干し鱈

2018年07月04日

干し鱈のドルマデス

ぶどうの葉っぱ、うちの近所の市場ではもう今週は見なくなったのですが、別のとこだとまだ売ってるかな?

2018.06.29 dolmades1
Ντολμάδες με μπακαλιάρο

先週は一軒だけ置いてる屋台があったので、ドルマデスと保存用の塩漬けにしました。


2018.06.27 vine leaves

十分柔らかいきれいな葉っぱなのですが、やはりこの時期になると出盛りのものよりは硬くなります。一枚一枚確認しながら洗ってたら、セミの抜け殻が出てきてぎょっとしました。すっかり夏ですね〜。


2018.06.27 dolmades1

干し鱈続きですけど、ふとドルマデスにして食べたくなったのです。
フィリングは前に載せたのともまた少し違い、カランツ入り。干し鱈に玉ねぎ、トマト、カランツのソースというかトッピングをのせてオーブン焼きにした料理があって、それと似た系統の味で作ってみました。たっぷりの玉ねぎとカランツの甘味、魚との組み合わせってどうなのかな〜という感じかもしれませんが、おいしいんですよ。スパイスは胡椒以外入れず、ハーブはパセリと、なんとなく使い切りたかったコリアンダー(パクチー)を入れました。

ちなみにコリアンダーって古代ギリシャでは食べられていたと聞いた気がしますが、現代ある形のギリシャ料理では基本的に使わなくて、ひと昔前まではほとんど見かけないハーブでした。ここ10年くらい?徐々にエスニック系とかでない普通の青空市場でも見かけるようになって、今では「それはパセリではないですよ」と店のおじさんに確認されることもほとんどなく普通に売られてるのが感慨深いです。ギリシャ人はどういう風に使ってるのかな〜と思えば、アジアなどのエスニック料理以外に普通のギリシャ料理にもおなじみのパセリなどと同じ感覚で入れたりするそうです。


2018.06.27 dolmades2

話が逸れてしまいました。
上記のフィリングを巻いていき、大きめの鍋にちょうど一段できました。レモン汁、オリーブオイル、水を加え落し蓋と蓋をして煮込んでできあがり。夫には温かいのを出しましたが、私はどちらかと言うと冷たいのが好みです。


2018.06.29 dolmades2

画像はいつも代わり映えしないので、苦し紛れの簡単なメゼ盛り合わせっぽく。オレンジ色のはローストパプリカとフェタチーズなどで作ったティロカフテリ(辛いチーズスプレッド)です。


【関連記事】
干し鱈のドルマデス(別ヴァージョン)
パプリカとフェタチーズのディップ※今回のはギリシャヨーグルトも入れ、唐辛子パウダーで辛くしてあります。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ


sevam_a at 22:16コメント(2)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年04月29日

干し鱈のドルマデス

イースター休みが終わり、今週はまた子供たちの学校がスタート。休み中も私は遅くまで寝てたわけではないのですが、再びの早起き生活がしんどい1週間でした。

2017.04.28 dolmades me bakaliaro
Ντολμάδες με μπακαλιάρο

イースター前の投稿以来更新できてなかったですが、いろいろ作っていました。4月の終わりに出てきた食材は、ぶどうの若葉!
毎年、最初のぶどうの葉でまずはドルマダキァ・ヤランジ(ぶどうの葉のハーブライス包み)を作るのが楽しみです。フレッシュなハーブと新たまねぎとオリーブオイルたっぷりで作るのがポイント。

葉っぱが余ったので、イワシのぶどうの葉包みでも作ろうかなと思ったのだけど、気が変わって干し鱈のドルマデスにしました。戻した干し鱈が冷凍庫にあったのでフィッシュタコスを作るつもりが、解凍したあとで面倒になったので……ドルマデスも十分に面倒ではありますが。

ギリシャ料理のドルマデス(ドルマダキァ※)は大まかに分けて肉なしのと肉入りがあります。肉なしの代表的なのが前述のハーブライス包みで、肉入りのは若い牛の赤身ひき肉と米のフィリングを包んで煮、卵レモンソースで仕上げたものが多いです。それ以外にもさまざまなバリエーションがあり、地方でしか見かけない変わったものも。干し鱈のドルマデスはペロポネソス半島ラコニアの郷土料理です。

前にも作ったことがあるのですが、その時の感想はいまいち。前回は確か干し鱈を生のまま包む方法で作ったところ、今回は玉ねぎや米、トマトと一緒に炒めて少し煮たフィリングにしました。干し鱈のドルマデスはフィリングに卵を入れることが多いのですが、私はあまり好きではないので入れず。ハーブはパセリとミント、ちょっとスパイス感が欲しかったのでクミンも入れました。煮込みは、レモン汁とオリーブオイルを加えた水で。アヴゴレモノソースなしのシンプルな仕上げにしました。
この作り方だとかなり好みの味になり、夫にも好評でした。


2017.04.26

ある日の晩ごはんは、この2種類のドルマデスと、ハーブたっぷりサラダ、カタクチイワシのマリネ。
数少ない長女が好きな魚料理のひとつがカタクチイワシのマリネなのですが、自分用はごく軽い〆具合にし、にんにくとレモン胡椒風味で。身がとろけるような仕上がりで最高〜。
少しのお酒とおいしいメゼは明日への活力です♪


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

sevam_a at 00:24コメント(13)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年03月27日

干し鱈のルクマデス

復活祭までの断食期間で魚を食べていい日が2回あるのですが、そのうちのひとつが3月25日の生神女福音祭。この日の魚料理は特に干し鱈を使ったものが定番で、中でもバカリァロス・スコルダリァ(干し鱈フライのガーリックディップ添え)が全国的によく食べられます。

今年はその直前にスキー旅行に出かけていた私たち。干し鱈フライは作れるかな〜と思いつつも、旅立つ前に一応水に浸けておいたのでした。

2014.03.26 salt cod loukoumades
Λουκουμάδες μπακαλιάρου

結局、都合により25日は作れなかったので、翌26日になってしまったのですけど……もはや宗教的にも行事食的にも意味はないですが、食べたかったのでよしとしましょう(別に断食もしてないし^^;)。

タイトルにあるように、普通の干し鱈フライとは少し趣向を変えて「ルクマデス」にしてみました。
ギリシャ風のイーストドーナッツであるルクマデスは塩味のアレンジも美味しく、一時期おつまみによく作っていたもの。今回は小さく切った干し鱈を芯にして揚げてありますが、衣がちょっと薄付きすぎてルクマデス度は低くなってしまいました。その分、とっても軽くていくらでも食べられそう。
お店で食べると結構ヘビーな料理ですが、これも自分で作るのがおすすめです。

スコルダリァは、一番好きなパンとポテトをベースにしたものです。アーモンド(又はクルミ)も入れるとコクと旨味がアップ。
干し鱈フライのサイドディッシュには、ビーツのサラダと青唐辛子ピクルス。ビーツサラダはハーブソースで和えようかとも思ったのだけど、スコルダリァもあることだしやっぱりシンプルに。この組み合わせが好きすぎます♪


2014.03.25 salt cod stew

そうそう、自分用には25日にちゃんと干し鱈料理を作っていました。
野菜と一緒に煮込んでアレヴロレモノ(小麦粉+レモン汁)で仕上げた一品。ほくほくのジャガイモと鱈は王道の組み合わせですよね。


2014.03.23 salt cod

ちなみに戻す前の干し鱈はこんな状態。面倒くさがりな私は骨付きではなくフィレを買っているので余計にですが、ギリシャで見かける干し鱈は棒鱈のようにカチカチではなく、柔らかいです。

上の写真では買ってからビニール袋に入れたまま時間が経ってるため、たっぷりまぶされた粗塩が少し溶けてしっとりしてますけど、売ってる状態ではもうちょっと乾いた感じの見た目です。


干し鱈のルクマデスの作り方(分量なし)は、追記へどうぞ。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

続きを読む

sevam_a at 18:37コメント(3)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
Profile

salahi


ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

・レシピのリンク一括表示はレシピ一覧カテゴリから。

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE

Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ