野菜

2016年05月18日

ノゲシの花茎をギリシャ風の温サラダで

ギリシャ語で、野草や青菜は「ホルタ」といいます。
ホルタの最もシンプルな味わい方は、クタッと茹でて、たっぷりのオリーブオイルとレモンで食べる一品。この温サラダも通称「ホルタ」と呼ばれます。

2016.05.17 vlastaria1

秋から春までのホルタのシーズンは終わり、そろそろヴリタ(葉アマランサス)やスティフノス(イヌホオズキ)といった夏のホルタに切り替わってきています。ギリシャで温サラダにしてよく食べるホルタを大きく分けると、夏季のホルタの代表がヴリタなのに対し、冬季はちょっとごわごわした葉っぱのゾホスでしょうか。

ゾホスと呼ばれるホルタにも品種がいろいろあるのかもしれませんが、学名Sonchus oleraceusだそうで、和名はノゲシといって日本でも見かける野草です。ケシと名前についていて紛らわしいですが、ノゲシはケシ科ではなくキク科の植物で、ケシとは全くの別物。

2016.05.17 vlastaria2

春も終わりになるとトウが立って終わりですが、シーズン最後に味わえるのが花茎(ヴラスタリ)です。
食べられるのはやわらかい穂先の部分と葉っぱだけなので、つまんで簡単にちぎれるところまでを摘みます。これをやると、爪と指先が黒くなってしまうのが困りものですが……。
茹でたホルタの青くほろ苦い味わいは、ギリシャで出会えてよかったなぁとしみじみ思う味覚のひとつです。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ


sevam_a at 18:09コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年05月13日

ギリシャ風スタッフドベジタブル

代わり映えのしない絵面で失礼します
くりぬくのに丁度いいサイズのズッキーニをもらったので、イェミスタ(スタッフドベジタブル)にしました。

2016.05.11 gemista1

なんだか、久しぶりにギリシャ料理らしいギリシャ料理を作った気がします。
本当はズッキーニだけを使って、アヴゴレモノ(卵レモンソース)仕立ての煮込みタイプを作りたかったのだけど、夫はアヴゴレモノが好きではないし、そしてユヴァルラキァ(米入りミートボール)を憎んでいる……ユヴァルラキァと似た系統のズッキーニのイェミスタは喜ばれないだろうなぁ〜と、手間は倍くらいになりますが、トマトとバナナピーマンも一緒に結局いつものオーブン焼きタイプにしました。

オーブン焼きのイェミスタはベジタリアンバージョンのを作ることが多く、またそちらの方が「通好み」な感じがするのですが、肉を入れたい気分だったので久々のひき肉入りに。夫の叔母さんがよく作っていたイェミスタがこれで、私が最初に覚えたものです。

ひき肉入りイェミスタの、味のポイントとなるのはスペアミント。ギリシャ語でディオスモスと呼ばれるスペアミントは、ギリシャ料理によく使われます。ギリシャ風の揚げミートボールにもよく入れますが、肉の臭みを消し、味をひきたてる効果があります。
にんにくも、今の時期はジューシーな新にんにくがあるので、たっぷりと入れました。

レシピはこちら。
ひき肉入りのイェミスタ

オーブン焼きのイェミスタは一般的にトマトとピーマンの2つの野菜で作る人が多く、焼き時間はかかるものの比較的簡単に作ることができますが、我が家ではズッキーニが人気なので必ずと言っていいほど入れます。ズッキーニのくりぬきがハードル高そうな感じですが、専用の道具があれば、結構簡単にくりぬくことができます。

↓私が持ってるのはギザギザ刃じゃないですが、こういう形状の。
りんごの芯抜き器でも代用できるけど、ズッキーニ用のはさすが、しっかり綺麗にくりぬけます。


WUSTHOF(ヴォストフ) シルバーポイント ズッキーニコアラー 3095SP


くりぬいたズッキーニの中身は刻み、ひき肉と一緒に炒めてフィリングに混ぜ込むのでおいしさもさらにアップ♪今回はトマトペーストなどを足さず生トマトのみ、オプションとして材料リストにあるチーズも入れずに作ってますが、旨みはたっぷりです。

2016.05.11 gemista2

今回も、とてもおいしくできました。
ちなみにこれ、焼いてる時の匂いがすごいです!おいしそうな匂いなんですが、むせかえるような濃密さなんですよ^^;


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ


sevam_a at 18:35コメント(5)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年03月25日

フェンネル&葉にんにくのパイと餃子+おまけのホットサンド

ギリシャでフェンネルと言うと、ディルに似たハーブ。肥大した株元を食べるフローレンスフェンネルも今ではよく見かけるようになりましたが、伝統的なギリシャ料理に使われるのは葉っぱの方です。日本でも、沖縄の方ではフェンネルの葉を料理に使うようですね。

2016.03.23 fennel & garlic pie
Κιμαδοπιτάκια με μάραθο και φρέσκο σκόρδο

フェンネルと旬の葉にんにくをたっぷり入れて、ミートパイを作ってみました。
この組み合わせは伝統的なギリシャ料理ではないですが、おそうざいパイのバリエーションが豊富なギリシャでは、結構何でもアリ。伝統的な組み合わせのほか、旬の素材や使い切りたい食材を入れたりアレンジすることも多いのです。


2016.03.23 fennel & garlic

ねぎみたいに見えるのが葉にんにく。
フェンネルは、これで1/4束ぐらいなんですよ〜。ギリシャで売られてるハーブ、特に市場のは束が大きいです!


2016.03.23 fennel & garlic2

とりあえず、ざくざく刻んで……。

パイのフィリングは、ひき肉と玉ねぎを炒め、たっぷりのフェンネルと葉にんにくも加え炒めます。味付けはシンプルに塩と胡椒。フィリングをまとめるために、最後に小麦粉を適量振り入れ、水分(牛乳、ワイン、水どれでも)を少し加え軽くとろみをつけています。チーズもお好みで適量。

生地はミニパイによく合う「クル」と呼ばれるタイプ。油脂が多めに入る、サクサク食感で風味のよい生地です。レシピは以前載せたこちらを参考に。今回は卵も入れていますが、生地に全部入れてしまわず、パイの表面に塗る分を取り分けておきます。


2016.03.24 fennel & garlic pie

フェンネルと葉にんにくはかなり多めに入れたつもりなんですけど、炒めると嵩が減るので肉の方が存在感ありますね。家族には好評だったけど、やはり次女にはフェンネル風味がいまいちなようでした^^;
保険にチーズパイも作っておいてよかった(トップ画像の、ごまをまぶしてある方)。


2016.03.24 fennel & garlic gyoza

同じ組み合わせでもう一品。最近、楽子さんのブログやTwitterでフェンネル入りの餃子を立て続けに見かけ食べたくなったので作ってみました。
ひき肉はいずれも豚肉を使いましたが、ラムで作ってもよさそうですね。ヨーグルトのソースも合いそう。


2016.03.23 fennel & garlic3

ちなみに、2種類のフィリングはこんな感じでした。
餃子の方はキャベツなどは入れてないんですが、粗くおろした玉ねぎを加えました。


2016.03.24 tost

中途半端に余ったパイのフィリングで、おまけのホットサンド(トーストτόστ)。卵1個に塩胡椒とおまじない程度のワインビネガーを加え溶き、パイフィリングを加えざっと混ぜます。これを、パンの大きさに合わせて四角いオムレツに。
食パンにマスタードとお好みでバターも塗り、オムレツとチーズを挟んでパニーニメーカーで焼きます。
焼き上がりに、塩とワインビネガーで揉んで絞った千切りキャベツを挟んでますが、他の葉野菜やトマトでも。かなりボリュームのあるサンドイッチなので、生野菜が入るとフレッシュな味わいも加わっておいしいです。


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

sevam_a at 18:23コメント(6)トラックバック(1)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年03月02日

レモン風味フェタチーズのせ、キャベツのトマト煮

ギリシャは今、カーニバルシーズン。
今週は肉週間なので肉料理(特に、焼いた肉類)をいっぱい食べるのですが、普段どおりベジメニューばかりの我が家です^^;

2016.03.01 stewed cabbage with feta

うちは、肉を食べるのは週に1〜2回ほどです。子供たちにはもっと頻繁に食べさせますが。私も夫も肉好きではあるけれど、食べるのはたまにでいいタイプなので、自然に地中海ダイエットのような食生活になっています。

今日は超手抜き!ざっくり切ったキャベツをトマト味で煮ただけのものがメインなので、ちょっとジャンク要素をプラス。みんな大好きなフライドポテトを添えてごまかしました(笑)

キャベツを煮る時ににんにくも入れたのだけど、これはいらなかったかも?レモンの皮で香り付けしたフェタチーズをトッピングし、お好みでホットパプリカも少し散らします。

二度揚げしたポテトは、塩とオレガノで味付け。オレガノ風味のポテトはギリシャの定番で、ポテトチップスもオレガノ味が人気です。
オレガノポテトに、フェタチーズがまた合うんですよね〜。シンプルながら、ワインも進む満足メニューでした。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ


sevam_a at 00:26コメント(3)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年02月27日

おいしく便利なギリシャ伝統パスタと、ひよこ豆の煮込み

ヘリオスパスタさんとのお仕事、3月開催のFOODEX JAPAN 2016に向け佳境に入っています。とにかくパスタパスタな毎日だったのですが、そういえば最近豆料理を作ってない!月末でお財布も寂しいことですし、昨日は買い置きの豆で1品勝負な晩ごはんにしました。

2016.02.26 hilopitaki

豆料理だけど、パスタも入れます!
今回使うのは、ギリシャの伝統的なパスタ「ヒロピタキ」。
「ヒロピタ」(複数形ヒロピテス)というパスタの小さいサイズが「ヒロピタキ」です。

ギリシャにはさまざまなパスタがあり、地方によって原材料や形もいろいろなのですが、全国的に見られるポピュラーなパスタがヒロピタです。

ヒロピタは、平打ちタイプの卵パスタ。平打ちパスタではイタリアのフェットチーネやタリアテッレが日本でおなじみですが、ギリシャのヒロピタは基本的に卵とミルクを加えて捏ねた生地を使い、短くカットされています。

ヘリオスパスタではレギュラーサイズの「ヒロピテス」、ほぼ正方形にカットした「ヒロピタキ」を作っていて、用途や好みに応じて使い分けることができます。いずれも小麦の味わいに加え卵とミルクの風味が豊かで、適度な厚みがあるため食感もよいです。


2016.02.26 hilopitaki me revithia ke melitzanes

お料理に話を戻し……1品勝負となると、やはり栄養を考えていろいろ盛り込みたいところ。
不自然に何でも入れるのは私のモットーに反するので、野菜の入った豆の煮込み料理をパスタで若干ボリュームアップな感じで作ってみました。

パスタと豆というのは他の国にもある組み合わせで、いわゆる貧乏料理ですね。現代では粗食や貧乏料理が健康食として注目されていますが、豆にパスタや米の組み合わせは腹持ちがよく、野菜や乳製品を足せば栄養バランスもよくおすすめです。

今回は、みんな大好きなひよこ豆。そして野菜は使いかけで冷蔵庫に入れてあったなすを使います。ひよこ豆となすの煮込みは伝統的なギリシャ料理のひとつですが、うちは夫がなす苦手なので皮を剥いてカモフラージュします(笑)


2016.02.26 hilopitaki me revithia ke melitzanes2

にんにくと玉ねぎをオリーブオイルで炒め、さいの目切りのなすも加えさらに炒めます。そして、残り物のトマトソースを投入。ブコボ(唐辛子フレーク)も少し入れてピリ辛にしましょう。


2016.02.26 hilopitaki me revithia ke melitzanes3

ここに茹でたひよこ豆と煮汁適宜、そしてお好みでハーブ(今回は冷凍してあったディル)を加え煮込みます。味がなじんで、全体がやわらかくなったら煮込みの完成。なす嫌いさんがいない場合は、途中でなすを加えた方が煮溶けないのでいいです。

食べる直前に、ヒロピタキを加え水加減をして再び煮ます。
ヒロピタキが煮えたらできあがり。お好みでチーズをふりかけてどうぞ。


*******************************************

おいしくて使い勝手のいいヒロピテスやヒロピタキ、日本でも一般的になるといいな〜と思います。
茹でてバターやオリーブオイルを絡めたものはいろんな料理の付け合せにぴったりだし、ソースやスープに直接加えて煮ても。また、ヒロピタキはお米代わりにリゾットやピラフ風の料理にしてもおいしいですよ。


【関連レシピ】
レンズ豆とヒロピタキのスープ
※タリアテッレで代用する方法を紹介していますが、あればぜひヒロピタキで!

牛肉とカラマタオリーブのトマトソース煮
※我が家ではたっぷりのヒロピテスを添えます。


ヘリオスパスタの情報は下記リンクから。
http://www.heliospasta.gr/
ヘリオス社は輸入業者を募集中です。
FOODEX JAPAN 2016ギリシャ館へもぜひお越し下さい!



ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ


sevam_a at 18:11コメント(7)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加
Profile

ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)

****************

無断転載・レシピや写真の無断使用は固くお断わりします。

今まで載せたレシピは、こちらからどうぞ。
ギリシャ料理レシピ1(前菜・サラダ・スープ)
ギリシャ料理レシピ2(その他のレシピ)
ギリシャ料理以外のレシピ
レシピについて(こちらも是非お読み下さい)

※レシピインデックスは更新した時に上げますので、それ以降にアップしたものに関してはレシピカテゴリを参照して下さい。

※お探しのレシピがインデックス中に見当たらない場合、下のブログ内検索にキーワードを入れて探してみて下さい。

****************
PR


キリン 世界のKitchenから 冴えるハーブと緑茶



エキストラ・バージン・オリーブ・オイル 原産地呼称保護認定 〜P.D.O.〜 ”コリンバリ ハニア クレタ” 1L

****************

****************

mixi
ギリシャ料理コミュニティ

iza専門家ブログ
「はじめまして!ギリシャごはん」


GREEK MEMORY(エーゲ海のギリシャウェディングとフォトウェディング専門店)

ORIGAMILAND GREECE


****************



Search
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ