ブログネタ
料理あれこれ に参加中!
どっかで見たことのある料理?...と思った方、正解です。

2008.07.24

最近、猫町さんの真似をして作ってるきゅうりのトマト煮にはまってしまい、アホかっちゅーほどきゅうりを食べまくっています^^;

ギリシャで一番よく見かけるきゅうりは長さ約30cm・直径3〜4cmのものと長さ12〜15cmぐらいのものの2種類なんですが、このトマト煮にすると大きゅうり2、3本はペロリと食べられてしまうんですよ。きゅうりのトマト煮の冷製は猫町さんでは何年も前から出されてるメニューですが、今年は生ハムをトッピングしての盛り付けだそうです(前の記事に写真があります)。

確かに、この組み合わせはとっても美味!とろんと柔らかくなるまでじっくり煮込まれたきゅうりは余計な味付けをされてないシンプルなもので、そのまま食べてももちろん美味しいんですが、まったりとした生ハムとのコンビネーションもかなりいけます
スペインのスモークドパプリカのひと振りがいいアクセントになってたので、それもそっくり真似っこ。夏にぴったりな一皿です^^

多分、猫町さんのメニューには頻繁に登場してると思うので、お近くの方は是非食べに行ってみて下さいね♪

そして、このお料理の温かいバージョン(きゅうりのみ)はうちの子供たちも大好き。実はそれほど野菜を食べてくれない次女ですが、こういう煮込み野菜はパクパク食べてくれます。


きゅうりのトマト煮

材料:(4人分)
きゅうり...巨大サイズなら3本(1.3〜1.5kg)
オリーブオイル...大さじ2
にんにく...1かけ
パッサータまたはすりおろしトマト...約1/2カップ


きゅうりは皮を剥き、乱切りにする。

にんにくは軽く押し潰してオリーブオイルと共に鍋に入れ、弱〜中火で少し色づくまでじっくり香りを出す。

鍋からにんにくを取り除き、きゅうりを加える。塩適量を振って炒めあわせ、蓋をしてしばらく蒸し炒めにする。

パッサータを加え、必要に応じ水適量を加え蓋をして弱〜中火で煮込む。

きゅうりが柔らかくなり、煮汁にとろみが出たら出来上がり。最後、汁気が多いようなら蓋を取って少し水気を飛ばし、塩で味を調える。


MEMO:にんにく刻まずオイルに香りを移すだけにすると上品な仕上がりですが、お好みで。すりおろしトマト使用の場合はパッサータより薄くなりますので、量を少し増やすといいかもしれません。温かくても冷たくしても美味しいです。分量は私だとこれで2人分って感じですが、普通に副菜としてなら4人分程度になります。

※このレシピは私がいつも適当に作ってる方法です。
______________________________

a-bonさん、ごちそうさま♪

yuumochiこれはちょっと前に撮った写真なんですが、猫町で集まった時にa-bonさんから頂いた柚餅(写真は最後の3個!)です。

これ食べたのって、何年ぶりでしょう?お陰でギリシャに戻ってからしばらくは優雅なティータイムを楽しむことができました。a-bonさん、ありがとうございます!

ところで、こういうお菓子ってギリシャのルクミ(ターキッシュディライト)にちょっと似てるかも?もちろん日本の物の方がずっと上品であっさりした甘さだし、ギリシャのは激甘なんですけど
もしかしたらギリシャ人にも受けるんではないかな〜?とチラッと思ったりもしましたが、結局私と娘とで全部美味しく頂きました^^


今日もポチッと、よろしくお願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ