狙ったわけではないけど、タイトルが五七五(笑)

cardamoこの間の記事で紹介したカルダモその後。ギリシャ語でカルダモと言うと、普通ガーデンクレスを指すようですが、これは違いますよね?何なのか調べてみたけど、よくわかりませんでした。ほろ苦くて独特の風味があるカルダモは、和風の料理にとっても合うので、セリや三つ葉のように使うと美味しかったです。

人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログへ

pasta with cardamoカルダモとベーコンのパスタ。
フライパンにニンニク(好みで赤唐辛子も)とオリーブオイルを入れてゆっくり熱し、ベーコンを加えて炒めます。ザク切りにしたカルダモを入れてさっと炒め、茹で上がったパスタと茹で汁少し、塩(必要なら)、胡椒を加えて和えます。お好みで醤油をひとたらししてもいいかも。


sakura riceカルダモと桜のご飯。
放置しすぎて化石になってた桜の花の塩漬けがあったので、春らしいご飯にしてみました。桜の塩漬け、昆布、酒を米と一緒に炊き、刻んだカルダモを加えて蒸らします。


odamakimushi小田巻き蒸し。
具はパスタマシンで作った細うどん、mocataroさんに頂いた干し椎茸、CROCCOさんに頂いた松茸麩、カルダモ。漉し器をスタンバイしてたにもかかわらず、卵液を漉し忘れて大ショック!そのせいか、蒸し方が悪かったのか、見た目がイマイチです。でも、これはかなり美味しかったですよ〜!カルダモがすごくいい味出してました。また食べたくて、今週もカルダモを買おうと張り切ってたのに売ってなくて残念...。



少し前にぴかままさんのところで杏干しの記事を見て、冷蔵庫の奥から発掘してきました。

umemodoki

塩を多目にして仕込んだので、どちらにせよ長期間寝かせようと思ってたんですけどね。すっかりその存在を忘れてました。味見してみたら、いい感じ。作りたてはやっぱり杏の風味が結構したんだけど、それが薄れて結構梅干しっぽくなってます。

umemodoki rice 杏干しとじゃこの炊き込みご飯。
杏干しは梅干しと比べて果肉が硬めでしたが、加熱するとトロリと柔らかくなりました。


杏干し発掘ついでに、ひよこ豆味噌も掘り出してきました。

hiyokomiso

去年、楽子さんの真似をして仕込んでみたものです。アーカイブを見てみると、仕込んだのは3月15日のようです。これを撮影したのは去年の9月中旬。常温で熟成させてたのをとりあえず別容器に詰め、冷蔵庫に移した時ですが、その時点ではちゃんと味噌になってるかイマイチわからなかったんです。もうちょっと熟成させてみようと思って、冷蔵庫の隅に放置すること5ヶ月。試しに味噌汁にしてみたら...結構いけるかも。

楽子さんのひよこ豆味噌はこちら→仕込み完成

miso soupカイエさんに頂いた巨大な麩(今回は丸ごと入れてみました^^)と、ポロ葱で味噌汁。
実は味噌汁ってほとんど飲まないので、普段は味噌煮込みうどんなんかに使うことが多いです。ひよこ豆の味なのかわかりませんが、不思議なコクがあってなかなか美味しいです。

にほんブログ村 トラコミュ 保存食へ
保存食