漬物

2017年08月09日

桃の甘酢漬け、桃干し、杏干し

今年の夏は暑いですね……。バテバテで日中は何もできず、力を振り絞って家族の食事だけはなんとか作っています。

2017.06.25 pickled peach

そんなわけで、自分用の昼ごはんは食べるとしてもごく簡単なものばかりなんですが、暑さのせいか、いつになく梅干しごはんの海苔包みにはまっています。普段はあまり梅干しは食べないので、何年も前に作ったプラムやあんずの梅干しもどきや妹が持ってきてくれた自家製梅干しをちびちび消費してたのですが、いきなり消費量が増えたので数年ぶりに漬けてみました。


2017.06.14 peach1

今回、初挑戦の桃干し。
6月頃、シーズンのはじめに出てくる桃は小さいサイズなのですが、その中でも小さいのを選って少量仕込んでみました。


2017.06.14 peach2

梅酢(桃酢)が上がってきたところ。袋ごしに、いい香りがします。


2017.07.25 umeboshi

土用干し後。ピンクのが桃で、オレンジっぽいのはあんずです。
熟成させる間もなく少し味見してみたところ、やっぱりあんずの方がいいかなという気がします。味はどちらもちゃんと梅干しっぽくて申し分ないのだけど、桃は果肉がしっかりしたものだとカリカリとした食感になってしまい(これは他の果物で作る場合も同じですが)、熟したものだと潰れたり傷みやすいので、その辺の見極めや扱いが難しいかなと……。あと、あんずの種離れのよさ!すっと気持ちよく取れるので、もう梅干しはずっとこれでいいやと思えるくらいです。


もうひとつ、桃で作っていたのがトップ画像の甘酢漬け。
まだカリッとした食感が残っている程度の桃を剥いて、梅酢やりんご酢など合わせた甘酢に漬けてあります。箸休めや、おつまみにぴったり。この画像のはドーナツピーチで作ったので、うまい具合に一口サイズになりました。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ


sevam_a at 18:57コメント(2)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年04月06日

キャベツ漬けのパイ、再び

載せそびれて後回しにしてたらもう復活祭間近ですが、冬の自分的パイブームの時にふと思い出したのがキャベツ漬けの入ったパイでした。
久々にあれを作ってみようか……なんて思ったのですが、なんとなんと、2006年に作って以来です!
恐ろしいですね〜。ちょっとボーっとしてたら数年経ってそうな。

2015.01.25 armiopita

そんなに長い間作らなかったのは、初めて作ってみたあの時にそれほど美味しいと思わなかったからなんですが。最近10年ぶりのパイブームが自分の中で巻き起こっているおかげで、過去に作ったパイのこともいろいろ思い出していたわけです。


2015.01.16 lahano toursi

気が長い私のことですから、キャベツを漬けるところから始めますよ。北ギリシャ風のキャベツ漬けは近所では売ってないし、自作の方が市販品よりマイルドというのもありますが。

ロールキャベツにする場合は大きいままで漬けるけど、刻んで料理に使う場合は容器に収まりやすいくし切りで(ザワークラウトみたいに最初から刻んでもいいでしょうが)。あまり塩辛すぎない塩水(2〜2.5%ぐらいだったと思います)を作り、キャベツを漬けます。おまじない程度にレモンも絞って入れると爽やか。

ほんとは重石もするといいのですが、そんなに長いこと漬けないし冷蔵庫で漬けちゃうし、パイ1台分くらいの量なら1kg容量ギリシャヨーグルトの空き容器で適当に漬けています。この容器が本当に便利!うちの冷蔵庫はギリシャヨーグルトの容器だらけの時もよくあり、どれに何が入ってるかは私しか区別がつきません(笑)
毎日様子を見て、浮いてるキャベツは沈め(またすぐ浮いても大丈夫です)、味見をします。1〜2週間ほどで程よく発酵してきてるはず。もっと長く置いてもすぐに味がきつくなりすぎることはないですが、長くて1ヶ月計画ぐらいでいいと思います。


2015.01.25 lahano toursi

北ギリシャ風キャベツ漬けを、ざくざく刻み。
玉ねぎと一緒に炒めて、チーズや卵を加えフィリングを作ります。キャベツ漬けの塩気があるのでチーズの塩気や味つけに注意。アンソティロ(リコッタに似たギリシャチーズ)使用、フェタチーズ使用と2度作ってみたのですが、フェタチーズの方が味・食感ともに好みでした。


2015.01.25 armiopita1

生地はマケドニア風スフォリアータです。
ちなみに断食仕様にする場合、生地に塗る油脂は植物性の油を使い、フィリングは卵やチーズを入れずに作ります。


2015.01.25 armiopita2

上の生地もかぶせて留め、好みで切り目を入れます(この方が、あとで切り分けやすいです)。多めに油脂塗りをし、オーブンへ。


2015.01.25 armiopita3

レシピを改良しようと思って作ったのですが、あとで見返してみたら過去記事に載せたのとほぼ同じでした。
それなのに好みが変わったのか技術が上がったのか?今回はなんだか美味しくて、お気に入りパイのひとつに。冬の間に2度作ってしまいました。

レシピはこちら→北ギリシャ風キャベツ漬のパイ(アルミオピタ)
生地のレシピ改良版→マケドニア風折りパイ生地

最近は疲れて寝てることが多かったのでパイ作りはできてないですが、春の食材でもまたいろいろ作ってみたいです^^


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ



sevam_a at 17:10コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年10月29日

グリーントマトの千枚漬

まだ風邪が治らないので、全然料理にもやる気が出ない今日この頃。
地味飯のお供にこんなものを作ったりしていました。

2009.10.27 green tomato

市場でトマトを買う時、赤いトマトの脇に未熟なグリーントマトが転がってるとつい袋に入れてしまいます。
ギリシャではグリーントマトでピクルスを作るので、時期によっては結構よく見かけるのですが、うちでは料理に使ったり、保存食だとチャツネにすることがほとんど。写真を撮らなかったのでブログには載せなかったのだけど、豚肉や青唐辛子と合わせて作った煮込みは結構いけました

話を本題に戻して…上の写真のはグリーントマトのお寿司を作った時に思いついた千枚漬風。
かぶの千枚漬と同じように、スライサーでごく薄く切ったグリーントマトを塩で一晩漬け、その後、昆布と調味液(みりんや酢を控えめな量あわせたもの)で本漬け。数日置いて、好みの状態になったら出来上がりです。

人気blogランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

sevam_a at 17:49コメント(26)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年04月29日

焼き魚と旬の野菜料理 / しば漬巻きごはん

昨日の晩ごはんは焼き魚メインの献立でした。
2009.04.28 dinner

・焼きチプラ
グリーンピースのオイル煮
葉アマランサスの温サラダ
・新玉ねぎスライスのパセリまぶし


魚は毎度お馴染みのチプラ。家族が好きな大き目の魚で値段が手頃なものとなると、大抵はこれになってしまいます。大人2人と幼児2人の我が家では、中ぐらいの2尾で丁度いいくらい。私と子供たちが食べる時にまとめて焼いちゃうので、夜遅く帰ってくる夫には悪い気もするのですが…軽く炙って温め直したものにオニオンスライス&パセリをドバッとのせ、オリーブオイルとレモンをかけてサラダ仕立てにして食べてるようです^^

野菜料理は旬の素材をたっぷり使って、グリーンピースのオイル煮と葉アマランサス(ヴリタ、ブリタ)。
グリーンピースを煮たものは冷凍のでも作るけど、フレッシュなもので作るとまるで別の料理のような美味しさですよね。こちらでは青豆類は日本より早い時期に出回るのですが、もうすぐ育ち過ぎになっちゃいそうなので、今のうちにと頻繁に食べてます。丁度先週ぐらいから出回りだした新玉ねぎと採れたてのニンジンを合わせたら、さらに甘く幸せな味

そして、今回のホルタ(青菜、野草)は葉アマランサス。これは夏のホルタという認識なのだけど、春ぐらいから出回りだします。とは言え、春にしか食べれないホルタのほうを優先させて買っているので、我が家の食卓に登場するのは今頃の時期からでしょうか。そろそろ春の野草類も姿を消し始めたので、昨日が今年初のヴリタでした。
今頃の時期のはまだ育ちきってない感じで、繊細な葉や茎がとても美味しいのです。ギリシャ風のクタクタよりは少し歯応えを残して茹で、オリーブオイルとレモンをかけるだけ。この写真に写ってるぐらいの量なんて、軽く食べれてしまいます。



上の献立写真には写ってないけど、もちろんごはんも♪
2009.04.28 shibaduke

辻しばさんのところで見て、これは絶対やってみよう!と思ってたしば漬の食べ方。刻まずにそのままの生しば漬に醤油をちょこっとつけて、ごはんをクルリと巻くだけ。よく海苔でやったりするけど、あれのしば漬版ですね。

妹がこちらへ遊びに来た時に、辻しばさんのと奥田さんの柴漬や他のお漬物をいろいろ持ってきてくれたので、味比べも楽しんでいます。当然ながら、どれも美味しくて甲乙つけ難いですけど。
辻しばさんの柴漬は色がとっても鮮やかで、塩気は強すぎず丁度いい感じ。伝統的な製法で作られた柴漬は好き嫌いが分かれるところですが、この発酵した風味、私は大好き


せっかくなので、辻しばさんのお漬物をもうひとつ紹介しておきます。
2009.03.11 akakabu

こちらは赤かぶ漬。賞味期限が一番早かったので、早々に開封しました。
かぶや大根系のお漬物ってそれほど得意ではなかったんだけど、これは甘めの味付けで食べやすいです。比較的野菜が苦手な次女も気に入って、いっぱい食べてました。
実は私、お漬物は苦手なものの方が多かったんですが(癖のある柴漬やすぐきは好きなのに)何だか克服できてきてる気が…次回の里帰りでは、いろいろ試してみたいです♪

人気blogランキングへ
レシピブログにほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

sevam_a at 17:55コメント(12)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
Profile

ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE


****************



Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ