ギリシャ食品

2016年09月15日

自家製ローストピスタチオ

秋の訪れを感じさせる食材のひとつが、とれたての木の実たち。

2016.09.04 pistachios1

ギリシャでは8月の後半から9月のはじめぐらいに生のピスタチオが売られてるのをたまに見かけるのですが、ぼんやりしてると見逃してしまう、ごく短い旬の味です。


2016.09.04 pistachios2

ナッツはカビが心配なので、特に鮮度が大事。状態のいいものに出会えた時だけ買ってるのですが、今年は家から少し離れた品揃えのいい市場へ足を運ぶ機会が多かったため、生ピスタチオを堪能しました^^


2011.08.14 pistachio

熟した実の中で、ほとんどはこんな風にすでに殻が割れてるんですよ〜。ギリシャで栽培されている一般的な品種は、粒はそれほど大きくはないものの味がよく、皮がピンクがかっていて可愛いです。

せっかくの生ピスタチオだからそのまま味わうのもいいのですが(栄養価も高いですし)、ある程度の量を買ったら、なるべく早く加工してしまいます。

ギリシャのピスタチオといえば原産地呼称保護認定も受けているエギナ島のものがなんと言っても有名で、それはもちろん高品質でおいしいのだけど、私にとって忘れられない味は、昔プラカにあったグルメ食品店で売っていた自家製ローストピスタチオ。シーソルトとレモンに漬け込んだピスタチオを、時間をかけて焼き上げた……とパッケージに書かれていた記憶があり、それを目指して作っています。

ちょっと調べてみたところ、ギリシャの伝統的なピスタチオ加工法は、クエン酸またはレモン汁を加えた塩水に数時間漬け、余分な水気を乾かしてからローストするのだそう。その方法でもやってみたのですが、塩とレモンだけで漬けたのが好みに近かったので、今のところはこれに落ち着いています。


2016.09.04 pistachios3

本当は大量生産できたらいいのだけど、ちまちまと果皮を剥くのが手間で、だいたい1kgもやれば嫌になります。生そのままの状態、塩とレモン汁で漬けている過程と、それぞれの段階を味わうのも手作りの醍醐味。特に、下味をつけた生ピスタチオは味見が止まらなくなります。

最終的にピスタチオの実1kgからできあがるローストピスタチオの量は400gにも満たないぐらいなのですが、達成感もあり、やっぱり自家製はおいしく感じます。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ



sevam_a at 21:24コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年08月05日

豆とカリポリ野菜のサラダ

あまり料理する気が起きなくて、最近は、自分用の食事は簡単なサラダや野菜料理で済ませることが多いです。

2016.07.28 salad1

私はパンを滅多に食べないし、ごはんやパスタも毎日は要らない方。豆サラダはそれだけで満足感があるので好きです。
茹でた豆と玉ねぎを基本に、その時にある野菜やハーブなど適当に加え、味つけもオリーブオイルは基本ですが、ビネガーやレモン汁で変化を楽しみます。

今回は、早く茹であがって便利な黒目豆に、玉ねぎ、カリフラワー、ズッキーニ、赤いバナナピーマン、青唐辛子。味つけはギリシャ産の5年熟成ビネガーのドレッシングにしましたが、バルサミコタイプのビネガーだけだと甘ったるく感じるので、普通のワインビネガーも加えます。


2016.07.28 salad2

生のカリフラワーやズッキーニの食感が、カリポリ楽しいサラダになりました。あればハルミチーズも加えると、カリポリ、キュッキュ……と、さらににぎやかになりそう。


2016.08.05 aged vinegar with mint

ちなみに、以前カルポスカンパニーさんに参考商品として頂いた、ミント風味のビネガーを使用。バルサミコのギリシャ版のような5年熟成のワインビネガーに、スペアミントと野生ミントをブレンドしてあります。こういうフレーバービネガーって自分ではあまり買わないものだったのですが、簡単な料理でもちょっと手をかけた風になるのがいいですね。
ビネガーの風味に合う料理をいろいろ考えるのも楽しいです。

カルポスカンパニー


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ


sevam_a at 19:20コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年12月07日

ギリシャのハーブリキュールのカクテル&ドリンクプラネット掲載のお知らせ

お酒・カクテルについてのポータルサイトDRINK PLANETWorld Topicsというコーナーで、ギリシャの「ROOTS」(ルーツ)というブランドについての記事を書かせていただきました。

【世界のクラフトシリーズΑ曠リシャ「ファイネスト・ルーツ」

記事は有料コンテンツとなっていますが、登録してなくても記事冒頭のみ見ることができます。主にバー関係者をターゲットとしているだけあり、かなり内容が充実したサイトですので、お酒好きな方にもおすすめです。

2015.12.03 roots1

経営者のひとりであるマノスさんには、イベントでお忙しい中、お時間をとっていただき感謝です。いろんなお話が聞け、とても楽しい取材になりました。

取材中にテイスティングもしたのですが、さらにミニボトルセットのお土産まで。最近のギリシャブランドは、飾っておきたくなるような、お洒落なパッケージのが増えたな〜と思います。ほら、箱からして素敵♪


2015.12.03 roots2

ルーツの4つの製品は、それぞれラベルにプリントされたロゴが違いますが、これにも意味があるのです。


2015.12.03 roots3

ギリシャの飲み物にちょっと詳しい方ならご存知の伝統的なリキュール3種と、そして一番右がオリジナルの「ハーブ・スピリット」。ギリシャ独特の、あるハーブを使っています。


2015.11.12 roots

ルーツのサイトでは自社製品を使ったカクテルも多く紹介していますが、ハーブ・スピリットをベースに、かんきつ類のジュースや蜂蜜、ギリシャヨーグルトといったシンプルな材料で作れるものを試してみました。
これは、すごくおいしい〜!いろんな材料が合わさることにより、不思議と桜を思わせるような香りも感じられます。

ギリシャのリキュールではマスティハなどが現地のバーでもよくカクテルに使われていますが、旅のお土産で買っては持て余していたリキュールも、もっと工夫して使えば素敵なカクテルに生まれ変わったかも?
……と、ちょっと話がそれてしまいましたが、ギリシャにはおいしいものや素敵なものがいっぱい。最近は若い世代が頑張っているので、世界にもっと広まることを期待しています。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ




sevam_a at 20:44コメント(9)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年12月03日

カルポスカンパニーのオーガニック・ケッパーと瓶詰めトマトを使って

いつもお世話になっている株式会社TNC小祝さんのお声がけにより、ぐるなびのippinというサイトでご紹介いただきました。

【レシピ】白ごはんにも合う!料理のアクセントに大活躍、オーガニック・ケッパー

2015.11.10 wild capers

日本で入手可のギリシャ食品を……とのことで、高品質なこだわりのギリシャ食品で定評のある、カルポスカンパニーさんとコラボさせていただいてます。
今回ご紹介しているのは、クレタ島のオリーブ林に自生するケッパーを伝統的な製法で漬けたものです。記事中で簡単なレシピを2つご紹介してますが、マイルドで深い味わいなので、ついついそのままつまみたくなります。

2015.11.10 meze

我が家の定番ゆで卵のメゼにも。
レシピというほどでもないですが、作り方は上記リンクを参考に。添えてあるのはクレタ島の伝統的な肉加工品「アパキ」です。アパキはポークフィレを塩、ワインビネガー、香辛料で漬けてスモークしたもの。タイムやセージなどのハーブも香っておいしいんですよ。ギリシャへ来られる機会があれば、ぜひ味わってみてください。

カルポスカンパニーさんの製品は、昔ながらのよいもの・おいしいものを基本に、ちょっと現代風なアレンジが加えられていたりするのも魅力。パッケージデザインが素敵なので、贈りものにもぴったりです。

今回ippinでおすすめしたクレタ産オーガニック・ケッパーの他にも、参考商品をいろいろお届けいただいたので、少しずつブログでご紹介していこうと思います。

2015.11.11 strained tomato

そのうちのひとつ、【グシアリス社】濃厚! 昔ながらのトマト100%ソース(330g)は、北ギリシャのカルディッツァで19世紀から栽培されている希少な品種のトマトを使用。すりつぶした生トマトをそのまま瓶詰め、煮沸するという、昔ながらの加工法で作られています。そのせいか、瓶詰めだけどフレッシュなトマトの風味が生きているのが特徴。ippinでご紹介したオーガニック・ケッパーのレシピ2品にも生トマトの代わりに使用していますが、とてもおいしく仕上がりました。

「トマトソース」とありますが、ギリシャで売られている瓶詰めの「すりおろしトマト」に近い感じで、オリーブオイルなどは入っていないものです。トマトを使ったさまざまなギリシャ料理に活躍しますが、あまりいろいろ足すのはもったいない気がしたので、シンプルなトマトソースにしてみました。

2015.11.21 hilopites

たっぷりのオリーブオイルで控えめな量のニンニクと玉ねぎを炒め、トマト100%ソースを加え煮ただけです。ギリシャでよく食べられる手打ちパスタ「ヒロピテス」にぴったりなソースになりました。

ヒロピテスは平たい卵パスタで、地方によって長いもの、短いもの、細かく切ったもの……といろいろありますが、作ってすぐに食べる生パスタというよりは、大量に作って乾燥させ、保存食にする場合が多いです。

伝統的なギリシャの夏は保存食作りに忙しいのですが、田舎のおばあちゃん・おかあさんたちは、瓶詰めトマトやヒロピテスもたっぷり一年分作ります。かなりの重労働だけど、手作りの瓶詰めトマトは夏の太陽がぎゅっと詰まったような味がします。そんな昔ながらのギリシャの食卓の風景が思い浮かぶような一品でした。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ



sevam_a at 23:03コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年02月17日

ピスタチオのアイスクリーム

冷蔵庫の中で忘れ去られていた剥きピスタチオを発掘したので、丁度生クリームもあったことだしアイスクリームにしました。

2015.02.15 pistachio ice cream

私は特にナッツ好きではないけど、アイスクリームに限ってはナッツ系に目がないのです。アイスクリームショップへ行くと、ピスタチオやローストアーモンド、ヘーゼルナッツといったナッツ系を選ばずにはいられないほど。
ピスタチオアイスクリームはアーモンドエッセンスで香り付けしたのが結構ありますが、純粋なピスタチオの風味を楽しみたいので、余計なものは何も入れないのが好きです。

ギリシャにはおいしいピスタチオアイスクリームを食べられる店はいっぱいあるし、剥きピスタチオは買うと結構高いということもあって自作は滅多にしないので、作ったのは数年ぶり。

分量は適当だけど、いい感じにできました〜。ローストピスタチオがごろごろ入ったタイプもいいけど、今回は全部細かく挽いたのを加えました。


2011.08.14 pistachio tree

使ったピスタチオは、もちろんギリシャ産です。
ギリシャ旅行のお土産にもポピュラーなピスタチオはエギナ島のが有名ですね。この写真は何年か前にエギナ島で撮ったものですが、アテネ郊外でもピスタチオの木を植えてあるところは結構見かけます。


2011.08.14 pistachio

生のピスタチオを割ったところ。
8月の終わりごろになると、実のまんまの生ピスタチオを市場でも見かけることがあります。おなじみのローストしたピスタチオとは違って、ほんのり甘味を感じさせる、とてもマイルドな味です。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ



sevam_a at 18:13コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
Profile

ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE


****************



Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ