今週もドルマダキァをいっぱい作ってます。
いつも大体フィリングと葉っぱをうまいこと使いきれるのですが、もし葉っぱが余ってしまっても、それはそれで他の料理に活用できるチャンス。ほんの数枚の葉っぱで、いろいろおいしいものができるんですよ。

2020.05.13 chicken roll

私が特に好きなのは、肉をぶどうの葉で包んだ料理です。今回は鶏胸肉の皮なしフィレがあったので、それでチキンロールを作って葉っぱ包みにしました。

チキンロールの中身はフェタチーズとハーブで、とってもギリシャらしい味に仕上がりました。一緒に焼いたポテトがまたおいしいんですよね。

分量は出してないですが、簡単に作り方を書いておきます。


ぶどうの葉包みチキンロール

〃楸仔(皮なし)は、あとで巻けるように開く。塩、胡椒、ニンニクすりおろし、ディジョンマスタード、オリーブオイルを混ぜたものをもみ込んで、できれば数時間〜1日くらいマリネする。

▲ーブンは200℃に予熱する。

じゃがいもを食べやすい大きさに切り、塩、胡椒、にんにくみじん切り、オリーブオイル(好みでオレガノも)をまぶして耐熱容器に入れ、半分浸るぐらいの水を端から注ぐ。オーブンに入れて20〜30分くらい焼く。

ぅ船ンロールを作る。砕いたフェタチーズにディルみじん切り(好みでパセリやレモンの皮も)を加え、,侶榮にのせて巻く。下茹でしたぶどうの葉を数枚、端が重なるように裏面を上にして並べ、その上にチキンロールをのせて包む。

イ犬磴いもを焼いてる耐熱容器にい離船ンロールを加え、チキンロールに焼き汁か新たにオリーブオイルをかける。好みでレモン汁も全体に回しかける。焦げ付きそうなら水かお湯(ガラス容器の場合はお湯)を少し足して、さらに20分ぐらい焼く。

Ψ榮に火が通り、ぶどうの葉がパリッとした感じに焼けたらできあがり。少し休ませてからチキンロールをスライスしてポテトと一緒に器に盛る。


※チキンロールは葉っぱなしで普通に皮付きの鶏肉で作ってもいいし、味は違いますがケールで巻いてもおいしそうです。

【関連レシピ】



ギリシャごはん普及活動に、ご協力お願いします
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
人気blogランキングへ