ギリシャの行事

2016年03月04日

ギリシャの「焼肉の日」

昨日はチクノペンプティでした。

2016.03.03 tsiknopempti

ギリシャ正教の行事のひとつで、3週間続くカーニバルのうち、2週目は肉週間。そのハイライトとなるのがチクノペンプティです。
チクノペンプティは「肉の焼ける煙の匂いの木曜日」といった感じの意味ですが、その名の通り、この日は焼いた肉を思いっきり食べます。起源ははっきりとはわからないようですが、いかにも古代ギリシャのお祭りが元になっていそうですね。


2014.02.20

この日は本当にギリシャ全国で肉が焼かれていて、街を歩いていると肉の焼ける匂いがあちこちから漂ってきます。こんな感じで、煙モクモク〜が正しいチクノペンプティ。ちなみにこの写真はアテネの中央市場で毎年催されていたチクノペンプティのイベントなのですが(2014年2月20日撮影)、数千人分の肉をふるまうのは不況の中厳しかったようで、残念ながら今年は中止になりました。

我が家のチクノペンプティは、例年通りにポークがメイン。
スブラキだったりポークフィレだったり、その時の気分でいろいろですが、シンプルな味付けで焼いたものです。今年は長女の好きなチキンウィングも。
サイドディッシュには、サラダ、ジャジキ、ポテトやピタパンなど。今年は普通のパンを買ってあったのでピタはなしで、その代わりフライドポテトを大量に作りました^^

今年はポークチョップにしたのですが、うちはみんな脂のない真ん中部分だけ食べるので、骨や脂のついた周りの部分は私が一手に引き受けています。自分用のはペティメジ(ぶどうシロップ)を入れたマリネ液に漬け込んでオーブン焼きにし、とってもおいしかったのですが、さすがに多かった。キリスト教徒じゃないけど、復活祭まで肉断ちしてもいいかも……という気分になっています(笑)


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ


sevam_a at 16:30コメント(3)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年03月08日

チクノペンプティ

昨日はチクノペンプティでした。
カーニバル期間2週目の木曜に当たるチクノペンプティは「肉を焼く煙の匂いの木曜日」というような意味で、復活祭前の長い断食期間を前に思いっきり肉を食べる日です。
この日に食べる肉料理は基本的に炭火で焼いたもので、肉料理レストランも大賑わいとなります。

2013.03.07 tsiknopempti1

我が家は例年通り、おうちで地味&控えめにチクノペンプティメニュー。
上の写真は長女用に作ったワンプレートです。
いつもの味付けで焼いたポークチョップに、ギリシャ風ロメインレタスサラダジャジキ。
家族には好評だし私も手抜きできるという嬉しいメニューです(笑)


2013.03.07 tsiknopempti2

こちらの方は、違う味付けで。
仕上げに葱を散らすつもりだったのだけど、写真を撮ってから思い出しました。

家族はみんなポークチョップの真ん中しか食べないので、骨・筋・脂のある周りの部分は私が引き受けることとなっています^^
完全に筋とか脂を除いた部分しか食べられない夫は一番取り分が少なく、私は一番取り分が多い……これはまあ仕方ないですよね〜。

そろそろ使い切りたかった自家製みかんジャムに、醤油・おろししょうが・おろしにんにく・コチュジャン・スモークドパプリカ・黒胡椒・オレンジの皮を混ぜた漬けダレでマリネしておいたものです。
ほんのりオレンジ風味の豚が食べたい気分だったんですよ。別バージョンの味付けも考えてたので、まだその気分が続いたらそれは次回にでも……。

ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ


sevam_a at 13:24コメント(10)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年04月07日

ラザロのスパイスブレッド(ラザラキァ)

いよいよ復活祭までカウントダウン。
ギリシャ正教では明日の聖枝祭(キリアキ・トン・ヴァイオン)から受難週間(メガリ・エヴドマダ)に入るわけですが、その前日はラザロの土曜(サヴァト・トゥ・ラザルゥ)と呼ばれ、キリストの奇跡により蘇ったラザロを模ったパンを焼く習慣があります。

2012.04.07 lazarakia1
Λαζαράκια

毎年、過ぎてしまってから思い出して作れず終いだったのですが、今年は珍しく覚えていたので子供たちと一緒に作ってみました^^

いろいろバリエーションがあるけれど、スパイス、特にシナモンが入っていることが共通点のようです。あとはマスティハ、人によってはナツメグなども。干し葡萄も入っているレシピが多いですが、切らしていたので今回はパス。
でも本来はニスティシモ(精進料理)じゃないといけないはずなのに牛乳を使ってるレシピもあったりするので、結構フリーダム?もちろんちゃんと決まりを守ってる人はその辺気をつけてますが。

2012.04.07 lazarakia2

本当はちゃんとしたレシピを書いて載せたかったのですが、またしても量るのが面倒になってしまい、適当に材料を混ぜてしまったので簡単な説明だけ……レシピはいつか気が向いたら載せることにします。

私流ラザラキァに使った材料は、小麦粉、水、イースト、塩、砂糖(蜂蜜でも良さそう)、オレンジの皮と絞り汁、シナモン、マスティハ、ひまわり油(一応ニスティシモなので。そこまで気にしないならオリーブオイルでも)、飾り用のホールクローブ、胡麻。
イメージとしてはニスティシモのチュレキっぽく、子供好みのふわふわ&甘い味で、ラザロの土曜に焼いて受難週間に食べられるよう、そこそこ日持ちのするパンを目指してみました。

2012.04.07 lazarakia3

成形は、これもいろいろなのですが、基本的には腕を前で組んだ形がスタンダードのようです。両手をクロスさせて、肩にやったポーズですかね?今回は布でぐるぐる巻きにされた姿をイメージした“ミノムシ型”と、普通っぽい人型の2種類。可愛いのは普通の人型な気がしますが、死んだ人を模ったパンにはちょっと怪しいミノムシ型の方がイメージ的には合ってるかもしれませんね。

追記:詳しいレシピは拙著「ギリシャごはんに誘われてアテネへ」(アマゾンリンク)に載せています。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ


sevam_a at 23:04コメント(27)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年02月28日

やっつけサラコスティメニュー

昨日は聖灰月曜日(カサリ・デフテラ又はカサラ・デフテラ)、復活祭までの断食期間(サラコスティ)が本格的に始まる日でした。

2012.02.27

毎度のことながら予定は未定だったし、前日は地方へ出かけたりバタバタしていたので全く準備はしてなかったのだけど、当日になってから「やっぱり何もしないのは寂しいな……」という気分になって、ありあわせの食材でそれっぽい献立にしてみました。

カラマリの米詰め(松の実入り)
ギガンデスのトマト煮(缶詰で手抜き)
ポテトのスコルダリァ
・茹でズッキーニ(塩、オイル、レモンで)
ロメインレタスのギリシャ風サラダ(ラディッシュ入り)
・青唐辛子のロースト(塩、ビネガー、ニンニク、オイルで)
ムスカリ球根のピクルス&カリフラワーのピクルス(市販品)
・ナスのオリーブオイル焼き(写ってないけど、スコルダリァと食べたかったので追加)


この中で一番手がかかってるのはカラマリの米詰めですが、下処理をして冷凍してあったイカを使ったので作業時間は短いです。本当はカランツも入れたかったのだけど、切らしてたので松の実だけで。濃い目の色に仕上がってるのはイカの皮を剥いてない為です。イカの皮を剥くか残すかは好き好きですね。

ラガナ、タラモサラタ、ファソラーダの“カサリ・デフテラ三点セット”は準備してなかったのですが、満足度が高く食後感の軽いサラコスティメニューでした^^


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ



sevam_a at 15:15コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年03月27日

干し鱈のフライ&ガーリックディップ、ビーツサラダのプレート

一昨日、3月25日の晩ごはん。写真は大皿から自分用に取り分けた分です。

2011.03.25

ギリシャ正教では復活祭まで魚食も禁止されているサラコスティ期間の最中ですが、例外的に3月25日の生神女福音祭(受胎告知の日。ギリシャ独立記念日でもある)そして棕櫚の主日(パーム・サンデー。復活祭の前の日曜日)には魚を食べてもいいことになっています。

この2日間には特にガーリックディップを添えた干し鱈のフライ(バカリァロス・スコルダリァ)が伝統的な料理とされています。理由としては“島や一部地域以外では新鮮な魚を食べる習慣が無かった為、魚と言えば常温で保存のきく干し鱈が一般的だった”“干し鱈は魚ではあるが完全に血の無い状態であるから”という説が有力でしょうか。


我が家では子供たちは相変わらず干し鱈には手を出さないものの、夫は数年前から食べるようになったので一応「食べ物関連の伝統はそこそこ押さえておく」というスタンスにのっとり、ここ3年ほどは3月25日の干し鱈メニューを続けています。

レシピはこちら。
ギリシャ風鱈フライのガーリックディップ添え(バカリァロス・スコルダリァ)

上記レシピでは日本でも作りやすいポテトのスコルダリァを紹介してますが、いろんなバリエーションがあり、北ギリシャでは胡桃をベースにしたものが好まれるなど地方色も見られます。
今回は私が好きなパン・ポテト・アーモンドを混ぜたものにしました。過去記事より、アーモンドのスコルダリァのレシピも参考にどうぞ。
分量は適当で美味しく出来ますので、味見をしながらお好みに合わせて作ってみて下さいね。

鱈フライとガーリックディップの間にぼんやり写ってるのはスライスしたナスに薄く小麦粉をはたいてフライパン焼きにしたもの。これもガーリックディップにとても合うのでおすすめです。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ


sevam_a at 18:08コメント(20)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
Profile

salahi


ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

・レシピのリンク一括表示はレシピ一覧カテゴリから。

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE

Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ