ハーブ

2016年08月16日

夏はアイスで♪グリークマウンテンティー

ここ何日かは風が涼しく、とても過ごしやすいです。
今週後半は36度ぐらいの予報で、また暑くなるかもしれないのですが、すでになんとなく秋の気配も……。

2016.08.14 tsai1

夏が終わらないうちに、暑い時期にぴったりな飲み物も載せておきます。
ギリシャのハーブティーといえば、代表的なのは何と言っても山のお茶(チャイ・トゥ・ヴヌー、グリークマウンテンティー)。バルカン半島やギリシャに自生するシデリティスという植物を乾燥させたもので、産地によって「オリンポスのお茶」「タイゲトスのお茶」「パルナソスのお茶」などという風に呼ばれることも。
ギリシャには17の品種が自生するそうで、見た目も少しずつ違ったりします。

味はあまり癖がなく飲みやすいハーブティーのひとつで、また、さまざまな薬効や健康効果も期待されます。ギリシャでは万能ハーブティーのような位置づけで、免疫力を高めたり、胃腸の調子をととのえたり、また特に風邪にはよく効くと言われています。ちょっと調子が悪いかも?という時に私もまずこのお茶を飲むのですが、なんとなく効いてるような気がします。


2016.08.14 tsai2

この手のハーブティーはホットで飲むのが好きなのですが、夏はアイスティーもおすすめです。子供たちがアイスティー大好きなので、少しでもヘルシーなものを飲んでもらいたいという気持ちもあり、よく作るのがこれ。

普通の紅茶などを淹れるのと同じ要領で、沸騰したお湯にハーブを入れ(1人分=1本ぐらい目安で、短く折ったのを軽く洗ってから)3〜5分ぐらい蒸らします。
レモンバーベナ、ミント、セージなどといった他のハーブをブレンドしても。うちはお料理にも使うスペアミントを入れることが多いです。好みで蜂蜜を加え、甘味をつけます。

ジャグに氷をたっぷり、レモンのスライスも適量入れ、ハーブティーを漉し入れてできあがり。やさしい味のハーブティー、機会があればぜひお試しください。


※山のお茶は、日本では主に通販で買えるようです。「シデリティス」「マウンテンティー」「ムルサルスキー(これはブルガリア産のもの)」などの名前で販売されています。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ


sevam_a at 16:45コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年03月11日

ハーブたっぷりチーズパイ

もうすぐサラコスティ(レント)。
イースターに向けて月曜から動物性の食品などが禁止される断食期間が始まりますが、今週はチーズ週間なのでチーズをはじめとした乳製品や卵をたっぷり使った料理が定番です。

2016.03.09 tyropita1

私も、なんとなくこの時期はチーズパイ(ティロピタ)など作りたくなります。
今回作ったのは、ディル、チャービル、カフカリスラとハーブを3種入れたチーズパイ。
フィロは1枚1枚のばすタイプにしました。


2016.03.09 tyropita2

チーズもいろいろ混ぜてあります。
主にフェタチーズで、あとはギリシャ版リコッタのようなアンソティロ、ケファロティリ(これは、ペコリーノに似てるかな?)。溶けるタイプのチーズも……。
おいしかったんですが、ハーブたっぷりにするなら溶けるチーズをメインにした方が好みだったかも?フェタ系なら、ハーブの他に青菜類も入れた方が好きです。



ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ





sevam_a at 18:13コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年03月10日

ちょっとギリシャ風♪たらこスパゲッティ

主婦のひとりランチに、ささっとできるパスタは定番ですよね。
ソースの材料をあわせておくだけのたらこパスタは、中でも一番お手軽なメニューのひとつ。ギリシャではタラモサラタの材料としておなじみの「タラマ」で代用して作っています。

2016.02.11 spaghetti with tarama
Σπαγγέτι "espressi" με ταραμά

ただ、たらこパスタっておいしいけど食べてる途中で結構飽きてきてしまう……(特に、ペースト状のタラマで作る場合)。なので、野菜を入れたりハーブを加えたりして、味や食感に変化をつけるのが好きです。

よく作るバリエーションのひとつが、ちょっとギリシャ風にアレンジしたタラマスパゲッティ。なんてことはないのですが、たらこスパによく使われるバターではなくオリーブオイル。そして、レモンとディルでギリシャっぽい爽やかな味に仕上げています。


2016.03.01 spaghetti espressi

使用したパスタは、今回ヘリオスパスタさんからレシピの依頼があった「スパゲッティ・エスプレッシ」。ギリシャにも早茹でパスタがあったんですね〜。
エスプレッシラインにはスパゲッティとペンネがあり、こちらのスパゲッティは2分で茹で上がります。

食感を重視すると、やっぱり普通のスパゲッティに軍配が上がりますが、何といっても2分でできるのはかなり魅力的。とにかく手軽に作って食べたい時、子供がおなかを空かせて待てない時などに便利です。

茹で上がるまで本当にあっという間なので、お湯が沸くまでにソースを用意しておくのが鉄則。このタラマソースはまさにぴったりです^^




こちらのレシピもショートバージョンの動画がアップされていますので、よろしければご覧ください。
レモンは直接タラマ(たらこ)にかけてしまうと苦味が出るので、オイルでワンクッション置くのがコツです。

もうひと手間加えて、具を足せばさらにおいしいですよ。
私のお気に入りは、アスパラやイカです。あまりごちゃごちゃしないよう、単品の具を加えるのが好きなので、どちらかひとつで。パスタを茹でる時に加えて一緒に軽く茹でます。


ヘリオスパスタの情報は下記リンクから。
http://www.heliospasta.gr/
ヘリオスパスタはFOODEX JAPAN 2016出展中です!(小間番号:5F03)


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ



sevam_a at 19:09コメント(7)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年11月10日

シミ島バカンスおまけ編1: チキンとプルーンのハーブ風味煮込み

シミ島バカンスの記事にも書きましたが、毎年、最終日は村はずれの土地の様子を見に行くことになっています。

2015.11.02 kotopoulo me votana ke damaskina
Κοτόπουλο με Δαμάσκηνα και Βότανα

実を言うと私も子供たちも飽きているのですが、散歩と運動も兼ねて。
途中の道で野草を観察したり、野生のセージを摘んでくるのはちょっと楽しみです。


2014.08.26 wild sage

セージに少し似た植物はいっぱい生えているのだけど、本物のセージは、いつもの通り道には一株しか生えてないんですよ。いつも、ちょっとだけ摘ませてもらいます。


2014.09.26 wild sage

夏の暑い時ですから、アテネに戻るまでにはカラカラの乾燥セージになっています。

ギリシャでは料理にもセージは使いますが、どちらかというとハーブティーとして飲むことが多いです。なんとなく「おばあちゃんのハーブティー」みたいなイメージがあるようで、夫も祖母がセージのハーブティーをよく飲んでいたのを思い出すそう。
セージのお茶は独特の癖があるので私はちょっと苦手なのですが、胃の調子が悪い時や、風邪をひいてる時に飲むと効くような気がします。

せっかくなのでセージを使った料理を……と考えてたら、シミ島の野生セージで作るのにもってこいな一品を思い出しました。
何年か前に、ホリオの広場前の「シロゴス」というタベルナで出会った「チキンとプルーンのハーブ風味煮込み」です。

料理名に惹かれ(※)頼んでみたものの、実を言うと、あまり感動しなかったその料理。失礼ながら、過去記事には「面白みがない」という感想を記しています。→関連記事

※ギリシャ料理にハーブ(ミロディカ)は多用されるので、ハーブを使った料理自体は珍しくともなんともないのですが、料理名にヴォタナ(これもハーブを意味する言葉ですが、薬草というニュアンス)という言葉が使われていると、ハーブ感が強調される気がして惹かれます。

かなりあっさり淡白だったその料理。もうちょっとこっくりと煮て、塩も効かせたらよくなるのではないかな?と(偉そうですみません……)作ってみた結果が一番上の写真です。

結果、また作ってみたいぐらいに私は気に入りました。独特な香りは好き嫌いが分かれるかもしれませんが。
レシピを載せておきますので、興味のある方はぜひお試しください。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ


続きを読む

sevam_a at 19:53コメント(8)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年05月24日

アンチョビマリネのっけサラダと、おつまみいろいろ

夏休みまで、あと2週間ちょっと。
今月来月はイベント目白押しで、そのあと夏のバカンスも控えてるので超節約モードです……。

2015.03.23 salata me gavro marinato

粉ものや買い置きの乾物に、頂きものの野菜&果物やチーズでなるべくやっていこうと頑張ってます。キロ5ユーロぐらいまでの安い魚も活用したいものですが、家族が食べないと意味がないんですよね。
カタクチイワシなら次女以外は食べるので、長女が大好きなアンチョビマリネを久々に作りました。

アンチョビマリネはそのまま食べてもいいけど、サラダに入れるのも好きです。
先日作った、アーティチョークのオイル漬けもトッピングに。アーティチョークのオイル漬けもアンチョビマリネも、市販のは大体ひまわり油など癖のない植物油に漬かってますが、味にこだわるとやっぱりオリーブオイルがいいんですよね。ただ、オリーブオイルの場合は冷蔵庫に入れておくと固まってしまうのが難点です。

ドレッシングはいつものヴィネグレット(塩、胡椒、ディジョンマスタード、ワインビネガー、オリーブオイル)を、アーティチョークが漬かってるオイル使用で。具財が酸味のあるものばかりなので、ビネガーはかなり控えめに。オレガノも少し加えました。

アクセントに、レモンの皮も削いでトッピングすると爽やかです。


2015.05.22 gavros

カタクチイワシを買うと、2/3ぐらいはアンチョビマリネに、残りは小麦粉をまぶして揚げて、そのまま食べたり南蛮漬けにします。今回は夫用の晩ごはんの1品に挟み焼きも。

イワシでもよく作る挟み焼きは、開いて骨をとった身を2枚あわせ、間にハーブやニンニクなどを挟んで作ります。今回のは伝統的なギリシャ料理からは外れますが、ずっと冷蔵庫で眠ってた塩レモン(これ、いつ作ったんだろう……)と、ニンニクのみじん切りをフィリングに。小麦粉ではなくセモリナ粉をまぶして香ばしく揚げ焼きにしました。仕上げにパラッとオレガノをふってできあがり。はい、完全におつまみです(笑)


2015.05.21 pseftokeftedes

貧乏人のミートボールとも言う、ベジなケフテデスもいろいろ。
チーズをたっぷり入れたズッキーニのケフテデス……は、残らなかったので、私の晩ごはんにはファヴァのケフテデス、ズッキーニの花とフェンネルのケフテデス。本当はパイを作ろうと思って買ったフェンネルなのですが、やる気が出なかったので^^;

ズッキーニの花はわざわざ買った雄花ではなく、ズッキーニにくっついてた雌花です。萎びてたら捨てちゃうんですが、なんとか使えそうな鮮度だったので、ざっくり刻んでケフテデスのたねに混ぜ込みました。
ズッキーニの花って繊細な味ですが、ハーブのケフテデスに混ぜても意外に存在感があります。捨てないでよかった!


2015.05.23 koukia

大好きなそら豆も、そろそろ終わり。
莢ごと煮て食べる未熟そら豆から、生でもおいしい若そら豆、そして黒い筋の出てしまったものまで、4か月ほど楽しみました。



ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ



sevam_a at 23:15コメント(6)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
Profile

ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE


****************



Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ