ギリシャ

2018年09月09日

シミ島バカンス2018【1】

今年は8月の最後に1週間ちょっと行ってきた恒例のシミ島バカンス。料理記事の合間に載せていく予定です。

1

この風景は、いつ見ても綺麗だな〜と思います。


2

空港のないシミ島へは、近くの島まで飛行機で行ってそこからフェリーに乗るか、もしくはピレウスから一晩かけてフェリーで行く方法があります。ずっとフェリーだと時間はかかるけど、移動の手間がないので楽。私たちの場合、車も持っていくのでフェリーというのもありますが。
午後にピレウス発で、ひたすらキャビンで寝て過ごしています。今回行きはフェリーがヘレニックシーウェイズので(運行はブルースターフェリーズ)、サービスがブルースターよりよくてとっても快適でした。

※フェリーの画像は後日撮ったものです。去年行った時は建設中だった新しい港が完成していて、大きなフェリーの発着はこちらになった模様。うちのサマーハウスの方から下りてきてすぐのとこなので近くなりました。


3

24日朝に到着。サマーハウスでのバカンスは出だしが肝心なんです。
まずは軽く掃除したり、到着時間が早い場合前に滞在してた家族が使ってた分のタオルやシーツなど洗濯もするんですが、まずはポンプが動くかというのが最重要!シミ島の家では常に水道から水が流れるわけではなく、決まった時間にしか水がこないので、各家に貯水タンクがあります。このタンクはかなりの大きさがあり(うちのは6畳間ぐらいあるみたいです)、よほど水を入れるのを忘れてなければ枯渇することはないんですが、そこから小さな電動ポンプで家中の蛇口へと水が送られる仕組みなので、これが動かないことにはどうにもなりません。
去年は駄目で一日中修理→結局買い替えということになったのですが、今年は普通に動いてひと安心。お腹がすいたと文句を言う子供たちに持参の果物など食べさせたりしつつ掃除と洗濯。朝のコーヒーを飲んだり軽いランチも作る余裕がありました。


4

持参食品で作った昼ごはん。調理器具や調味料も最低限なので、バカンス中は大体こんな感じのものが多いです。追加で必要なものや島で買った方がいいものは現地調達ですが、いつも結構な量の食料や水、愛用の鍋や菜箸(日本人はこれがないと!)などの調理器具も持参します。

写真のメニューは、野菜のスクランブルオムレツ、オリーブオイルラスク、去年漬けたオリーブ。いつも大体ちょっとした自家製の保存食とか瓶詰めなどをバカンスによく持ってくるのですが(こんなのを持って行ったことも)、これがなんだか楽しいのです。ペットボトル漬けのオリーブは持ち運びにも便利でいいですね。
そして、必要なものを必要なだけ持ってきて、ぴったり使いきれた時の気持ちよさ!私のオーガナイズ能力、他の時にも発揮されないだろうか……。


5

いつになく初日から時間の余裕があったので、港方面へ行ったあと、夫の希望でぺディの方へ泳ぎに行きます。海沿いの道路を上りきったところからの一枚。


6

ぺディのひなびた雰囲気、嫌いじゃないです。ここはずっと変わってない気がするな〜。


7

小さな教会の窓に、素敵なディスプレイ。


8

がらくたを使ったディスプレイにセンスを感じさせます。教会の裏の小窓も可愛いですね。


9

ぺディのはずれから、集落を振り返る。


10

アギオス・ニコラオスへ向かう途中のところで泳ぐことにしたのですが、魚介類以外は海にそれほど興味のない私は、やっぱり植物を観察したりの方が楽しい。


11

落ちてた魚にも興味を引かれる。これは何でしょう?


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ



sevam_a at 17:16コメント(6)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年06月25日

マスティハと青紫蘇のカクテル

暑い日が続いています。

2016.06.23 cocktail
ROOTS MASTIHA + AO-SHISO SYRUP + SODA

一時期の40度超えからは少し下がったものの、全く変わった気がしない……あまり冷たいものを摂ってはよくないとわかりつつも、西日の射し込む夕方に飲むカクテルは最高♪
夏になったらやってみようと思っていた組み合わせ、マスティハリキュールと青紫蘇シロップのソーダ割りを作ってみました。

マスティハの風味をつけたリキュールは、ギリシャでは食後酒やちょっとしたおもてなしの時によく飲まれるもの。ギリシャのお酒を使ったカクテルの人気が高まっている昨今、バーカウンターで映えるオシャレなボトルに入ったのもよく見かけるようになりました。

今回は、以前取材をさせて頂いたROOTSのマスティハリキュールを使用。
おうちカクテルなので、凝ったことはしませんよ〜。青紫蘇のシロップと混ぜ合わせ、たっぷりの氷とソーダで満たすだけ。レモンの皮(レモンスライスでも)と紫蘇の葉を飾ってできあがりです。

マスティハと紫蘇それぞれのさわやかな風味が合わさって、一瞬、これは何だろう?と思わせる味。期待した通り、夏にぴったりのカクテルになりました。
好き嫌いが分かれるマスティハですが、こういう使い方なら大丈夫な人も多いかな〜と思います。マスティハ好きな私の感想なので、あてになるかは怪しいですが。
カクテル大好きな長女が欲しがったので、今度は紫蘇シロップとマスティハソーダ(ギリシャではマスティハ風味の炭酸水も売られてるのです)のノンアルコールカクテルを作ってあげようかな?


2016.06.11 shiso

ちなみに、飾りに使った紫蘇はすでに穂紫蘇になっていますが……6月はじめの時点で、すでにこんなことに
こぼれ種にまかせていたら、暖冬のため真冬に芽が出てしまったんです。その後、一瞬雪が降るほどの寒さにもなったんですがしぶとく生き残り、今年は夏を前に終了……。こうなる前に、シロップを作ったり保存してはあるものの、夏にフレッシュな葉がないのは寂しい(涙)
今年は種の収穫もちゃんとしておきたいと思います。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ



sevam_a at 19:58コメント(6)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年05月05日

イースターのあれこれ

うっかりしてたらもう随分過ぎちゃいましたが、5月1日はギリシャのイースター(パスハ)でした。

2016.05.01a

朝はやはり、定番のこれ。
ギリシャのイースターエッグ(赤く染めたゆで卵)、チョコチップとサワーチェリーのチュレキ、そして子供たちが作ってくれたパスハリナ・クルラキァ(イースタービスケット)
アンモニアを買い忘れたからクルラキァはベーキングパウダーで作りましたが、やっぱりアンモニアを使った方が食感がいいです。


2016.05.01b

しっとりおいしく仕上がりました^^
チュレキは、ほんのりした甘さの菓子パンです。
通常はマフレピ(さくらんぼの仁)、マスティハ(マスティック)などで風味付けし、イースター用には飾りに赤いイースターエッグを埋め込んで焼きますが、うちは毎年チョコチップと自家製ドライサワーチェリー入りの。これを作らないと子供たちに怒られます(笑)


2016.05.01c

ギリシャのイースターと言えば、焼いたラムが欠かせません。
今年はオーブン焼きのラムレッグでも作ろうかな〜と思っていたのだけど、ちょっと仕事が入ったり、疲れが溜まってたりで余裕がなく一回お休みにしました。家族はラムをあまり好きじゃないので、簡単なポークチョップのメニューに。
その代わり、子供たちと一緒にゆっくり街を散歩してきました。画像はモナスティラキのレストラン。イースターの特別メニューで羊の丸焼きやココレッチ(羊の小腸でモツをぐるぐる巻きにして焼いたもの)を作っていました。


2016.05.01d

向こうに見えるリカヴィトスの丘のふもとからスタートして、中心エリアをぐるっと歩いて帰るコース。イースターから天気がちょっと不安定になっていますが、この時は晴れてて気持ちのいい散歩になりました。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ



sevam_a at 17:23コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年12月15日

シミ島バカンスおまけ編2:帰りはロドス島のリゾートホテルでのんびり

いよいよクリスマスって時の記事じゃないですが、毎年載せそびれているバカンス記事、やっと完走です^^;

rhodes1
夏のバカンスはシミ島のサマーハウスで2週間ほど滞在したあと、ロドス島に寄って2泊ほどしてからアテネに戻るのがお決まりのコースとなっています。
ホテルに泊まりたい&プールで遊びたいという子供たちの希望なんですが、私もやっと家事から解放されてのんびりできるのがうれしい♪

素敵なホテルがいっぱいある中、子供が喜ぶ条件で選ぶので、ウォータースライダーがあること、そして一番重要なのがオールインクルーシブであること。あまりに羽目をはずしたらもちろんストップをかけますが、「好き勝手できる」というのがこのバカンスのポイントなのです。


rhodes2
上記の条件をクリアしているのが、今年で3度目のアリラというホテル。まだ新しいので綺麗です。


rhodes3
さすがに3度目ともなると写真はほとんど撮ってないので去年一昨年のと混ざってますが、部屋はいつもプール付きのファミリールームです。帰りの日はチェックアウトしてから船の時間まで上の道路側の部屋を使わせてもらいましたが、こういうところで泊まるなら、絶対に広くて海側の部屋がいいですね。


rhodes4
白&シルバーのすっきりとしたインテリア。


rhodes5
部屋は引き戸で仕切られていて、こちらは子供が使っていた部屋。


rhodes6
プライベートプール。


rhodes7
今年は一番端っこの部屋だったので、ウォータースライダーのある子供プールまで近くてラッキーでした。


rhodes8
バスルーム。


rhodes9
シャワーブースも別に付いてて便利。


rhodes10
オールインクルーシブだとフード&ドリンクの質があまりにチープすぎるところもあるけど(同系列のホテルでも)、ここは結構ちゃんとしててお得だと思います。


rhodes11
家族のお気に入りはTex-Mex。いつも、着いたらまずここで昼ごはんです。


rhodes12
イタリアンレストランのサラダ。


rhodes13
シーフードパスタ。


rhodes14
パンナコッタ。


rhodes15
ギリシャらしく、スブラキレストランも。夫、ピタ食べすぎ(笑)


rhodes16
スブラキ・ピタ。これは次の記事にもうちょっと詳しく書きます。


rhodes17
バーガーショップでハンバーガー。


rhodes18
ウゼリにて。ティガニァとグラヴィエラチーズ。


rhodes19
シーフードとトラハナの料理。


rhodes20
アイスクリームショップで。ワッフルやクレープなどもあるのですが、いつもすでにお腹いっぱいなのでアイスクリームだけ。


rhodes21
朝食ブッフェも充実。昼と夜もブッフェももちろんあり、滞在中一度はこちらを利用します(やっぱり自分で取ってくるのは子供には楽しいらしい)。


rhodes23
子供たちは断然プール派なのでブーイングが出ますが、夫の希望でビーチへも。ホテルのプライベートビーチじゃなく、車で島の南の方まで行きます。


rhodes24
頭骨が落ちてました。


rhodes25
海ラッパズイセン(Pancratium Maritimum)。ギリシャでは「海のユリ」「聖母のユリ」「海のスイセン」「砂のユリ」などと呼ばれるヒガンバナ科の多年草で、砂浜や海のそばの砂地で咲いているのをよく見かけます。花の時期は8〜10月。真夏の太陽に焼かれた砂浜で風に吹かれる白い花は、儚げなようで強さを秘めています。


あっ、ウォーターパークも行ってたんですが、とりあえずバカンス記事はこれで終了ということで。私はたまには違う島へも行きたいので来年は別のコースで……って言ってるのですが、さてどうなるやら?


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ


sevam_a at 23:19コメント(5)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年10月23日

夏の思い出・南エヴィアでバカンス

諸事情により載せるのが今頃になってしまいましたが、6月のとある週末を南エヴィアで過ごしました。
今年は長女が小学校卒業ということもあり、5月・6月は怒涛のパーティーラッシュ!その最後を飾るのが、エヴィア島に別荘を持つクラスメイトの誕生日パーティーでした。

evia1

いつもパーティーは夫に任せ欠席組の私だけど、さすがに島で泊りがけとなるとパスするわけにはいかず……そんなわけで出発です。

エヴィア島へはその県都であるハルキダへ長女が小さい頃に車で行ったきり。ハルキダは本土と橋で結ばれていて、あまり島という感じがしません。エヴィアは南北に長い島なので、今回行った南エヴィアへはハルキダから入るとかなり回り道になり、普通はアテネの東にあるラフィーナ港からフェリーで渡ります。


evia2

こんなフェリーに乗って、約1時間。
近いので、週末を利用したプチバカンスの行き先として人気です。


evia3

ラフィーナの対岸に位置するマルマリという町に着くと、パーティーの主催者であるヴィキちゃんのパパが待っていてくれました。同じフェリーに乗ってたもう一組と共に、車で先導してもらって目的地へ走ること約10分。
滞在したのは南エヴィアで一番大きなカリストスという町です(写真)。


evia4

真夏には多くの人が訪れるバカンス地とのことでしたが、マルマリもカリストスもあまりツーリスティックな感じはせず、素朴な雰囲気で過ごしやすかったです。
写真は海辺に建つブルジ島(13世紀にヴェネチアによって建てられた要塞)。今回パーティーがメインだったので観光はできなかったのですが、山の上にはカステロ・ロッソと呼ばれる要塞もあります。


evia5

10組ぐらいのファミリーが参加したので、ホテルはみんなで同じところに泊まりました。古いけれどきちんと手入れされていて、最初の印象よりは悪くなかったです。部屋のドアはガラスの引き戸で、鍵の開閉にかなりコツを要しましたが、部屋の広さは申し分なし。


evia6

初日はホテルのプライベートビーチはパスして、他のビーチへ向かう協調性のない私たち。


evia7

南エヴィアの海は綺麗で、カリストス周辺にも素敵なビーチが複数あります。


evia8

教会の建つ小島。
こういうのを見ると、行ってみたくなりますね。


evia9

誰もいないビーチで……。


evia10

ここでもやはり食い気な私は、いっぱい落ちてた貝が気になりました(笑)


evia11

次の日も、ホテルのビーチはそこそこに別のビーチへ。
マルマリのメガリ・アモスというビーチへ行ってみたかったのです。


evia12

ユニークな形をしたこのビーチは、波や潮の流れにより形を変えていくので、次行くことがあればまた違う表情を見せてくれるはず。


evia13

ここはウィンドサーフィンをするのにも人気の場所で、強い北風が吹く時はサーファーで混み合うそう。
私たちが行った時は、風も太陽も穏やかで、泳いだり日光浴するのに最適でした。


evia14

初夏のエヴィアは、海辺の斜面に咲く野の花もまだ綺麗で、ターコイズブルーの海とのコントラストも素敵。


evia15

紫のはタイム。


evia16

こちらは何でしょう?

その夜のパーティーの写真はあまり撮ってないのですが、とても大きくて素敵なおうちでした。子供たちは庭で水風船合戦、大人はドリンクとおつまみを手にまったり。かなり人見知りな私ですが、話せるお父さんも見つけ^^;楽しむことができました(文句言いながらも行ったら楽しむタイプ……それが私です)。

エヴィア旅行の写真はこれで終わりですが、次の記事に続きます。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ









sevam_a at 21:47コメント(9)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
Profile

salahi


ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

・レシピのリンク一括表示はレシピ一覧カテゴリから。

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE

Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ