2015年01月12日

冬の定番、ギリシャ風ビーフスープ

少し前にギリシャ風のチキンスープを載せましたが、牛肉を使ったこちらも「おふくろの味」のひとつです。

2015.01.11 kreatosoupa1
Κρεατόσουπα

ギリシャ語ではクレアトスパ(肉スープ)またはヴラスト(別の表記でブラスト。「茹でた」という意味)と呼ばれるもので、ざっくり説明すると「ギリシャ風ポトフ」といった感じ。ほろっと柔らかくなるまで煮込まれた肉のスープなのですが、ポトフのように肉や野菜とスープを別盛りにしたり、ギリシャ独特のアヴゴレモノ(卵レモン)仕立てにしたり、いろんなバリエーションがあります。

また、肉は牛肉に限らず、たとえば山羊肉を使ったギダ・ヴラスティは田舎の方へ行くとタベルナのメニューでもよく見かける料理で、冬のスキー旅行の時はこれが食べたくなります。スープはそのままでもとってもおいしいのですが、トラハナを入れてお粥状にしたものは食べごたえもあり、冷えた体を温めるのにぴったり。意外と癖はないので、ギリシャに来る機会があればぜひ食べてみてください。

牛肉のスープは気軽に作れ、万人受けする味。
近所に住む夫の叔母も昔はたまに作って差し入れてくれていましたが、肉や野菜の具は入ってなくて、クリサラキ(麦粒型パスタ)を入れたスープだけでした。いい出汁が出るためスープによく使われるのはすね肉などですが、潔癖症なところがある叔母が料理する肉は基本的に脂や筋のない赤味の牛肉だけだったので、スープをとったあとの肉は義父母宅の犬のエサになっていたようです。叔母さんのクレアトスパは、フレッシュトマトのほのかな酸味でさっぱりとしていて、シンプルながらもおいしかったです。


2015.01.11 kreatosoupa2

私が自分でよく作るのは、マギリオ(大衆食堂)の大鍋で煮込まれていそうな、肉も野菜もごろごろ入ったスープです。
調味料は塩胡椒だけですが、素材のうまみがたっぷり。特別な材料は全く必要ないので、この冬ぜひお試しください。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

続きを読む

sevam_a at 17:01コメント(16)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年12月05日

今年の栗入りイェミスタ

ここ最近の私にしてはめずらしく、先月はいっぱい更新したのですが、またちょっと間があいてしまいました。
何をしてたというわけでもないけど、載せる予定だったレシピのディテールにこだわって載せられなくなってしまったり、あまりの天気の悪さに気分もどんよりしたり……。

2014.12.05 gemista me kastana1
Γεμιστά με κάστανα

最近作った料理ってほとんど記憶に残ってないのだけど、きっと定番料理をローテーションしていたのでしょう。
今日の晩ごはん用に作ったイェミスタ(ゲミスタ)も、代わり映えしない絵面で申し訳ないのですが、覚え書きとして載せておきます。去年も作ったはずの栗入りイェミスタなのに、探してみても2010年の記事しか見当たらないんですよ。この時以来作ってなかったのか、ただ載せてなかっただけなのか???

前の記事に書いてあるように、狂牛病騒ぎの時に叔母さんがあみ出したナッツたっぷりのベジタリアン版イェミスタが基ですが、自己流にアレンジして我が家の定番となっています。秋になると食べたくなる「栗ごはん」は、私にとってはどちらかというとこちらなのです。日本で栗ごはんをあまり食べてなかったせいかもしれませんが。和風なら、栗入りのお赤飯の方に思い入れがあります。

元々ベジタリアン料理として生まれた栗入りイェミスタ、今年のは挽き肉入りで作ってみました。挽き肉入りのフィリングだと松の実とレーズンもよく入ってますが、そこへさらに栗を足しただけ。

2014.12.05 gemista me kastana2

基本的な作り方は普通の肉入りイェミスタと変わらず、玉ねぎみじん切りを炒め、挽き肉、ニンニク、松の実も加えしっかり炒めます。洗った米も加え炒め、レーズン、調味料、トマトの中身をFP 潰したもの(全部加えずに、上からかける用にも残す)を加え軽く煮て火から下ろします。ここに割った栗(軽く茹でても生でもOK )を加えフィリングのできあがり。調味料は塩胡椒をしっかり目に。香り付けには、今回は乾燥ミント、シナモン、オールスパイスを使いました。
ほんのり甘くて暖かな香りのスパイスが、栗や挽き肉によく合います。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ



sevam_a at 23:55コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年11月17日

米&挽き肉フィリングのゲミスタ

前回の記事には、各方面でお祝いコメントありがとうございました!
web拍手やFBの「いいね!」も沢山頂き嬉しいです。自分のタイムライン上の投稿以外はどなたが押して下さったのかわかりませんが、どうもありがとうございました

2013.11.15 gemista

11月も半ばに入り、ギリシャも冷え込んできました。
と言っても、うちの辺りはまだ外出は薄手のコートで大丈夫なんですけど、家の中であまり動かないでいるとかなり寒いです。今からモコモコに着ぶくれしていて、本格的な寒さがやってきたらどうすればいいのでしょう……(やっぱり冬眠!?)。

食べもの的には、もうトマトの美味しい時期もとっくに終わっているのですが、先週はちょっと久しぶりに買い込んでしまったので、やはりここは加熱する料理で。長らく作っていなかった挽き肉フィリングのゲミスタ(スタッフドベジタブル)にしました。
ピーマンは、頂きもののバナナペッパーが沢山あったので、曲がってないものを選んで使用。普通のベルペッパーで作るよりも細長いバナナペッパーの方が野菜とフィリングのバランスがいいと好評でした♪

今回の反省点は、もうちょっとミントを入れればよかったな〜ということ。爽やかなミントの風味は挽き肉入りフィリングの味をよく引き立ててくれるので、少し多めがおすすめです。


ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

引き続き、どうぞよろしくお願いします。
本では詰め物料理に関するエッセイと、ベジヴァージョンのゲミスタレシピをご紹介しています。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ


sevam_a at 19:03コメント(10)トラックバック(1)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年07月15日

うちの定番、葡萄の葉の米&挽き肉包み

6月終わりから7月始めまで、ちょっと日本に帰ってました。
短い滞在を終え、アテネの自宅に戻ったのは朝の10時ごろ。この時間の到着だと、妙に活動的になってしまいませんか?パーッと荷解きしたあと、早速馴染みのパン屋とスーパーと青空市場に走った私です^^

2013.07.10 peaches

とは言え、市場で買ったのは控えめに卵と果物と葡萄の葉だけ。
写真はギリシャでも一般的になった平たい桃とヴォロスの白桃。普通の白桃は赤みが差してますが、この品種は全体的にクリーム色です。どちらも美味しいんだけど、私は結局ギリシャの普通の白桃や黄桃が酸味もしっかりしてて好きかも?

他には葡萄も買ったんですが、今年は種無し葡萄の出回るのが早かった気がします。日本へ行く前に買ったのはまだ酸っぱかったけど、今週買ったのは気持ち未熟ながらも甘かったです。


2013.07.10 dolmadakia1

葡萄の葉は、もちろんドルマダキァに。
そろそろシーズンも終わりなので、今年はまだ作れていなかった肉入りフィリングのを作っておきたかったのです。
帰国してから全く料理をやる気が出ないのだけど、叔母さんの真似をしてミニミニサイズで作るこのドルマダキァだけは手を抜けません。写真ではわかりにくいけど、250gの葉を使い切って、直径22cmの鍋にぴったり3段分できました〜。


2013.07.10 dolmadakia2

つまみ食いで、結構減ってしまうんですけどね(笑)
出来上がって粗熱が取れたら、鍋をゆすってぎっしり詰まったドルマダキァをほぐします。いっぱい出来上がったので、とりあえずタッパーに移した分。


2013.07.10 dolmadakia3

自分用は、フェタチーズと一緒にチビ皿に盛って。
もちろんワインのおつまみですよ〜。久々のギリシャワイン♪
5月の葡萄の葉が最良とされますが、7月の葉っぱでも柔らかで美味しくできました。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ



sevam_a at 01:47コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年10月05日

牛肉といんげんの煮込み/牛肉とマルメロの煮込み

困った時の煮込み料理。ギリシャの「お袋の味」ですね〜。

2012.10.04 moschari me fasolakia

日本だとこういう煮物は醤油味にすることが多いですが、とりあえずトマト味で煮るのがギリシャ風^^
肉と季節の野菜をただ煮るだけの料理って、簡単かつ間違いがないので重宝しますよね。

タイトルにあるように、牛肉といんげんの煮込みです。いんげんとは牛肉やラムを合わせるのがスタンダード。
まず最初に肉を煮て、大体柔らかくなったところでいんげんを加えるのですが、もう一品作りたいのがあったので、下煮が終わった段階で少しだけ別鍋に取り分け……


2012.10.04 moschari me kydonia

出始めのマルメロを使って作ったこれは自分用♪
いんげんの方はベイリーフと胡椒、パセリだけ加えたシンプルな味付けにしましたが、マルメロはやはりスパイス風味が好きなので、ホールのシナモンとクローブを少し加えてあります。

マルメロの煮込みは豚肉ヴァージョンのレシピを以前載せましたので、そちらを参考にどうぞ。牛肉でも豚肉でも作り方は同じです。


2012.10 laiki agora

まだ結構暑いアテネですが、市場はかなり秋らしくなってます^^


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ


sevam_a at 22:22コメント(6)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
Profile

ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE


****************



Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ