パスタ

2019年03月08日

ギリシャ風マカロニパイ

四旬節目前のチーズ週間。うちは特に肉断ちはしてないんですが、久しぶりに食べたくなったマカロノピタ(マカロニパイ)を作ってみました。

2019.03.08 makaronopita
Μακαρονόπιτα

以前にも一度載せたのでその時に書きましたが、パスタにチーズや卵を混ぜて焼き上げたパイ。フィリングだけを焼くお手軽タイプもありますが、これを食べたくなる時ってダブル炭水化物に挑みたい気分なんですよ。あと、フィロを作りたいというのもあります。

ちなみにギリシャのダブル炭水化物パイは他のバリエーションもあって、トラハナを使ったトラハノピタ、ポテトを使ったパタトピタ、お米を使ったリゾピタなど。普通のチーズパイよりも安上がりにできて、食べごたえ満点です(断食バージョンでチーズなどの乳製品や卵を使わないのもあります)。


2019.03.08 makaronopita 9

詳しいレシピを書いてみたので、興味のある方はぜひお試し下さい。パイって面倒そうだし、かなり手順や注釈が多いので敬遠されてしまう気がしますが、しっかりレシピを読んでから作ると難しくはないと思います。

試しにどれくらいの時間がかかるか今回計ってみたのですが、材料を最初にそろえておかず出しながら、急がずリラックスしたスピードで作ってオーブンに入れるまでが1時間ほど。プラス焼き時間でした。途中生地を休ませパスタを茹でてる間とかパイを焼いてる時間にささっと洗い物をしたりサラダを作ったりしたら、パイが焼きあがると同時に片付けも済んですぐ食事もできる状態になります。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ
続きを読む

sevam_a at 22:23コメント(4)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年02月21日

フライドオニオンたっぷり!ハルキ島パスタ

前々回に投稿したイチジクの樹液チーズの続きです。
古代ギリシャ人も食べていた!?イチジクの樹液で作るチーズ
せっかくなので何か料理に使いたいなと思い、でもシンプルな使い方で……こんなパスタを作りました。

2019.01.16 makarounes
Χαλκίτικα μακαρόνια (Μακαρούνια)

ハルキ島の郷土料理パスタです。
去年の夏のバカンスの時に日帰りでハルキ島に立ち寄ったのですが(これはバカンス記事の続きに書くつもりだったのに、まだそこまで到達していません)、その時にぜひ食べてみたかったのがハルキティカ・マカローニャもしくはマカルーニャと呼ばれるローカルパスタ。普通の小麦粉で卵などは入れずに作るシンプルなパスタに、たっぷりのバターで揚げるようにして炒めた玉ねぎとチーズをトッピングしたものです。

ちなみにドデカニサ諸島の他の島でも似たようなパスタを作りますが、ハルキ島のマカルーニャは薄くのばした生地を細く短く切るのが特徴。トッピングのフライドオニオンはドデカニサ諸島の料理独特で、パスタだけでなくレンズ豆ピラフドルマデスなど他の料理にも使われます。


2019.01.16 makarounes2

生地は中力粉に塩少々と水を適量加え、なめらかになるまで捏ねて30分以上休ませます。
本当は麺棒でのばして作るつもりだったのだけど、調理台を洗うのが面倒になったのと、時間があまりなかったのでパスタマシン使用です。タリアテッレなど作る時よりも薄くのばし、細いカッターで切って出てきたところを6cm長さぐらいにハサミで切っていきます。打ち粉をまぶして広げ、時間があれば1時間ほど乾かします。

この間に、フライドオニオンの準備もしておきましょう。粗みじんに切った玉ねぎを、たっぷりのバターもしくはオリーブオイルとバターで揚げるように炒めます。色づいてきたら、焦がさないよう気をつけて茶色くなるまで炒めます。チーズは前述の通りイチジク樹液で凝固させた自家製のを使いましたが、リコッタに軽く塩をしておいたものと、あまり塩辛すぎない羊乳のハードチーズをあわせて使うとよさそうです。


2019.01.16 makarounes1

パスタを茹でて水気を切り、チーズと交互に重ねて器に盛ります。たっぷりのフライドオニオンをバターごとかけてできあがり。シンプルですがなかなかおいしいです。



さて、こちらがハルキ島の風景と……

2018.08.30b



ハルキ島で食べたマカローニャ。

2018.08.30

船酔いでぐったりしつつ港の適当なレストランに入ったのですが、ハルキ島パスタが評判のお店だったようです。本場のマカローニャはかなりソフトな食感だったので、日本人がパスタに求めるであろうコシとかモチモチ感はなし。自作する時もアルデンテは目指さないで下さいね(薄くて細いので柔らかめな茹で上がりになるかと思いますが)。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ



sevam_a at 23:48コメント(3)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年09月27日

「冬バジル」と胡桃のペストで手打ちパスタ

夏休みが終わり、もうそろそろ秋って時にバジルの鉢植えを新たに買ってきました。

2018.09.25 striftoudi2
Στριφτούδι με πέστο χειμωνιάτικου βασιλικού με καρύδια

こんな時期に〜って感じかもしれませんが、ギリシャには「冬バジル」(ヒモニァティコス)もしくは「アトスバジル」(アギオリティコス)と呼ばれる品種があります。ギリシャのバジルの品種としては、葉が細かくこんもりと茂るタイプもあり、こちらもまだいっぱい売ってるのですが、今からだとヒモニァティコスの方がいいかな〜と思い購入。


2018.09.12 basil

英語の名前はGreek columnar basil(グリーク・カラムナーバジル)で、学名はソースによって違っててよくわからないのですが、Ocimum x citriodorum ‘Greek column’?レモンバジルの近縁種とされますが、特徴はレモンバジルとはかなり異なります。英語名からわかるように、縦に長く背が高く育って草丈は1m近くにもなります。また、ギリシャの聖地アトス山の修道院から持ち帰ったバジルが数年で2mを超える高さに育ったという例もあり、以前ニュースになっていました。

ヒモニァティコスという名の通り、冬の寒さにも比較的強いバジルと言われますが、やはり低温になると普通に枯れてしまうので、冬季は屋内に移すなどして育てると何年ももつそうです。私はいつも枯らしちゃうのですが、もしかしたらあきらめずに水やりしてたら春に復活したのかも……?今回は冬越しできますように。ちなみにこのバジルは花は咲かないらしく、挿し木で増やします。

香りはシナモンやクローブなど温かなスパイスを感じさせ、ギリシャ料理にもよく合います。ちょうどとれたての胡桃も市場に出てきたことだし、この2つをあわせてペストソースを作りました。


2018.09.25 striftoudi1

パスタは手打ちで。ギリシャのクレタ島に、トロフィエそっくりのパスタがあったな〜と思い出して作ってみました。
クレタ島のパスタメーカーから出てる伝統的なパスタシリーズに「ストリフトゥディ」というのがあるんですよ。


2009.03.08 Cretan pasta2

画像左がそれ。トロフィエそっくりじゃありませんか?(昔撮った小さい画像しか残ってなくて粗いですが)
調べてもこの市販パスタの情報しか出てこないので、クレタ島のどこの地域のものなのか、そもそも本当にこういう伝統パスタがあるのか……というのはよくわかりませんが。


ペストと合わせ、見た目はイタリアン、心はギリシャ?なパスタでした。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ


sevam_a at 18:59コメント(4)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年08月10日

スパイシートマトソース煮なすのブカティーニ

ブカティーニってめったに食べたくならないんですけど、ものすごく久しぶりに「そういう気分の時」がめぐってきました。

2018.08.09 makaronia me melitzanes kokkinistes
Μακαρόνια με μελιτζάνες κοκκινιστές

ギリシャでは肉のコキニスト(スパイスなどで風味をつけたトマトソース煮込み)とよく合わせますが、今回は肉の代わりにごろごろ大きく切ったなすで。ちょっと放置しすぎて皺が寄ってきたなすがあったので、慌てて使いました。

それにしてもブカティーニって食べにくいですよね……ちょっと意味のわからないパスタだな〜って食べ始めはいつも思うのですが、がんばって食べてると段々よさがわかってくるような気がします。

奥にあるもう一品はズッキーニのワインビネガー煮サラダ。ピクルスっぽくかなり酸味のあるもので、こちらも久々の登場でした。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

sevam_a at 21:49コメント(2)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年03月08日

クレタ島の手打ちパスタとアパキを使った2品

前回の続き。自家製のアパキはそのままで全部食べてしまいたいのをぐっと我慢して、パスタにも使ってみました。

2017.09.20 pasta1

モダンなクレタ料理レストランで結構よく見かけるのが、スキュフィフタというパスタとアパキの組み合わせです。


2017.11.12 skioufichta

クレタ島の伝統的なパスタのひとつスキュフィフタはカヴァテッリに似たもので、バターやチーズでシンプルに食べるのですが、煮込みなどと合わせるのも好きです。近年は普通のスーパーでも乾燥のスキュフィフタをよく見かけるようになり、レストランで使っているのもこれですが、この形状の乾燥パスタは硬い部分が残りがちなのがちょっと難点。作るのがとても簡単なパスタなので、最近ではもっぱら手作り派です。


2017.09.20 pasta2

まずは、間違いない組み合わせのアパキ&マッシュルーム。味的にはアパキは小さく切ってマッシュルームとともに炒めた方が味の絡みがいいのですが、見た目重視でスライスしたのをソテーしてのせました。


2017.09.20 pasta3

使ったのはチキンのアパキです。マッシュルームとの相性のよさは言うまでもないですね。そして、むっちりとしたパスタ……書いてたらまた食べたくなりました。



2017.11.12 skioufichta me apaki ke kolokytha1

もう1品は、ポークのアパキとバターナッツかぼちゃ。チーズは少し酸味のあるクシノミジスラ(※)を使い、かぼちゃの甘みを引き締めています。


2017.11.12 skioufichta me apaki ke kolokytha2

ハーブも入れてますが、セイボリーかオレガノか……?何だったのか忘れてしまいました。記事は早めに書いておかないとだめですね。

※ミジスラはリコッタチーズに似たフレッシュチーズ。クレタ島のクシノミジスラ(サワーミジスラ)は、発酵による独特の酸味があります。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ


sevam_a at 19:59コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
Profile

salahi


ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

・レシピのリンク一括表示はレシピ一覧カテゴリから。

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR

クレタ ラチマス エクストラ バージン オリーブ オイル ギリシャ産 1000ml (1本セット)
普段使いにぴったりのギリシャ クレタ島産オリーブオイル


U'Bay イタリアン シェフ チーズ おろし器 グレーター 四面 24 卸器
ギリシャのキッチンの必需品!



キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶
ギリシャのお母さんのハーブ使いにヒントを得たドリンク


****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE

Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ