オリーブの新漬け、そこそこな量あったはずなんですがすでに残りわずかになっています。

2019.10.03 kotopoulo me rizi
Κοτόπουλο με ρύζι και ελιές

永遠に食べ続けたいおいしさ……って思いながらワインのお供に食べてるんですが、やはりこれを使った料理もブログに載せておかないと!という謎の使命感に駆られ、丁度食べたい気分だったチキンライスに入れてみました。

ギリシャ風のチキンライスと言ってもものすごくシンプルで、我が家でよく作るタイプはオーブンで焼いたチキンに米を加えるだけ。私的にちょっとしたポイントなのがチキンにニンニクのスライスを埋め込むことなんですが、食べてるとニンニクの効いた部分に時々当たるのがお楽しみです。


2019.10.03 kotopoulo me rizi2

簡単な作り方の説明だけ以前にも載せていましたが、一応ちゃんとレシピも書いてみたので載せておきます。ちょっとワインを入れたりしてもいいけど、敢えて超シンプルな味付けにしてみました。今回オリーブ入りですが、なしでも美味しいですよ。


こちらは以前の記事。
今回書いたレシピは続きへどうぞ。


ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ

新漬けオリーブのギリシャ風チキンライス(コトプロ・メ・リジ・ケ・エリェス)

材料:(2人分)
鶏もも肉骨付き...2本
にんにく...1かけ
塩...約小さじ1
胡椒...適量
オリーブオイル...大さじ1
米...1カップ
熱湯...11/2カップ
新漬けオリーブ...約12粒
レモン...好みで適量

オーブンは200℃に予熱する。

鶏肉は脂の塊があれば取り除く。包丁の先で数箇所刺し、ニンニクをスライスして埋め込む。ニンニクが余ったら皮と身の間にも挟む。塩、胡椒を全体によくすり込む(皮と身の間にも)。米は洗ってざるに上げて水気を切っておく。オリーブは好みで種を抜いて実と分けておく。

あとで米も加えられる大きさの耐熱容器に鶏肉を並べ、オリーブオイルをかける。予熱したオーブンに入れ、完全に火が通って皮が色づくまで30分ぐらい焼く。

鶏肉を一旦取り出し、脂が多すぎるならスプーンですくって余分を除く。米を加え、脂を絡めるよう混ぜ、鶏肉をのせる。オリーブも加え、種はあとで取り除きやすいよう一箇所にまとめてのせる。

熱湯を加え、ホイルで覆ってオーブンに戻し米が炊けるまでさらに20分ほど焼く。オーブンから出して少し蒸らし、鶏肉は一旦取り出しオリーブの種は捨てる。米をさっくり混ぜ、味を見て必要なら塩胡椒を加える。

米と鶏肉を器に盛り、好みでレモンを添える。

MEMO:オリーブなしで作れば普通のコトプロ・メ・リジになります。新漬けでないオリーブを使いたい場合は塩分が強すぎるなら塩抜きするか、鶏肉の塩をきつくしすぎないよう注意。鶏肉はもも肉骨付きとしましたが、骨なしのでも他の部位でもお好みに合わせて変えて下さい。焼き時間も使う部位によって少し変わりますが、色づくまでが目安です。レモン汁は米を炊く時点で加えてもいいです。