マスティハ

2017年02月23日

大人のレモネード♪マスティハレモンカクテル

今週は、よく晴れてとても気持ちのいいお天気。

2017.02.17 mastiha lemon cocktail

こんな時はカクテル気分になるんですよね〜。
自家製レモネードに去年作ったマスティハリキュールを合わせ、お手軽なカクテルを楽しんでいます。

毎年、今ぐらいの時期はレモンをいっぱいもらうので、うれしいながらも加工作業に追われます。いろいろ作っているのですが、皮はレモンこしょう、汁はレモネードにするのが一番手っ取り早く大量消費できますね。
レモンスライスを蜂蜜に漬けるだけの蜂蜜レモンもいいのですが、今の時期はまだあまり食べる気分じゃないので、もうちょっと暖かくなってから……。うちでよく作るレモネードは、レモンの汁を絞って香り付けに皮も少々。そこに蜂蜜や砂糖を混ぜて漉しただけのシンプルなものです。

普通に水や炭酸水で割るのもいいですが、私は「大人のレモネード」にする方が多いです(笑)
マスティハリキュールを加えるだけで、かなり印象が変わるんですよ。リキュールの代わりにマスティハウォーターを使えば、ノンアルコールカクテルにも。あればお好みのフレッシュハーブをガーニッシュにすると、香りがアクセントになりさらにおいしいです。


レモンのカクテルと言えば、過去記事から、こちらもおすすめです♪(時代の先を行きすぎていたかも…)
塩レモンサワー


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ


sevam_a at 19:30コメント(6)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年07月25日

自家製マスティハリキュール

前回の続き。
もうおわかりかと思いますが、マスティハリキュールを作っているところでした。

2016.07.18 mastiha
Λίκερ Μαστίχα

日本にいる妹が、「マスティハと青紫蘇のカクテル」を見て、飲んでみたい!と言ってたんですよ。リキュールを送るのは規制もありちょっと難しそうだけど、マスティハそのものなら封筒でも送れますし、こんなもんかな……と書いてみたレシピを添えてプレゼントしました。

レシピを書くからにはもちろん自分でも仕込んだのですが、その完成品が上の写真です。
ただの液体って、写真難しいですね〜。撮影用の小物など持ってないなりに、一応ギリシャなイメージでスタイリングしてみました(笑)

マスティハについては以前に何度か書いているので、この辺を参照してもらうとして。その風味をつけたリキュールは、ギリシャでポピュラーな食後酒のひとつです。マスティハには消化を助けたり胃腸の働きをととのえる効果があるとされているので、心なしかおなかがすっきりするような気がします。

市販のマスティハリキュールは醸造アルコールとマスティハを原料に、マスティハを蒸留することにより風味をつけ、砂糖のシロップで甘みとアルコール度数を調整して作られます。
家庭バージョンだと蒸留の手間は省き、醸造アルコールもしくはラキやチプロ(ぶどう滓の蒸留酒)でマスティハを漬けて、シロップとブレンドするのが一般的なよう。少し入手が難しい醸造アルコールをわざわざ使うならこの方法でやる価値はあるのですが、アルコール度数の低い(と言っても40度はありますが)ラキやチプロで作るなら、普通の果実酒の作り方でいいのでは……と思ってやってみたのが後述のレシピです。

妹には氷砂糖とホワイトリカーで実験してもらうとして、私が使ったのは知人にもらったクレタ島の自家製ラキとグラニュー糖。ギリシャでは普通のお店に氷砂糖は売ってないので、一般的なグラニュー糖をあえて使いました。


2016.06.30 mastiha

仕込んですぐは、こんな感じ。
日が経つにつれ小さな粒状に溶けていくのは見られましたが、うちのは沈んだまま。砂糖を溶かすためにかき混ぜたら、全部くっついてひとつになりました。1ヶ月弱経った今でも全て溶けず、瓶の底にナメクジみたいになってへばりついてますが、風味は十分に出たのでこれで完成とします。

早速試飲し、アイスクリームにかけたりカクテルにも使ってみました。ラキを使っているので市販のマスティハリキュールのようなクリアな味わいではないものの、低コストで作れる家庭版としては悪くない出来です。

マスティハの風味は日本人にはかなり好き嫌いが分かれるところですが、マスティハは日本でも入手できるようですし、興味のある方はぜひ作ってみてください!
レシピの分量では普通のマスティハリキュールぐらいかややあっさり目の甘さになりますが、砂糖控えめで作れば料理にもいろいろ使えますよ〜。

簡単な使い方としては、アイスコーヒーに入れるのもおすすめなんですが、もちろんギリシャの国民的飲料「フラッペ」でお試しください♪
ちなみに、かなり前に書いたフラッペの記事をSUKIMANOさんで紹介して頂いてます。

ちょっとしたひと手間でいつもと違うコーヒーブレイク☆アレンジコーヒーまとめ

インスタントコーヒーを泡立てるだけでおいしさアップ、しかもギリシャ風!なフラッペは、暑い時期にぴったりです。
マスティハリキュールの他の使い方も、また機会があれば載せていきます。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

続きを読む

sevam_a at 18:57コメント(3)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年07月21日

もはやペット!?マスティハちゃん♪

今回は、ちょっと趣向を変えまして……妹にもらった画像を使っての投稿です。

Mastiha1

これ何だと思いますか〜?

例のごとく、タイトルでネタバレしてますが。すごく綺麗でしょ?


Mastiha2

先月の終わり、日本の妹にマスティハを送ったんです。
粒の大きさでグレードが分かれてるのですが、これはスーパーでよく見かける中粒ので1.8〜1.9ユーロぐらい。ギリシャの家庭では主にお菓子の風味付けに使います。
以前はいろんなメーカーのを見かけたのですが、最近は規制・管理されてるのかマスティハ生産者組合認定のばかり。このように粒が大きめのは柔らかくて砕きにくいから、安い小粒のでいいんですけど。


Mastiha3

それはさておき、妹の元へやってきたマスティハちゃん。瓶に入れて観察されています。
最初は小石(?)の陰に隠れていたのですが……


Mastiha4

そろそろと顔を出し……


Mastiha5

ふわふわ漂ったり、分裂したりしていて可愛い
完全にペットだそうです(笑)


Mastiha6

最近のマスティハちゃんは、のっそりした風貌になってるよう。これも可愛いですね。


また詳しくは次回に〜


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ


sevam_a at 19:01コメント(3)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年07月11日

マスティハ風味のチキンスブラキ

理想のチキンスブラキを目指して、作ってみました。

2009.07.07 chicken souvlaki with mastiha
Σουβλάκι κοτόπουλο με μαστίχα

スブラキと言うと普通は豚肉の串焼きのことで、バリエーションとしてこちらもかなり一般的なのが鶏肉を使ったものです。その他は、牛、ラム、魚や変り種のダチョウなんてのもあるんですが、それはさて置き。店でチキンのスブラキを頼むと、皮無し胸肉で作ったものばかりなので、大抵はパサパサでがっかり…ということに^^;

それじゃあモモ肉で作ってやろうと思っても、ギリシャでは骨無し鶏モモ肉は皮も剥かれているので、皮付きのがよければ自分で捌くしかないんですよ。今回のこのスブラキは、頑張って手羽を捌いて使いました。

実はチキンのスブラキは以前にも紹介したのですが、これ↓をマリネに使ってみたかったので…。
mastiha

ほんのりマスティハの香る、チキンスブラキです♪
お菓子やリキュールによく使われるマスティハだけど、料理に使っても美味しいんですよ。マスティハの香りを生かす為、ハーブは無しにして隠し味にシナモンを加えてみました。
マスティハを手に入れないことには同じのは作れませんが、普通のチキンスブラキも美味しいので是非お試し下さい^^

例によって、レシピは続きへどうぞ。
お手数ですが、応援クリックもして頂けると励みになります
人気blogランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

続きを読む

sevam_a at 18:03コメント(22)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年01月17日

ヒオス島のマスティハ

何だか今日は「ヒオス島のマスティハ」についてのお問い合わせや、マスティハに関する検索で来られる方がすごく多いのですが...テレビか何かで紹介されたんでしょうか?
気になるので、誰か教えて下さい

1月18日追記:メールやコメントで教えて下さった皆様、ありがとうございました!おかげでスッキリしました^^

mastiha

マスティハについてはこのブログでも何度か取り上げたのですが、ヒオス島の特産品であり重要な収入源です。ピスタチオの仲間であるマスティックの木から採れる樹脂は古代から薬品や香料として珍重されているもの。最古のチューインガムでもあり、口臭をおさえたり胃をスッキリさせる効果があります。殺菌効果が強く、ピロリ菌に効くということがわかってからは一気に注目が高まりました。

greek coffee with mastihaギリシャでも90年後半?ぐらいからマスティハが見直され、従来のリキュールや食品類の他にも化粧品などさまざまなマスティック製品が人気を呼んでいます。
スーパーマーケットでも、マスティハクリームの入ったクッキーやクロワッサン、マスティハ風味のギリシャコーヒー(写真)、キャンディなどが売られていて、ちょっと変わったお土産におすすめ(好き嫌いは分かれますが)。


現在日本で入手できるマスティハ製品はチューインガムやサプリメント(カプセルなど)が主なようですが、これからもっと増えることが期待されます。
マスティハ樹脂(※)を入手された方は、是非レシピもお試し下さいね。今のところは下記リンクのものだけですが、マスティハを使った料理レシピもまたそのうちご紹介する予定です。

※淡い黄色の樹脂。サプリメントでもマスティハ100%のカプセルなら、中身の粉を料理などに使えそうです。

【マスティハレシピ】
大人のフラッペ☆マスティハ味
ギリシャで人気の泡立つアイスコーヒーにマスティハリキュールをプラス。

ダークチョコレートアイスクリーム☆マスティハ味
一味違った、大人味のチョコレートアイスクリーム。

ギリシャおとそ
マスティハやスパイスを蒸留酒に漬け、簡単リキュールに。

オレンジ&チョコチップのチュレキ
レシピはマスティハ抜きで書いてますが、お好みでマスティハ樹脂を1〜2粒パウダー状に砕いて加えてもいいです。

人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

sevam_a at 18:07コメント(8)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
Profile

ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE


****************



Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ