ブログネタ
手づくりパン に参加中!
cherry & choc chip tsoureki夏に作って冷凍してあったセミドライのサワーチェリーをどうしようかな...と考えてて思いついたのがこの菓子パン。チェリーととてもよく合うチョコレートを組み合わせた、ちょっとモダンなチュレキ(ツレキ)を作ってみました。

ところでギリシャでは、デニッシュなど甘いパンもケーキと呼ばれたりするんですよ。日本で一般的にケーキと呼ばれる、クリームとかたっぷりのはトゥルタと呼びます。

イースト菓子をケーキと呼ぶのになかなか慣れない私は、SPYと話が噛み合わない...ということもしばしば。もっとお菓子ぽいのならまだしも、チュレキやデニッシュは菓子パンだとしか思えない!頑固なんでしょうか、私...?


人気blogランキングへ

ドライチェリーとチョコチップのチュレキ
全卵プラス卵黄で作ることが多いけど、卵白の無駄が出ない配合にしてみました。

材料:(25cmぐらいの1個分)
強力粉...280g
塩...小さじ1/2
砂糖...大さじ3
インスタントドライイースト...小さじ1
卵...M2個
牛乳...約50ml
無塩バター(室温にしばらく置く※)...60g
チョコチップ...大さじ3
ドライサワーチェリー...大さじ3
ホワイトチョコレート...50g

ボウルに小麦粉〜イーストを入れて混ぜ合わせる。

卵黄は艶出し用に約小さじ1取り分け、水小さじ1(分量外)を加え溶いて、冷蔵庫に入れておく。残りの卵は溶いて、牛乳と合わせて150mlになるようにする。

ボウルに入れた粉類に、牛乳&卵液を加え混ぜ合わせる。そのまま20分ほど休ませてから捏ね始める。

cherry & choc chip tsoureki 110分ぐらい捏ねたら、少し柔らかくしたバターを加え、さらによく捏ねる。生地をつまんでみて、切れずに薄くのびるようなら捏ね上がり。

注意:バターたっぷりなので、捏ねにくい生地です。スタンドミキサーかフードプロセッサーがあると楽に捏ねられます。フードプロセッサーの場合、捏ね過ぎに注意して下さい。最初に20秒回し、バターを加えてからさらに30秒ぐらい(捏ね上げの生地温度は約25度)でいいかと思います。

cherry & choc chip tsoureki 2手のひらで押さえて生地をのばし、チョコチップとチェリーを全体に広げ、端から巻く。軽く捏ねて、全体に行き渡ったら、生地を丸めてボウルに入れる。


覆いをして、約2倍になるまで発酵させる。

発酵した生地を3等分し、ガスを抜きつつ丸め、10分ほど休ませて生地をリラックスさせる。

休ませた生地を両手で転がすようにして細長くのばし、今度は両手を交互に前後させるようにして、生地の両端を細くする。

cherry & choc chip tsoureki 3のばした生地を三つ編みにし、両端をしっかり合わせて下に折り込んで留める。

覆いをし、1.5倍ぐらいになるまで約45分発酵させる。発酵の目安は、指で押して微妙に戻るぐらい。

オーブンは190度に予熱しておく。


cherry & choc chip tsoureki 4冷蔵庫に入れておいた水溶き卵黄を刷毛で塗り、オーブンに入れて約30分、きつね色になるまで焼く。早く焼き色が付くようなら、途中で温度を少し下げる。

焼き上がったら、ラックの上で冷ます。



cherry & choc chip tsoureki 5デコレーションをすると、さらに美味しく、見た目も豪華です。今回はホワイトチョコレートを使ってみました。刻んだチョコレートをビニール袋に入れて、お湯に浸けて溶かします。袋の端をほんの少し切って、好みのデコレーションをして下さい。

2006年の、新年のパンもこれで作ってみました。数字の飾りは適当に作ったチョコクッキーです。


MEMO:生イーストを使う場合は8〜10gを分量内の液体適量で溶いて加えます。日本で売ってるドライチェリーは甘いだけのものが多いようなので、ドライクランベリーを使った方が酸味もあっていいかもしれません。

※バターは柔らかくし過ぎると生地がオイリーになるので注意。