花ズッキーニ

2018年06月05日

花ズッキーニの定番2品とドルマデス

普段の晩ごはんは居酒屋メニューっぽいものが多い私ですが、たまにギリシャ料理も無性に食べたくなります。

2018.06.02a

ギリシャ料理では、「マギレフタ」と呼ばれるカテゴリの煮込みやオーブン料理が大好き。ちょっと久しぶりに、こんなのを作ってみました。


2018.06.02b

先週土曜の青空市場で衝動買いした花ズッキーニ。ズッキーニの雄花です。ちなみに花つきのズッキーニもよく売っているのですが、まさに採れたてといった感じの見事な花のついたのが綺麗にディスプレイされている光景は、市場でもひときわ目を引きます。


2018.06.02c

花ズッキーニと言えば、やっぱりこれを作らずにはいられないチーズ詰めのフリット。私も長女も、蜂蜜をかけて食べるのが好きです。


2018.06.02d

サクッと揚がった花ズッキーニの中からトロッと出てくるチーズ……最高の組み合わせですよね。


2018.06.02e

もちろん米詰めも。
花ズッキーニのハーブライス詰め
基本のシンプルなハーブライスフィリングのを一番よく作りますが、バリエーションも捨てがたいのですよね。またそのうち作ろう。今回はちょっと少なめだったので、余ったフィリングはぶどうの葉っぱで包んでドルマデスにしました。


2018.06.02f

花ズッキーニの米詰めやドルマデスはそのままでも十分おいしいし、ギリシャヨーグルトを添えてもさっぱりとしてまたいいのですが、スプレッドタイプのフレッシュチーズとの組み合わせが好きです。
この手のギリシャチーズは日本では多分手に入らないのが残念ですが、フェタチーズとギリシャヨーグルトを混ぜるとなんとなく近いかな〜というものができますよ(今回、料理に添えたのとフリットのフィリングにしたのもそれです)。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ


sevam_a at 18:56コメント(6)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年05月20日

よくばりな肉詰めズッキーニ

先日は結局オーブン焼きタイプにしたスタッフドベジタブル(イェミスタ、ゲミスタ)。やはり煮込みも食べたくなったので、今週も作りました。

2016.05.18 kolokythakia gemista1

「よくばり」……と言うより「もったいながり」な気もしますが、実と花の両方にフィリングを詰めたスタッフドズッキーニを作りました。

ギリシャの市場では花がついたままのズッキーニがよく売られています。
鮮度のよさをアピールするため、花も食べたい人は食べてもらうため、花の分だけ重くなるので量り売りで儲けがアップするように……など、さまざまな理由があるのでしょうけど、おいしく食べられるものは捨てずに利用したい派な私には、花つきズッキーニはうれしいです。


2016.05.18 kolokythakia gemista2

ズッキーニ本体と花とを別々の料理にすることもありますが、今回はせっかくなので丸ごとスタッフドズッキーニにしてみました。
前にも書いたとおり、煮込んで作るスタッフドズッキーニには、生のひき肉に米などを混ぜたフィリングがよく使われます。


2016.05.18 kolokythakia gemista3

ズッキーニは、花と本体を切り離しても、このようにつなげたままでも。くりぬいたズッキーニ、めしべとガクを取り除いた花にそれぞれフィリングを詰めて鍋に並べます。くりぬく時に切り落としたヘタの部分も、煮込むとおいしいので一緒に入れるのがおすすめ。
ひたひたぐらいのブイヨンで煮て、アヴゴレモノソース(卵レモンソース)で仕上げます。このソースは煮汁に卵とレモンだけで作る場合は温めなおしがききませんが、コーンスターチなどで卵のたんぱく質を安定させておくと、加熱しすぎても分離しないので前もって作っておくことができます。

詳しいレシピはこちらを参照してください。
ズッキーニの肉詰め(コロキサキァ・イェミスタ)


2016.05.18 kolokythakia gemista4

この完成品画像のように、花つきの姿そのままで作りたい場合、一番難しいのはやわらかく煮えたズッキーニの取り扱いです。
かなり気をつけないと、実と花が分かれてしまったり、もっとひどい場合は実がポッキリいってしまいますので、そーっと鍋から取り出してくださいね。


2016.05.18 kolokythakia gemista5

中身はこんな感じ。
くりぬいたズッキーニの中身を刻み、汁気もそのままフィリングに加えるとジューシーに仕上がります。

*****************************

みなさんは、花と実のどちらから食べたいですか?
私はどちらも好きで悩むのと、連結部分が一番好きなので、ちょっとお行儀が悪いのだけど、両端から真ん中へ徐々に攻めていく感じで食べてしまいます……。



ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ
 


sevam_a at 17:31コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年05月13日

花ズッキーニ入り・とろとろチーズオムレツのスパゲッティ

土曜の青空市場で花付きズッキーニを買ってきてフリットを作ったんですが、大きすぎたり盛大に破れた花は何にしようかいつも迷うところです。

2013.05.13 zucchini blossom & egg pasta

ミニズッキーニと一緒にトラハナスープにしようか?それとも手っ取り早くオムレツか、和風の卵丼もいいなぁ。トルティーヤ作るの面倒だけどケサディーヤ?でもパスタも捨てがたい……と、しばしの脳内会議の後、卵+チーズ+パスタに意見がまとまりました^^

では、作り方など↓

パスタを茹でるお湯を沸かすと同時に、オムレツの準備もはじめます。

小さなフライパンにズッキーニの花2つほどを大きくちぎって入れ、上空でニンニクを刻み投入。オリーブオイルをさっと回しかけたら火にかけてジクジク色づかせないように炒めます。

卵は1人分なら小さめの1個で丁度いいです。塩を加え、ワインビネガーを1滴垂らして溶いておきます。

チーズも準備しておきましょう。今回はピッツァに使った残りのモッツァレラとパルミジャーノがありましたが、お好みで適当に。

スパゲッティが茹であがったら器にすくいあげ、花を炒めてるオイルをスプーンに一杯かけてさっと和えます。

あとはかなり手早くいきます。フライパンが火にかかったままになってると思いますが、ここで火を強めます。溶いた卵を回し入れ、チーズも加えてひと呼吸置いたらざっと混ぜて底がやっと固まったところでお皿のスパゲッティの上にのせます。

黒胡椒をガリガリ挽きかけて出来上がり。食べる時は、軽く混ぜてどうぞ。とろとろの半熟卵とチーズがパスタに絡んで美味しいです♪


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ



sevam_a at 23:43コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年05月02日

花ズッキーニのサフラン海老ピラフ詰め&新ニンニクアイオリ/花ズッキーニのマヌリチーズ詰めフリット

先月のこと。別々のとこで花ズッキーニの話題が出ててすごく食べたい気分になってたんですよ。

そして、フランスにお住まいのポプラさんが私の花ズッキーニのハーブライス詰めレシピを参考に“パエリア風のライスを詰めてアイオリを添えた”のを作られたと聞いて、食べたい気持ちがMAXに(笑)

パノルムの青空市場なら大きいからあるだろう……と思って行ってみたら、なくて撃沈。翌週、ギジの青空市場の花付きズッキーニの店で雄花も出てたので無事ゲットしました♪

2013.04.25 kolokithoanthi

束になって、ペットボトルに挿してあるのが雄花。
こちらの市場ではズッキーニの実に花が付いたまま売られてるのをよく見ますが、大抵は「ただ付いてるだけ」で、写真左側のもののように萎んでるから取って捨てます。
右側に並んでるもののように新鮮な花が付いてるのを売ってる店もあり、そういうのは花も含めて売り物という認識なので「花を折らないで下さい」と注意書きがされています。

うちの徒歩圏内だと、エクサルヒアの青空市場には花ズッキーニを置いてる店は2軒あって(先週確認)、ここが一番確実かも?中規模の市場ですが、野草類など充実しているし素敵なパンドポリオンもある通りだし結構おすすめです。


2013.04.25 kolokithoanthi1

適当に一束買ってみた雄花、16個ありました。
うち12個を米詰めに。前に載せた花ズッキーニの海老ピラフ詰めのレシピほぼそのままに、サフランを加えただけです。
今回レモンは入れなかったのだけど、入れてもよかったかも?


2013.04.25 kolokithoanthi2

新ニンニクのアイオリとの組み合わせ、美味しい
ポプラさん、素敵なアイデアありがとうございました!


2013.04.25 kolokithoanthi3

やっぱりフリットも食べたいよね……ってことで、残り4個は揚げました。
今回モッツァレラ詰めにしようと思ったら、そんな時にかぎって近所のスーパーどこにも売ってないという法則発動。
代わりにマヌリチーズ(羊乳や山羊乳を原料としたソフトチーズ。ミルキーな味で、そこそこ塩気もある)を詰めたんだけど、ギリシャチーズならフェタかクシノミジスラで作る方が好みかも?これも前に何度か載せてますが、蜂蜜をちょっと垂らすと美味しいです。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ


sevam_a at 23:07コメント(16)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年09月28日

花ズッキーニの海老ピラフ詰め

ずっと前にレシピを載せた“花ズッキーニのハーブライス詰め”のバリエーション。

2010.09.25 courgette blossoms stuffed with garidopilafo1
Κολοκυθοανθοί γεμιστοί με γαριδοπίλαφο

ハーブや玉ねぎなどでシンプルに味付けしたフィリングも、それに挽肉を少し混ぜ込んだバリエーションも大好きなんですが、「花ズッキーニと相性のいい魚介を使ったものはきっと最高に私好みな味に違いない!」と、作る機会を狙って(と言うか、やる気が出るのを待って)いたのでした。

モダンギリシャ料理では葡萄の葉やレタスで作られる普通のドルマデスのフィリングを魚介入りで作ったものもあるので、丁度そんな感じですね。
トマトを調味料的に少量加え、ワインで味に深みを出してみました。

2010.09.25 courgette blossoms stuffed with garidopilafo2

……これが、自画自賛で申し訳ありませんが滅茶苦茶美味しいです!

かなりおすすめなので、花ズッキーニが手に入ったら是非お試し下さい♪
詰め物をするには花の数が足りない場合、リゾットにしてもいいかも?

献立は、千切りのデリケートなロメインレタスサラダ、極シンプルなメリジャノサラタ、ブラックオリーブなどが合うと思います。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

続きを読む

sevam_a at 13:05コメント(24)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
Profile

salahi


ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

・レシピのリンク一括表示はレシピ一覧カテゴリから。

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE

Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ