ギリシャのごはん

ギリシャ料理のレシピと、ギリシャで私が作っているごはんの記録。

土曜日はいつもお肉を焼いてジャジキや野菜を添えたメニュー。
先週はジャジキが余ったので、長女と私の昼ごはんにこんなのを作ってました。

2021.05.18 greek chicken rice bowl
今風に言うと、ギリシャ風チキンライスボウル。
お店で買ってきたギロスやスブラキが余った時に、こういうのをよく作ってたんですよ(過去記事に載せてました→ギロスピザとギロス丼)。お店のギロスは、もうすっかりご無沙汰ですが。

冷凍庫に塩こしょうで軽く下味をつけた鶏むね肉の細切れがあったので、それをフライパンで焼いて適当なミックスシーズニング(パプリカ、カイエンペッパー、ガーリックパウダー、クミン、オレガノ、塩、こしょう)で味つけ。肉は豚肉かラムでもいいですが、しっかり濃いめに味をつけます。
お肉以外だと、サーモンか白身魚を同じように焼くか、野菜やきのこでもおいしいです。

土台は今回お手軽に炊いてあったごはんを使ってバターライスにしました。日本の普通のごはんよりも、ピラフ(チキンまたは野菜ブイヨンで炊く)にするかバターライス(オリーブオイルライス)にする方がしっくりくる味になると思います。また、米の代わりにブルグルやキヌアでも。ギリシャでも近年はキヌアボウルとかポピュラーで、カフェメニューで見かけたりします。

ロメインレタスをふんわり盛って、チキンとオニオンスライスとトマトをのせ、ジャジキをぽってりと落としてできあがり。あればアボカドもトッピングに合いますよ。写ってませんが、食べる時にレモンも絞ってかけました。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

先週に引き続きドルマダキァ。

2021.05.20 dolmadakia1
2番目に作るのは、我が家の定番ほんのりトマト味の肉入りドルマダキァです。

2021.05.20 dolmadakia2
何度も書いてますが、うちのは小さく作るので包むのに結構時間がかかります。ぶどうの葉っぱを洗って下茹でして、使う大きさにカットするところまでは前日にやっておくと楽ですよ。小さめ〜中ぐらいの葉っぱだと、半分〜3、4つぐらいに切って使っています。

こんな風に巻いてます……という動画を載せたので、よろしければ参考に。ちょっとラフに巻いてある方がギリシャらしいかなと思います。



レシピは過去に載せたこちら。

2021.05.20 dolmadakia3
生葉250gには、ひき肉約300gと米11/4カップぐらい(米の割合少し多めです)で直径22cmの鍋に3段分。分量はあくまでうちの場合なので、フィリングを多くしてもっと大きく作ることもできます。

ちょっとレシピでは伝えにくいコツがいろいろあるんですが、煮ると薄まるのでフィリングの味付けは濃い目にします。特に私のように小さく作る場合だと、ひとつひとつにフィリングをちょっとしか入れないので「濃くしすぎたかな?」と不安になるくらいでも丁度いいです。


2021.05.20 dolmadakia2
煮上がりは汁気が少し残る程度で火から下ろし、粗熱がとれるぐらいまで蒸らすと味もなじみます。写真は落とし蓋をとって、鍋をゆすって混ぜたところ。新鮮な若葉を使うとできあがりは葉っぱがフィリングと一体化するほど柔らかくなりますが、瓶詰めの葉の場合は少し硬めになるかも?食べた時に、葉っぱが口の中に残る感じのはいまいちです。

2021.05.20 dolmadakia3
背後に写っている料理はファヴァ。他にはオーブン焼きパスタやギリシャ風ミニハンバーグなども作り、料理だけで忙しい一日でした。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

わけわからんタイトルになってしまいましたが、先週撮って載せそびれていた3品です。

2021.05.12
今シーズン初のドルマダキァ(ドルマデス)、やっと作れました。
ご存知ぶどうの葉包みですが、やっぱり最初は肉なし・ハーブたっぷりのタイプで。

ドルマダキァは結構手間と時間がかかるのだけど、特に肉なしのはあまりメインという感じではないし、しかもうちの次女は食べない……。自分が食べたいという原動力だけで作っています。

2021.05.12 pie3
次女用にはホルトピタ(青菜や野草のパイ)を作ったのだけど、これはみんな大好きなやつ。ほうれんそうパイ(スパナコピタ)とほぼ同じなんですが、他の青菜が入っているのでホルトピタです。


2021.05.12 pie1
今回はほんの少し残ってたほうれんそうに、ふだんそう、あと玉ねぎ、ねぎ、ディルやフェンネル、フェタチーズが入っています。

2021.05.12 pie2
蛇足ですが、チーズが入ってるのはホルトティロピタになります。どちらでも普通にホルトピタと呼んでも大丈夫ですが。


2021.05.12 chicken with ouzo mustard
それから、鶏むね肉のフィレがあったのでウゾマスタード風味のソテーも。鶏肉は一口大に切って塩、こしょう、にんにくで下味をつけ、時間があれば冷蔵庫で数時間マリネしておきます。オリーブオイルをひいたフライパンで焼き、ウゾとマスタードを加え炒めあわせるだけです。仕上げにオレガノをふりかけてどうぞ。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

この間の記事に載せたえび、大きめのをより分けてこんなのを作っていました。

2021.05.11 saganaki & tigania
人気のギリシャ料理、えびのサガナキ。トマトソースにフェタチーズの組み合わせが定番ですが、丁度アーティチョークもあったので、目先を変えてウゾが香るクリーム仕立てのにしてみました。えびとアーティチョークの組み合わせって大好きなんです。


アーティチョークは前もってオリーブオイルで炒めておいたのを使用。硬い部分をむいてくし切りにしたのを、ちょっと端っこが香ばしくなる程度にフライパン焼きします。

えびは殻をむいておいた方が食べやすいですが、飾りにいくつかは頭と尾を残しました(取り除いた頭や殻は出汁に利用するなど)。背わたを取り、軽く塩こしょうしておきます。

2021.05.11 saganaki
サガナキか小さなフライパンに(スキレットなどそのまま食卓に出せるものがベスト)にんにくとオリーブオイルを入れて熱し、下処理したえびを加え炒めます。色が変わったらウゾまたは白ワインをジャッと入れ、アルコールを飛ばします。刻んだフェンネルの葉と炒めておいたアーティチョーク、生クリームを加え、塩こしょう(好みでマスタードも)で味をととのえ少し煮ます。お好みで最後にチーズを加えできあがり。チーズはケファログラヴィエラという羊乳ハードチーズを使いましたが、フェタチーズでも。

もう一品は、こちらも春の味覚で葉にんにくと豚肉のティガニァ。
レシピは以前載せたものです。




ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

今日から子供たちの学校が再開。朝のうちは比較的ゆっくり自分のことをできるけど、午後から夜まで目が回りそうな日々の始まりです。

2021.05.10 makaronia me melitzana
と言っても、また1か月ほどで夏休みなんですけどね。学校があるうちは、あまり暑くなって欲しくないなぁ……。家のこともいろいろやらないといけないので、この1か月のうちになるべく進めたいです。

今日の料理写真は、典型的な「お腹をすかせた子供たちにとりあえず食べさせるもの」。
簡単に食べられる料理といえばパスタが定番ですが、こういうオーブン焼きパスタは前もって作っておけるので慌てず済むのがいいですよね。


2021.05.10 makaronia me melitzana1
なすをオリーブオイルで焼いて、にんにくみじん切りを加え(トマトソースニも入ってたら無しでも)軽く炒めあわせます。トマトソース(シンプルなトマトソースの作り置きがあったのでオレガノを足しました)を加え、茹でたパスタも加え混ぜて耐熱容器へ。チーズをかけてこんがりするまでオーブンで焼いてできあがり。
フェタチーズとケファログラヴィエラチーズを使ったので、ギリシャ風な味です。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

↑このページのトップヘ