行事

2016年03月15日

聖灰月曜日はシーフードと野菜のメゼ三昧♪

カーニバルが終わり、復活祭(イースター)までの長い断食期間が始まりました。
今年の西方教会の復活祭は3月27日なのでもうすぐですが、ギリシャをはじめ東方教会は5月1日。まだまだ先です。

2016.03.14 kathari deftera

サラコスティと呼ばれる断食期間は昨日のカサラ・デフテラ(聖灰月曜日、クリーン・マンデー)からスタート。サラコスティ中は肉、卵、乳製品、魚が禁止で、日によっては油も駄目だったりするのですが、人によって解釈や節制の度合いは違ってきます。
周りを見ていると、聖灰月曜日と復活祭直前の1週間だけ実践するという人が多いようです。普段から肉やチーズなどたっぷり摂っている現代ギリシャ人。復活祭にはまた肉・肉・肉のごちそうを食べまくるので、せめてこの時期は節制するぐらいがいいと思います^^;

うちは、私以外の家族は洗礼を受けてるので一応クリスチャンではあるものの、サラコスティも普段どおりの食生活で、全く節制はしていません(元々、肉もたまにしか食べませんし)。
そんなわけで宗教的な理由はないのですが、子供にはなるべく伝統行事を体験させたいのと、そしてもちろん私がシーフードを食べたいという理由で毎年この日はサラコスティメニューにしています。

断食には、贅沢を禁じ身を戒める意味がありますが、聖灰月曜日はほとんどの人が家族や親しい人と一緒に飲んで食べて楽しむ日。凧揚げをしたり野山でピクニックをするのも伝統です。ここ何年かは聖灰月曜日に天気が崩れるのがジンクスのようになっていて、昨日も雨がぱらつく一日だったのですが、近所からはイカフライを揚げる匂いが漂ってきたり、みんなシーフードの料理をつまみながら楽しく過ごしていたよう。

2016.03.14 mydia dolma

うちのサラコスティメニュー、2016年版は全部前もって作っておける料理にしました。手間はかかってるのですが、当日は並べるだけなのでゆっくりできるのがうれしい。

まずはムール貝の米詰め。これはトルコ料理ですが、ギリシャでもコンスタンティノープル料理として知られます。貝のうまみを吸ったピラフが最高〜。


2016.03.14 dolmadakia me fakes

ベジヴァージョンのドルマデス(ぶどうの葉包み)も定番。ハーブライスを詰めた「ヤランジ」と呼ばれるドルマデスが一般的ですが、久しぶりにシミ島の郷土料理のレンズ豆入りドルマダキァ(小さなドルマデス)を作りました。

シミ島ではレンズ豆やファヴァという豆を入れたり、オイルではなくタヒニ(ごまペースト)を使った精進ドルマデスがあるのですが、これがおいしいんですよ。ぶどうの葉は瓶詰めではなく、若葉を冷凍しておいたのを使ったので、葉の風味も抜群でとても柔らかに仕上がりました。


2016.03.14 pickles etc.

さっぱりとしたサラダやピクルス類も。
青唐辛子のピクルスとオリーブは市販品ですが、ムスカリ球根は市販品だとおいしくないので手作り。これもちょっと手間がかかるけど、手作りはムスカリ独特のフローラルな香りも楽しめる春の味。さらしたり茹でこぼしても少し苦いんですが、長女はこれが大好きです。

ビーツに添えてあるのはパセリのディップ、マイダノサラタです。にんにくは葉にんにくの根元部分を使ったので、私好みのマイルドな風味に仕上がりました。

左後ろにぼんやり写っているのは、ギリシャ版のやわらか煮のような、レフカダ島の漁師風タコの煮込み。以前にも載せましたが、エヴィ・ヴチナさんのレシピを少しアレンジして作っています。見た目は地味だけど、ウゾが進みまくるおつまみなのです。


2016.03.14 taramosalata & lagana

そして、忘れてはいけないラガナとタラモサラタ!
ラガナは買いに行くのが面倒だったし結構高いので手作りしました。ラガナとは、聖灰月曜日に食べられる伝統的な平たいパン。本来は酵母の入らないパンのようですが、現代で見かけるのはただ単に平たく成型してごまをまぶしたパンです。

タラモサラタは、たらこを濃縮したようなタラマという魚卵ペーストで作ったディップ。パンかマッシュポテトをつなぎにして作ることが多いです。

いつもは白いんげん豆のスープ(ファソラーダ)も作るのですが、今年はなしで代わりに黒目豆サラダにしました。あとは、フライパンで焼いたなすとトマトのサラダ。このなすにタラモサラタをのせて食べるのがお気に入りです。


【レシピ&関連記事】
ムール貝の米詰め(ミディア・ゲミスタ)
シミ島風レンズ豆と米のぶどうの葉包み(ヤプラキァ・メ・ファケス)
パセリのディップ(マイダノサラタ)
シンプルなビーツのサラダ(パジャリア・サラタ)
ムスカリの球根のオイル漬け(ヴォルヴィ・トゥルシ)
タコの漁師風やわらか煮(フタポディ・トゥ・プサラ)
タラモサラタ


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ


sevam_a at 18:44コメント(10)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年05月07日

復活祭

今年の正教の復活祭は遅く、5月5日でした。
復活祭休みも日本のGWとほぼ被ってて、今はまだ休み中……。少し前から完全に夏の暑さになってしまったため、夏休みに錯覚してしまいます^^;

2013.05.05 easter eggs

暑さのせいでやる気がなくなったのもありますが、忙しかったり体調いまいちだったりで今年はさらにミニマルに。一応、チュレキやイースターエッグは用意しましたよ

巷でも例年より地味にお祝いしてるおうちが多かったように思いますが、どうでしょう?


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ



sevam_a at 06:31コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年03月19日

白い豆スープと、ポテトのタラモサラタ

昨日はカサリ・デフテラ(聖灰月曜日)。復活祭前の断食期間が本格的に始まりました。

2013.03.18a

この期間は肉、卵、乳製品や魚などは禁止されてるのだけど、血の出ないシーフードはOKなので、カサリ・デフテラの食事は結構豪華なものとなります(本当は、贅沢は駄目なので質素に少量の食事を心がけるべきなんでしょうけど)。

我が家の場合、シーフードを食べるのは私しかいないので、毎年かなりシンプルなメニュー。ここに写ってるものに加え、角ピーマンローストのサラダとカリフラワーピクルスだけでした。
絵面もほとんど同じだから写真を加工して変化を出してみたつもり(笑)


2013.03.18b

毎年長女のリクエストで作っているファソラーダ(豆スープ)は、今年は白いのにしてみました。好みでレモンをかけても美味しい♪

作り方は前に載せたノンオイルヴァージョンのとほぼ同じなので、こちらを参考にトマト抜きで作ってみて下さい。
今回オリーブオイルは入れてますが、無しでも美味しいです。長時間煮込んでも豆のとろみが出にくい場合は少量を取り分けミキサーにかけてから鍋に戻すと簡単にトロトロのファソラーダになりますよ。


2013.03.18c

カサリ・デフテラに食べるラガナという平たいパンには、ディップを添えて。

タラモサラタや、その他禁止食品を使ってないもの数種類があると、これだけでお腹がいっぱいになります^^
今回はタラモサラタだけでいいや〜と思ってたのだけど、冷凍してあった焼きナスでメリジャノサラタも作りました。


2013.03.18d

タラモサラタはじゃがいもヴァージョンにしたので、久々に手作業で作りました。パンをつなぎにするタイプだと大丈夫なのですが、茹でたじゃがいもで作る場合は粘りが出すぎて糊みたいになりやすいのです。フードプロセッサーで作るなら、くれぐれも混ぜすぎに注意。

まずは、無着色タラマ(たらこみたいな魚卵の塩漬け)と玉ねぎをよく潰します。タラマの粒を潰して旨味を引き出すつもりで……


2013.03.18e

茹でてなめらかになるまで潰し、冷ましておいたじゃがいもを加え、癖のない植物油とオリーブオイルも加えつつ混ぜます。レモン汁を加え、味を調えて出来上がり。


2013.03.18f

ラガナ全体像。
50cmぐらいあるのですが、どっしりしてて食べ応えがあります。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ



sevam_a at 03:34コメント(6)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年04月15日

復活祭

フリストス・アネスティ!(キリストは復活した)

2012.04.15a

あまりそれらしいことをやってない我が家の復活祭なのですが、まあ気分だけでも……と、夜中に教会へ行ってロウソクに聖なる火を貰ってきたり、卵割りゲームをやったりとか。

******************************

復活祭の卵と言えば聖木曜日の朝に茹でて赤く染めるのですが、この日に染めた卵は置いておいても腐らないと言われています。
うちの会社の冷蔵庫に復活祭の赤卵が何年もずーっと入ってたことがあり、ある年に恐る恐る振ってみたら縮まった中身がカラカラと音を立てていました^^;

義母が「置いておいたら琥珀になるのよ」と言っていて、???と思ったら、“7年置いた赤卵は白身がほぼ無くなり、黄身が琥珀のようになる。これは妊娠した女性のお守りとなる”ということらしいです。
興味のある方は試してみてはいかがでしょう?

******************************


うちは家族が羊を食べないので復活祭らしい料理はしてないのですが、みんなが大好きなチュレキ(甘いパン)とクルラキァ(ビスケット)は今年も作りましたよ♪

2012.04.15

復活祭の朝食には、やっぱりこれが食べたくなるんですよね^^

クルラキァのレシピはこちら。
チュレキは日本でも作りやすいアレンジバージョンだけ載せてるのですが(レシピ1レシピ2)、ギリシャでスタンダードなものは数種類のスパイスを入れるので独特な風味があり何とも美味しいです。
私はマスティハ(マスティックガム)、マハレピ(さくらんぼの一種の種に入ってる仁)、オレンジを入れて作ってます。オレンジは無しにしたり、お好みでカルダモンを入れても。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ



sevam_a at 18:56コメント(8)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年03月09日

カサリ・デフテラの食卓

一昨日7日の献立。
食関係の行事はなるべく押さえておきたい私なので、今年もカサリ・デフテラ(聖灰月曜日)にはそれらしい料理を作りました。

2011.03.07 kathari deftera1

定番のファソラーダ(白いんげん豆のスープ)、タラモサラタ(たらこ又は魚卵のディップ)、ラガナ(胡麻付きの平焼きパン)、ピクルス(今回は余ってたカリフラワーで)。
この日から四旬節に入るので動物性の食品は禁止されており、植物性のものや血の出ないシーフード類を使った料理を食べるのが伝統なのです。

カサリ・デフテラ直前の青空市場では普段売ってない貝類やロブスター、カニなんかも沢山出るので、毎年ここぞとばかりに買いに走るのですが、「今年はいいや〜」って気になって買わなかったんですよ。


……でも結局食べたくなったわけですが(笑)
2011.03.07 shellfish2

カサリ・デフテラ当日、起き抜けに中央魚市場まで走りました
ああ、やはり私を動かすのは食欲のみなのね……^^;

この日は祭日なので基本的に店などは閉まってるし、街は車も人も少なくひっそりとしてるんですが、例外的ないくつかの賑わいスポットのひとつがこの魚市場。
昼過ぎに閉まるまで、この日のご馳走の為の魚介類を求める人々でごった返しています。
オッサン率90%ぐらいの人混みに私も果敢に挑み、貝を2種類ゲット♪(でも次回からはやっぱり近くの青空市場か当日開いてる魚屋で買うことにします……ほんと疲れたし


しばし、子供たちの観賞用にボウルに入れられた貝。
2011.03.07 shellfish1

ヤリステレスとキゾーニャ、どちらもよく生で食べられる貝です。
ギリシャでは生の魚を食べる文化は無いようだけど、貝は好きな人が結構多いんですよ。シンプルにレモンを絞って頂きます。

ヤリステレスの方はその名の通りピカピカに光沢のある殻。日本のバカ貝(青柳)と似てるんですが、どうでしょう?鮮やかなオレンジの「舌」を出して動き回る姿に子供たち大興奮(笑)


2011.03.07 shellfish3

エビでも何か作ろうという当初の予定は、ラキを飲みながら生貝を食べてたらどうでもよくなってきたのですごく投げやりな料理に……残りの貝もぶち込んでワイン蒸し〜!みたいな。

オリーブオイルでガーリックを炒め、貝やらエビを放り込んで白ワインをドバッ、コリアンダーをバサッと入れただけの一品。ヤリステレスはそのままだと砂ジャリジャリで食べられたもんじゃないので、生のを開いて砂袋は取ってから使ってます。


2011.03.07 kathari deftera2

一番上の写真を撮る為に料理を集合させてたら娘がこんな細工をしてくれたので、せっかくだからこちらの写真も載せておきます。

そうそう、この日一番のニュース。魚卵なんてものは普段絶対口にしようとしない娘が、何故かタラモサラタを食べてました♪
ブログではいくつかバリエーションを紹介したタラモサラタですが、一番好きなのはやっぱりスタンダードなタラマ、パン、玉ねぎ、油、レモン汁で作るタイプ。
結構油をいっぱい使うのだけど、この日ぐらいしか作らないから……と、自分に言い訳をして(そのような言い訳をしつつ食べるものがどれだけあることか!)たっぷりパンにつけるのでした。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ


sevam_a at 05:44コメント(22)トラックバック(1)  このエントリーをはてなブックマークに追加
Profile

ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE


****************



Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ