モダンギリシャ料理

2018年06月24日

夏らしいフレッシュトマト&オリーブソースの干し鱈ソテー

3月の特売の時に買って、いつか使おう……と寝かせてあった干し鱈の存在をふと思い出しました。

2018.06.22 salt cod
Μπακαλιάρος με φρέσκια ντομάτα και ελιές

夏にぴったりな、手早くできて軽い1品を作りたいな〜と思ってできあがったのがこちら。ギリシャ料理の定番干し鱈料理でトマト系はオーブンで焼くのが一番よく知られてますが、暑い時にオーブン料理はなるべくしたくないですよね。こっちのオーブンって大きいから、使うと部屋が暑くなるし。

というわけで、フレッシュなトマトの風味を生かしてさっと火を通す作り方のを考えてみました。鱈の塩抜きに時間はかかりますが、あとは本当に簡単。フライパンひとつでできるので、後片付けも比較的楽です。

添えてあるのはズッキーニのソテーにフェタチーズをトッピングしたもの。細長く切ったズッキーニを少しこんがりするまでオリーブオイルでソテーして、軽く塩胡椒。器に盛って、砕いたフェタチーズを散らします(もうちょっと凝りたいなら、レモンの皮すりおろしをかけても)。

写真にはありませんが、シンプルなピラフと一緒に食べたらとてもおいしかったです。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ
続きを読む

sevam_a at 19:09コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年06月12日

ぶどうの葉っぱ巻きチキンのスブラキ&ハルミチーズのスブラキ

先週土曜は、変わりスブラキを2種類作りました。

2018.06.09 chicken souvlaki
Σουβλάκι κοτόπουλο σε αμπελόφυλλα

ギリシャ料理のスブラキと言えばシンプルな串焼き肉のことで、基本は豚肉、次に鶏肉で作られるのが一般的。ほとんどの店ではこの2つは必ずと言っていいほどあり、他の肉(もしくはそれ以外のもの)を使ったバリエーションもいろいろあるのですが、モダングリークな変わりスブラキを考えてみるのも楽しいです。


2018.06.08 marinated chicken

今回のこれは、チキンのスブラキとドルマデスをあわせたような料理。肉なしドルマデスに使うハーブやレモンで鶏肉をマリネし、ぶどうの葉っぱで巻いてみました。ただ単にぶどうの葉で巻いてドルマデス風という遊びだけでなく、ハーブのマリネを焦がさず風味を閉じ込める、ぶどうの葉自体の味もプラスされるという狙いが一応あります。

このスブラキは、間にアーティチョークかアスパラを挟みたかったのだけど、もたもたしてたら時期が終わってしまいました。残念……

もうひとつのスブラキは、長女が大好きなハルミチーズです。ハルミはギリシャじゃなくキプロスのチーズですが、ギリシャ料理店ではよく見かけますね。近年はギリシャでも焼きハルミはかなりポピュラーになりました。
ハルミチーズはメーカーによってかなり塩気が強かったりもするのですが、今回のは丁度よくおいしかったです。塩辛い場合は塩抜きしてから使うといいですよ。


分量出してませんが、レシピは続きに記しておきます。
他の変わりスブラキもおすすめなので、ぜひお試し下さい♪

【関連記事】
ウゾオレンジ風味のポークスブラキ
マスティハ風味のチキンスブラキ
アンコウのスブラキ
ソーセージのスブラキ
エビスブラキのギリシャ風ピタサンド
ギリシャなお弁当(チキンのベーコン巻きスブラキ入り)


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ
続きを読む

sevam_a at 18:13コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年04月12日

クレタ島の味を詰め込んだオリーブのフライ

作ってから時間が経ちすぎて忘れそうなものシリーズ
秋に仕込んだオリーブと自家製のクレタ風スモークポークで、こんなおつまみを作っていました。

2018.02.03 elies gemistes
Τηγανητές Γεμιστές Ελιές με Απάκι και Γραβιέρα Κρήτης

去年の秋は家族に呆れられるほどオリーブを漬けてたのですが(時間がかかる漬け方のはまだ沢山あります)、当然ながら品種によって味や食感が違うのですよね。最後の方で漬けた、ちょっと細長くて変わった形のグリーンオリーブがあまりおいしくなかったので、とりあえずネランジ(ダイダイ)の皮や汁を入れた塩水に漬けて置いてありました。


2018.02.03 elies gemistes1

その後、アパキを作った時に思いついたのがオリーブのフライ。詰め物をして揚げたらあのオリーブもきっとおいしくなるはず!クレタ島ではダイダイを料理やオリーブに使うし、フィリングもアパキとグラヴィエラチーズ使いクレタ島テーマで作ってみようと思ったのです。

アパキとチーズを細かく刻んで、フィリングとして扱いやすくなる程度にまとまるよう、衣に使う溶き卵から適量加え混ぜます。アパキにハーブなどの繊細なフレーバーが付いているので、邪魔にならないよう余計な調味料は加えません。つなぎに少量のパン粉でも入れたかも?という可能性はあるのですが、多分入れてないはず……。


2018.02.03 elies gemistes2

これをオリーブに詰めていきます。最初、種抜き器で種をとったオリーブにちまちまと詰めていたのですが、やっぱりフィリングはたっぷり入れたいな〜と思い直し、縦に1箇所切り目を入れて開き詰める方法にしました。小麦粉、卵、パン粉の衣(細かいのがいいです)をつけて、せっかくなのでオリーブオイルで揚げましょう。冷めてもおいしいはずですが、揚げたては最高!ワインワイン〜

一応、ペティメジ(ぶどうの汁を煮詰めたシロップ)とマスタードで作ったソースも用意したのですが、やっぱりこれはそのままで食べたいですね。ソースつけてもおいしいけど。ダイダイ風味のオリーブを使ったのも大正解でした♪


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

sevam_a at 18:38コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年04月08日

イースターの朝ごはんと、マッシュルームの簡単マギリッツァスープ

ギリシャ正教を含む東方教会では、今日が復活祭の日曜日です。毎年楽しみな朝ごはんはこちら。

2018.04.08 tsoureki1

うちの家族はギリシャの伝統的な復活祭メニューがあまり好きではないので、ベーキングに重点を置いています。絶対欠かせないのは、チュレキ(菓子パン)とクルラキァ(ビスケット)。イースタービスケットは友人のお母さんに教えてもらったシンプルなもの、チュレキはオーソドックスなものから外れますが私が考えたモダンな変わりチュレキが我が家の定番となっています。いつものサワーチェリー&チョコチップのと、アーモンドフィリング入りの2種。アーモンドフィリング入りのは見た目プレーンなチュレキと変わらないので、イースターエッグを埋め込んで作るのにも適しています(焼いてる間に飛び出るかな〜と思いしっかり埋め込んだら沈んでますが……)。


2018.04.08 tsoureki2

イースターエッグは市場で買ったのと、茶色いのは玉ねぎの皮と煮て自分で染めたもの。模様のつけ方は、適当なハーブなどの葉っぱを卵にあててストッキングかガーゼで包んできつく縛って煮るとこんな風になります。


2018.04.08 mageiritsa1

料理は全然復活祭に関係ない肉料理やピッツァの予定。またそのうち伝統料理もやりたいなとは思ってるのですが。唯一、昨夜の断食明けのマギリッツァだけは自分用に簡単なものを作りました。これも冷蔵庫にヤバくなりかけのマッシュルームを発見したから発作的に作ったんですけどね。羊のモツを使った本格的なマギリッツァと違い、それだけ簡単に作れるということなので、皆さんもぜひお試しください。


2018.04.08 mageiritsa2

マッシュルームのマギリッツァ

材料:
マッシュルーム(厚めにスライス)
万能ねぎ(小口切り)
ロメインレタス(ざく切り)
ディル(粗く刻む)
オリーブオイルまたはバター
チキンまたは野菜ブイヨンキューブ
ごはん(冷ごはんでOK)
塩、胡椒

レモン汁

.リーブオイルかバターでマッシュルームとねぎを軽く炒める。
⊃紊肇屮ぅ茱鵐ューブ(ベジヴァージョンなら野菜ブイヨン)を加え、ロメインレタスとディルを加え煮る。少量のご飯を加え少し柔らかくなるまで煮る。
この間に、ボウルに卵をよく溶いてレモン汁を加えておく。熱いスープをボウルに少し加えて卵液を薄め温度を上げる。火から下ろし際にボウルの卵液を鍋に加え、手早くかき混ぜてクリーミーな状態になったらできあがり。

MEMO:ギリシャでレタスというとロメインレタスなのですが、なければ他のでもいいかも?あまりシャキシャキではなく柔らかめに煮てください。あれば仕上げに羊バターを加えるとコクが出てさらにおいしくなります。卵は2人分に1個ぐらいでいいですが、たっぷり1人分に卵1個使っても全然オッケーです。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ



sevam_a at 18:01コメント(4)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年03月28日

干し鱈のルクマデスとビーツのスコルダリァ

この間の日曜日は長女にだけ干し鱈(干し塩鱈)のフライを出したのですが、少し残った鱈で翌日に自分用のおつまみルクマデスを作りました。

2018.03.26 loukoumdes bakaliarou
Λουκουμάδες Μπακαλιάρου & Σκορδαλιά με Παντζάρι

ルクマデスの説明やレシピは過去記事にありますので、こちらからどうぞ。
干し鱈のルクマデス


2018.03.26 loukoumdes bakaliarou1

ギリシャの鱈フライにはスコルダリァというガーリック風味のディップソースを添えるのが定番。目新しいものではないですが、今回は色鮮やかなビーツのスコルダリァにしました。

分量は適当で……焼くか茹でるかしたビーツ中1個に対し、パンの白い部分1切れ分(または茹でたじゃがいも適量)、アーモンドかくるみ5粒ぐらい、にんにく1かけ、塩適量、ワインビネガー大さじ1〜2、オリーブオイル約大さじ3をフードプロセッサーで混ぜます。


2018.03.26 loukoumdes bakaliarou2

鱈の身が端っこの方少しだけしかなかったので、小さく切って混ぜ込む方式です。小麦粉に塩と砂糖少し、イースト、水を混ぜて発酵させておいた生地に、鱈と玉ねぎ、ディル、レモンの皮、胡椒を加えます。スプーン2つで丸く生地をまとめて熱した油に落とし、きつね色になるまで揚げてできあがり。


2018.03.26 loukoumdes bakaliarou3

一般的には食事というより前菜やおつまみですが、サラダと合わせたら私にはこれだけで十分。サラダは以前載せた、古代ギリシャイメージの麦とムスカリのサラダです。


※ギリシャ正教では年に数回の断食期間があり、主に動物性の食品が禁じられます。うちは断食をしないのでただ単に行事食として楽しんでいますが、復活祭前の断食期間中に魚を食べていいのは3月25日の生神女福音祭と、復活祭の1週間前の日曜日にあたる聖枝祭(今年は4月1日)の2回で、生神女福音祭のみ魚食が許されるという解釈もあります。
今回掲載メニューのサラダにはチーズをトッピングしてあるので、厳密には断食メニューというわけではありません。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ



sevam_a at 19:42コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
Profile

salahi


ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

・レシピのリンク一括表示はレシピ一覧カテゴリから。

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE

Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ