炭水化物と油!

2015.01.08 patatopita
Πατατόπιτα

8日から新学期のはずでしたが、寒波により雪が積もっている地方も結構あるらしく、アテネでも北の方の地域では休校となっているところが多いようです。うちは中心地なので雪のかけらも見えませんが、子供たちが通う学校は北の方なので休み。おかげでPCを奪われて仕事にならないので、今日も焼いておりました^^;

数えきれないほどの種類があるギリシャのパイの中では、炭水化物系フィリングのってどうも地味な気がするのですが、無性に食べたくなる時があります。きっと、癒しを求めているのでしょう(笑)

ポテトパイひとつ取ってもいろんな作り方があります。
チーズを入れるか入れないか、ポテトをマッシュするか、茹でたのを小さく切るか、それとも生のまま使うか。そして、フィロ生地の種類や形でもバリエーションが……。ギリシャのパイは奥深いのです。

乳製品など入ってないのはサラコスティ(食事節制期間)ネタに取っておこうかな〜とも思いつつ、やっぱりプレーンなのが食べたかったので、チーズを入れないシンプルなタイプにしました。
フィリングは玉ねぎをオリーブオイルで炒めて、茹でて小さく切ったじゃがいもも加え軽く炒めます。塩、胡椒、オレガノを加え冷ましておきます。味つけはしっかり目にするのがコツ。ハーブはディルなどを入れても合います。

フィロは小麦粉、塩、水、ワインビネガー、ラキに、オリーブオイル少々。薄くのばしてオイルを少量塗り、フィリングをのせて適当に畳んで包みます。表面にはオイルを多目に塗って、あとで切り分けたいところに切り目を入れてオーブンで焼きます。
今回は中ぐらいのじゃがいも1個分で、一口大に切り分けたパイが10個できました。

とてもシンプルなパイなのですが、サクッと焼けたフィロとホクホクのポテトフィリングの組み合わせがおいしくて、あとをひきます。
ロンドン在住時代、日本人の友達が作ってくれた「春巻きコロッケ」をちょっと思い出しました。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
人気blogランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ