2017年02月08日

ひよこ豆、アボカド、フェンネル、オレンジのサラダ

タイトルのまんま。
合うもの・好きなものを集合させたサラダです。

2017.01.29 salad

アボカド、今シーズンはなんだか高い気がするのですが……前はもっと安くなってような?輸入アボカドの追熟が下手な私には国産アボカドは貴重なので、売っている間はなるべくいっぱい食べたいです。

フェンネルは、ハーブじゃなく野菜のフローレンスフェンネル。ギリシャでは、葉っぱを食べるハーブの方を「マラソス」、主に鱗茎を食べる野菜の方をイタリア語そのままで「フィノッキオ」と呼びます。ギリシャの伝統料理に使うのはマラソスの方ですが、こういうサラダにはシャキシャキ瑞々しいフィノッキオがおいしいですね。


2017.01.29 salad2

茹でたひよこ豆は、汁気をしっかり切っておきます。
フェンネルはスライス。葉っぱも付いてたら刻んで一緒に入れます。赤玉ねぎもスライスしたのを控えめな量加えます。
オレンジは皮をぺティナイフでぐるぐる剥いて、薄皮に沿ってナイフを入れ身をはずします。その時に出る汁もボウルへ。
塩、胡椒、ワインビネガー(お好みでレモン汁も)、オリーブオイルで味付けして和え、最後にスライスしたアボカドを加え崩さないよう混ぜできあがり。今回入れてないですが、黒オリーブ(スルゥベス、タソスオリーブがおすすめ)を少し加えてもおいしいですよ。


2017.01.29 salad1

フェンネル、オレンジ、玉ねぎは前もって切っておいて大丈夫ですが、野菜の水気が出るので調味料で和えるのは食べる直前がいいです。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ




sevam_a at 16:55コメント(6)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年08月05日

豆とカリポリ野菜のサラダ

あまり料理する気が起きなくて、最近は、自分用の食事は簡単なサラダや野菜料理で済ませることが多いです。

2016.07.28 salad1

私はパンを滅多に食べないし、ごはんやパスタも毎日は要らない方。豆サラダはそれだけで満足感があるので好きです。
茹でた豆と玉ねぎを基本に、その時にある野菜やハーブなど適当に加え、味つけもオリーブオイルは基本ですが、ビネガーやレモン汁で変化を楽しみます。

今回は、早く茹であがって便利な黒目豆に、玉ねぎ、カリフラワー、ズッキーニ、赤いバナナピーマン、青唐辛子。味つけはギリシャ産の5年熟成ビネガーのドレッシングにしましたが、バルサミコタイプのビネガーだけだと甘ったるく感じるので、普通のワインビネガーも加えます。


2016.07.28 salad2

生のカリフラワーやズッキーニの食感が、カリポリ楽しいサラダになりました。あればハルミチーズも加えると、カリポリ、キュッキュ……と、さらににぎやかになりそう。


2016.08.05 aged vinegar with mint

ちなみに、以前カルポスカンパニーさんに参考商品として頂いた、ミント風味のビネガーを使用。バルサミコのギリシャ版のような5年熟成のワインビネガーに、スペアミントと野生ミントをブレンドしてあります。こういうフレーバービネガーって自分ではあまり買わないものだったのですが、簡単な料理でもちょっと手をかけた風になるのがいいですね。
ビネガーの風味に合う料理をいろいろ考えるのも楽しいです。

カルポスカンパニー


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ


sevam_a at 19:20コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年04月29日

これ以上ないくらいシンプルな緑豆スープ

いよいよイースターです。
今週(と言ってももう終わりですが)は聖週間。ちゃんと断食をしている人は、あとちょっとの我慢。そうでない人も、レントの最初と最後の週だけ断食をする派が結構多く、オイルすらも抜きの日は生もしくはただ茹でただけの野菜や、ノンオイルの豆スープをよく食べます。

2016.04.12 mung bean soup
Ροβίτσα σούπα

うちはそれすらもやってないのだけど、先日作った緑豆スープがまさに聖週間にぴったりのシンプルなものだったので載せておきます。
ギリシャで緑豆って一般的ではありませんが、ロヴィツァ(ροβίτσα)といって、ペロポネソス半島のカラマタやカラヴリタの辺りで栽培されているそう。ギリシャ風にはスープや煮込み、サラダなどにして食べます。

こういう料理ならギリシャで一般的な他の豆を使った方が断然おいしいと思うんですが、もやしを栽培する為に買った緑豆があったので、せっかくだからギリシャ風のスープをご紹介します。
記事タイトルにもあるように、これ以上ないシンプルさです^^


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ


続きを読む

sevam_a at 18:28コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年02月27日

おいしく便利なギリシャ伝統パスタと、ひよこ豆の煮込み

ヘリオスパスタさんとのお仕事、3月開催のFOODEX JAPAN 2016に向け佳境に入っています。とにかくパスタパスタな毎日だったのですが、そういえば最近豆料理を作ってない!月末でお財布も寂しいことですし、昨日は買い置きの豆で1品勝負な晩ごはんにしました。

2016.02.26 hilopitaki

豆料理だけど、パスタも入れます!
今回使うのは、ギリシャの伝統的なパスタ「ヒロピタキ」。
「ヒロピタ」(複数形ヒロピテス)というパスタの小さいサイズが「ヒロピタキ」です。

ギリシャにはさまざまなパスタがあり、地方によって原材料や形もいろいろなのですが、全国的に見られるポピュラーなパスタがヒロピタです。

ヒロピタは、平打ちタイプの卵パスタ。平打ちパスタではイタリアのフェットチーネやタリアテッレが日本でおなじみですが、ギリシャのヒロピタは基本的に卵とミルクを加えて捏ねた生地を使い、短くカットされています。

ヘリオスパスタではレギュラーサイズの「ヒロピテス」、ほぼ正方形にカットした「ヒロピタキ」を作っていて、用途や好みに応じて使い分けることができます。いずれも小麦の味わいに加え卵とミルクの風味が豊かで、適度な厚みがあるため食感もよいです。


2016.02.26 hilopitaki me revithia ke melitzanes

お料理に話を戻し……1品勝負となると、やはり栄養を考えていろいろ盛り込みたいところ。
不自然に何でも入れるのは私のモットーに反するので、野菜の入った豆の煮込み料理をパスタで若干ボリュームアップな感じで作ってみました。

パスタと豆というのは他の国にもある組み合わせで、いわゆる貧乏料理ですね。現代では粗食や貧乏料理が健康食として注目されていますが、豆にパスタや米の組み合わせは腹持ちがよく、野菜や乳製品を足せば栄養バランスもよくおすすめです。

今回は、みんな大好きなひよこ豆。そして野菜は使いかけで冷蔵庫に入れてあったなすを使います。ひよこ豆となすの煮込みは伝統的なギリシャ料理のひとつですが、うちは夫がなす苦手なので皮を剥いてカモフラージュします(笑)


2016.02.26 hilopitaki me revithia ke melitzanes2

にんにくと玉ねぎをオリーブオイルで炒め、さいの目切りのなすも加えさらに炒めます。そして、残り物のトマトソースを投入。ブコボ(唐辛子フレーク)も少し入れてピリ辛にしましょう。


2016.02.26 hilopitaki me revithia ke melitzanes3

ここに茹でたひよこ豆と煮汁適宜、そしてお好みでハーブ(今回は冷凍してあったディル)を加え煮込みます。味がなじんで、全体がやわらかくなったら煮込みの完成。なす嫌いさんがいない場合は、途中でなすを加えた方が煮溶けないのでいいです。

食べる直前に、ヒロピタキを加え水加減をして再び煮ます。
ヒロピタキが煮えたらできあがり。お好みでチーズをふりかけてどうぞ。


*******************************************

おいしくて使い勝手のいいヒロピテスやヒロピタキ、日本でも一般的になるといいな〜と思います。
茹でてバターやオリーブオイルを絡めたものはいろんな料理の付け合せにぴったりだし、ソースやスープに直接加えて煮ても。また、ヒロピタキはお米代わりにリゾットやピラフ風の料理にしてもおいしいですよ。


【関連レシピ】
レンズ豆とヒロピタキのスープ
※タリアテッレで代用する方法を紹介していますが、あればぜひヒロピタキで!

牛肉とカラマタオリーブのトマトソース煮
※我が家ではたっぷりのヒロピテスを添えます。


ヘリオスパスタの情報は下記リンクから。
http://www.heliospasta.gr/
ヘリオス社は輸入業者を募集中です。
FOODEX JAPAN 2016ギリシャ館へもぜひお越し下さい!



ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ


sevam_a at 18:11コメント(7)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年01月31日

レンズ豆のサラダ・ガロティリ添え / レシピインデックス更新しました

今月はとても寒かったので冬眠状態だったのですが、やっと寒さが和らいだので、ぼちぼち活動再開しています。

2016.01.30 lentil salad

ちょうど昨日は天気がよかったのと、夫と次女がパーティーに出かけてたので絶好のお掃除デー。その勢いで、延ばし延ばしにしてたレシピインデックスの更新もようやくできました。
2014年の初夏から放置してたので、途中挫折しそうになりつつも作業が終わったらさすがにへとへと……長女とふたりの晩ごはんには、下ごしらえしたチキンウィングと茹でたレンズ豆があったので助かりました。

チキンは長女に好きなだけ食べさせてあげることにして、私のメインはレンズ豆のサラダ。刻んだ玉ねぎかねぎは大体いつも入れるのですが、あとはその時にあるもの&食べたい味付けで。


今回の作り方はこんな感じです:

ドレッシングは、塩、胡椒、ディジョンマスタード、バルサミコビネガー、オリーブオイルを混ぜあわせる。
茹でたレンズ豆は、しっかり汁気を切っておく。冷蔵庫に入れてあった場合、鍋か電子レンジで温める。豆が熱いうちに玉ねぎのみじん切りとドレッシング少しを加えて混ぜあわせる(私は生玉ねぎを食べると調子が悪くなるので、入れる量を控えめにしたり、少し熱を加えて刺激を抑えています)。
ほんのり温かい程度に冷めたら、小さく切ったトマト、青唐辛子またはパプリカかバナナピーマン、ちぎったルッコラを加え、ドレッシング適量とオレガノで味をととのえる。
ガロティリまたは他のソフトチーズをお好みでトッピングする。


ガロティリはPDO認定を受けているギリシャチーズのひとつで、イピロス地方とテッサリア地方で作られる伝統食品です。羊乳または山羊乳(もしくは混合)を原料とし、煮立てた乳に塩を加え皮袋や樽で寝かせ乳酸発酵させます。乳酸菌やレンネットを使う作り方と、塩以外添加せず発酵させる作り方があるようです。
フェタチーズとヨーグルトの中間っぽい味で独特の癖が少しありますが、パンにつけて食べたり、グリルした肉料理のお供にもおいしいチーズです。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ




sevam_a at 09:07コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
Profile

ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE


****************



Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ