野菜

2017年04月13日

トマトの「イェミスタ」サラダ

いよいよイースターを迎えるギリシャ。この時期の「濃さ」に、もうすでにお腹いっぱい……なんだか余裕もないし、今年はお菓子だけ用意しようと思います

2017.04.12 stuffed tomato salad
Ντομάτα γεμιστή σαλάτα

イースターを前にした週は、メガリ・エヴゾマダと呼ばれる聖週間です。家の掃除をし、イースターエッグを染めたりお菓子を作ったり料理の準備をしたりと、主婦にとってはかなり忙しい一週間。ただ、この週はしっかり断食(動物性食品を摂らない食事節制)をする人が多いので、料理はシンプルかつ質素なものとなります。

うちは断食を取り入れてないのだけど、油も使わないギリシャ精進料理のテーマで何か作ってみたくなり、思いついたのがこのサラダです。 


2017.04.12 stuffed tomato salad1

伝統的なギリシャ料理のひとつ、「トマトのイェミスタ」をアレンジして、茹でた小麦やドライフルーツ、ナッツを詰めたトマトをサラダに仕立ててあります。最初は生トマトにしようと思ったのだけど、詰め物をした丸ごと生トマトは見た目が好きじゃないので焼きました。味は、生の方が好きなんですが……それなら普通のサラダにすればいいという話なんですけど、ちょっと遊んでみたい時ってありますよね^^;

ちなみに「油抜き」と言っても抜け道はあり、タヒニ(ごまペースト)はいいことになっているので、ギリシャの精進料理には結構よく使われます。この料理もタヒニを使ってみたのですが、それすら使わず完全オイルフリーで作ることも、オリーブオイルを入れて作ることもできます。


2017.04.12 stuffed tomato salad2

サラダの葉っぱ類は、レタスやルッコラにフレッシュハーブをたっぷり。一般的なイェミスタのフィリングによく使われる、パセリやディル、スペアミントを入れるのがおすすめです。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ
続きを読む

sevam_a at 16:18コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月30日

ムスカリ球根とフェタチーズのスクランブルエッグ

ムスカリの季節が終わらないうちに……。

2017.03.23 volvoi avga1
Βολβοί με αυγά και φέτα

メガリ・サラコスティ(イースター前の断食期間)の食卓によくのぼるムスカリの球根。毎年一度は食べておきたいものですが、下処理に少し手間がかかるので、ちょっと腰を据えて取りかかる必要がある食材です。また今度にしようとか思っていると、うっかり旬を逃してしまうことも。


2017.03.21 volvoi1

キロ4〜7ユーロぐらい。イタリア、モロッコ、チュニジア辺りからの輸入品もあり、国産の方が高いです。
これをせっせと剥くわけですが、ネバネバの液が出るので指先がコテコテになります。洗ってから剥いた方がましかなと思いつつ、泥をいっぱい流したくないし、どちらにせよコテコテにはあまり変わりないし、剥いてから洗う派です。


2017.03.21 volvoi2

剥き終わったら苦味抜きの作業に入ります。まずは水に浸し、ひと休み。ムスカリの球根はそのままだとものすごく苦いため、上手く苦味を抜いて食べやすくする必要があります。古代ギリシャでのムスカリの料理を調べていると、そのままっぽい記述もあったりするのですが。さまざまな疾患に効く薬としてや、強壮剤・精力剤としても用いられていたので、苦味が効く!みたいな感じだったのかも。

苦味抜きの方法としては、水に浸ける、何度か茹でこぼすなど。浸さずすぐ茹でる人あり、長くて2日ぐらいも水に浸けてから茹でる人ありといろいろですが、私は1日ぐらい浸けてから3回茹でこぼす場合が多いです。


2017.03.24 volvoi

ギリシャではムスカリ球根は主にピクルスにします。また、茹でたものにビネガーやオイルで味付けしたサラダにも。ピクルスは瓶詰めのがスーパーにも売ってますが、自分で作ったのは格別です。私は、茹でて塩とビネガーで漬けたのをオイル漬けにするのが気に入っています。長女もこれが好きで、いつも取り合い(笑)
医学的に証明されているのかは知りませんが、ギリシャ人いわく、健康にもいいらしいですよ。コレステロール値を下げたり、血糖値を正常にする、胃腸の働きをととのえる効果があるそうです。


2017.03.23 volvoi avga 2

トップ画像のはあまりギリシャではやらない食べ方ですが、卵でとじたもの。イタリアでこういう料理があるのですよね。フェタチーズを入れてギリシャっぽくしてみました。ムスカリと卵と言うと、球根ではなく花穂の料理があります。花穂をくたくたに煮て卵を落とすのですが、これはきれいなムスカリを摘んでこられる場合にしか作れない料理。球根は市場で売ってるのだけど、花はないのです。その辺に生えてるのは、いろいろかかってそうでちょっと食べられませんしね^^;

作り方:
ムスカリの球根は、食べておいしい程度に苦味が抜けるまで数回茹でこぼします。4つぐらいに切って、オリーブオイルで炒めます。好みでバターも。卵は塩、胡椒、おまじない程度のワインビネガーを加え溶いておきます。ムスカリを炒めたところに、粗く砕いたフェタチーズと卵を加え、好みの状態に火が通るまでざっと混ぜてできあがり。


【関連記事】
ムスカリ球根のピクルス
タコとムスカリのスティファド/ムスカリ球根でいろいろ
オイル漬け2種(アーティチョークとムスカリ球根)


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ


sevam_a at 17:27コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年02月28日

聖灰月曜日ごはんとスキー旅行

昨日は聖灰月曜日(カサリ・デフテラ)でした。
その前日の日曜がカーニバルの最終日で、聖灰月曜日から復活祭までは動物性の食品の摂取が禁じられる断食期間となります。

2017.02.27a

うちは断食はしないので普段と変わらず肉も食べますが、行事食として聖灰月曜日定番の精進料理を作ります。
今年は事情により用意できなかったので最低限のメニューです。

この日によく食べられる、血の出ないシーフード(タコ、イカ、エビ、貝など)は私以外食べないので、長女のリクエストでファソラーダ。市場の豆屋さんでおいしい白いんげん豆を買ってきたので、いい感じにトロトロの仕上がりです。


2017.02.27b

聖灰月曜日に欠かせないパン、ラガナ。
本来は発酵させてない平焼きパンだったと言われますが、普通に見かけるのはイーストや天然酵母で膨らませた平たいパンです。うちは自家製と市販の4:1ぐらい?たまにお店で買ってくる年もあるのですが、今回は手作りしました。天然酵母で作るのが好きなのだけど、時間がなかったので、何か長期発酵させたものをと、どぶろくを入れてみました。

夫と次女は晩ごはんにピッツァの予定だったので小さめサイズにしたのだけど、パン食い人種を甘く見ていました(汗)結局私は味見程度しか食べられなかった……みんな喜んでくれたのでよかったけど。


2017.02.27c

この日はタラモサラタも定番。
今年はタラマじゃなく燻製数の子(燻製ニシンに入ってる卵)を使ったレゴサラタにしました。


2017.02.27d

もうひとつ長女のリクエストでメリジャノサラタ。
普通のメリジャノサラタは丸ごと焼きナスにしたのを潰して作るディップ状のサラダなんですが、使いかけのナスしかなかったので、さいの目に切って焼いた別ヴァージョンの。玉ねぎ、バナナピーマン、トマト、ケイパーを加え、塩、胡椒、にんにく、ワインビネガー、オリーブオイルで味付けしてあります。


______________________________________________

三連休の土日は、カラヴリタへスキー旅行でした。

2017.02.25

去年は積雪状態がよくなかったりタイミングが合わず行かなかったのですが、今年は一時期かなり寒かったりで、結構雪がありました。
ここ最近はずいぶん暖かかったので、凍えず済んだのでよかった^^;


2017.02.26a

帰りはいつものレストランへ。
カラフルなカーニバルの装飾がされていました。


2017.02.26b

ここへ来たら、いつも仔豚の丸焼きとソーセージを食べます。
ソーセージは自家製でおいしいんですよ。
敬虔な正教徒は、この週もう肉は食べないのですが(卵や乳製品はOK)、普通に肉を食べてる人が多い気がします。


2017.02.26c

ホルタ(茹でた野草のサラダ)とフェタも。
がっつり肉料理の合間に、レモンをたっぷり絞ったほろ苦いホルタがいい口直しになります。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ



sevam_a at 20:50コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年02月16日

焼きカリフラワー、フェタチーズ、カリカリパン粉のパスタ

ほぼ毎週カリフラワーをもらうので、次のが来るまでに使い切るのがちょっと大変(汗)

2017.02.06 cauliflower & feta pasta

カリフラワーは茹でて食べるよりも、焼いたり揚げたり煮込んだりが好みです。今週は久しぶりにコキニストを作ろうかな……。

この間は、長女と二人のランチにカリフラワーのパスタ。ちょっと焦げ目がつくくらいフライパン焼きしたカリフラワーに、カリッと炒めたパン粉と松の実をトッピングして香ばしさをプラスしました。こういうパスタだとチーズなしでもいいのだけど、フェタチーズを入れたのは当然ながら味に深みも出てとてもおいしいです。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

続きを読む

sevam_a at 00:01コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年01月29日

豆の葉っぱをおつまみに

日曜の午後、ちょっとひと休み……の一杯。

2017.01.29 papoules

昨日は久しぶりにクレタ野菜の売っている市場へ行ったので、パプーレスを買ってきました。パプーレスはマメ科の植物ヒゲレンリソウの葉っぱです。種子も豆として食べられますが、主に葉を生で食べるよう。

パプーレスは、サラダにしたり、そのままおつまみとして食べたり。塩とワインビネガー少し(好みでオリーブオイルも)で味付けするのが定番です。クレタ島の人はチクディア(ラキ)の肴にシンプルな生野菜をよく食べますが、これもそのひとつ。

やはり、いつものこの絵面で
朝露のようにワインビネガーをまとったパプーレスをかじって、チクディアをキュッとやるのが粋です。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ


sevam_a at 23:17コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
Profile

ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE


****************



Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ