肉料理

2016年03月04日

ギリシャの「焼肉の日」

昨日はチクノペンプティでした。

2016.03.03 tsiknopempti

ギリシャ正教の行事のひとつで、3週間続くカーニバルのうち、2週目は肉週間。そのハイライトとなるのがチクノペンプティです。
チクノペンプティは「肉の焼ける煙の匂いの木曜日」といった感じの意味ですが、その名の通り、この日は焼いた肉を思いっきり食べます。起源ははっきりとはわからないようですが、いかにも古代ギリシャのお祭りが元になっていそうですね。


2014.02.20

この日は本当にギリシャ全国で肉が焼かれていて、街を歩いていると肉の焼ける匂いがあちこちから漂ってきます。こんな感じで、煙モクモク〜が正しいチクノペンプティ。ちなみにこの写真はアテネの中央市場で毎年催されていたチクノペンプティのイベントなのですが(2014年2月20日撮影)、数千人分の肉をふるまうのは不況の中厳しかったようで、残念ながら今年は中止になりました。

我が家のチクノペンプティは、例年通りにポークがメイン。
スブラキだったりポークフィレだったり、その時の気分でいろいろですが、シンプルな味付けで焼いたものです。今年は長女の好きなチキンウィングも。
サイドディッシュには、サラダ、ジャジキ、ポテトやピタパンなど。今年は普通のパンを買ってあったのでピタはなしで、その代わりフライドポテトを大量に作りました^^

今年はポークチョップにしたのですが、うちはみんな脂のない真ん中部分だけ食べるので、骨や脂のついた周りの部分は私が一手に引き受けています。自分用のはペティメジ(ぶどうシロップ)を入れたマリネ液に漬け込んでオーブン焼きにし、とってもおいしかったのですが、さすがに多かった。キリスト教徒じゃないけど、復活祭まで肉断ちしてもいいかも……という気分になっています(笑)


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ


sevam_a at 16:30コメント(3)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年12月20日

豚肉とバナナピーマンの煮込み

昨夜のメゼ。

2014.12.19 hirino me piperies

豚肩肉の、筋や脂のある部分(夫や次女は食べない)を取り分けて冷凍してあったので、少しのお肉とたっぷりのバナナピーマンを使った煮込みにしました。

たっぷりのバナナピーマン……と言っても、クタクタに煮込むと、こちらもほんの少しになるのですが。いっぱいあって消費が大変な野菜は、クタクタ煮にしてしまうのがやっぱり手っ取り早いです。

同じような料理は今までに何度か載せているので、作り方は下記リンクをご覧ください。
豚肉とバナナピーマンのシンプル煮込み
豚肉のローストパプリカソース煮込み
ミートボールとバナナピーマンの煮込み

一番上の料理に一番近いですが、今回のはトマトをほんの少し加え、とろみはつけていません。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ



sevam_a at 16:10コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年11月14日

ぶどう農家の仔山羊ロースト/仔山羊と野草の卵レモンソース

ギリシャ料理教室でかぼちゃのドルマデスを作った時、ほんの少しだけぶどうの葉が余ったんですが、ここぞとばかりに昨日作ったのが下の料理。

2014.11.13 katsikaki se ampelophylla1
Κατσικάκι του αμπελουργού

「ぶどう農家の仔山羊」です。
普通にぶどうの葉包みとも呼ばれる料理だけど、なんとなくこっちで。
ぶどうの葉っぱで包んであるからぶどう農家風。ギリシャ語のアベルルゴスの訳に悩みましたが、ワイン醸造家とした方がいいのかな?
今回は仔山羊を使ってますが、ラムで作られることが多く、チーズやハーブを巻き込んだ肉をぶどうの葉で包んで焼いたものです。
実は復活祭ランチで使った仔山羊の一部をこのために取ってあったのですが、なかなか出番がなくこんな時期に……年を越さなくてよかった^^;


2014.11.13 katsikaki se ampelophylla2

オーブン焼きにするのが基本のようですが、鍋で作りました。
余ったぶどうの葉というのが、普通なら捨てるボロボロさで枚数も少なかったのですが、そこは根性で無理矢理巻きましたよ。もったいない精神(笑)
肉も少ししかなかったので、私らしくちまちまと利用します。
ギリギリ2人分程度の量だったためレシピのために計量はしてないのですが、一応最後に分量なしのレシピを書いておきますね。
とっても美味しいので、ぶどうの葉が入手できる方は作ってみてください。


2014.11.13 katsikaki se ampelophylla3

自分用にはまたメゼサイズしか残らなかったのだけど、結構濃厚なのでこれでも満足。ワインが進む味です〜♪


2014.11.13 katsikaki me stamnagathi
Κατσικάκι με σταμναγκάθι

そして、少しの肉を最大限に利用してもう1品!
仔山羊のモモ1本をナタのような包丁でポーション分けしてあった肉なので、骨付きなんです。綺麗な肉の部分を前述の料理に回し、骨とその周りの肉はこちらの煮込み料理にしました。

市場案内の時に買って、結局サラダでちょこっとしか使えなかった野草の有効利用。早く使わないと傷んでしまいますからね。
「野草」って書いてますが、近年のクレタ料理ブームで栽培も多くされるようになった「スタムナガシ」という野菜です。クレタ島に多く自生し、よく食べられるスタムナガシは、茹でてオリーブオイル&レモンで食べたり、煮込み料理にしたり生でサラダに入れることも。苦いけど味わい深い野菜です。
最近ではこのスタムナガシを使った製品もいろいろ出てて、スタムナガシ入りソーセージ、スタムナガシ入りブレッドスティックなど見かけます。
日本でもこのブレッドスティックを買えるようになったらしいので、見かけたらぜひ。


2014.11.13 stamnagathi

やっぱり、そのままでも少し食べたいんですよね。
個人的に茹で野菜にレモンはどちらかと言うとかけないのが好きなんですが(最初かけずに途中からかける)、この色の取り合わせ、見てるだけで元気になれそうです。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ


続きを読む

sevam_a at 18:17コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年07月07日

ミートボールとバナナピーマンの煮込み

同じ食材の消費に追われることがよくあるのですが、ここのところはバナナピーマンがどんどこやってきます^^;

2014.06.27 keftedakia me piperies
Κεφτεδάκια με πιπεριές

その時によって、緑のだったり赤だったり。緑のものは素揚げかグリルしたのを塩、ワインビネガー、オリーブオイル、ニンニクで食べるのがギリシャ風の定番のひとつで家族のお気に入りでもあるのですが、熟して甘味の出たものはちょっと工夫しないと我が家では受けが悪いです。


2014.06.27 piperies

先月某日は、半分熟してオレンジっぽくなったバナナピーマンがいっぱいありました。とりあえずローストして皮を剥いてあったのだけど、そのままビネガーなどでは食べたくないというので冷凍ストックの牛挽き肉で作ったミートボールと煮ることに……。

肉系のものと一緒に煮込むのは、ギリシャ人が普通によく作るおそうざい。
ソーセージと煮たらスペチョファイ(スペジョファイ)というよく知られた料理になりますが、食べやすい大きさに切った塊肉やミートボールと合わせるのもありで、家族も私もスペチョファイよりこちらの方が好きです。

バナナピーマンについて。ギリシャではよく食べられるピーマンのひとつで、緑色のものはピペリエス・ケラト(ツノピーマン)、赤いのはピペリエス・フロリニス(フロリナピーマン。ケラトとは少し種類が違うようですが)と呼ばれます。最近は日本でもバナナピーマン(バナナ唐辛子)が徐々に知名度を上げつつあるようですが、まだ入手できるところが限られるようなので、パプリカで作っても大丈夫です。

レシピはローストしたバナナピーマン(またはパプリカ)を使う場合と生のまま使う場合の両方で書いていますので、ぜひお試しください♪

2014.03.16 keftedakia me piperies

ローストしてないバナナピーマンで作る場合、ちょっと皮が気になるかもしれませんが、こちらも美味しいです。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ


続きを読む

sevam_a at 20:07コメント(6)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年04月21日

今年の復活祭・料理編

今年の復活祭の記録、前回のお菓子編から無事に続きました^^

2014.04.20 easter lunch

例によって集合写真が下手なんですが、こんな感じで。

食べ物部門でギリシャの復活祭のハイライトは、なんと言っても日曜のランチ。
大量の肉料理(特に、ラムを焼いたもの)、数々の前菜、サラダなどなどがところ狭しと並び、何時間もかけて準備しそしてひたすら食べる一大イベントとなります。

我が家の場合、毎回かなり控えめの量しか作らないんですけど。とは言え、これでもお腹いっぱいになり、夜まで満腹感(&胃もたれ)が……恐るべし肉料理!もう当分は粗食でいいです


2014.04.20 katsikaki

メインの肉料理は長女の「カチカキ!(仔山羊)」というリクエストに従い、塩、胡椒、オレガノのシンプルな味つけでフライパン蒸し焼きにした仔山羊でした。ポテトのオーブン焼きを添えて。
先に食べられたため写真にはないですが、山羊はいらないと言う次女用にチキンも焼きました。


2014.04.20 egg salad

卵割りゲームで割れてしまった茹で卵はサラダに。


2014.04.20 tzigerosarmades2

私は内臓料理♪
家族が食べないので普段なかなか食べる機会がないのですが、せっかくの復活祭なので好きなものを食べたいですよね^^
今回、これに一番力が入っています(笑)


2014.04.20 tzigerosarmades3

丸いハンバーグみたいに見えるのは、ジゲロサルマデスという料理です。
仔羊または仔山羊の内臓を刻んだものに、米やハーブなど(スパイスを入れる場合も)を混ぜ合わせたフィリングを網脂で包んでオーブン焼きにした一品。地方によりますが、復活祭によく作られる料理のひとつです。


2014.04.20 tzigerosarmades1

手前のは自作ではなく肉屋で買ったガルドゥバキ(ガルドゥバ)。
モツを小腸でぐるぐる巻きにしたココレッチと見た目が似ていますが、ココレッチはレバーや肺などいろんな部位の内臓を混ぜてあるのに対し、ガルドゥバは胸腺を網脂と小腸で巻いて作ります。


2014.04.21 tzigerosarmades

あとで気付いたのですが、ジゲロサルマデスは焼く前の状態も写真に撮るべきでしたね。余ったのを冷凍したものなので様子が違いますが、こんなのです。

これの他にも、ガルドゥバ1個に仔山羊の骨付きモモ肉が冷凍庫にゴロゴロ……復活祭のほとぼりが冷めたらまた食卓に登場する予定です。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ





sevam_a at 17:08コメント(6)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
Profile

ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE


****************



Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ