ギリシャのごはん

ギリシャ料理のレシピと、ギリシャで私が作っているごはんの記録。

a91ff285.JPGバナナピーマン、日本ではその辺のお店に売ってるのか知りませんが、家庭菜園で育ててる人も多いようですね。私の家族や親戚も植えていたそうなんですが、すごくたくさん収穫できるのに使い方がわからなくて苦労したらしいです。

ギリシャでは「ピペリエス・ケラト」と呼ばれ、これはツノピーマンという意味です。市場でも山積みになって売られてます。こちらでは普通に料理に使ったり、またこれが主役の料理ではチーズを詰めて焼いたりとか、丸ごと素揚げして塩・にんにく・ワインビネガーで食べたりします。こういうシンプルな食べ方が一番です。火を通すとかなり嵩が減るのでたくさん食べられます。

さて、私は保存食作りが好きと自己紹介で書いてますが、これのオイル漬けを作ってみました。まずオリーブオイルで揚げて(グリルで焼いてもいい)皮や種を除きます。塩・ワインビネガーで和えて、にんにくスライスと共に瓶に詰め、オイルを注ぐだけです。ちゃんと保存するなら瓶はしっかり消毒して、オイルもピーマンが完全に隠れるまで入れます。

ギリシャ人はこういうのを普通に常温保存しますが、私はちょっと自信がないのです。今のところ常温で2日経ってますが、イースターが終わってから開けてみようと思います。ドキドキ...。

886f3e36.JPGこちらはけっこう最近まで寒かったりしたんですが、ここ一週間くらい?いきなり夏のような暑さです。

家の中はかなり涼しいけど、一歩外に出ると陽射しがまぶしい!そして熱い!昼間は石とか葉っぱの陰に隠れている虫のように、私も家にこもってます。

朝市にも最近夏の野菜、ブリタ(アマランスの葉)が登場しましたが、まだ春もいっぱい残ってます。アーティチョーク、そら豆、グリーンピース...これらの春野菜は今が底値くらいですが、そろそろ姿を消してしまうのかなぁ?

写真はカモミールです。朝市にいっぱい売ってました。野原にも咲いてます。野原には黄色や白のマーガレット、あとケシやルッコラの花もよく咲いてます。

118f412f.JPG私は週に2、3回朝市に行きます。アテネでは日によって街のあちこちで朝市が立つので、それぞれ別の場所にある市です。

さて、水曜日の朝市へ行く途中に特におしゃれでもないキッチン雑貨店があるのですが、今の時期イースターグッズも多く並びます。その中で目を引いたのがこの卵皿。イースターエッグを乗せるお皿です。今まで見た中でも一番かわいかったので、ちょっと悩んだ挙げ句(うちのスペース系インテリアに合わないので)、金曜日に買いに行ってしまいました。

インテリアの件は、季節モノだからいいのです。クリスマスツリーだって、うちのインテリアには合いませんから(こちらは一応シルバーですが)。
値段も安かった。8ユーロ。今日再び店の前を通ったら売り切れてたから、買っといてよかったなぁ...と思ってます。

ところでこれはパーティーの時なんかにデビルドエッグを盛るのによさそう。...って、パーティーなんかいつするねん!(自己ツッコミ)

07e658bf.JPG最近暑いので、散歩は日が暮れる頃というパターンになっています。

私が住んでるエリアにはアート・クラフト系のお店がけっこうあるので、そういうのを眺めながらブラブラしてるのです。

お気に入りの店はギリシャのフォークアートとか、木のおもちゃを中心に取り扱ってる店。おじさん(お兄さん?)が、なにやら作業をしながら店番をしてます。

実は私はこのおじさんのファンなので、彼のペイントした石はよくチェックしてます。もうすぐイースターなので、テントウムシがペイントされたのもいっぱいありました。ちなみにテントウムシはギリシャ語でパスカリッツァ。パスカ=イースターです。

誰かにプレゼントしようかと2個買ってしまったけど、1個は自分用にしようかな?文字が書いてある方は「カリ・ティヒ」=グッドラックという意味です。

3b1c54f6.JPG茹でたズッキーニのサラダとギリシャ風ブルスケッタ。

ズッキーニは皮の表面ををナイフで薄く削って、塩を加えて茹でます。柔らかく茹で上がったらよ〜く水気を切って、オリーブオイルと微塵切りのニンニクで和えます。レモンは前もってかけておくとズッキーニが変色してしまうので、食べる時に好みで加えて。

ギリシャ風ブルスケッタにはいろいろあるけど、今回のはグリルした田舎パンに塩・胡椒・オレガノ・オリーブオイル・レモン汁をかけたもの。パンは出来れば炭火とか直火で焼くとよりおいしい。

↑このページのトップヘ