まで飛行機で行ってそこからフェリーに乗るか、もしくはピレウスから一晩かけてフェリーで行く方法があります。ずっとフェリーだと時間はかかるけど、移動の手間がないので楽。私たちの場合、車も持っていくのでフェリーというのもありますが。
午後にピレウス発で、ひたすらキャビンで寝て過ごしています。今回行きはフェリーがヘレニックシーウェイズので(運行はブルースターフェリーズ)、サービスがブルースターよりよくてとっても快適でした。

※フェリーの画像は後日撮ったものです。去年行った時は建設中だった新しい港が完成していて、大きなフェリーの発着はこちらになった模様。うちのサマーハウスの方から下りてきてすぐのとこなので近くなりました。


3

24日朝に到着。サマーハウスでのバカンスは出だしが肝心なんです。
まずは軽く掃除したり、到着時間が早い場合前に滞在してた家族が使ってた分のタオルやシーツなど洗濯もするんですが、まずはポンプが動くかというのが最重要!シミ島の家では常に水道から水が流れるわけではなく、決まった時間にしか水がこないので、各家に貯水タンクがあります。このタンクはかなりの大きさがあり(うちのは6畳間ぐらいあるみたいです)、よほど水を入れるのを忘れてなければ枯渇することはないんですが、そこから小さな電動ポンプで家中の蛇口へと水が送られる仕組みなので、これが動かないことにはどうにもなりません。
去年は駄目で一日中修理→結局買い替えということになったのですが、今年は普通に動いてひと安心。お腹がすいたと文句を言う子供たちに持参の果物など食べさせたりしつつ掃除と洗濯。朝のコーヒーを飲んだり軽いランチも作る余裕がありました。


4

持参食品で作った昼ごはん。調理器具や調味料も最低限なので、バカンス中は大体こんな感じのものが多いです。追加で必要なものや島で買った方がいいものは現地調達ですが、いつも結構な量の食料や水、愛用の鍋や菜箸(日本人はこれがないと!)などの調理器具も持参します。

写真のメニューは、野菜のスクランブルオムレツ、オリーブオイルラスク、去年漬けたオリーブ。いつも大体ちょっとした自家製の保存食とか瓶詰めなどをバカンスによく持ってくるのですが(こんなのを持って行ったことも)、これがなんだか楽しいのです。ペットボトル漬けのオリーブは持ち運びにも便利でいいですね。
そして、必要なものを必要なだけ持ってきて、ぴったり使いきれた時の気持ちよさ!私のオーガナイズ能力、他の時にも発揮されないだろうか……。


5

いつになく初日から時間の余裕があったので、港方面へ行ったあと、夫の希望でぺディの方へ泳ぎに行きます。海沿いの道路を上りきったところからの一枚。


6

ぺディのひなびた雰囲気、嫌いじゃないです。ここはずっと変わってない気がするな〜。


7

小さな教会の窓に、素敵なディスプレイ。


8

がらくたを使ったディスプレイにセンスを感じさせます。教会の裏の小窓も可愛いですね。


9

ぺディのはずれから、集落を振り返る。


10

アギオス・ニコラオスへ向かう途中のところで泳ぐことにしたのですが、魚介類以外は海にそれほど興味のない私は、やっぱり植物を観察したりの方が楽しい。


11

落ちてた魚にも興味を引かれる。これは何でしょう?


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ



sevam_a at 17:16コメント(6)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年06月25日

マスティハと青紫蘇のカクテル

暑い日が続いています。

2016.06.23 cocktail
ROOTS MASTIHA + AO-SHISO SYRUP + SODA

一時期の40度超えからは少し下がったものの、全く変わった気がしない……あまり冷たいものを摂ってはよくないとわかりつつも、西日の射し込む夕方に飲むカクテルは最高♪
夏になったらやってみようと思っていた組み合わせ、マスティハリキュールと青紫蘇シロップのソーダ割りを作ってみました。

マスティハの風味をつけたリキュールは、ギリシャでは食後酒やちょっとしたおもてなしの時によく飲まれるもの。ギリシャのお酒を使ったカクテルの人気が高まっている昨今、バーカウンターで映えるオシャレなボトルに入ったのもよく見かけるようになりました。

今回は、以前取材をさせて頂いたROOTSのマスティハリキュールを使用。
おうちカクテルなので、凝ったことはしませんよ〜。青紫蘇のシロップと混ぜ合わせ、たっぷりの氷とソーダで満たすだけ。レモンの皮(レモンスライスでも)と紫蘇の葉を飾ってできあがりです。

マスティハと紫蘇それぞれのさわやかな風味が合わさって、一瞬、これは何だろう?と思わせる味。期待した通り、夏にぴったりのカクテルになりました。
好き嫌いが分かれるマスティハですが、こういう使い方なら大丈夫な人も多いかな〜と思います。マスティハ好きな私の感想なので、あてになるかは怪しいですが。
カクテル大好きな長女が欲しがったので、今度は紫蘇シロップとマスティハソーダ(ギリシャではマスティハ風味の炭酸水も売られてるのです)のノンアルコールカクテルを作ってあげようかな?


2016.06.11 shiso

ちなみに、飾りに使った紫蘇はすでに穂紫蘇になっていますが……6月はじめの時点で、すでにこんなことに
こぼれ種にまかせていたら、暖冬のため真冬に芽が出てしまったんです。その後、一瞬雪が降るほどの寒さにもなったんですがしぶとく生き残り、今年は夏を前に終了……。こうなる前に、シロップを作ったり保存してはあるものの、夏にフレッシュな葉がないのは寂しい(涙)
今年は種の収穫もちゃんとしておきたいと思います。


【追記】
自家製マスティハリキュールのレシピを書きました。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ



sevam_a at 19:58コメント(6)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年05月05日

イースターのあれこれ

うっかりしてたらもう随分過ぎちゃいましたが、5月1日はギリシャのイースター(パスハ)でした。

2016.05.01a

朝はやはり、定番のこれ。
ギリシャのイースターエッグ(赤く染めたゆで卵)、チョコチップとサワーチェリーのチュレキ、そして子供たちが作ってくれたパスハリナ・クルラキァ(イースタービスケット)
アンモニアを買い忘れたからクルラキァはベーキングパウダーで作りましたが、やっぱりアンモニアを使った方が食感がいいです。


2016.05.01b

しっとりおいしく仕上がりました^^
チュレキは、ほんのりした甘さの菓子パンです。
通常はマフレピ(さくらんぼの仁)、マスティハ(マスティック)などで風味付けし、イースター用には飾りに赤いイースターエッグを埋め込んで焼きますが、うちは毎年チョコチップと自家製ドライサワーチェリー入りの。これを作らないと子供たちに怒られます(笑)


2016.05.01c

ギリシャのイースターと言えば、焼いたラムが欠かせません。
今年はオーブン焼きのラムレッグでも作ろうかな〜と思っていたのだけど、ちょっと仕事が入ったり、疲れが溜まってたりで余裕がなく一回お休みにしました。家族はラムをあまり好きじゃないので、簡単なポークチョップのメニューに。
その代わり、子供たちと一緒にゆっくり街を散歩してきました。画像はモナスティラキのレストラン。イースターの特別メニューで羊の丸焼きやココレッチ(羊の小腸でモツをぐるぐる巻きにして焼いたもの)を作っていました。


2016.05.01d

向こうに見えるリカヴィトスの丘のふもとからスタートして、中心エリアをぐるっと歩いて帰るコース。イースターから天気がちょっと不安定になっていますが、この時は晴れてて気持ちのいい散歩になりました。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ



sevam_a at 17:23コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
Profile

salahi

アテネ在住。ギリシャ料理を研究しています。家庭料理からレストランの再現料理、オリジナルのモダンギリシャ料理、珍しい郷土料理まで幅広く紹介。
著書:「ギリシャごはんに誘われてアテネへ」(イカロス出版)
Instagram(ID:girisyagohan):記事にしてない日々のごはんや風景写真なども載せたりしています。


ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

・レシピのリンク一括表示はレシピ一覧カテゴリから。

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR

クレタ ラチマス エクストラ バージン オリーブ オイル ギリシャ産 1000ml (1本セット)
普段使いにぴったりのギリシャ クレタ島産オリーブオイル


U'Bay イタリアン シェフ チーズ おろし器 グレーター 四面 24 卸器
ギリシャのキッチンの必需品!



キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶
ギリシャのお母さんのハーブ使いにヒントを得たドリンク


****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE

Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ